ケアンズの留学情報

世界遺産や大自然に囲まれた街
ケアンズ留学で学びも観光も満喫しよう。

クイーンズランド州北部の熱帯地方への玄関口でもあるケアンズは、オーストラリアの中で日本から最も近く、成田空港や関西国際空港からの直行便もあるため、観光客にも人気な留学先です。ケアンズは世界最大のサンゴ礁グレートバリアリーフと世界最古の熱帯雨林キュランダ、2つの世界遺産の玄関口としても有名で、留学期間中、語学学校のアクティビティなどを介してオーストラリアならではの大自然を思う存分満喫することができます。観光地として人気なケアンズは、日本人や日本語の情報も多く、初めての語学留学やワーキングホリデーの方には安心して暮らせるでしょう。一年中温暖な気候で治安も良いため、夏休みを利用しての中高留学先としても近年人気を集めています。オーストラリアならではの大自然を堪能しながら、のんびりと勉強をしたいと考える方にはケアンズでの留学はまさに理想的といえるでしょう。

基本情報

クイーンズランド 日本との時差 日本+1時間
サマータイム 最寄り国際空港 ケアンズ空港
空港からの交通手段 タクシー・シャトルバス 年間平均気温 24.6℃

ケアンズの留学情報

ケアンズに留学する
メリット ベスト5


留学の場合、旅行とは違った観点から考え渡航先を決めることが大切です。観光地として人気のケアンズですが、生活や学習をするにあたってはどうでしょう。まずはケアンズでの留学にはどのようなメリットがあるのかご紹介します。

1. 生活費が安く抑えられる

「観光地」と聞くと物価などが高いイメージがありますよね。たしかに、現地のツアーやホテルでの外食などは、観光客向けの価格設定になっているため決して安いとは言えません。しかし、留学のように生活をするにあたっては、ケアンズの物価はオーストラリアの他主要都市と比較するとやや安価です。

例えば、スーパーで売っているミネラルウォーターは600mlのペットボトルが24本入りで約6~8ドル (500円から700円/1本20円~)、1本あたりなんと約20円~30円で購入ができます。これはケアンズに限ったことではありませんが、オーストラリアではまとめ買いをすることで価格が半額以下になることも多いため、現地でシェアハウスに住む場合は、食材などをシェアメイトと一緒にまとめ買いしシェアする、という方法が生活費を抑えるにはおすすめです。

さらに、物価、特に家賃の高さが懸念されるオーストラリアのなかで、ケアンズの家賃はかなりお手頃な価格です。ケアンズの家賃相場は、シティ内だとしてもオウンルーム (1人部屋)で週130~160ドル (11,700円~14,400円/月5万円弱~)程度の物件が多くあります。語学学校やアルバイト先はシティ内に集まっていることが多いため、シティ内に住むことで交通費を浮かせることも可能です。また、ケアンズにはメインストリートが3つしかなく、街自体も徒歩20~30分程度で回れるようなコンパクトな街ですので、移動手段として自転車を使う方も多く、交通費を抑えられることも魅力です。ときおり、自転車付きのシェアハウスもあるほど、ケアンズでは自転車移動がメジャーです。ちなみに、ケアンズでは自自転車に乗るときはヘルメットの着用が義務付けられており、違反をすると罰金も課せられますので十分お気を付けください。
このように、ケアンズでは少し工夫をするだけで月々の生活費をグッと抑えられることができます。

2. 観光業の就学・就労機会が多い

大自然に囲まれ、観光地として有名なケアンズでは、観光学や環境学、海洋生物学などの専門的な就学をする機会にも恵まれています。なかでも、クイーンズランド州北部のタウンズビルとケアンズにキャンパスを持つジェームスクック大学は、世界観光機関からオーストラリアにおける観光学の最高峰として認証されており、観光学における研究が盛んに行われています。また、同大学は、オーストラリアの政府から先駆的な研究大学 (Innovative Research Universities Australia)のメンバーにも指定され、研究の専門性や最新設備による高い評価も得ています。卒業生からも教育評価において5ツ星評価を得るほど、質の高い授業や設備の充実さには定評があります。

専門分野には、生態学・環境学、動植物科学、地球科学、サンゴ礁学、観光学などがあり、観光学は世界トップ12としてランクインしています。大自然に囲まれたケアンズならではのユニークな授業や研究が行えるという点は、ケアンズ留学の最大のメリットと言えるのではないでしょうか。また、先述した大学以外にもオーストラリア州立の専門学校TAFEも市内から車で約10分の距離にあり、生徒の約80%が地元の学生で成り立っています。

