ニュージーランドで思いっ切り海外を満喫する中学・高校留学をしよう

ニュージーランドで自分らしい留学をスタート♪ 自然豊かで英語も身に付くニュージーランドで 一度しか無い中学・高校生時代を宝物に変えよう。

行きたい希望を希望で終わらせない、最初の一歩をスタートしよう!
どの情報が正しくて間違っているのか、インターネットで検索しているとだんだんとわからないことが増えてしまうもの。 ニュージーランドでの高校進学に興味がある…だけど具体的なイメージがわかない。そんな方は皆さんのご希望により適切な情報をしっかりと見つけ出すためにも、まずはしっかりと希望をチェックして資料を請求してみましょう。
無料カウンセリングやスカイプカウンセリング、随時開催しているセミナーなどの予定も記載させて頂いております。 具体的なプランニングに踏み出すまず、一歩を踏みましょう。
今すぐ無料資料請求
海外進学を成功させたい。 その為に大切なことは、しっかりとプロフェッショナルに相談すること。 海外進学という進路が海外に比べ確立していない日本では、留学経験のある学校の先生も、留学経験のある国以外の事は詳しくわからない…という方も多いのが現状です。

皆さんに最適な国や都市、留学の相談は、『プロ』にご相談下さい。
メリットだけではなくデメリットも踏まえ、皆さんの人生の選択をしっかりとカウンセリングさせて頂きます。
カウンセリング予約

ニュージーランドの中学・高校留学が人気の理由を大公開!

日本から沢山の中学・高校生を受け入れているニュージーランド アメリカやイギリスなどの留学先に比べて、柔軟で温かい留学生の受入体制が整っていることや、留学費用が抑えられているため家計への負担が抑えられていることがあげられます。また、英語圏の高校を卒業することで卒業後の進路選択肢が豊富なことが人気の秘訣です。

輝く先輩からのメッセージ 安藤 夢規さん
ニュージーランドで高校留学。高校を卒業し、オーストラリアのウーロンゴン大学に進学。現在1年生の夢規さん。
point1 夢は国際派看護師!ニュージーランドの高校留学が広げた『今とこれから』の自分。

大きく成長することができたニュージーランドでの高校留学異文化を学び、視野が広がった! 高校留学を通じて、いろんな文化を勉強することができるし、文化交流により、 視野がすごく広がりました。特にNZの現地民族である「マオリ」のことを勉強できたのは、感慨深かったです。

自分の意見をしっかりと伝えられるようになった! 他文化を感じられるという点では、例えば、中国人・韓国人は同じ留学生でも、自分の意見をストレートにぶつけてくるのに対し、日本人は受け身であると強く感じました。なので、もちろん私も考え方を変えて、自分の意見を言えるようになりました。 授業でも先生が一方的に教えるのではなく、生徒とのディスカッションにより授業が成り立つ感じです。「あなたはどう思う?」と振られて、その時に自分の意見を伝えるので、授業に参加している感が高いです! 例えば、英語の授業で、一冊の本を読んで、映画を見たりする課題があるのですが、「このカメラワーク、照明、セリフにより、監督が視聴者に伝えたいことはなんでしょうか?」などと新しい視点をより詳細までつきとめる勉強をしたりもしましたし、生物や化学の授業なんかでも、まずは生徒が、その科目にまつわる動物学についての不思議などを先生にぶつけて、そこから授業がディスカッションに発展することも稀ではありませんでした(笑)。

イベント盛りだくさん! そして、なんといっても日本では体験できない事が、たくさん体験できちゃいます!例えば、ドレス着て、ダンスパートナーを連れて、ダンスパーティーに参加する事は日本ではできないんじゃないかなぁ?って思います。

今すぐ無料資料請求 カウンセリング予約

point2 国際感覚を身に着けた寮生活進路決定の際、本当の家族のように支えてくれたホストファミリー

現地での生活環境は? 学校での生活は寮でした。寮は、半分が現地のニュージーランド人、もう半分は留学生で韓国・中国・タイなど様々な国から来た生徒が共に生活していて、とてもインターナショナルな雰囲気でした。また、留学生だけで固まらず、現地の生徒とも交流があったので、とても英語の勉強になりました。
文化の違いから口論になることもありましたが、それをきっかけにより広く他文化を理解することができるようになり、視野が広くなったと思います。

学校ではホームステイの手配も行っていたため、数年寮に住んだ後、ホームステイに移動しました。ホームステイのホストはとてもやさしく、特に最後の卒業間近の進路を決めるときには、よく相談にのってくれて、精神的にもサポートしてくれました。

