休学・認定留学

大学生は自分の夢を
実現するための準備期間
社会人になる前に
留学経験を積んで将来に繋げよう。

今、大学生が大学を“休学”して海外留学に挑戦する「休学留学」や大学の一定基準に乗っ取り単位認定が可能な状況で渡航する「認定留学」に注目が集まっています。欧米などで大学生として就学前後にギャップイヤーを取得して世界に旅立つことは一般的です。日本でも留学で大学を休学することは、採用面接で不利にはならない時代になりました。むしろ、自ら進んで海外へチャレンジしたという実績は、就職活動において有利に働くことは言うまでもありません。また、1年間という期間を海外で過ごすことによって“自立した大人”に変化して同級生から一歩抜きん出た存在を目指しましょう。

大学在学中に留学するメリット

社会人になってからの留学はブランク。

就職しキャリアを積んでいる課程の中で長期の留学に踏み出すことは、就活時に苦労して勝ち取った内定やその後積み重ねたキャリアを一度捨てなければならないという大きなリスクを負うことになります。大学在学中であれば、1年間、年次が遅れたとしても新卒で就職活動に臨むことができ、その後のキャリアにブランクを作る必要もありません。

国際的なネットワーキングができる。

急速な国際化に伴う企業のグローバル化から、日本国内の企業においても海外とのつながりは増大しています。留学先でできるさまざまな国籍・バックグラウンドの学生達とのネットワークは、公私ともに将来の糧になるでしょう。

グローバルな視点を身に付けることができる。

言語はもちろん、文化や習慣も異なる環境の中で生活し、就学し、プログラムによっては本格的な就労経験を積むことで国際的な視野を培うことができます。日本人としてのアイデンティティを持ちながら、広い視野に立って培われる教養と専門性、異なる言語、文化、価値を乗り越えて関係を構築するためのコミュニケーション能力と 協調性などを身に付けることができます。

将来の方向性を再確認できる時間を持てる。

大学在学中の留学で日本社会の常識や既成概念に捉われず、また日本で専攻している学部と全く異なる興味のある分野や事柄にチャレンジできます。常識を覆される経験や今までに触れたことのない意見や価値観に触れることで自らを再度見直し、将来の方向性を見定めるよい機会となります。

就活で武器となる経験を手に入れられる。

就職活動において、「今まで頑張ってきたことは何か?」「胸を張って自信が持てる経験は?」と聞かれ、改めて「自分には何があるだろう」と自問自答する学生は少なくありません。留学において、現地の大学生と肩を並べ他言語で勉強する経験や、企業で本格的な就労経験を積む経験から、さまざまな困難を乗り越えるタフネスやチャレンジ精神を培うことができ、就職活動において他とは違う自分だけの経験や今後の社会を生き抜いていく自信と武器を手に入れることができます。

一生に一度の新卒を生かしての就活で後悔しない!

大学を卒業して初めての会社はその後のキャリア(一生)を左右するといっても過言ではありません。就職後、「やっぱり違った」「もうちょっと就活頑張ればよかった」などの後悔をしても後の祭りです。大学在学中に留学に行き、最大限自分の能力を伸ばした状態で就活を行い、新卒を生かして就活することで、後悔のない内定を勝ち取りましょう。

「休学留学」と「認定留学」
の違い


休学留学

・日本の大学を半年から1年ほど「休学」しての渡航となる。
・自分の希望や将来の目標に適した留学を選ぶことができ、その幅は、大学の学部受講や現地企業でのインターンシッププログラムなどさまざま。

認定留学