TAFEでは、ビジネスから看護まで幅広いコースを開講していますが、やはり観光業 (Travel and Tourism)は人気を集め、TAFEのDiplomaコース修了後は、提携の大学や関連学部に編入する生徒も多くいます。TAFEは地元に根付いている教育機関のため、卒業後の就職率も高く、海外で就労経験を積みたいと考えるかたにとってもおすすめです。

専門学校や大学卒業後の就業のみならず、語学留学やワーキングホリデーで滞在している方にとっても、ケアンズは観光系のアルバイトが多く、また、日本人マーケットをターゲットにしているお店なども多いため、高い英語力を持っていない留学初期のころからアルバイトをするチャンスも多いと言えます。主なアルバイト先として、飲食店やお土産屋さん、ホテルのベッドメイキングが挙げられます。

将来的にホスピタリティ系の仕事に就きたいと考えている方にとって、ケアンズ留学は多くのメリットのある留学先といえるでしょう。

3. 初めての留学でも安心な環境が整っている

海外留学を考える方の中には、海外には旅行でしか行ったことがない、もしくは、そもそも海外旅行にすら行ったことがない、という方も多くいらっしゃいます。そんな方にとっては、言葉が通じない土地での留学生活は不安要素がたくさんありますよね。
「友達はできるのか」「ホームシックになったらどうしよう」「食事は合うのか」「英語が話せないのにどうやって生活をするのか・・・」など挙げるときりがありません。

そんな初海外、初留学という方にも、ケアンズは初めての留学でも安心な環境が整っています。
例えばケアンズは、こじんまりとした雰囲気の田舎町のため、バスの運転手やお店の店員、学校のスタッフや先生など、とにかくフレンドリーで親切な方が多い印象があります。年中暖かいというケアンズの気候も、穏やかで陽気な人がたくさんいる要因の一つかもしれません。少なくとも東京のような大都会で感じる殺伐とした雰囲気は一切なく、初めての海外だとしても安心して生活できる環境が整っています。
また、ケアンズの街は歩いて回れるほど小さいため、交通機関の乗り方で困ることもありませんし、日本人観光客も多く訪れることから、日本食レストランもあり日本食が恋しくなった場合は、すぐに日本食材を購入したり、日本食レストランで母国の味を楽しむことができます。日本食の材料などは、少し値は張りますがアジアンスーパーや週末に行われる市場でも購入が可能なため、自炊を主とするシェアハウスなどの生活でしたら、食生活で困ることはないでしょう。

4. 英語力が低くても安心!日本語で情報収集ができる!

英語力の向上を求めて海外への留学を考える方がほとんどだとは思いますが、留学前から生活に困らない程度の英語力をお持ちの方はほんの一握りです。そのため、渡航直後の生活をすべて英語でとなると少なからず不便を感じてしまいます。

しかしケアンズは、日本人観光客が多く訪れることもあり、街には日本語で書かれた看板が多く存在し、観光客や留学生を含め日本人比率も高いため、英語力が低い初期の段階でも日本語で情報収集を行うことができます。ワーキングホリデーで滞在する方にとっては、仕事探しが一番の心配点かと思いますが、日本語の求人サイトや日本人コミュニティからの繋がりで仕事を紹介してもらう機会も多いため、英語力が低い方からしたら安心に繋がるでしょう。ただし、留学中ずっと日本人同士で固まっていたり、日本語での情報があるからと言って英語勉強を怠ってしまったりすると、根本の留学目的からずれてしまう可能性が高いため、くれぐれもご注意ください。

5. オーストラリアならではのアクティビティが豊富!

せっかくの海外留学、英語勉強のみならず、その国特有の自然に触れたり文化を学んだりすることはとても大切です。
ケアンズは、グレートバリアリーフが近いことから、スキューバダイビングができるということでは有名かと思いますが、ケアンズのアクティビティの魅力はそれだけではありません。

週末に楽しめるスポーツアクティビティとして人気なのは、バロン川(Barron River)とタリー川(Tully River)で楽しめるオーストラリアでも最高のホワイト・ウォーター・ラフティングや、グレートバリアリーフを上空から楽しめるスカイダイビング、そしてケアンズ市内から車で約20分の位置にあるバンジータワーからのバンジージャンプなどさまざまです。また、平日学校の後に楽しめるアクティビティとしては、ビーチバレーやサーフィン、ビーチヨガや市内観光、BBQなどバラエティに富んでいます。