今すぐ無料資料請求 カウンセリング予約

point3 日本人は全学年でたったの10人!大変な時もあったけど、最高にエンジョイした高校3年間。

高校での生活を教えて下さい。 日本人は多かった? オークランドなどの都会と異なり、カントリーサイドということもあり日本人はとても少なめです。学校には10名くらいの 日本人がいましたが、学年がバラバラだったので、特に固まるということもありませんでした。

海外は少人数クラスというけど本当? 一学年はだいたい60名程度で、一クラスは約8-15名。進学した時でも、みんな知っている顔ぶれで、先生も常 にみんなの顔と名前が一致しているので、とても親近感がありました。私は中国語のクラスを選択したこともありま したが、中国のクラスの時は3-4人ぐらいで受講していて、小さいながらとても充実した勉強ができると思っていました。

勉強は大変ではないですか? NZのY11(日本の高校1年)では、国家試験があるので、課題が多くなって少し大変でした。しかし、インターナショナルウィーク、ダンスパーティー、スキー旅行、スポーツデー等のイベントがあったおかげで「息抜き」でき、大変ながらも楽しい時間を過ごすことができたと感じています。 日本とはどのように授業形態がことなりますか? 学年があがるに連れて、選択できる科目が増えます。最終学年になると、全て選択科目になります(必修科目がありません!)。でも、最終学年までには、進路先を決めているので、Y13(日本の高校3年)には進路先に合わせて、授業を選択していました(経済選考の生徒は、経済学の授業ばかり)。

今、英語が全然喋れなくても大丈夫! 学校に留学生のためのESOLというコースがあり、留学生で英語が話せないという生徒でも、先生がサポートしてくれるので、異国の学校に来たばかりで、生活や学習面において不安な生徒もしっかりサポートしてくれる環境が整っていました。

今すぐ無料資料請求 カウンセリング予約

point4 ちょっとドキドキしたオーストラリアの大学進学時ワールドアベニューにお願いしてよかった!

現在の大学に入学できたのも本当にワールドアベニューさんのおかげだと思っています!入学手続きなど全て代行して頂き、特にY13(高校3年)の時のNCEAの結果が来るのが遅く、入学申請の締め切りに間に合わなかったのですが、ワールドアベニューが大学と交渉してくれて、志望締め切りを延ばしてくれたおかげで、全てうまく行って、自分の第一志望であるこの大学に入れたので、本当に感謝しています。

海外保険の手続きとか、ホームステイの手配とか、銀行口座の開設、現地のオリエンテーション等、オーストラリアに来たことのない私には全て本当にたすかりました!今でも感謝しています♪

今すぐ無料資料請求 カウンセリング予約

ポイント1 柔軟な教育制度・留学生受入体制

日本の教育制度との違い

NCEA(全国共通資格試験)を各学年で受験(レベル1-3)
NZの場合 プライマリースクール セカンダリースクール  
Year(学年)※1 1~6 7 8 9 10 11 12 13 大学進学
インターメディエート
スクール ※3, 4
専門学校 進学
年齢(歳) 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18
日本の場合   小学校 中学校 高校 進学

※1 学年をYearと呼ぶ。
※2 NCEAとは全国共通資格試験を示し、Year 11-13では各学年でそれぞれレベル1-3を受験、クリアする必要がある。
  各レベルをクリアすると次の学年に進級または専門学校への進学が可能。
※3 インターミディエイトスクール:プライマリーの学校の種類にはY6までの学校とY8までの学校があり、Y6までの学校の場合、効率のインターメディエートスクールに通った後、セカンダリースクールに進学する
※4 中高の隔たりが少ない
※ 6歳から16歳までが義務教育(実際は5歳の誕生日以降、小学校に入学する)

ニュージーランドの教育制度の特徴

  • 1クラス20名前後の少人数制の為、アットホームな雰囲気でのびのびと学習が可能
  • 各教科にリサーチや発表の機会が頻繁に取り入れられている為、主体性や自主性を伸ばすことが可能
  • Y11(高校1年生)から、興味のある科目に注力できる為、早くから将来の夢や目標を見定めることが可能
  • 本科コースと留学生の為の特別英語授業を並行受講できる為、英語力初心者からでも学年をずらすことなく留学可能
  • 一般的な科目から、統計学、グラフィック、そして、園芸や芸術、農業など多岐にわたる分野の勉強が可能

ポイント2 経済的な負担が少ない

某私立中学校にて、海外進学に興味のある学生を対象に意識調査アンケートを実施したところ、心配な点として「費用」に関する項目を約7割の生徒がチェックしました。ご両親様に負担を少しでも少なくしたい!そんな気持ちが子供たちにもあるようです。
実は子供も気にしている、留学費用。 ニュージーランドは時差も少なく治安もいいため、10代の高校留学には非常に適した留学環境と言えますが、それだけではなく、子供たちも気にする、その留学費用を抑えられることこそまさにニュージーランド高校留学の最大の強みです。

ニュージーランドでの高校留学と、アメリカでの高校留学の費用を対比してみました。

内訳 合計
ニュージーランド 学費:NZ$10,000-15,000/年間
生活費:NZ$9,000-11,000/年
その他、航空券、保険、ビザ申請に伴う諸費用、制服代、サポート費用などの実費
約200~250万円/年
アメリカ 学費:US$15,000~25,000
生活費:US$15,000~25,000
その他、航空券、保険、ビザ申請に伴う諸費用、制服代、サポート費用などの実費
約350万円~550万円

※NZ$=85円/US$=100円(2013年4月現在)

なんと、たった1年間で、最大で300万円以上もの差が出てしまいます!!

