ニュージーランドの留学情報

ニュージーランドで海外留学を
スタートしよう。

ニュージーランドは大きくわけると「北島」と「南島」のふたつからなる島国。国土は日本の4分の3ほどで南半球にあるため、オーストラリア同様、季節は日本と真逆です。手付かずの豊富な自然に溢れ、ホスピタリティあふれる人々が暮らすニュージーランドの教育期間は日本を含む世界中の人々から愛される留学先のひとつです。
治安もよく都会的な誘惑も少ないことから、中高留学の渡航先として高い人気を誇ります。

基本情報

国土面積 27万534平方キロメートル(日本の約4分の3)
首都 ウェリントン(約20万人、2013年国勢調査)
人口 約424万人 (2013年国勢調査)
平均寿命 81.6才
気候 日本のように縦に長い国土のニュージーランドの都市はそのほとんどの地域が海岸近くに位置しているため全体的に温暖な気候に恵まれている。南半球に位置するため日本と季節は真逆。北島北部の夏は亜熱帯性気候の特徴が強い一方、南島内陸部の高山地帯では冬になると-10℃まで気温が下がることもある。

治安

ニュージーランドは修学旅行や教育旅行などの渡航先としても人気で、世界的にみても比較的治安のよい国とされている。銃規制も厳しく、政治的・経済的にも安定していることからテロやデモ、銃撃戦のようなことはない。しかし、スリや置き引き、車上荒しなどの軽犯罪発生率は日本よりもやや高め。したがって日常生活のなかで日本で生活しているときと全く同じ感覚で生活してしまうと、お金や携帯を盗まれた・・・などということもあり得るため注意は必要。

物価

ニュージーランドは1ドル=80円前後のため、アメリカドルで1ドル=120円前後と比較すると物価も安いのではないかと感じられている方が多い。しかし、物価に関しては比較的高めの国として位置づけられていることが多い。日常品を例に取ると玉子(12個)が$4.65(372円)、日本だと194円とやや高めとなる。(2016年6月現在)
また、アメリカの語学学校の学費が週300ドルのところ、ニュージーランドでは400ドルで計算されることも多く、学費や航空券、保険代金などの費用は大きくは変わらない。ただし、お金を消費する娯楽が少ないため、そこまで遊び代にお金を使ってしまうことはなく、全体的な留学費用は抑えられる可能性が高いといえる。

ニュージーランド留学の
ビザ制度とは?

ニュージーランドの場合、滞在期間が3ヶ月以内で入国目的が留学もしくは観光の場合であれば、渡航前にビザを申請する必要はありません。
航空券とパスポートがあれば、今すぐにでも出発することができます。ただし3ヵ月以上、留学(滞在)する場合は、目的にそってビザを申請する必要があります。

– ワーキングホリデー –
18歳から30歳まで(ビザ取得していれば、渡航時に31歳になっていても問題はありません)を対象としたビザで、最長6ヵ月間の就学と滞在期間中の就労が許可されている、仕事も遊びも勉強もなんでもできる留学制度です。滞在可能期間は入国日から12ヵ月、条件により3ヵ月延長が可能です。
– 学生ビザ –
ニュージーランドの学生ビザは、入国より3ヵ月を超える就学をする場合、学生ビザが必要です。中学・高校への留学の場合でも、3ヵ月以下の滞在期間であれば、無査証の範囲で就学(留学)が可能です。また、学生ビザを取得するに伴い、フルタイム(週20時間以上)のコースを受講する必要があります。
なお、13歳以下の方の場合は、保護者がガーディアンとしてニュージーランドに滞在することが義務付けられており、別途ガーディアンビザを取得する必要があります。

参照:ニュージーランド大使館ホームページ

ニュージーランドで可能な
留学プログラム

中学・高校留学

1年間の高校留学(休学・認定留学)するなら、ニュージーランドの高校留学。教育水準も高く、人々もフレンドリーで、都会的な誘惑の少ないニュージーランドは、同じオセアニア圏で中高留学が人気のオーストラリアと並んで人気の国。英語力の入学規定が易しいニュージーランドでは、一定期間の英語研修を終えないと本科に進めないオーストラリアと異なり、英語初級者の学生でも、英語の勉強と本科のコースを並行して進めることができるため、一年を通じてネイティヴ環境を堪能することができる。