一年中を通して暖かいケアンズでは、どの時期に滞在したとしてもこのようなアクティビティに参加することができます。学校での英語勉強のみならず、大自然に囲まれたケアンズならではのアクティビティも思う存分満喫し、オンとオフのメリハリをしっかりつけるオーストラリア流の生活を楽しみましょう。

また、ケアンズから車で約20分のところに位置するジャプカイ・アボリジニ・カルチャー・パークでは、ケアンズ周辺に古代から暮らすアボリジニ(オーストラリア先住民)の文化や歴史を学ぶことができます。園内では、ジャプカイ族のドキュメンタリー映画や伝統楽器ディジュリドゥーの演奏、フェイスペインティング体験やブーメラン・槍投げ体験などができ、オーストラリアの伝統的な文化を肌で感じることができます。その国の文化や歴史を知ることで、改めて日本の良さや、今まで意識していなかったことに思いを馳せることができます。
このような様々なことを経験できるのも、オーストラリアの文化や自然を身近に感じることができるケアンズ留学ならではの醍醐味、そしてメリットと言えるでしょう。

ケアンズに留学する
デメリット ワースト5

治安もよく人々も陽気でフレンドリー、初めての語学留学でも大学進学などの正規留学でもメリットが多いケアンズへの留学。そんなケアンズ留学でのデメリットは一体どのような点が挙げられるのでしょうか。ケアンズに留学するデメリットワースト5をご紹介しましょう。

1. 日本人比率が高い

ケアンズ留学のメリットでも挙げた「日本人の多さ」、これはやはりデメリットにもなり得るでしょう。
留学先として人気な国や都市には、少なからず日本人が集まってしまうのは仕方ありません。シドニーなどの主要他都市では、街の規模が大きいこともあり日本人のみならず他国からの留学生や観光客も多く集まります。そのため、日本人の比率はケアンズと比べるとかなり低くなります。シドニーなどでは、街で日本語の看板を見ることもそこまで多くなく、街で日本語ばかりが聞こえてくる、という環境を避けることが可能です。

ケアンズで英語力向上を目的とした留学をする場合は、英語環境作りがしっかりできるよう、多国籍なシェアハウスに住む、アルバイトはローカルジョブ (現地の人たちと同じ労働条件で働く仕事)に就けるように頑張る、英語力が低い場合は質の高い語学学校に通う、などの対策が必要となります。

日本人が多く日本語が通じる環境にずっと身を置いてしまうと、英語の必要性を感じる機会も減っていきます。大切なお金と時間を使う留学ですので、帰国後「思ったよりも英語力が伸びていない……」とならないよう、十分に気をつけましょう。

2. 街が小さく、刺激が少ない

コンパクトで娯楽が少ない街ケアンズでは、人によっては物足りなさを感じてしまうかもしれません。ダイビングやサーフィンなどのマリンスポーツを楽しめる方でしたら問題はないですが、ナイトクラブや野外イベント、海外アーティストのコンサートなどが好きな人からしたら、長期間のケアンズ滞在は向きません。

日本では比較的都会に住んでおり、海外では日本とは違うゆったりした生活がしたいとの理由でケアンズを選んでしまうと、最初の数か月は良くても、徐々に物足りなさと飽きを感じてしまうこともあります。オーストラリアの都会と呼ばれるシドニーやブリスベンでも、東京や大阪などに比べるとさほど都会ではないため、長期滞在を考える方は長い目で見たときに自分にとって優先すべきポイントは何か、という視点で都市選びをすると良いでしょう。自分に合う都市がわからない、という方はお気軽にワールドアベニューまでご相談ください。

3. 紫外線が強すぎる

年間を通して暖かいケアンズでは、日焼け対策は必須です。
オーストラリアの紫外線は、日本の5~7倍とも言われているため、その紫外線の強さは日本のものとは比較にならないほど強いです。しっかり日焼け対策を取っておかないと、やけどのように赤くなってしまったり数年後にシミになってしまったり、下手したら皮膚がんの恐れもあります。

このように年中天気が良いというメリットの一方、紫外線の強さはマイナスな点と言えるのではないでしょうか。

オーストラリア政府は過去数十年に渡り、皮膚がんの主な原因となる太陽の紫外線を浴びすぎないよう注意をする啓発活動を行っています。オーストラリア政府のサンスマートUVアラートでは、1日で最も注意すべき時間帯を確認することができ、新聞の天気予報欄や気象庁Webサイトにも掲載されています。

ケアンズへ留学する方は、きちんとUVケア、紫外線対策を万全に渡航するとよいでしょう。

参照:www.sunsmart.com.au/ 

4. ワーキングホリデー層が多く、留学ではなく遊学になってしまう!?