ポイント3 卒業後の進路選択肢が多い

ニュージーランドの高校卒業後の選択肢

  • 日本の大学進学 帰国子女枠を利用し、帰国子女推薦入学可能!
  • 他国の大学進学① NCEA(※①)を活用し、米国、オーストラリア、イギリスへの大学進学可能!
  • 他国の大学進学② インターナショナルバカロレア(※②)を活用し、世界中の大学への進学可能!
  • ニュージーランドの大学進学 もちろん!ニュージーランドの大学への進学可能!

※①ニュージーランドでは、Y11からY13(高校1年から3年)までの各学年を修了する際、NCEA(National Certificate of Educational Achievement=全国共通資格試験)を受ける必要があります。査定は校内評価と学期末試験の組み合わせによって行われ、Y13終了時、NCEA レベル3をクリアすることで、ニュージーランドの大学へ進学することが可能です。 また、NCEAは、ニュージーランド国内だけではなく、800を超える公的資格への学力証明として該当しているため、ニュージーランド国外の大学進学の際にも役立つ資格となります。

※②様々な国で大学入学資格として認められているインターナショナルバカロレア。ニュージーランドでは、この国際バカロレアを取得可能な高校も増加傾向にあります。

今すぐ無料資料請求 カウンセリング予約
ワールドアベニュー提携校
  • Motueka High School

    学校名Motueka High School
    (モトゥエカハイスクール)
    生徒人数生徒数:650名/留学生:30名
    地域モトゥエカ
    男女共学区分共学
    設立年1955年

    Motueka High Schoolは、1955年に設立された歴史ある共学の公立高校です。現在全校生徒640名、うち留学生約30名(ドイツ、スイス、オーストリア、ノルウェー、デンマーク、イタリア、タイなど)が在籍しています。
    日本からの留学生受け入れ実績も豊富で、現在は大阪、北海道、滋賀の学校から留学生の受け入れを行っており、生活面、学習面、また進学面においても充実したサポート体制を兼ね備えた学校です。
    モトゥエカは、ニュージーランドの南島の北端に位置し、タスマン地区で2番目に大きな人口約1万人の街です。非常に美しいアベル・タスマンなど3つの国立公園に囲まれた大変美しい環境です。激しい競争社会の中ではなく主体性と個性を重んじ、のびのびと成長できる高校留学先として人気です。

    Avondale College

    学校名Avondale College
    (アボンデールカレッジ)
    生徒人数生徒数:2,500名/留学生150名
    地域オークランド
    男女共学区分共学
    設立年1945年

    Avondale Collegeは、ニュージーランド最大の都市オークランドに位置する中高一貫校です。オークランド空港から車で20分という非常に便利な立地になり、アクセスの良さなどから最短2週間から可能な短期間の留学希望者、長期間の留学希望者の方双方にとても人気の学校です。
    留学生の受け入れが非常に積極的で、アメリカ、ヨーロッパ、アジア諸国など世界各国20ヵ国以上から生徒が集まり、教師や留学生サポートセンターのスタッフも、イギリス出身者が多くインターナショナルな環境です。
    就学面では、芸術やダンス、音楽、ドラマ制作など幅広い選択科目がそろい、生徒の創造力を育てると共に、アカデミックな分野、特に理工学系に力を入れています。
    卒業後はニュージーランドの大学だけではなく、オーストラリアやイギリス、カナダの大学への進学実績を持ち、将来の可能性を広げることができる学校です。

    St Mary's College

    学校名St Mary's College
    (セントメアリーカレッジ)
    生徒人数生徒数:950名/留学生:23名
    地域オークランド
    男女共学区分共学
    設立年1980年

