• 海外留学 学校情報
  • 2018.05.10

UTS Insearch【2018年度版】

  • オーストラリアの学校
  • 大学
  • 短大
  • 語学学校

UTS Insearchは、世界最高峰の水準を誇る大学、University of Technology Sydney(シドニー工科大学)に進学または編入するためのコースを提供する唯一の教育機関です。シドニー工科大学(UTS)は、建築、化学、工学、環境、ビジネス、IT、看護、法律、薬学など多彩なコースを開催するオーストラリアの総合大学で、QS世界大学ランキングでは何千校とある世界の名立たる大学のなかで上位200位以内にランクインしています。

オーストラリア国外の高校卒業を最終学歴とする留学生の場合、オーストラリアの大学進学に伴い、大学側が定める英語力と、その他条件を満たす必要があります。UTS Insearchでは、シドニー工科大学(UTS)に進学するために必要な英語力とその他条件を満たすための教育を提供しています。毎年世界75カ国から4,000人以上の学生が入学するUTS Insearchでは、徹底した学習サポート、進学サポートにより、毎年、90%以上の学生がシドニー工科大学(UTS)へ進学しています。

ここでは、UTS Insearchの基本情報から具体的な進学ルートまで、UTS Insearchに関する情報を紹介いたします。

1. UTS Insearch(ユーティーエス・インサーチ)基礎情報

語学学校情報
オーストラリア
都市 シドニー
学生センター UTS Insearch, Ground Floor, 187 Thomas Street (Blue Building) Haymarket NSW 2000
キャンパス UTS Insearch (Blue Building) 詳しくはこちら
クラス人数 最大18人
レベル 8(一般英語3段階+アカデミック英語5段階)
日本人スタッフ あり
ホームページ https://www.insearch.edu.au/
語学学校評判 5段階評価(
英語力の伸び
ロケーション
生徒のモチベーション
国籍比率
教師の質
設備の充実度

2. UTS Insearch(ユーティーエス・インサーチ)を選ぶ3つの理由

UTS Insearchへ留学することで得られるものは大きくわけて3つあります。
1つ目は高い英語力、2つ目はシドニー工科大学への入学または編入機会、そして3つ目はどこよりも充実した学習環境のなかでの留学生活です。

先述している通り、UTS Insearchを付属とするシドニー工科大学は、オーストラリア国内においてはもちろん、世界のなかでもトップクラスの総合大学です。UTS Insearchでは、このシドニー工科大学に進学するために必要な英語力の向上、また、ファウンデーションと呼ばれる留学生がオーストラリアの大学進学に伴い必要な基礎教養科目を提供するコース、その他、ディプロマと呼ばれる、シドニー工科大学の2年次編入を可能とするコースなどを提供しています。

なかでも、最先端の設備と学習環境、サポートを兼ね備えた大学での学習に支障のない高い英語力、アカデミックスキル習得に伴う英語学習コースや、シドニー工科大学の一部として進学または編入学につながる専門コースには定評があり、世界75カ国から毎年4,000人以上の学生が入学します。

ここではUTS Insearchの具体的な魅力をご紹介します。

① 大学付属校ならでは!充実した学習環境

シドニー工科大学には工科大学という名に恥じない、最先端技術を取り入れた施設が数多くあります。UTS Insearchはシドニー工科大学の一部でありUTS Insearchに通うことで、シドニー工科大学の最先端技術を駆使した設備を、シドニー工科大学の学生と同様、存分に利用することができます。

例えば、UTS Insearchを含むシドニー工科大学学内には600台以上のコンピュータが設置されており、英語コースを受講する留学生のためにさらに100台以上ものコンピュータが設置されています。一般の語学学校では、30台、40台のコンピュータが設置されていれば「充実した設備」と謳っていることを踏まえると、UTS Insearchのすごさがお判りいただけるかと思います。
また、大学学内にあるコンピュータラボは原則夜10時までオープンしており、いくつかのラボは週7日24時間利用することができます。また、UTS Insearchを含むシドニー工科大学のキャンパス全体に高速ワイヤレスインターネット(無料Wi-Fi)が通っているため、生徒はいつでも快適にインターネットを利用することが可能です。

他にも、シドニー工科大学にはLRSと呼ばれる最新の検索システムを導入する、南半球で最も技術的に優れた図書館があり、UTS Insearchの学生は、大学の学生と同様無料で利用することができます。

最新のテクノロジーを導入した5階建ての図書館では、生徒が必要な書籍を選択すると、LRSがその書籍が保管されている場所を瞬時に把握し、ロボットアームにて書籍をピックアップ、生徒のもとに届けてくれます。図書館はUTS Insearchキャンパスから徒歩数分の場所にあるので、生徒は授業終わりに書籍や雑誌、定期刊行物など様々な蔵書を読むために訪れることができます。つまり、UTS Insearchの学生は、コンピュータ利用待ちの時間だけでなく、図書館で書物を探し回る時間も節約し、本来の学習に貴重な時間を注ぐことができます。

設備や学習教材、生徒の質も最高峰

UTS Insearchに通う留学生の90%以上がシドニー工科大学に進学します。
毎週月曜日入学可能な一般の語学学校と異なり、大学が提供するコースの場合、入学日は年に1~2回、多くても3~4回程度しかありません。つまり、一度入学の機会を逃すと、次の入学まで短くとも3ヵ月間、長ければ1年間待つ必要があります。
一時帰国するにしても、留学を継続するにしても、負担となる学費や滞在費、航空券などの費用は多額のものとなるでしょう。そして何よりも、無駄な時間を過ごさなければならなくなります。入学が遅れればその分卒業も遅れます。大学に通う生徒の場合、その後の就職が遅れます。