ケアンズは、年間を通して温暖な気候、治安も良くローカルジョブ以外のアルバイト先も多い、また、ダイビングやサーフィンなどのマリンスポーツも楽しめる、ということから、特にワーキングホリデーの方たちにもとても人気のある都市です。

ワーキングホリデーは、フルタイムでアルバイトもでき、期間に制限があるものの就学もでき、多数の都市に滞在することも1年以内に帰国することもできる、とても自由度の高い留学制度です。だからこそ、自分自身の留学の目的や目標がしっかりしていないと、平日は日本食レストランやお土産屋であまり英語を使わずアルバイト、週末は飲みに出かけたりサーフィン・ダイビングに時間を費やしたり、日本人も多いことから英語に対する危機感が薄れ、「ただ単に海外で生活しているだけ」となってしまう方が多いのが現実です。

また、観光地でのんびりしている街の雰囲気も、ホリデー気分がどうしても強くなってしまい、勉強にあまり身が入らないとなってしまう要因の一つかもしれません。社会人の方で、すでに日本でキャリアをしっかり積み、「一度きりの人生好きなことを思いっきりする時間にする!」と、リフレッシュ目的でのワーキングホリデーでしたらそこまで問題はありません。

しかし、英語力向上を目的としているものの、費用を抑えるためにワーキングホリデーを考えている学生の方は注意が必要です。そもそもの英語力が低い場合、前述したような生活スタイルとなってしまい、1年間を通して様々な思い出はできたけど、英語力の面では納得のいく結果を得られなかった、という可能性が非常に高いです。そんなワーキングホリデー層が多いケアンズへの留学は、ただ何となく生活をしている方につられて楽な道に流れてしまわないよう、留学前に明確な目標設定をしっかり立てましょう。

5. 語学学校や高等教育機関の選択肢が少ない

シドニーやメルボルンなどの他主要都市と比較をすると、ケアンズには語学学校や高等教育機関の数が少なく、総合大学はジェームスクック大学しかありません。そのため、専門留学や大学進学を考えているけれど、何を学びたいかまではまだ決まっていないというかたに、ケアンズはおすすめできません。

その代わり、自分のやりたいことがすでに決まっており、ケアンズでないとその目的が果たせないという方は特に問題はないでしょう。

留学は旅行と違い「とりあえず行きたいところに行く」というよりも、渡航後や帰国後の進路をしっかり見据えたうえで渡航先を決めると、有意義な時間を過ごせます。人生の中で留学は何度もチャレンジできるものではないので、後悔のない留学プランを計画しましょう。

ケアンズでの
おすすめ留学プラン
2選

人口約15万人、電車もなくメインストリートは3つしかなく、とてもコンパクトな街ではありますが、語学学校や州立の専門学校 (TAFE)などの教育機関はもちろんのこと、お洒落なカフェやレストラン、賑やかなマーケットや便利なスーパー、コンビニなど、特に不自由なく生活ができるため、留学先としてもおすすめの街です。

おすすめ留学プラン 1 語学留学

語学留学は全ての留学プログラムの中でも最も基本になる留学プログラムです。
現時点で英語が全くできないという方でも、治安もよくフレンドリーな人々が集まるアットホームな街ケアンズなら、安心して留学がスタートできます。

英語力を身に付ければ、憧れの海外大学や専門学校への進学も可能になるだけでなく、英語力を活かした海外インターンシップへの道もひらけます。また、オーストラリアならではのアクティビティが豊富なケアンズで、語学学校でできた各国の留学生と様々アクティビティでの交流を通して実践的に本物の英語力を身につけることができるでしょう。

ケアンズでお勧めの語学学校
CCEB CAIRNS COLLEGE OF ENGLISH & BUSINESS

オーストラリアでの語学留学情報

おすすめ留学プラン 2 専門留学・大学進学

近年のグローバル社会に対応するためにも、語学力だけを身につける留学で終わるのではなく、その先の専門留学や大学進学を希望するかたは年々増えてきています。なかでも、観光学や海洋生物学に興味があるかたは、大自然に囲まれ観光業が盛んなケアンズならではのユニークなプログラムが体験でき、さらにはインターンシップなどの就労経験を通して本場の英語力と転職・就職にもつながる実践的なスキルを身につけることができるでしょう。

