オークランドの留学情報

ニュージーランド最大の都市
都会も自然も堪能できるオークランド留学の魅力

オークランドは150万人もの人々が暮らすニュージーランド最大の都市です。
市内には海外からのニュージーランドへのアクセスポイントとなるオークランド国際空港とオセアニア地域有数の商業港湾、オークランド港が存在します。美しい海岸が隣接し船舶所有率は世界一といわれるほど開業交通が栄えるオークランドは「City of Sails(帆の街)」の愛称でも親しまれています。
都会と大自然が共存するオークランドは、治安もよく時差も少ないため、10代の中学生や高校生の留学先としても人気です。当ページではオークランド留学のメリット・デメリット、学校の選び方などをご紹介します。

オークランド基本情報

ニュージーランド 日本との時差 日本+3時間(3月〜10月:−8時間)
サマータイム 有り 最寄り国際空港 オークランド国際空港
空港からの交通手段 電車(約25分)・バス・タクシー 年間平均気温 15.1℃

オークランドの留学情報

オークランドに留学する
メリット ベスト3


オークランドは人口約150万人にのぼるニュージーランド最大の都市です。経済の中心地でもあるオークランドの人口は年々増加傾向にあり、地域人口の40%を海外出身者が占めるという多様性あふれる都市です。成長する都心からわずか30分程度で豊かな山々や海など大自然を体感いただくことができます。
年間を通じて比較的温暖な気候と、長い日照時間、便利な交通機関など、短期間、長期間の留学いずれも安心してご渡航いただける都市です。オークランドに留学するメリットを見ていきましょう。

1. オークランドは世界的にもグローバルな都市

日本はとても特殊な国で、日本ほど単一民族で成り立っている国はありません。
日本にいれば、多数派であることが当たり前である私たち日本人にとって、留学を介して他の国を訪れ、マイノリティとして生活することは、視野や価値観を広げる上で非常によい経験です。一方で、マイノリティになることで、差別されてしまうのではないか…、孤立してしまうのではないか…という不安は付きまとうと思います。

そんな不安を解消してくれるのが、ニュージーランドのグローバルな環境です。
ニュージーランドは、移民大国として知られ、なかでもオークランドは200以上の人種が集う都市です。その数や割合は、多国籍な都市として世界的にも有名なロンドンやニューヨークにも追いつき追い越す勢いです。
さまざまな人種や民族が共存するとなると、価値観や習慣の違いから衝突の機会も増えるように思います。しかし、そこは、ニュージーランドの素晴らしいところ!世界でも唯一といっていいほど、先住民族を含む、異なる人種や民族が互いに尊重し合い共存してる国はありません。その証拠に、ニュージーランドの公用語は英語、マオリ語、そして手話だと言います。「違い」を互いに尊重できるグローバルマインドを持つ人々が暮らすオークランドでの留学は、特に日本人留学生にとって語学力向上以外にも大きな糧に繋がる経験を得られるものと言えるでしょう。


2. 高校生でも安心して留学できる生活環境

オークランドでの留学は、18歳以上の大学生、社会人を対象とした語学留学、ワーキングホリデーはもちろんのこと、その治安の良さなどから中学生、高校生を対象とした中学・高校留学も盛んな都市です。
高校生などの若い年齢の留学生に人気の理由は大きく3つあります。

1

気候がいい!

オークランドはニュージーランドの他都市と比較しても温暖で年間を通じて気候もよく、非常に過ごしやすい都市です。日照時間も年間2,000時間を超え、夏の時期だと夜9時前くらいまで明るく、安心して生活できる環境があります。ただでさえ英語環境というストレスのなかで、雪や雨ばかりでは、気も滅入ってしまいますが、オークランドであればそんなこともなさそうです。

2

治安がよい!

日本と比べると置き引きやスリなどの軽犯罪数はやや多めですが、近年世界を騒がせているテロやアメリカで頻発する銃乱射事件のような犯罪はほぼ耳にすることがありません。世界的な調査「国際平和指数 Global Peace Index」などでは、常に「平和な国」の上位にランクインし、そのランクは日本よりも高いほどです。

3

震災の心配も少ない

日本と同様に地震の多い国としても有名なニュージーランド。日本でも活断層の直上にある伊豆などは過去何十年にもわたってその危険性を指摘されていますが、ニュージーランドの場合、クライストチャーチが同様の環境にあたります。自然災害について「絶対」ということは言えませんが、ニュージーランドに留学する場合、活断層からやや離れたオークランドは安心して留学できる都市の一つではないでしょうか。


