• 海外留学 学校情報
  • 2018.08.22

English School of Canada-ESC(イングリッシュ スクール オブ カナダ)【2019年度版】

  • カナダの学校
  • 語学学校

カナダのトロントにあるEnglish School of Canada-ESC(イングリッシュ スクール オブ カナダ)は、20年近くにわたり、世界50カ国以上から30,000人以上の学生の英語教育に携わってきました。ESCは質の高い教師と多彩な英語コース、豊富な選択科目などで人気の語学学校です。

English School of Canada-ESC 基本情報

語学学校情報
カナダ
都市 トロント
設立 1999年
キャンパス トロント
許認可団体 Languages Canada(http://www.languagescanada.ca/en/)
学生人数 350~550名
クラス人数 平均10~11名(最大16名)
レベル分け 10段階
日本人スタッフ 在籍
設備 学生用ラウンジ、キッチン、電子レンジ、自動販売機、パティオ、iPad、パソコンルーム、無料Wi-Fi完備
語学学校ホームページ http://www.esc-toronto.com/
語学学校評判 5段階評価(
英語力の伸び
ロケーション
生徒のモチベーション
国籍比率
教師の質

English School of Canada-ESC 特徴

ESCはトロントのダウンタウンに近いセント・クレア駅近くに位置する語学学校です。
セント・クレア駅から西に延びるセント・クレア・ウェスト通りにはヨーロッパ系移民の個性的豊かなカフェやお店が立ち並ぶ、かわいらしいエリアが広がってきます。
北米でも指折りの大都市トロントの中心地にありながら治安がよく落ち着いた雰囲気の街で、安心して生活できる地域です。

▼ロケーション
住所:79 St. Clair Ave. East, Suite 202 Toronto, Ontario,M4T 1L8

ESCはトロントにある何百校という語学学校の中でも「真剣に英語を学びたい方向けの語学学校」と呼ばれています。徹底したEnglish Only Policy や遅刻や無断欠席などを管理する体制の行き届いた語学学校として有名です。
ここでは具体的なESCの特徴を見ていきましょう。

特徴1:行き届いた管理体制

ESCの最大の特徴は、行き届いた管理体制・学校運営にあります。
ESCはトロントのなかで中規模クラスの語学学校です。大きすぎず小さすぎず、先生と生徒の距離が近く、生徒同士も語学学校のなかですぐに友達になれる…そんなアットホームな環境です。ESCのスタッフや教師はとてもフレンドリーで、常に親身になって生徒一人ひとりの声に耳を傾けてくれます。
そんなフレンドリーでアットホームな雰囲気の一方で、ESCでは厳しいEnglish Only Policy を持ち、スタッフや先生が厳しく管理を行っています。

English Only Policyとは、語学学校内では母国語禁止というルールです。ESCではEnglish Only Policyのルールを破ると厳しい罰則が与えられます。
English Only PolicyはESC独自のルールではなく、カナダの語学学校であればほとんどの語学学校で同ルールを設けています。よって、インターネット上だけの情報を見ている方にとっては、「よくあるルール」の一つかもしれません。しかし、残念ながら、English Only Policyを設けているにも関わらず、実際に通ってみると先生方やスタッフも母語を喋っている生徒に対し見てみぬふり…… 生徒も先生たちが注意しないので「まぁいいか」と母語を使いまくっている…という語学学校が多く存在します。

他にも、日本と違い、海外の語学学校では平気で授業開始時間が遅れたり、開催されるはずの授業が開催されなかったりと、本当にいい加減なところがあります。筆者が通っていた語学学校でも1人、2人の生徒は授業開始から5分~10分程度遅れました。生徒だけでなく先生が授業開始10分しても来ない…なんてことが普通にありました(苦笑)。

遅れてくる先生や生徒を待つ時間は、生徒同士雑談をしています。生徒が遅れている場合は先生もその雑談に入ります。生徒が全員そろっても、雑談が急に終わることはなく、ヒートアップしたセレブのゴシップネタや誰かの恋愛相談で、1時間が終わってしまう…… なんてこともよくあります。

日本人にとっては当たり前のことのように感じる「時間通りに授業が始まる」ことも、当たり前ではないのが海外です。そんななか、ESCでは、授業開始のベルと同時に授業が始まります。先生が遅れることはまずありませんし、5分以上遅れた生徒はクラスに入ることができません。このように、時間通りに授業が始まるのはもちろんのこと、すべてのカリキュラムがきちんと予定通り遅れることなく進められます。スケジュール通りにカリキュラムが進行するため、定期的な英語レベルチェックでも着実に英語力の伸びを感じていただくことができます。

このようにESCは、English Only Policyを含む、無断欠席や遅刻、当然先生方の態度・生徒に対する対応など、きちんと管理しています。管理が行き届いているからこそ、モチベーションの高い生徒が集い、質の高い学習環境が整っているんですね。

特徴2:細かなレベル分けと選べる学習時間


ESCの英語プログラムは週15時間、22.5時間、30時間の中から生徒が自由に選ぶことができます。クラスは英語レベル10段階に細かく分けられます。英語の総合力だけではなく、技能毎(ライティング、リーディング、リスニング、スピーキング)に適切なレベルで各技能を学ぶことができる仕組みになっています。

