留学したい国から選ぶ留学プログラム ワールドアベニューがオススメする目的別留学国のご紹介。

イギリス ニュージーランド オーストラリア アメリカ カナダ

充実した留学にしたいなら
目的に適した国を選ぼう

ワールドアベニューでは母国語(公用語)に英語を採用している国の中でも、日本人留学生への受け入れ体制が整っている英語圏の国をおすすめしています。一口に英語圏の国といっても、歴史や文化的な背景が異なるだけでなく、そこに住む人種構成や気候の違い、またその国の制度によって、受ける印象も経験できることも大きく異なります。行ってみたいしてみたい国の特徴から渡航候補地を絞り込み、やりたい事と組み合わせて国を決めていきましょう。一カ国をすぐに決めてしまう必要はありません。あくまで候補地として絞り込んでいき、カウンセリング時に相談しながら決定していくことをオススメしています。

ワールドアベニューで
取り扱っている対象国

AUSTRALIA

“やりたい事にチャレンジできる国”
オーストラリア

ワールドアベニューのお客様に1番選ばれているのが、オーストラリアです。ビザ取得難易度が低く、且つ学生ビザでの就労も可能。就労先も豊富にあります。ビザの規定に自由度が高いため、豊富なプログラムの中から自分にあったプランを選ぶことができます。

治安水準 
教育水準 
学校数 
働き易さ 
ビザ種類 
CANADA

“アメリカも一緒に体験できる国”
カナダ

アメリカに距離的に近い国でワーキングホリデービザが取得できるのが”カナダ”です。世界中から学生を受け入れており、国際色豊かな環境と豊かな自然の中で海外を体験できる国です。

治安水準 
教育水準 
学校数 
働き易さ 
ビザ種類 
NEW ZEALAND

“中学・高校生の受け入れが盛んな国”
ニュージーランド

雄大な自然と教育水準の高さ、また留学費用のリーズナブルさから人気が高いのがニュージーランドです。特に、入学条件が比較的易しいこともあり中学・高校生の人気が高い国です。

治安水準 
教育水準 
学校数 
働き易さ 
ビザ種類 
AMERICA

“憧れの国”
アメリカ

国際的な教育水準の高さと知名度を誇るのがアメリカです。世界中から優秀な学生が集まる国です。ハリウッドやロサンゼルスなど有名な海外ドラマや映画の舞台でもあり、日本人からの人気も高い国です。残念ながらワーキングホリデー対象国ではないことに注意しましょう。

治安水準 
教育水準 
学校数 
働き易さ 
ビザ種類 
ENGLAND

“伝統と格式の国”
イギリス

英語を母国語とする国の中で、長い歴史を持つのがイギリスです。ヨーロッパ諸国にもアクセスがよく、イギリスからヨーロッパ各国へ旅行したい人におすすめしたい国の1つです。ワーキングホリデー対象国ではあるものの倍率が高く、取得が難しいので注意しましょう。

治安水準 
教育水準 
学校数 
働き易さ 
ビザ種類 
  • New zealand education
  •  J-CROSS
  • JAOS
  • English Australia
  • 東京都知事登録旅行業 第3-6137号

ページトップボタン