UTS Insearchに通う留学生、そしてその学生たちを教える教師やスタッフはこれらを回避すべく、1日いちにちを非常に大切にしています。いつまでにどのレベルに達していなければならないかを常に厳しく精査し、必要に応じて対策や戦略を練り直し、着実に目標(入学日や規定の英語力、成績)を達成するため、切磋琢磨し勉学に取り組んでいるのです。

留学してみると気が付くことですが、世界にはその国への移住や永住権取得を目指し、学位取得やその後の就労機会取得に向け留学している非常に意識の高い学生が存在します。中には、家族や親族の思いを背負い、生半可な気持ちで「失敗」や「挫折」が許されない状況下で留学している学生が多く存在します。
就労ビザや永住権の取得が年々厳しさを増すオーストラリアですが、固く殻を閉じ閉鎖的になるアメリカやイギリスと比較するとまだまだチャンスの多い国と言われています。特に、シドニー工科大学が得意とする工学やIT関係、建築・建設、会計などの分野において、そのような機会は多く、上記のような非常に高い意識を持つ留学生が世界中からUTS Insearchを訪れ、学んでいるのです。

このような環境は、たとえ、英語力向上のみを目的とした留学であっても、いわゆる普通の語学学校に通い、英語を学ぶのとは大きく異なる成果をもたらしてくれることでしょう。

そして、UTS Insearchには、このような意識の高い学生たちを最大限の力でサポートすべく、最新の学習環境と教材、サポート体制を整えています。
まず、UTS Insearchには、ハイテクな学習設備を整えた教室が数多く存在します。またほとんどの教室には電子黒板が導入され効率の良い学習を提供しています。またキャンパスでは無料Wi-Fiが完備され、UTS Insearchから提供されるオンライン学習ツールにはさまざまなデバイスからいつでも自由にアクセスすることができるようになっています。

次に、英語コースに通う学生のため、English Learning Centerに、さまざまな英語学習教材やツールを用意しています。
大学進学において必須とされるIELTSの対策には180種類以上ものテキストが用意され、一般の英語学習用には1,100以上もの教材、300以上ものDVD、そして、常に教師やスタッフに相談できる体制を整えています。

さらに、大学進学に伴う学部の相談、将来の目標や希望、各々の学習レベルに合わせた最適な進学パスウェイなどの情報提供を行うアカデミックアドバイザーセンターや、各セメスターの始まりに開催されるスキルクラス(膨大な量の課題をこなすためのタイムマネジメントや課題をこなすためのコツを教えてくれるワークショップなどを開催)、エキスパートチューターに日々の疑問・質問を相談することのできるウィークリーアシスタンスセッションなど多様なサポートを提供しています。

他にも、留学生同士が日々の学生生活にわずらわしさを感じるのことのないよう、食事を保存したり作ったりするための簡易キッチンや電子レンジ、食事をとったり、リラックスするため学生ラウンジを設けています。
例えばUTS Insearchキャンパスの周辺に多数ある学生ラウンジが多数では授業の合間や放課後に友達とコーヒーを飲みながら話をしたり、ヘッドフォンで音楽を聴きながらリラックスしたり、または研究やグループワークのために勉強したりするなど、多様な目的に合わせて時間を過ごすことができます。しかも、授業で学んだ英語や学習内容を友人や同級生と気軽に会話し、アウトプットし合えるようにと、教室やフリースペースの作り方を工夫しています。そして、これらの施設利用にあたり、UTS Insearchの学生はシドニー工科大学の学生同様、学生割引を受けることができます。

最後に、UTS Insearchには‘Student Center’と呼ばれる機関があります。
Student Centerは、UTS Insearchメインキャンパスの1階にあり、留学生生活に伴う滞在や出願手続きなどはもちろん、学習面以外の個人的な悩み相談など、ありとあらゆることに対し、サポートを提供している機関です。

② 世界で唯一!世界最高峰の大学UTSへのダイレクトエントリー(直入学)

シドニー工科大学はQS世界大学ランキング(2017)で176位、50年以内に設立した大学の中では、なんと世界で8位にランクインしています。この結果は、シドニー工科大学が、慶應義塾大学や早稲田大学、筑波大学など名実ともに人気の日本の大学より世界的評価が高いということを意味します。つまり、UTS Insearchからシドニー工科大学で学び、卒業、シドニー工科大学卒の学歴と、そこで学んだ実践的な知識やスキルは、日本国内ではもちろんのこと、世界を股にかけて活躍するための土台となることを意味しています。

ちなみに、QS世界大学ランキング(QS World University Rankings)では、学界からの評判・企業からの評判・学生に対する教員数・外国人教員の割合・留学生の割合・教員一人当たりの論文引用数などを踏まえ、総合的に判断しています。
大学レベル=偏差値と捉えがちな日本人は、世界トップレベルというと、人によっては「果たしてそんなにレベルの高い大学に入学、卒業できるのだろうか…」と不安になる方もいらっしゃるかもしれません。しかし、これらのランキング指標をご覧いただくとわかるように、世界大学ランキングの結果は一言に偏差値による評価ではなく、レベルの高い大学で、「たとえ留学生であってもいかにきちんしたアカデミックサポートを受けることができるのか?」なども指標となっており、安心して進学いただけることがわかります。