  • 中高生向け
  • 期間:1年〜
  • 費用:高

詳細はこちら

短期留学

高校生や大学生で長期休暇を利用して、留学体験したいと考える方におすすめの留学。最大12週間の観光ビザのなかでフルタイムで就学することができる。ホームステイでの滞在や語学学校での就学が中心のプログラムとなり、短期間の留学であってホームステイや現地の他国籍な学生との交流を通じて異文化を体験することが可能。

  • 中高大学生向け
  • 期間:2週間〜
  • 費用:低

詳細はこちら

ワーキングホリデー

人口よりも羊の数が多いと言わるニュージーランドのワーキングホリデーは、都会の喧騒を離れ、のんびりゆったりとした海外生活を過ごしたい方におすすめ。
1ヶ月あたりの生活費が他国と比較してやや安いため、全体的な費用を抑えたい方にとってはうれしい国だ。観光業やホスピタリティ産業、農業などが盛んなため、ファーム体験やリゾートでの就労に興味のある方にとっては貴重な経験ができる。

  • 大学生・社会人向け
  • 期間:1年間〜
  • 費用:中

詳細はこちら

語学留学

ニュージーランドの語学留学は、一定の条件はあるものの、語学研修と並行して就労が可能。求人の多い都市であれば、全体の留学費用を抑えることができる。
また、のんびりとしたニュージーランドでは、娯楽にお金や時間を費やす機会が少ないため勉強に集中できる環境があるため、都会の喧騒から離れ、勉強に集中したい方におすすめ。

  • 大学生・社会人向け
  • 期間:24週間〜
  • 費用:高

詳細はこちら

休学・認定留学

大学生を対象とし、長期間留学を行うことで確かな英語力と社会人になってから通用する社会人スキルを醸成することを目的とした留学。英語研修と併せて専門的な知識や技術の習得を目指したり、帰国後の就職活動において、有利になるよう公式英語テスト(TOEICやIELTSなど)のハイスコアを目指すことを目標とする。

  • 大学生向け
  • 期間:24週間〜
  • 費用:中

詳細はこちら

専門留学

ニュージーランドでではホスピタリティ、ツーリズム、エアライン関係の専門留学がおすすめ。オークランドやウェリントンでは世界の主要都市と比較するとやや小さくはあるもののクオリティの高いカフェやレストランが立ち並び、少し足を伸ばせば、手付かずの大自然が広がっている。世界中から訪れる観光客を対象とした一流のホスピタリティやツーリズムが学べる。

  • 社会人向け
  • 期間:24週間〜
  • 費用:中

詳細はこちら

大学留学

ニュージーランドには国立総合大学が8校ある。ニュージーランド政府は「大学の質を保つためこれ以上は大学数を増やさない」という方針を打ち出しており、Universities New Zealandが大学の品質保証を審査するなどのシステムを整えており、1校いっこうの教育や学習環境の質の高さには定評があるのが特徴。

  • 大学生向け
  • 期間:3年間〜
  • 費用:高

詳細はこちら

ニュージーランド留学で
人気の都市

オークランド

  • 都会
  • 物価高
  • 求人数多

ニュージーランド北島北部に位置するニュージーランド最大の都市。地域人口の40%は海外出身者が占めるグローバルな環境で都会でありながら周辺に変化に富む自然環境を持っているのが特徴的な街である。
モダンな町並みのなかで生活を楽しみつつ、都会から1時間以内の場所でセーリング、乗馬、サーフィン、マウンテンバイクなど様々なアクティビティを楽しむことができる。また、学生ビザでも条件を満たせば一定期間就労できるニュージーランドにおいて、南島最大の都市クライストチャーチの震災後、仕事も勉強もできるニュージーランド唯一の都会として人気を集める都市である。