3. 多彩な見どころ&アクティビティ満載

 
ニュージーランドの人々はとてもアクティブで、アウトドアが大好きです。
映画やボーリング、カラオケ、ゲームセンターのようなエンターテインメントもありますが、週末には都会から一歩飛び出し大自然を堪能するのがニュージーランド式です。
オークランドのような都会だと、ニュージーランドならではのアクティビティが体験できないのでは…?と心配される方もいらっしゃいますが、まったくもってそんなことはありません。
オークランド市の中心地からわずか30分ほどで、美しいビーチが広がり、ゆったりと海を楽しむことができますし、北部には樹齢1000年以上の木々が広がる森林保護区、南部にはツチボタルをみることのできる鍾乳洞もあります。
気軽にハイキングやピクニックを楽しめるデボンポートや、手軽に登ることのできるマウントイーデンなどの山々も魅力的です。大人の方なら、セレブな観光スポットワイン産地ワイヘキ島への日帰り旅行なども楽しいと思います。
留学の醍醐味は、語学学校に通って黒板に向かって黙々と勉強するだけではなく、学んだ英語や学校でできたさまざまな国の友達とその国ならではのさまざまな経験をすることにあります。高校生や大学生でも十分に楽しめる規模の都会と、ニュージーランドならではの大自然、共に堪能できるのはオークランドならではの魅力です。

オークランドに留学する
デメリット ワースト3


高校生でも安心して留学できる人気都市オークランドにもマイナスな点はあるようです。特に半年以上のご留学となると「いいところ」だけではなく「悪いところ」もきちんと考慮し、留学先は選んでいただきたいと考えています。オークランド留学の魅力的な点の次に、オークランドに留学するデメリット ワースト3をご紹介しましょう。

1. アジア人が多い!!

メリットでも記載している通り、オークランドはニュージーランド国内でも非常に多様性あふれる環境です。ただ、アジア人の割合が2001年以降急増しており、現在は4人に1人がアジア人と言われるほど。ニュージーランド全体の割合でいうとアジア人の割合は15%前後なのに対して、オークランドのアジア人割合は25%。アジア人の多さをおわかりいただけるかと思います。
もちろん、アジアといっても、インド、中国、タイ、マレーシア、韓国、台湾、日本など多種多様な人種が存在します。ただ、なかでも中国、インドの人種は増加傾向にあり、「ニュージーランドに来た」という感覚はやや薄いかもしれません。ヨーロッパ諸国なども含む多国籍な環境となると、少し田舎まで足を伸ばした方がよいかもしれません。


2. 意外と高い生活費

2017年6月、オークランドを訪れた際、オークランドで暮らす人々が感じるオークランドの暮らしにくさNo.1は、物価、特に家賃の高騰でした。例えば、ビッグマック指数(マクドナルドのビッグマックの価格を比較しその国の経済力を測る)で見てみると、日本の場合、3.14米ドル、ニュージーランドは4.49米ドルと日本円にして約160円高いという結果…。ビッグマックに限らず、工業製品(車、衣類、スポーツ用品、iPhoneなどアップル製品)はやや高めです。
参照:http://bigmacindex.org/2015-big-mac-index.html

オークランドで暮らす人々にとって切実な問題になっているのが、「家賃」だと言います。
オークランドの、年間家賃の上昇率は一時期のうなぎのぼり…。2017年に入り、やや上昇率は落ち着いたと言われるものの、オークランドのへ平均家賃は540ドル(月の家賃は日本円で約18万円)

1-2 ベッドルームハウス(寝室が2つある家)… 週440ドル / 月約15万円
上記は日本でいうところの2LDKのイメージです。リビングの有無や、トイレ・浴室、シャワー室の共有などは部屋により異なります。月の家賃が15万円って、東京都心の家賃と変わりません。
これらの3人部屋Ver.や5人部屋Ver.をシェアして暮らしているというのが留学生の一般的な滞在方法です。寝室が5つある家だと家賃の相場が30万円程度のため、家賃1人あたり6万円程度というイメージですね。

もちろん、イギリスのロンドンやアメリカのニューヨークなどと比較すればリーズナブルです。しかしニュージーランドは他の主要英語圏と比較すると全体的な留学費用が安めなため、留学してみると意外と高い物価に驚く方もいらっしゃるかと思います。


3. 成長を続けるオークランド。街中が工事中だらけ…

田舎なイメージの強いニュージーランドはWi-Fi環境や街中のショッピング街なども充実しているイメージはあまりないかと思います。しかし、ニュージーランド最大の都市オークランドを始め、ニュージーランドの主要都市は今急成長を遂げています。
なかでもオークランドはニュージーランド最大の経済都市であり、仕事を求めて多くのニュージーランド人、そして海外からの移住者も多く、街中には高級ブランド店や、高級レストランなども点在します。街がどんどん新しくなり、新しい建物や公共施設の充足化も図られています。
この数年、オークランドの街は地下鉄を作ったり、再開発がすすめられたりで、街中のいたるところで、大掛かりな工事が行われています。景観があまり美しくない…というのはもちろんですが、自動車移動の際などにはややストレスもありそうです。