ESCには選択科目が多く、文法・発音・会話・ライティング・リスニングなど、より高い英語力を目指す上で妨げになっているトピックを選択することができます。英語の伸びと共に選択できる科目やコースが増えていきます。英語力が中級レベル以上に達するとスピーキングやライティングにより特化したコースを受講することができます。さらに中上級レベルになると観光・旅行業界、医療英語などの分野で使われる専門性の高い英語を学ぶことができます。

このように、ESCでは、自分の苦手分野の克服やさらに伸ばしたいスキルの習得を効率よく進めることができます。

特徴3:豊富な英語コース

先述したようにESCでは英語のレベルが上がってくると、基礎的な文法や単語、会話などを学ぶクラスだけではなく、苦手なスキルを克服するためスピーキング、ライティングなど特定の分野を重点的に学ぶことができたり、観光・旅行業界、医療現場などで使われる専門的な英語を学ぶことができたりするようになります。

他にも、ESCでは英語研修修了後、カナダのカレッジや大学進学を目指す進学準備プログラム、高等教育機関に入学する際に求められる英語のスコア(IELTSやTOEFLなど)の対策プログラムも選択することができます。

具体的な英語コースについては次のEnglish School of Canada-ESC 英語コースを見てみましょう。

English School of Canada-ESC 英語コース

ESCは一般英語だけではなく医療英語や進学準備プログラムなど多彩な英語コース・プログラムを持っています。

General English (Core)/General English (Elective)


General English (Core)
レベル:1~10
一般英語プログラムは初心者から上級者まで、すべての生徒を対象としています。
総合的な英語力を身に付けたいと思ったら、まず始めるには最適にコースです。

一般英語コースを通じて学べること
・4技能(読む・書く・聞く・話す)、文法、発音など英語基礎力を総合的に伸ばす
・基礎文法を正しく理解することができる
・英語のアウトプット(話す・書く)に正確さが増す
・英語を流ちょうに使いこなせるようになる

内容
総合スキルの向上
英語4技能(スピーキング、リーディング、ライティング、リスニング)を総合的に学びます。

コミュニケーション・グラマー:ネイティブの教師と英語でコミュニケーションを取りながら、英語の基礎文法や文章構成を学びます。コミュニケーションを取りながら英語の基礎を理解することができるため、スピーキングやライティングなどのスキルを伸ばすことができ、英語を使うことに自信を持てるようになります。

コミュニケーション:ロールプレイやディスカッションを介し、またネイティブの教師とのコミュニケーションを通じてより自然で流ちょうな英語を使いこなせるようになるための練習をしていきます。

カンバセーション:日常生活のなかで求められるさまざまな会話を想定し、トレーニングを行っていきます。会話を通じてさまざまな表現や単語を覚えることで、各シーンで適切な表現ができるようになります。また、ボディランゲージや声の抑揚の付け方なども学びます。

General English (Elective)
ESCでは、さまざまな選択科目を個々のレベルに応じて選ぶことができます。

Basic Academic Skills of English (Levels 3-5)
このコースではカレッジや大学での学習に必要なアカデミックスキルを身に付けることができます。
例えば、カレッジや大学ともなると入学時には高い英語力が求められるため、大学進学後は留学生だったとしても「英語はできて当たり前」という感覚を持たれます。提出した論文に「英語のミス」があるとそれだけで採点してくれない…なんてこともよくある話です。
そこで、Basic Academic Skills of Englishではミスの多き単語のスペルミスについて学習したり、レポート作成方法、効率的な板書の方法などを練習したりします。

Introduction to Writing (Levels 4-5)
このクラスでは、筆記の基礎を徹底的に学びます。品詞、文章構造、文脈などを徹底的に練習し習得することにより、中級から上級のライティングスキルを習得します。

Intermediate Functional Writing (Levels 6-7)
このクラスでは、日常生活の中で求められる実用的で機能的なライティングを学ぶことができます。コースを修了すると、フォーマル・インフォーマルなレターやメールの作成、ものごとの概要のまとめ、他人が作成した文書の添削などができるようになります。

Pronunciation (Levels 5-7)
このクラスはネイティブのように英語を発音し、流暢に話せるようになりたいと希望している生徒におすすめです。ロールプレイやディスカッションなどを介し、適切な発音、イントネーションの置き方などを学びます。

Business Communication (Levels 7-10)
このクラスは、将来的に国内外で国際的な仕事に従事したいと考えている方におすすめです。学生は、求人広告の内容を理解し、優れた履歴書を作成し、面接で適切な回答、対応ができるようになるためのトレーニングを行っていきます。Business Communicationでは国際的なビジネスシーンで求められる英語力を伸ばすことができます。

Focus on Writing


珍しいライティング力向上に特化したコースです。
Focus on Writingは12週間の集中プログラムです。授業は3つのステップで構成されています。最初のステップは、語彙を理解し効果的に使用すること(コロケーション(英語の配置の仕方、配列法)、イディオム、登録、談話および形式を含む)に焦点を当てています。第二のステップでは、文章の構造、その応用、センテンスの表現方法に焦点を当てます。最後に、