シドニー工科大学は、「工科大学」と呼ばれるものの、日本の単科大学ではなく総合大学で、人文、社会学部、経営経済(ビジネス)、デザイン、建築、工学、IT、法律、看護、助産、薬学、科学など、幅広いコースを開講しています。

<シドニー工科大学で学べる専攻内容>
Analytics and Data Science(アナリティクス/データサイエンス)
Business(経営経済)
Communication(コミュニケーション)
Design, Architecture and Building(デザイン、建築、建設)
Education(教育)
Engineering(エンジニアリング)
Health(健康)
Information Technology(情報技術)
International Studies(国際学)
Law(法律)
Science and Mathematics(科学/数学)
Transdisciplinary Innovation(総合科学)

シドニー工科大学と言えば、デザインや建築・建設学部が非常に有名です。
UTSのデザイン、建築・建設と言えば、オーストラリア国内に留まらず、世界中からの注目を集める学部、大学の一つです。当然オーストラリア国内からは多くの進学希望者が集い、将来デザイン関連の仕事をしたいと考えるのであれば、シドニー工科大学に進学すべきとまで言われるほどです。シドニー工科大学には、デザインや建築・建設を学ぶ生徒のために、最先端の技術を終結させたユニークなキャンパスを有しています。シドニー工科大学のデザイン、建築・建設学部に進むため、UTS InsearchにてDiploma of Design & Architectureを受講する場合、これらのキャンパスに毎日アクセス可能です。

UTS Fashion Show 2017

また、ビジネス関係の学部ではケーススタディを多く取り入れていれた実践的な授業が行われています。シドニー工科大学の講師は全員、各分野の第一線で活躍している方々です。
例えば、Appleの共同創業者スティーブ・ウォズニアック氏がロボティックリサーチやAIを指導していたり、マイクロソフトに勤めている講師がマーケティングを教えていたりします。実際に現場で働いている、または現場で働いていた方を講師とすることで、仕事上で起こった成功事例はもちろん、トラブル事例なども共有、本物の事象に対し具体的な解決策の提案を行うなど、他大学と比較し、より実践的な授業の提供に成功しています。また、講師陣が企業との結びつきが強いことで、実践的・実務的な内容を学べるということだけでなく、大学在学中に企業とのネットワーク、コネクションを築くことができます。企業側もまた、優秀な学生を学生時代からリクルーティングすることができるため、積極的な協力姿勢を示しています。
これらはシドニー工科大学で学ぶ大きなメリットといえるでしょう。

UTS Business School

注目を集めているのが、看護学部です。
シドニーシティの中心地という立地を活かし様々な施設で実習を行うことができるUTSの看護学部は人気が高く、実習で訪れた病院や施設にて各担当者とコネクションができたり、卒業後の就職に関して病院側からアプローチをされたりすることもあります。結果、就職率は98%と高く、卒業後3ヶ月以内にはほとんどの生徒が就職先を決めています。なかには卒業前から就職先が決まっている生徒もいます。シドニー工科大学の看護学部は、世界大学ランキングで7位、オーストラリアで1番に輝いています。

Bachelor of Nursing – experiences and expectations

そんなシドニー工科大学の付属高等教育機関であるUTS Insearchは、シドニー工科大学に直接入学することのできる唯一の機関です。

UTSに限らず、オーストラリアの大学進学ルートは大きく分けて3つあります。

<オーストラリアの大学進学ルート>
1.大学直入学
2.ファンデーションコースから大学進学
3.提携高等教育機、付属教育機関のディプロマからの編入

オーストラリアの大学進学ルートについて詳しくは「オーストラリアの大学進学をすすめる理由② 柔軟な進学ルート」をご参照ください。

一定の成績や英語力をすでに有している方の場合、1.大学直入学での進学も可能ですが、多くの留学生が2または3の進学ルートを利用します。シドニー工科大学進学に伴う2または3のコース(ファウンデーションコース、ディプロマ)、またこれらのコースに入学するために必要な英語学習コースを提供するのが、UTS Insearchです。

まず、他の語学学校で進学準備英語コースを修了し、ファウンデーションコースやディプロマ入学に必要なIELTS5.5~6.0相当を取得したとしても、残念ながら、オフィシャルのIELTSスコア(その他UTS Insearchが指定する公式英語能力試験結果)がない限り、UTS Insearchのファウンデーションコースやディプロマコースに入学することはできません。
また、一定の成績を有し、シドニー工科大学に直入学できる方で、他校の英語コース(IELTS5.5~6.0相当レベル)を修了していたとしても、公式の英語試験結果なしにシドニー工科大学に入学することはできません。

しかし、UTS Insearchの英語コースであれば、Academic English Program(進学準備英語コース、以下、AE)のそれぞれのレベル修了をもって各コースへダイレクトエントリー(公式の英語スコアなしに入学すること)が可能です。