ケアンズは、残念ながら教育機関の選択肢は多くないものの、すでに学びたい分野がはっきりしているかたにとっては、語学学校に通いながら、TAFEや大学のキャンパス見学などもできますし、現地の大学生と事前に知り合い、直接大学生活について情報を得るチャンスもあります。また、教育機関が様々なエリアに点在していないため、ケアンズ内で語学留学~大学卒業まで完結することが可能です。

オーストラリア専門留学

海外大学進学

ケアンズ留学中の生活
(持って行く荷物、滞在方法、
交通機関)

留学するうえで必需品であるパスポートや海外留学生保険(保険証書)、クレジットカードなど以外にケアンズへの留学だからこそ持っていった方がよいものやケアンズでの留学生活中における交通機関情報などをご案内いたします。

ケアンズ留学なら、持って行った方がよいもの

日焼け止め、サングラス
ケアンズは年間を通して日差しが強い都市です。寒いのが苦手な方からしたら、年中暖かいということは嬉しい点かもしれませんが、その反面、1年中日焼け対策を行わなければいけません。オーストラリアで売っている日焼け止めは、質より量を重要とする傾向にあります。大きさはシャンプーボトルサイズ並のものが購入できるので、大量に消費することを踏まえるとお得なのですが、着け心地は若干べたつきが気になるものが多く、やはり日本製の日焼け止めのほうがクオリティは高いです。体はオーストラリア製のもの、顔は日本製のもの、と使い分けをするのがいいでしょう。サングラスは現地調達が可能ですが、外国の方とは鼻の高さが違うため、日本で売っているサングラスのほうがフィットすることが多いです。

ビーチサンダルや水着などのビーチグッズ
海に面しているケアンズは、マリンスポーツやビーチアクティビティが豊富なため、ビーチサンダルや水着などのビーチグッズはあると便利でしょう。ビーチサンダルや水着は比較的安価で現地調達が可能ですが、オーストラリアの女性用の水着は、日本のようにワイヤーやパットが入っているものは少なく、ペラペラな布タイプが多いため、そのような水着に抵抗がある方は日本からの持参をおすすめします。
男性の水着は比較的サイズ展開も多いため現地調達でも問題ないでしょう。

ケアンズ留学中の滞在方法

ホームステイ
ホームステイは、オーストラリアの文化や習慣、言葉を学びながらオーストラリア人の家族のなかで生活することのできる滞在方法です。
シドニーやメルボルンなど人口増加の激しい大都市の場合だと、ホームステイのお家が郊外(ベッドタウン的な地域)にあることが多く、通常シティの中心地にある語学学校やアルバイト先に行くまで、40~50分、長いと1時間以上の時間を要します。しかしケアンズの場合、街自体が小さいため、ホームステイ先もシティ中心地から程近いところにあり、徒歩や自転車などで通える距離に位置しており、通常ホームステイの場合、デメリットになりがちな「シティから遠い」ということもありません。温かい人柄のホストと共に、ケアンズならではの生活体験はおすすめです。

シェア (シェアハウス・シェアルーム)
留学生にとって最もポピュラーな滞在方法がシェアハウスです。
一軒家やマンションなどに数人で住み、キッチン・お風呂・トイレ・リビングは共同、部屋は1人部屋 (オウンルーム)もしくは2人~4人部屋 (ルームシェア)など、その種類は各家で異なります。
シドニーやメルボルンなどは、オウンルームだと費用がかなり高くなるためルームシェアにする場合が多いですが、ケアンズは家賃が比較的安いため、1人部屋で生活している人も多いです。シェアハウスを探す時には、日本語サイトで探すと日本人との共同生活、英語サイトで探すと多国籍の人たちとの共同生活が楽しめるため、自分の身を置きたい環境に応じて物件探しをしましょう。
ホームステイと比べ自由度が高い滞在方法なので、海外生活に慣れている・慣れてきた方や、自由に自分の時間を使いたい方にはおすすめの滞在方法です。また、自炊になるため生活費を抑えることもできます。