ウェリントン

  • 田舎
  • 物価低
  • 求人数少

ニュージーランド北島の南端にあり、ちょうど同国の国土の中央に位置するウェリントンは、世界各国の首都のなかで世界保健機関(WHO)による「セーフコミュニティ」認証都市ランキング世界トップ10にランクインする都市。田舎なイメージの強いニュージーランドだが、食通をうならせるカフェやレストランが所狭しと並び、その密集率はなんとニューヨーク以上。
日本人の少ない環境に行きたい、大都会の喧騒から少し離れつつも程よい規模の環境で生活してみたいという方におすすめ。


ネルソン

  • 田舎
  • 物価低
  • 求人数少

首都ウェリントンから約202キロ北に位置しニュージーランド南島北部に位置するネルソンは、のんびりとした雰囲気が魅力の町。
町中にはゴシック様式の大聖堂がそびえ立ち、ここから北東に伸びるメイン通りのトラファルガーストリートを中心に、観光案内所やカフェ、レストラン、ホテルなどが立ち並ぶ。
芸術家が多く活動しており、また年間を通じて晴れの日が多いことから「芸術家の町」や「サニーネルソン」と呼ばれる。
町自体はそれほど大きくなく徒歩でまわれる範囲にあり、治安もよいため中高留学におすすめの都市。


クライストチャーチ

  • 田舎
  • 物価中
  • 求人低

イギリスの文化を色濃く受け継ぐクライストチャーチは、別名「ガーデンシティ」と呼ばれ、毎年2月には盛大なフラワーフェスティバルなどが開催されるなど美しい街です。市街地にはおしゃれなオープンカフェやレストランが並び、街中を流れるエイボン川では、観光客に人気のパンティングで優雅なひとときを楽しむこともできます。

ニュージーランドへの留学が
向いている人の特徴5

1. 都会的な誘惑の少ない留学先を希望
ニュージーランドはもっとも大きな都市オークランドでも2015年時点で137万人と、日本の47都道府県のうち29位の長崎県と同じ規模、国全体でも約469万人(外務省 2016年統計局 参照)と福岡県の総人口である510万人よりも少なく、日本の東京やアメリカのニューヨーク、イギリスのロンドンのような大都市という印象はありません。高層ビルと呼ばれるビルもほとんどなく、都心部より15分ほど車を走らせれば美しい自然環境に身をおくことができます。
観光産業が盛んなニュージーランドでは、シティの中心地に行けば博物館や美術館、スポーツや各種イベントを楽しむことのできる大規模なスタジアム、おしゃれなカフェやレストランを楽しむことができます。金曜日、土曜日にはナイトライフを楽しむこともできますが、平日は夜6時、7時を過ぎれば、空いている店数はグッと少なくなり、人々は皆、帰宅し、家族との時間を大切に過ごします。週末は郊外、緑豊かな自然や美しい海辺へと足を伸ばし、サイクリングやキャンプ、バーベキュー、ウインドサーフィンや海水浴などアウトドアを楽しみます。ワーク・ライフ・バランスを大切にし、自然との触れ合いを大切にするニュージーランドでは、都会的な誘惑の少ない環境で、本来の目的である就学に集中することのできる環境が整っています。

せっかく留学するのであれば、留学中はとにかく勉強に集中したい、静かな環境でネイティブの人々とのリアルな生活を体験してみたい、そんな方にニュージーランドはおすすめの留学先です。

2. まだ10代……、治安や生活環境、サポート体制が不安
先述したように、都会的な誘惑が少なく、家族との時間を大切にするニュージーランドでは、お金を散在するような遊びはもちろん、ドラッグや非行に走る人々も少なく、安心して留学できる環境と言えます。客観的指標でも、テロ活動の潜在的可能性や殺人事件の数などを含む24の指標を基に世界144ヵ国を対象に調査された世界平和度指数ランキング(Global Peace Index2017)にて、アイスランドに次いで世界第二位をマークするなど高い評価を得ています。