例(※)
AE レベル3修了=IELTS5.5相当
→シドニー工科大学 ファウンデーションコースまたはUTS Insearch ディプロマコース入学可能

AE レベル4修了=IELTS6.0相当
→UTS Insearch ディプロマコース入学可能

AE レベル5修了=IELTS6.5相当
→シドニー工科大学(学士・修士)進学可能

※進学するコース、学部により、英語力以外に成績や社会人経験などの条件あり。コースの詳細は、「3.UTS Insearchが開講するコース」をご参照ください。

③ UTS Insearchでの留学だからこそ得られる世界に広がるネットワーク

言葉や文化の異なる新しい国で生活をスタートさせる際、友達を作ることは非常に大変なことですし、これから留学する皆さんにとって、心配事の一つと言えるでしょう。

そんな留学生のため、UTS Insearchではさまざまなアクティビティやクラブ活動を提供しています。
授業だけでなく、授業外の生活において、イベントに参加したりチームに所属したりすることで、同じ分野に興味を持っているクラス以外の生徒とのつながりを持つことができると考えているためです。

アクティビティの様子

1
2
5
6
7
4
11
9
3
16
15
10
14
12
8
13
17

UTS Insearchに入学すると自動的にUTS Insearch Activities ClubとActivate UTSのメンバーに加入(無料)することができます。シドニー工科大学には、100を超えるクラブやイベント、スポーツアクティビティがあります。
例えば、エンジニアリング、写真、スカイダイビング、ヒップホップ、アニメなど多種多様なクラブが存在し、これらキャンパス内外で行われる楽しく刺激的なイベントにネイティブの学生と共にクラブ活動を楽しむことができます。
特に、UTS Insearchが開催する海外の高校生を対象としたスタディーツアーをサポートするボランティア活動などは就職活動の際、履歴書に自己PRなどとして記載することができるため、学生から高い人気を誇ります。
また、UTS Insearchでは学生主導でのアクティビティも推進しています。例えばカラオケ大会や学外でのボランティア、ランゲージエクスチェンジなどを行っています。

先述している通り、シドニー工科大学は世界トップクラスの大学であり、世界中からシドニー工科大学への進学を目指してUTS Insearchに入学します。留学生の多くは将来世界を股にかけて活躍したいと願う人材ばかりです。
UTSで、またUTS Insearchでの日々の勉強やアクティビティ、オーストラリアでの生活を介して出会う人々は、あなたの未来に大きく影響し、将来あなたをささえる強固なネットワークとなることでしょう。

3. UTS Insearchが開講するコース

UTS Insearch はUTS進学・編入に繋がる英語コースやファウンデーションコース、ディプロマコースを開講しています。ここでは、UTS Insearchが開講するコースをご紹介します。

<UTS Insearchにて開講されているコース>
- 英語コース(一般英語コース、進学準備英語コース)
- シドニー工科大学 ファウンデーションコース
- ディプロマコース
  ・ビジネス
  ・コミュニケーション
  ・デザイン&建築
  ・IT
  ・サイエンス
  ・エンジニアリング

※最新情報は、必ずUTS Insearch公式ホームページからご確認ください。

英語コース(一般英語コース、進学準備英語コース)

UTS Insearchの英語コースでは、博士号や修士号など非常に高い学歴と経験と両方を兼ね備えた熱意溢れる教師が留学生の英語力向上、そして英語コース修了後に進むであろうファウンデーションやディプロマ、大学・大学院での勉強に支障をきたさないよう、ハイレベルなアカデミックスキルを伝授しています。

授業は最新設備を整えた学習環境で効率よく実践的に行われています。コース教材にはオンライン学習機能を介して、いつでもどこでも、どのデバイスからでも簡単にアクセスすることができるため、非常に便利です。また1クラス18人という大学の一部の教育機関とは思えないほど、少人数なクラスサイズのなかで、教師は1人ひとりの生徒に気をくばりながら授業を進めてくれます。
クラス外でも、イングリッシュラーニングセンターにて、授業以外でも英語を学ぶ機会は十分に整えられており、クラスメイトと積極的なディスカッションやアカデミックスキル向上に向けたグループワークなどに取り組むことができます。

具体的には、UTS Insearchの英語コースには下記のコースがあります。

1.General English (レベル:GE1-3)
読む・書く・聞く・話す、文法、発音、単語力など、進学準備英語コースに入学する前の英語基礎力を養うためのコースです。
2.Academic English for Foundation(レベル:AE1-3)
アカデミックイングリッシュプログラムのレベル3(AE3)を修了すると、IELTS5.5相当として認められ、UTSのファウンデーションコースに入学することができます。IELTSやTOEFLの公式スコアは必要ありません。
3.Academic English for Diploma(レベル:AE1-4)
アカデミックイングリッシュプログラムのレベル4(AE4)を修了すると、IELTS6.0相当として認められ、UTS Insearchのディプロマコースに入学することができます。IELTSやTOEFLの公式スコアは必要ありません。
4.Academic English for Bachelor/Master(レベル:AE1-5)
アカデミックイングリッシュプログラムのレベル5(AE5)を修了すると、IELTS6.5相当として認められ、UTSの大学・大学院のコースに入学することができます。IELTSやTOEFLの公式スコアは必要ありません。

1レベル10週間で、合計200時間以上、英語を学びます。
一般英語コース、アカデミックイングリッシュプログラム共に、基本的には5週間に1回のペースで、指定された入学日があります。英語コース修了後、ファウンデーションコースやディプロマなどへの進学を考えている方の場合、進学を希望する各コースの入学時期を確認し、逆算したうえで英語コースの開始日を確定させましょう。**
英語コースの開始日に関してはUTS Insearchの公式ホームページからご確認ください。