ケアンズ留学中の交通機関

メインストリートが3つしかないコンパクトな街ケアンズ市内には、観光用以外の電車は走っておらず、公共交通機関はバスとタクシーのみになります。ケアンズの路線バスは、TransLinkというクイーンズランド州政府機関の運営のもと、Sunbus社により運行されています。太陽のマークと水色の車体が目印です。

TransLink公式サイト:https://translink.com.au/ 

ケアンズの路線バスは、地域ごとにゾーン分けされており、全部で11のゾーン (1~10、20)があります。利用したゾーン数により運賃が決まる仕組みになっており、乗車地点と降車地点が同じゾーン内ならゾーンの利用数は1、隣のゾーンで降車した場合はゾーン利用数2と増えていきます。

バスの乗り方

バスの前面には行き先と路線(Route)が書かれているので確認をしましょう。

路線図:Cairns bus network map

乗車の際、運転手に行き先を伝え現金で運賃を支払います。

支払いは現金のみ対応しています。運転手によってはおつりが用意されていないこともあるため、バスに乗るときはあらかじめ小銭を準備しておきましょう。また、ブリスベンやゴールドコーストで利用可能なGo cardはケアンズでは利用できません。

バスの料金は学割などが適用されますが、ケアンズの場合、語学学校に通う学生に対しては学割が適用外となります。割引の対象者や条件に関しては下記のとおりです。

割引について

・子供料金
0~4歳は無料、5歳~14歳は半額での乗車が可能です。
※身分証の提示を求められることもあります

・15歳の高校生
子供料金は14歳までですが、15歳でも学生であれば割引適用で半額での乗車が可能です。
※クイーンズランド州の学生証を提示、もしくは高校の制服着用が割引適用の条件

・高等教育機関 (大学・専門学校など)の学生
高等教育機関に通うフルタイムの学生は割引適用で半額での乗車が可能です。ただし、事前に学生割引申請フォームに必要事項を記入し、自分の在籍する教育機関の窓口に提出しなければいけません。無事に条件を満たせば、学生証に学割のシールを貼ってもらえます。語学学校や英語コースに通う学生は学割が適用されませんので、ご注意ください。

【学割適用条件】
・クイーンズランド州に住んでいること
・Australian Qualification Framework (AQF)の枠組みの教育機関に在籍していること (語学学校に通う留学生はこちらに該当しません)
・クイーンズランド州の大学、TAFE、またはその他のオーストラリア政府に認可された専門コース (Registered Training Organisation)に在籍していること
・12週間以上のフルタイムのコースを受講していること
・乗車の際にクイーンズランド州の学生証を提示すること

※学生証の提示ができないと約2万円の罰金が科せられます。
参照:https://translink.com.au/tickets-and-fares/concessions

Australian Qualification Framework (AQF)について詳しくは下記をご参照ください。

オーストラリアの教育制度AQFに合わせた留学プランの検討方法

ゾーン利用数 通常片道 通常1日 通常1週間 学割片道 学割1日 学割1週間
1 $2.30 $4.60 $18.40 $1.20 $2.40 $9.60
2 $2.80 $5.60 $22.40 $1.40 $2.80 $11.20
3 $3.20 $6.40 $25.60 $1.60 $3.20 $12.80
4 $3.80 $7.60 $30.40 $1.90 $3.80 $15.20
5 $4.60 $9.20 $36.80 $2.30 $4.60 $18.40
6 $5.70 $11.40 $45.60 $2.90 $5.80 $23.20
7 $6.00 $12.00 $48.00 $3.00 $6.00 $24.00
8 $6.40 $12.80 $51.20 $3.20 $6.40 $25.60
9 $6.90 $13.80 $55.20 $3.50 $7.00 $28.00
10 $7.90 $15.80 $63.20 $4.00 $8.00 $32.00

目的地が近づいたら社内のSTOPボタンを押します。

ケアンズのバスは、バス停で待っていたとても乗車したいバスが近づいてくる際に手を挙げるなど、乗車をするアクションを起こさないとバスが止まってくれないことがあります。また、車内アナウンスは流れないことがほとんどですので、慣れないうちはバスの運転手に目的地に着いたら教えてもらうよう声がけをしておきましょう。ケアンズのバスの運転手は留学生にも慣れているため、快く対応してくれる方が多いのでご安心ください。

  •  J-CROSS 留学サービス審査機構
  • JAOS一般社団法人海外留学協議会
  • English Australia
  • New zealand education
  • 東京都知事登録旅行業 第3-6137号

ページトップボタン