近年、低年齢化する留学生、特に10代の中学生、高校生にとってもニュージーランドは安心して留学できる国として高い注目を集めています。ニュージーランドの中学・高校では、日本と異なり留学生の受け入れを積極的に行っており、ニュージーランドの中学・高校にはドイツ、フランスなどのヨーロッパ圏、中国、ベトナムなどのアジア圏など、世界各国から幅広い層の留学生が集います。先住民であるマオリや移民・難民、留学生の生徒たちが問題なく学校生活を送ることができるよう各校には留学生を含む、第一言語を英語としない学生たちを対象とし、週数回、昼食時の懇親会やカウンセリングの機会、個々の学生のレベルに合わせてチューターサービス(個々での学習サポート)など、サポート体制が整っているため、英語力の高くない方でも安心して留学することができます。また、ニュージーランドでは、「留学生に対して生活を保障する服務規定」を定めています。
学生のお世話に関わる教育機関やホストファミリーには滞在先の安全性の保障や学生のサポート体制、苦情の対応などの留学生に対する規定が細かく定められているため、安心して留学することができるのです。

時差も少なく、治安もよいことはもちろん、充実したサポート体制のあるニュージーランドは、10代の中学生・高校生の留学希望者にもおすすめです。

3. 勉強はもちろん、仕事にもチャレンジしてみたい

ニュージーランドでは、3ヵ月未満であればビザなしでもフルタイムで就学できたり、3ヵ月以上、フルタイムの就学を行う場合でも、一定の条件があるものの、週20時間までの就労が許されていたり、ワーキングホリデー制度も一定条件を満たせば最長1年3ヵ月滞在できるなど、充実した留学制度を整えています。

< ニュージーランドでできる留学 >

語学留学(短期留学)
最短1週間(2週間からが望ましい)から最長12週間までであれば、特別なビザを取得せず入国・滞在でき、語学学校などでの就学が可能です。残念ながらアルバイトはできませんが、アメリカと異なり、フルタイムで英語の勉強ができます。

語学留学(長期留学)
13週間以上、フルタイム(週20時間以上のコース)で就学を希望する場合は、「学生ビザ」を取得する必要があります。また、教育審査・諮問機関NZQA(New Zealand Qualifications Authority)がカテゴリー1に指定する語学学校であれば、週20時間、ホリデー期間中はフルタイムでの就労が許可されています。机に向かって勉強するだけではなく、学んだ英語を学校の外でアウトプットし、より実用的な英語を身に付けたいという方におすすめです。
※学生ビザを取得するためには、通学する教育機関が、NZQA認定校である必要があるため、希望する学校がNZQA認定校かどうかは必ず確認しましょう。ワールドアベニューでは、NZQA認定校のみをご紹介いたしておりますので、ご安心ください。

ワーキングホリデー
ニュージーランドのワーキングホリデーは、一定条件を満たすことで本来の滞在可能期間である1年にプラス3ヵ月間滞在することができます。就学は最長6ヵ月間可能で、就労には大きな制限がありません。第一次産業が盛んなニュージーランドでは、豊かな自然を舞台とした、酪農や農業など、また近年注目を集めるワイン産業などで就労経験を積んでみるのも面白いでしょう。また、大自然を体感しに世界中から集う観光客を相手とする観光産業も注目を集めています。ニュージーランドの首都であるウェリントンでは、芸術文化活動やコーヒー文化、クラフトビール産業、映画産業が盛んで、市内にある1人あたりの飲食店の数はニューヨークより多いと言われるほどです。クラフトビールやカフェ文化など飲食産業に興味のある方にとっても、6ヵ月間十分に勉強でき、フルタイムで働くことのできるニュージーランドでのワーキングホリデーはおすすめです。