アカデミックイングリッシュプログラムでは将来的に、シドニー工科大学で学ぶことを前提に、授業内容を効率よく理解しまとめるためのリスニングスキルやノートテイクスキル、専門的な論文や文献内容の読解力向上、ネイティブの学生にも負けないディスカッションやグループワークスキルの習得とその実践などを重点的に学ぶことができます。

UTS Insearchはシドニーシティの中心地に位置しているため、学校外でも英語に触れる機会が豊富です。シドニーの人々はとてもフレンドリーで、日常生活のなかで、毎日、毎秒実践的な英語を学び伸ばすことができます。

最終的には、英語でのプレゼンテーションや論文作成など自信をもって取り組むことができるようになります。
UTS Insearchの英語コースを修了すると、シドニー工科大学進学に繋がるファウンデーションコースやディプロマコースにIELTS、TOEFLなどの公式スコアなしに進むことができます。

**現時点でIELTSやTOEFLのスコアを持っておらず、ファウンデーションコースやディプロマコース入学までに何週間の英語学習を要するのかわからないという方は、UTS Insearchのエージェントであるワールドアベニューまでご相談ください。現在の英語力を審査するため、UTS Insearchが提供する英語レベルテストの受験をサポートいたします。英語研修期間の算出やその後の渡航日程や進学ルートに関するご相談も随時行っております。

備考:
オーストラリアの大学に進学するためのルートは大きく3つ存在します。そしてそれぞれ求められる英語力は以下の通りです。

進学ルート1.大学直入学→IELTS6.0~6.5(コースによって6.5以上を要する場合もあり)
進学ルート2.ファンデーションコースから大学進学→IELTS5.0~5.5
進学ルート3.提携高等教育機、付属教育機関のディプロマからの編入→IELTS5.5~6.0(コースによって6.0以上を要する場合もあり)

日本の高校を卒業した学生の英語レベルは英検準2級から2級程度でIELTSに換算するとIELTS3.0から4.5程度の方が多いように思います。日本の英語教育ではライティングやスピーキング力向上に向けた学習機会が少なく、科目として英語を得意とする生徒であっても、ルート2、3ですら直入学できる生徒は多くありません。
また、アカデミックな英語スキル(プレゼンテーションスキルやノートテイクスキル、レポート作成スキルなど)を有していない学生がほとんどのため、IELTSの公式スコアを持っている方であっても、大学や各コース入学前に2~3ヵ月間程度アカデミックスキルを磨くため、進学準備英語コースに通うことを推奨しています。

シドニー工科大学 ファウンデーションコース

UTS Insearchでは、オーストラリアでYear11(日本の高校2年生)以上を修了している学生、またはオーストラリア国外の高校を卒業し、一定の成績以下の留学生に対して、ファウンデーションコースと呼ばれる基礎教養科目を学ぶコースを提供しています。

ファウンデーションコースを修了すると、UTS Insearchのディプロマコースまたは一定の成績を修めることでシドニー工科大学の1年次に進学することができます。
ファウンデーションコースは、原則留学生を対象としたコースで、大学で勉強するよりも少人数で且つサポートフルな環境下で学習を進めることができます。将来的に大学で勉強する際に必要となる基礎教養科目の受講と共に、実践を介してディスカッションやグループワークなどのアカデミックスキルを伸ばすことができます。

UTS Insearchではシドニー工科大学に代わって2つのファウンデーションコースを提供しています。

1.スタンダードファウンデーションコース

スタンダードコースは期間が8ヵ月間(2セメスター)とエクステンデッドコースと比較するとやや期間が短く、費用も約10,000ドル(80~100万円)安いコースです。

<入学条件>
英語力:IELTS(アカデミック)5.5(各バンド5.0以上)またはUTS Insearch 英語コース AE3修了
学歴:日本の高校卒業
成績:GPA2.5以上
年齢:16歳以上(17歳以下の学生の場合、ファウンデーションコース修了なくしてディプロマコースに入学はできません)

<コース内容>
セメスター1
・デジタルリテラシー
・アカデミックスキル1(学部を選考するに伴い、幅広いコースの概要に触れることができます)
・基礎英語1または上級英語1
・基礎数学1または2
・選択科目(マルチメディア、国際学、サイエンスなど)

セメスター2
・クリエイティブシンキング
・研究プロジェクト(Capstone Project)
・アカデミックスキル2(学部を選考するに伴い、幅広いコースの概要に触れることができます)
・基礎英語1または上級英語1
・選択科目(マルチメディア、国際学、サイエンス、数学など)

<入学日>
セメスター1:3月上旬
セメスター2:6月下旬
セメスター3:10月上旬
詳細は、UTS Insearchの公式ホームページをご確認ください。

2.エクステンデッドファウンデーションコース

エクステンデッドコースは期間が12ヵ月間(3セメスター)とスタンダードコースと比較するとやや期間が長く、費用も約10,000ドル(80~100万円)高いコースです。しかし、高校2年生修了から入学する条件を満たすことができるというメリットも持ちます。

<入学条件>
英語力:IELTS(アカデミック)5.5(各バンド5.0以上)またはUTS Insearch 英語コース AE3修了
学歴:日本の高校2年生修了以上
成績:GPA3.0以上
年齢:16歳以上(17歳以下の学生の場合、ファウンデーションコース修了なくしてディプロマコースに入学はできません)

<コース内容>
セメスター1
・オーストラリアの文化や歴史
・社会と文化
・アカデミックスキル1(学部を選考するに伴い、幅広いコースの概要に触れることができます)
・基礎英語1または上級英語1
・基礎数学1または2