さまざまな目的で文章作成の練習を行っていきます。例えば、大学の某学部で勉強していることを想定し、あるテーマにそってエッセーを書いてみたり、とあるビジネスシーンを想定し企画書を作成してみたりします。明確な目的を持ち、実践的なライティングの練習を重ねることができるFocus on Writingでは、自らの考え方を英語で的確に表現する方法と、作成後の編集スキルを学ぶことができます。

Focus on Speaking


スピーキングを苦手とする方が多い日本人にはうれしいスピーキングのコースです。
Focus on Speaking は8週間の集中コースです。Focus on Speakingは、さまざまな表現を学び、スピーキングの練習を丁寧に繰り返すなかで英語力に対する自信を培うことのできるコースです。
特に、日本人のように、文法は理解しているにも関わらず、自らの意見や思いを上手に表現できない…と悩んでいる生徒とにお勧めのコースです。Focus on Speakingでは毎日、日常生活の中で使用するイディオムやスラングのより効果的な利用方法を学びます。また、適切な単語や表現方法を選定するため、カナダの文化や社会慣習についても学びます。

English for Health Care


English for Health Careは英語を話す医療環境で働いている医師、看護師、薬剤師、理学療法士、作業療法士など医療や看護のスペシャリストの方や将来働く予定の学生の方にお勧めのコースです。
English for Health Careは、16週間の集中プログラムになっています。English for Health Careでは、医療現場で必要とされる特定の単語や英語表現を学ぶことができます。例えば、患者や患者の家族とのコミュニケーションや各専門職との医療関係の問題・課題に関する議論など、実際のシチュエーションを想定し、それらのシチュエーションで求めらる実用的な英単語、英語表現などを習得していくことができます。

IELTS

IELTS対策コースは12週間の集中プログラムです。
IELTSはカナダのカレッジや大学などへの進学時、また就労ビザや永住権取得の際に規定として用いられる英語能力判断テストです。
IELTSで目標のスコアを取得するためにアカデミックリーディング、アカデミックライティング、スピーチ、リスニングなどを学習します。また、カレッジや大学での生活のためにレポートや論文作成時に求められるライティングスタイルの学習、アカデミックな単語や英語表現などを学ぶことができます。日々新しいテクニックに触れることができ、定期的な英語レベルチェックでは自身の成長に触れることができるため、短期間で英語力の伸びを実感できるコースです。

iBT TOEFL

IELTS同様、カナダのカレッジや大学などへの進学時などに求められるTOEFL対策をしていく12週間の集中プログラムです。パソコンを用いたテスト形式になっているTOEFL対策コースでは、英語力の底上げだけではなく常にパソコンを利用した学習環境で、TOEFLの形式に対する対策も行うことができます。

UCTP

University College Transfer Program Preparation (UCTP Prep) – English for Academic Purposes
University College Transfer Program (UCTP) – English for Academic Purposes

レベル7以上の生徒が受講可能なプログラムです。カナダまたはアメリカのカレッジ、大学進学を目指す方のためのコースです。
カレッジや大学への進学を目的としたUCTP Prep/UCTPのコースでは、カレッジや大学進学後に求められるプレゼンテーションの仕方やディベートの方法、エッセイやレポート作成の仕方などを学びます。これら進学に必要な英語力を磨くため、当プログラムでは多数の課題が与えられます。
UCTP Prep/UCTPのコースでは、英語力向上のみならず、コースを通じて、カレッジや大学の講義がどんなものなのか、講義を聞き取るために必要な能力は何かなど、実際にカレッジや大学での勉強をうけるために必要な実用的な知識も培うことができます。

ESCは、カナダ全土、特にトロントのあるオンタリオ州のほとんどのカレッジと提携があります。提携しているカレッジや大学には条件付き入学が可能です。

進学相談専門のアカデミックコーディネーターが在籍しており、渡航してから進学相談ができる点もESCの魅力です。

まとめ

いかがでしたでしょうか。カナダには数多くの語学学校があり、残念ながら厳しい競争に勝ち残ることができず倒産してしまう語学学校もあります。そんななか20年近く健全な運営を続けているESCは安心して通うことのできる語学学校の1つです。

English School of Canada-ESC アクティビティ

ESC
ESC2
ESC3
ESC5
ESC6
ESC4
ESC7
Loading image... Loading image... Loading image... Loading image... Loading image... Loading image... Loading image...

ESCはカナダの中でも、真剣に英語を学びたい方にお勧めの語学学校なため、ついつい勉強のことばかり書いてしまいましたが、放課後や週末には学校主催でさまざまなアクティビティを開催しています。勉強するときはとことん勉強し、遊ぶときは思い切り遊ぶ!ONとOFFが上手なカナダらしいスタイルをもった語学学校でもあります。

カナダでの留学生活を楽しみたい!でも英語の勉強もストイックに取り組みたい!そんな方にお勧めの語学学校です。

  • New zealand education
  •  J-CROSS
  • JAOS
  • English Australia
  • 東京都知事登録旅行業 第3-6137号

ページトップボタン