高等教育への進学
専門留学(ポリテクニック)
ニュージーランドには、ポリテクニックと呼ばれる高等教育機関が存在し、大学よりもリーズナブルな学費で、学士や博士を取得することができます。ポリテクニックでは、学問(学術)を提供する大学と異なり、より実学(職業教育)を中心にカリキュラムが編成されており、提供されるコースも一つのポリテクニックで100、150コースと幅広いコースが提供されています。ヘアドレッシング(美容師)やクッカリー(シェフ)、ホスピタリティ(ホテル関係)、エンジニアリングなどはもちろんのこと、ジュエリーデザインやグラフィックデザイン、看護や医療、福祉の分野においても本物の病院や施設と遜色のない整った設備環境の中で実践的なスキルや知識、経験を得ることができます。

大学留学
ニュージーランドには以下の8つの大学があります。すべてが国立で国が大学の質を管理しているため、いずれの大学も高い教育水準を誇っています。
・オークランド大学(オークランド)
・オークランド工科大学(オークランド)
・ワイカト大学(ハミルトン)
・マッセー大学(パーマストンノース)
・ヴィクトリア大学ウェリントン(ウェリントン)
・カンタベリー大学(クライストチャーチ)
・リンカーン大学(リンカーン)
・オタゴ大学(ダニーデン)
8つの大学は、各々得意分野はあるものの、総合大学で、経営・経済、建築、工学、法学、IT、農学、科学技術、医療・福祉、芸術など幅広い学部を開講しています。ニュージーランドの大学は原則3年間で、日本の高校での成績がニュージーランドの大学が指定する成績を修める場合、アメリカやカナダの大学と比べ短い時間で卒業ができます。

中学・高校留学
「2、まだ10代……、治安や生活環境、サポート体制が不安」でもご紹介している通り、治安がよく都会的誘惑も少ない、且つ「留学生に対して生活を保障する服務規定」など留学生をサポートする体制が万全なニュージーランドは、中学生、高校生の留学先として人気があります。英語力や日本の中学・高校での成績に対する指定もほとんどなく、入学規定が易しいことも大きな特長です。
また、日本と異なり、数学や国語など必須科目以外にさまざまな選択科目を用意しており、中でもニュージーランドの大自然を舞台としたアウトドアエデュケーションや自然や動物との触れ合い、自由で創造的な力を育てるアートなど、個々の個性を育てる環境が整っています。

4. 質の高い教育をできるだけリーズナブルに受けたい
ニュージーランドでは語学学校を始めとする各教育機関を国がさまざまな方法で管理しており、ニュージーランドの高校を卒業した場合、日本を含む世界中の大学へ進学できる権利をえることができますし、大学の数は少ないものの世界的にも高い評価を得ています。
移民の増えるオークランドは滞在費がやや高騰しているものの、オークランド以外の都市は、他国のメジャーな都市と比較するとまだまだリビングコストが低めで、且つ学生ビザでも就労が許可されているため、全体的な留学費用をリーズナブルに抑えることができます。
また学士や博士を取得する上でも、大学だけではなくポリテクニックと呼ばれる高等教育機関があり、コスパよくMBAなどを取得したい方にはおすすめです。

5. グローバルマインドを身に付けたい

ニュージーランドは、今まで世界的に移民・難民の多くを受け入れてきたアメリカ、イギリスの右傾化が進み、移民・難民の受入に対して消極的な姿勢を強めるなか、治安もよく安心して生活、子育てができる国としてさまざまな国から移民先として注目を集める国の一つです。
英語の勉強をしていても、中学・高校に通っていても、働いていても、世界中からさまざまなバックグランドを持つ人々と共に生活することが当たり前の社会です。日本ではないマルチカルチャーな環境で、個々が持つさまざまな価値観、考え方、文化、習慣、宗教、それらの中で互いに尊重し合い、共存するための知識やスキル、能力を実践的に学ぶことができ、世界で通用するグローバルマインドを身に付けることができるでしょう。

ニュージーランドの留学情報

ニュージーランドの体験談

  •  J-CROSS 留学サービス審査機構
  • JAOS一般社団法人海外留学協議会
  • English Australia
  • New zealand education
  • 東京都知事登録旅行業 第3-6137号

ページトップボタン