セメスター2
・デジタルリテラシー
・アカデミックスキル2(学部を選考するに伴い、幅広いコースの概要に触れることができます)
・基礎英語2または上級英語2
・選択科目(マルチメディア、国際学、サイエンス、数学など)

セメスター3
・クリエイティブシンキング
・研究プロジェクト(Capstone Project)
・アカデミックスキル3(学部を選考するに伴い、幅広いコースの概要に触れることができます)
・アカデミックコミュニケーションまたは上級英語1
・選択科目(マルチメディア、国際学、サイエンス、数学など)

<入学日>
セメスター1:3月上旬
セメスター2:6月下旬
セメスター3:10月上旬
詳細は、UTS Insearchの公式ホームページをご確認ください。

▼パスウェイ

ディプロマコース

UTS Insearchのディプロマコースを修了することで、原則的にシドニー工科大学の2年次に編入することが可能です(一部の学部では1年の後期からの編入となる場合もあります)。
UTS Insearchのディプロマコースでは、大学の授業よりもさらに充実したサポートを受けることができます。
例えば、UTS Insearchのディプロマコースは大学のクラスサイズが最大40人なのに対し最大18人と設定しているため、講師が生徒の顔と名前を覚えているほど距離が近く、また、バディシステムも導入しているため、メンタル面も含めきめ細かなフォローができるます。
また、UTS Insearch には常時3,000人から4,000人の生徒が在籍しているため、コンピューターシステムを導入し、生徒の情報をすべて管理しています。この管理システムでは、提出物が送れている日が続いたり、成績が伸び悩んでいたり、生徒が2日間連続で欠席したりした場合、アカデミックアドバイザーの携帯へアラートが届く仕組みになっています。ささいな躓きに即座に気が付き対策を講じることができるからこそ、定められた期間で、誰でもきちんと結果を残すことができるのです。
さらに、UTS Insearchでは、『アーリーインターベンション』を導入しています。これは、授業や学校生活で困ったことが際に、スタッフから生徒にアプローチをするという制度です。徹底したサポートがあることから、進学後、日々の勉強についていけるかどうか心配という方に、おすすめです。

具体的に、UTS Insearchが提供するディプロマコースには、ビジネス、コミュニケーション、デザイン&建築、エンジニアリング、情報技術、科学分野があります。また、各々、以下の3つの期間が異なるコースを提供しています。

<3つの期間が異なるコース>
1.アクセルレーテッド(Accelerated)…8ヵ月間
8ヵ月間と最も短いコースです。
UTS Insearchでの学習はUTSでの学習と比較し、少人数で且つクラスメイトは留学生の割合が高く、且つ、教師陣もその状況を理解しているためサポートフルですが、アクセルレーテッドでの受講内容は2のスタンダードと同様で、且つシドニー工科大学の1年次と同様の内容を受講するため、2のスタンダードよりもハードです。
2.スタンダード(Standard)…12ヵ月間
12ヵ月間と、1と比較し期間がやや長く、大学での1年目を同じ期間かけて学習するコースのため、1よりも余裕をもって学習に臨んでいただくことができるもっとも一般的なコースです。
3.エクステンデット(Extended)…16ヵ月間
1、2同様、UTSの1年目と同じ内容を勉強していただきます。ただし、1、2の学習内容にプラス英語面でのサポートが追加されます。1、2と比較しやや時間のかかるコースではありますが、難易度の高い大学1年目の勉強をきちんと英語学習サポートを受けながら、留学生にとって最適なペースで勉強していただけるコースです。

なお、それぞれ、入学する上での条件(英語力や成績)がやや異なるため、注意してください。

ビジネス(Diploma of Business)

Diploma of Businessでは、会計、マーケティング、経営、財務、経済、コミュニケーションなどのビジネス分野における主要な内容を学ぶことができます。Diploma of Business修了後、UTSのBachelor of Business 2年次に編入することができます。

アクセルレーテッド(8ヵ月間) 入学条件
・学歴:日本の高校卒業
・GPA:2.8
・英語力:IELTS(アカデミック)6.0(各バンド6.0以上)またはUTS Insearchの英語コースAE4修了
・年齢:17歳以上(17歳以下の場合、ファウンデーションコースを修了していること)

スタンダード(12ヵ月間) 入学条件
・学歴:日本の高校卒業
・GPA:2.8
・英語力:IELTS(アカデミック)6.0(各バンド6.0以上)またはUTS Insearchの英語コースAE4修了
・年齢:17歳以上(17歳以下の場合、ファウンデーションコースを修了していること)

エクステンデット(16ヵ月間) 入学条件
・学歴:日本の高校卒業
・GPA:2.8
・英語力:IELTS(アカデミック)5.5(各バンド5.0以上)またはUTS Insearchの英語コースAE3修了
・年齢:17歳以上(17歳以下の場合、ファウンデーションコースを修了していること)

詳細は、公式ホームページをご確認ください。

コミュニケーション(Diploma of Communication)

Diploma of Communicationでは、デジタルメディアやソーシャルメディアなどの分野における主要な内容を学ぶことができます。Diploma of Communication修了後、UTSのBachelor of Communication(Digital and Social Media, Public Communication, Media Arts and Production, Journalism, Social and Political Sciences or Creative Writing)、いずれかの2年次に編入することができます。

