ニュージーランド
中学・高校留学

アメリカやイギリスなど比べて、柔軟で温かい留学生の受入体制が整っていることや、治安の良さや時差の少なさ、留学生を保護するための制度などから人気のニュージーランドの中学・高校留学。留学費用が抑えられているため家計への負担が抑えられることも大きな理由の一つです。

留学生の低年齢化が進むなか、注目高まる中学・高校留学ですが、留学先の国や都市によるメリット・デメリットや、学校の選定方法、学生ビザの申請の仕方など、渡航までに多くのステップがあり手続きも煩雑なため、「何から手を付けたらいいかわからない」「わからないことがわからない」というお話もよくいただきます。
今回は人気のニュージーランド 中学・高校留学についてご紹介します。

ニュージーランド
中学・高校留学 特長

No.1

国が留学生を守る!?
留学生の生活保障に関する服務規程を設けるニュージーランド

ニュージーランドには、「留学生の生活保障に関する服務規程」(Code of Practice for the Pastoral Care of International Students)*と呼ばれ、NZQA (ニュージーランド資格庁:New Zealand Qualifications Authority)が管轄する規程が存在します。
この規程は、留学生を保護するために、加盟者にあらゆる面において適正な措置を講ずることを義務づけ、留学生が学問上の目標を達成できるよう支援して、ニュージーランドでの留学をより有意義なものにしてもらえるよう尽力するという目的からなるものです。
この規程の中には、正しい情報提供や留学先機関のクオリティの管理と保証、オリエンテーションや在校中のサポートなどを明確に位置付けるものです。
留学生はニュージーランド国民ではないにも関わらず、このように国が留学生を保護する制度・法律を設けていることは稀であり、ニュージーランドの留学生に対する温かで柔軟な受け入れ環境の代表的な例と言えます。

*「留学生の生活保障に関する服務規程」
Code of Practice for the Pastoral Care of International Students