    St Mary's Collegeは、全校生徒950名、150年以上の歴史を持つクリスチャン系の女子校で、オークランド市内まで徒歩10分ほどで行ける好立地な場所にあります。
    音楽(吹奏楽など)に力を入れており、オークランド市内のコンクールで何度も金賞を受賞しています。また、国内でも指折りの進学校として有名で、進学率は9割以上。カトリック系の学校の為、必須教科に宗教学がありますが、特にキリスト教である必要はありません。スタッフや地元の学生もとてもフレンドリーで小規模校ならではの暖かい雰囲気が感じられる良さがあります。ESOL(英語補習クラス)も個人のレベルごとに少人数で実施されており、留学生一人一人に目を配れる様になっています。英語力がなくて不安…という方でも、留学生へのサポート体制が充実していることや、希望があれば家庭教師をつけることができ生活面、学習面共に安心です。
    短期間の留学は最短1週間から渡航可能で、日本人の受け入れ実績もあるため、初めてでも安心して通うことが可能です。

今すぐ無料資料請求 カウンセリング予約
  • 初めての方にお勧め!スタディーツアー

    ★最短1週間から参加可能!
    長期留学や海外大学進学など、興味はあるものの、大きな人生の選択に不安。そんな方は英語力や、親元を離れての海外生活に、まずは短期間で最初の一歩を踏み出しましょう! オセアニアなら、北米と異なり、季節が真逆の為、春・夏の長期休暇を利用し現地の学生と交流できます。
    今すぐ無料資料請求

  • まず1年間過ごしてみたい!1年留学

    ★1年間、好きな高校で海外留学!
    同じ1年間の留学でも、交換留学と異なり、私費留学は意欲のある学生であれば、自由に地域や高校、さらに期間が選択できます。また、交換留学では1年間の期間終了後、原則として帰国しなければなりませんが、私費留学の場合、1年間留学後、帰国するか、卒業留学にするか選ぶことができます。
    今すぐ無料資料請求

  • 目指せグローバル人材卒業留学

    ★3年間どっぷりつかる海外生活!
    留学先の高校で卒業することを目標にした留学です。「卒業留学」は現在の高校留学の主流となっています。1年未満の留学と異なり、本格的に国際人として英語力、国際感覚共に身に付けることが可能で、卒業後の進路に関しても様々な国への進学の可能性に満ちています。
    今すぐ無料資料請求

資料請求フォーム

は入力必須項目です。

お名前(漢字)
姓: 名:
お名前(ローマ字)
姓: 名:
住所 

電話番号
(どちらか必須)

E-mail
(どちらか必須)

生年月日
性別
今回ご記入頂くお客様の個人情報は、以下の通りお取扱い致します。取扱いについての内容をご確認下さい。
はじめに
World Avenue Co.,Ltd(以下、【当社】といいます)では、お客様個人に関する情報(以下【個人情報】といいます)の取り扱いについて規程を定め、個人情報の適切な保護に努めております。
個人情報の収集について
個人情報をお客様から収集させていただく場合は、その収集目的、情報変更や削除の窓口をお知らせしたうえで、必要な範囲で個人情報を収集させていただきます。
個人情報の利用について
お客様の個人情報は当社のプログラム運営の範囲内で利用させていただきます。お客様の承諾無く第三者に個人情報を開示、提供することは、法的に開示が要求される場合を除き、ありません。
個人情報の保護について
お客様の個人情報への不正アクセス、紛失、改ざんや漏洩などを防止するための措置を講じております。
個人情報の提供について
当社が、個人情報の処理を外部へ委託する場合には、漏洩や再提供を行わないよう契約により義務づけ、適切な管理を実施させていただきます。
個人情報の利用目的について
当社ではお客様の個人情報を以下の目的で利用させていただきます。
  • 契約の履行
  • 当社商品のご案内
  • メールマガジンの配信
  • 当社のサービス向上を目的とした分析
上記以外の目的で個人情報を利用すること、及びお客様の許可無く、個人情報を譲渡・貸与することは一切ございません。
個人情報の削除について
当社は、今後使われることのないお客様からご提供いただいた個人情報は、再生不可能な形で廃棄いたします。
SSLについて
当社は、グローバルサインが発行する証明書に基づいてSSLセキュリティ機能で暗号化し、お客様の重要な個人情報を保護し、安全に送信いたします。
アクセスログの取得について
当サイトでは、利用者の端末情報をアクセスログとして記録しています。 アクセスログは、アクセスされた方のドメイン名やIPアドレス、使用しているブラウザの種類、アクセス日時などが含まれますが、通常は個人を特定できる情報を含むものではありません。 これらのアクセスログはウェブサイトの保守管理や利用状況に関する統計分析のために活用されますが、それ以外の目的で利用されることはありません。
個人情報管理に関するお問い合せ先
個人情報に関するお問い合せは下記まで
World Avenue Co.,Ltd 個人情報管理部
〒102-0083 東京都千代田区麹町3-5-2 BUREX4F
連絡先:03-5275-5757
その他
この個人情報保護方針は当社のウェブサイトの方針です。当社は、当社からリンクされている他社のウェブサイトの責任を負うものではありません。それぞれのウェブサイトの個人情報保護方針をご確認下さい。