アクセルレーテッド(8ヵ月間) 入学条件
・学歴:日本の高校卒業
・GPA:2.8
・英語力:IELTS(アカデミック)6.0(各バンド6.0以上)またはUTS Insearchの英語コースAE4修了
・年齢:17歳以上(17歳以下の場合、ファウンデーションコースを修了していること)

スタンダード(12ヵ月間) 入学条件
・学歴:日本の高校卒業
・GPA:2.8
・英語力:IELTS(アカデミック)6.0(各バンド6.0以上)またはUTS Insearchの英語コースAE4修了
・年齢:17歳以上(17歳以下の場合、ファウンデーションコースを修了していること)

エクステンデット(16ヵ月間) 入学条件
・学歴:日本の高校卒業
・GPA:2.8
・英語力:IELTS(アカデミック)5.5(各バンド5.0以上)またはUTS Insearchの英語コースAE3修了
・年齢:17歳以上(17歳以下の場合、ファウンデーションコースを修了していること)

詳細は、公式ホームページをご確認ください。

IT(Diploma of Information Technology)

Diploma of Information Technologyでは、ウェブデザイン、ソフトウェアエンジニアスキル、アプリ開発などの内容を学ぶことができます。Diploma of Information Technology修了後、UTSのIT関連の学部いずれかの2年次に編入することができます。

アクセルレーテッド(8ヵ月間) 入学条件
・学歴:日本の高校卒業
・GPA:2.8
・英語力:IELTS(アカデミック)6.0(各バンド6.0以上)またはUTS Insearchの英語コースAE4修了
・年齢:17歳以上(17歳以下の場合、ファウンデーションコースを修了していること)

スタンダード(12ヵ月間) 入学条件
・学歴:日本の高校卒業
・GPA:2.8
・英語力:IELTS(アカデミック)6.0(各バンド6.0以上)またはUTS Insearchの英語コースAE4修了
・年齢:17歳以上(17歳以下の場合、ファウンデーションコースを修了していること)

エクステンデット(16ヵ月間) 入学条件
・学歴:日本の高校卒業
・GPA:2.8
・英語力:IELTS(アカデミック)5.5(各バンド5.0以上)またはUTS Insearchの英語コースAE3修了
・年齢:17歳以上(17歳以下の場合、ファウンデーションコースを修了していること)

詳細は、公式ホームページをご確認ください。

デザイン&建築(Diploma of Design & Architecture)

Diploma of Design & Architectureでは、ファッションからアニメーションまで、最先端のデザイン、また建築学の基礎を学ぶことができます。Diploma of Design & Architectureでは36単位を取得することができ、修了後、UTSのデザイン、建築、建設関係の学部1年次に編入することができます。

アクセルレーテッド(8ヵ月間) 入学条件
・学歴:日本の高校卒業
・GPA:2.8
・英語力:IELTS(アカデミック)6.0(各バンド6.0以上)またはUTS Insearchの英語コースAE4修了
・年齢:17歳以上(17歳以下の場合、ファウンデーションコースを修了していること)

スタンダード(12ヵ月間) 入学条件
・学歴:日本の高校卒業
・GPA:2.8
・英語力:IELTS(アカデミック)6.0(各バンド6.0以上)またはUTS Insearchの英語コースAE4修了
・年齢:17歳以上(17歳以下の場合、ファウンデーションコースを修了していること)

エクステンデット(16ヵ月間) 入学条件
・学歴:日本の高校卒業
・GPA:2.8
・英語力:IELTS(アカデミック)5.5(各バンド5.0以上)またはUTS Insearchの英語コースAE3修了
・年齢:17歳以上(17歳以下の場合、ファウンデーションコースを修了していること)

インサーチを経由しシドニー工科大に進学、イラストレーターとして活躍するKentaroさん


※より詳しくはKentaroさんの紹介ページからご覧ください。

詳細は、公式ホームページをご確認ください。

サイエンス(Diploma of Science)

Diploma of Scienceでは、2つのパスウェイ、ライフサイエンスと物理学を提供しています。Diploma of Scienceでは、UTSのBachelor of Scienceが提供する1年目の科目をより少人数クラスのなかで受講することができます。Diploma of Science修了後、UTSのサイエンス系の学部2年次に編入することができます。

アクセルレーテッド(8ヵ月間) 入学条件
・学歴:日本の高校卒業
・GPA:2.8
・英語力:IELTS(アカデミック)6.0(各バンド6.0以上)またはUTS Insearchの英語コースAE4修了
・年齢:17歳以上(17歳以下の場合、ファウンデーションコースを修了していること)

スタンダード(12ヵ月間) 入学条件
・学歴:日本の高校卒業
・GPA:2.8
・英語力:IELTS(アカデミック)6.0(各バンド6.0以上)またはUTS Insearchの英語コースAE4修了
・年齢:17歳以上(17歳以下の場合、ファウンデーションコースを修了していること)

エクステンデット(16ヵ月間) 入学条件
・学歴:日本の高校卒業
・GPA:2.8
・英語力:IELTS(アカデミック)5.5(各バンド5.0以上)またはUTS Insearchの英語コースAE3修了
・年齢:17歳以上(17歳以下の場合、ファウンデーションコースを修了していること)

詳細は、公式ホームページをご確認ください。

エンジニアリング(Diploma of Engineering)

エンジニアリングの分野においてプロフェッショナルとなる人はは、命を救うための医療機器開発や発展途上国のインフラ整備まで幅広い分野に携わることができます。UTS InsearchのDiploma of EngineeringではUTSのBachelor of Engineeringが提供する1年目の科目をより少人数クラスのなかで受講することができます。Diploma of Engineering修了後、UTSのサイエンス系の学部2年次に編入することができます。

アクセルレーテッド(8ヵ月間) 入学条件
・学歴:日本の高校卒業
・GPA:2.8/文系不可
・英語力:IELTS(アカデミック)6.0(各バンド6.0以上)またはUTS Insearchの英語コースAE4修了
・年齢:17歳以上(17歳以下の場合、ファウンデーションコースを修了していること)

スタンダード(12ヵ月間) 入学条件
・学歴:日本の高校卒業
・GPA:2.8/文系不可
・英語力:IELTS(アカデミック)6.0(各バンド6.0以上)またはUTS Insearchの英語コースAE4修了
・年齢:17歳以上(17歳以下の場合、ファウンデーションコースを修了していること)

エクステンデット(16ヵ月間) 入学条件
・学歴:日本の高校卒業
・GPA:2.8
・英語力:IELTS(アカデミック)5.5(各バンド5.0以上)またはUTS Insearchの英語コースAE3修了
・年齢:17歳以上(17歳以下の場合、ファウンデーションコースを修了していること)

詳細は、公式ホームページをご確認ください。

詳しくは留学生ガイド(ダウンロード可能)もご参照ください。

4. シドニー中心地の最高のロケーション

UTS Insearchの最大の魅力と言えば、そのロケーションです。
シドニー工科大学はオーストラリア国内で唯一、シティ中心地にキャンパスを構える大学です。その付属教育機関であるUTS Insearchもシティの中心地である、セントラル駅から徒歩数分という最高の立地にあります。
UTS Insearchのキャンパス周辺には、カフェやレストランなどはもちろん、観光地としても有名なシドニーオペラハウスやハーバーブリッジ、ボタニカルガーデンなどがあるほか、日常生活に欠かせない病院や郵便局、銀行などすべての主要機関があり、徒歩またはシドニー内の主要交通機関を利用しアクセスすることができます。
また、シドニー工科大学は10以上のキャンパスを構えています。これら大学のキャンパスまでUTS Insearchのキャンパスから徒歩10分程度でアクセスすることができます。もちろん、シドニーシティ中心地にある弊社のシドニーオフィスからも非常に近い場所に位置しています。

大学規模の充実した設備を完備するキャンパスが、これほどまでに便利な立地にある教育機関はUTS Insearchをのぞいて他にはありません。

住所:187 Thomas St, Haymarket NSW 2000

UTS Insearch キャンパスマップ(ダウンロード可能)

5. 【実際に行ってみた】学校訪問をレポート!

2018年、弊社の留学カウンセラーが、UTSとUTS Insearchの学校訪問にいきました!


UTS Insearchはセントラル駅から徒歩数分に位置しています。今回訪問した際は、タウンホール駅から歩いてUTS Insearchまで向かったのですが、徒歩20分ほどで到着することができました。


UTS Insearchのビルは9階建てで、グランドフロアにはコンビニエンスストアが入っています。

グランドフロアには学生課があり、入学直後のオリエンテーションから、コース変更や証明書のコピーなどすべての手続きを行っています。入口には受付の機械があり、学生番号や質問内容を選択すると、担当のスタッフが順番に呼び、対応してくれます。

質問には事務の方が答えてくれるので安心です。

2階はデザインとコミュニケーション学部専用のフロアです。


ワークショップをすることが多いので、一つひとつの教室が広い作りになっています。また、デザインをするためマックも利用することができます。

さらに、学生番号を入力するだけでロッカーを自由に利用することが可能です。

4階はアカデミックスタッフがいるフロアです。


英語コースやディプロマ・ファンデーションなど全てのコースの相談をすることが可能です。

7階には教室だけでなく、フリースペースが準備されています。


ディスカッションやグループワークができるよう、ゆとりのある作りになっています。


プリンターや食事スペースもあるため、自由に使うことができます。

あわせてUTSも見学させていただきました。
一際目を引くのはトロント出身でロサンゼルスを本拠地とする建築家であるフランク・ゲーリーが建築したキャンパスです。

このキャンパスでは基本的にビジネスを勉強します。

キャンパスの近くにはオーストラリア国営放送局ABCがあります。

コミュニケーションやメデォアを勉強している学生は、このABCでインターンシップをすることもあるようです。

学校の中にあるジムでは、一般の方も汗を流していました。その向かいには、鍼灸院があります。

シドニー工科大学 キャンパス見学

27
37
32
28
36
31
30
33
29
35
34
P1030895
P1030896
P1030897
P1030902
P1030903
P1030898
P1030901
P1030904
P1030900
P1030899
P1030906

その他の施設はどれも日本の大学とは全く規模が違い、明るく開放的な施設でした。まだ新しい大学のため最新の設備を導入した施設が多いことがUTSの魅力だと感じました。

6.まとめ

いかがでしょうか。最新の設備を利用しながら、着実に英語力を上げ、UTSに進学することができるUTS Insearchは、オーストラリアの大学進学を目指す全ての方におすすめです。「もっと詳しく知りたい!」という方は、ワールドアベニューまでお問い合わせください。

  •  J-CROSS 留学サービス審査機構
  • JAOS一般社団法人海外留学協議会
  • English Australia
  • New zealand education
  • 東京都知事登録旅行業 第3-6137号

ページトップボタン