オークランド留学
語学学校選び
3つのポイント

ニュージーランドへの留学で最も人気が高いのは、高校留学です。しかし、オークランドは、ニュージーランド最大の経済都市と言われるほど他都市と比較しても求人数が多く、ワーキングホリデーや語学留学期間中のアルバイトなども見つけやすい都市として18歳以上の留学生にも人気です。ここでは語学学校を選ぶ際のポイントを3つと、番外編として高校を選ぶポイントをご紹介いたします。

ポイント1: NZQA カテゴリー1に登録されている語学学校か

ニュージーランドでは、ワーキングホリデービザだけでなく、学生ビザでも一定期間の就労が許可されているため、留学期間中、アルバイトをして、生活費用を抑えることができたり、就労経験を通じて英語をアウトプットし実践的な英語力を身に付けたりすることができます。なかでもオークランドは、求人数も多く、働く機会が豊富なため、勉強と仕事、両方経験してみたいという留学生に人気があります。

ここで注意しなければならないのが、通う学校が、NZQA カテゴリー1に登録されているかどうか?です。

ニュージーランドには、NZQA(New Zealand Qualifications Authority)と呼ばれニュージーランドの各学校や開講されているコースの認定、授業料の補償などを行っている政府機関があります。
学生ビザでアルバイトするためには、NZQAが振り分けるカテゴリー1~4のうち、1に属している必要があります。カテゴリー1に属しているということは、「学業成績と自己評価組織能力共に非常に優れている学校」と判断されたという意味を持ち、14週間以上のフルタイム(週20時間以上)就学する場合(つまり学生ビザで留学する場合)、IELTSや年齢制限なく、週20時間以内の就労が許可されます。
カテゴリー2以下は、残念ながら、働くことが許可されていないため、せっかくオークランドに留学したにも関わらず、働けなかった…ということになりがちです。

オークランドでの留学の際は特に注意してNZQAのカテゴリーを確認するようにしましょう。

ポイント2: 日本人とその他アジア人の留学生比率

オークランド留学のデメリットでもお話ししたように、オークランドにいる外国出身者の4人に1人がアジア人です。特に中国、韓国は多く、街の中心地にいると、「ここはどこだろう…」と感じることがあるほどです。
そして、中国人、韓国人は、ヨーロッパ諸国からの留学生やラテンアメリカ系からの留学生よりも英語力が低い傾向にあり、語学学校に通う留学生のなかでも高い割合を占めます。
語学学校選びを失敗すると、周囲に中国人ばかり、韓国人ばかり…という状況が生まれます。
中国人、韓国人が悪いと言っているわけではありません。日本人でもフランス人でもスペイン人でも同じ言語を話す人種が異国の地で集まれば里心ついて固まりがちになりますし、他国の学生のことなど気にせず母語で会話を始めます。
周囲が中国人だらけになれば、英語を学びに来ているはずなのに、聞こえてくるのは中国語ばかり…なんておことも起こりがちなため、中国、韓国、日本を含むアジア人留学生の比率はチェックした方がよいでしょう。

ポイント3: 目標・目的にあった英語コースがあるかどうか

オークランドはニュージーランドの中でも非常に便利で暮らしやすく、留学生に人気の都市です。したがって、他都市と比較して語学学校数も多く、どの語学学校を選べばよいのか迷ってしまいがちです。
ポイント1、2でお伝えした点と併せて、目標・目的にあった英語コースがあるかどうか、そしてそのコースがきちんと開講されているかどうかを最後にチェックするようにしましょう。
英語はあくまでコミュニケーションツールです。したがって、留学したばかりの時は右も左もわからず、少しでも他の留学生やネイティブの先生、ホストファミリーとコミュニケーションが取れると嬉しくて、一生懸命勉強しようと考えます。しかし、3ヵ月も過ぎると、パーフェクトではないものの、単語をつないで会話が成り立つようになっていき、留学生同士であればなんとなく楽しく過ごせるようになってしまいます。従って、留学中は、「コミュニケーションを取れるようになる」ことだけではなくプラスアルファの目標を持って行くことをお勧めしています。

・将来の就職・転職に留学経験を活かす
・国際的なビジネスシーンで英語を使えるようになる
・国内外の大学院へ進学する など、目標・目的はなんでも構いません。
それら目標に必要な、英語コース、例えば、進学でればIELTSやTOEFLスコアの取得、ビジネスシーンで英語を使いたいならビジネス英語の習得などが挙げられます。
オークランドには、一般英語コースや各種試験対策コース、ビジネス英語コース以外にも、フライトアテンダント養成コースや、ファーム、ボランティア活動などを英語プラスアルファで経験できるユニークなプログラムを持っている語学学校もあります。それらも踏まえ、納得のいく語学学校を選びましょう。

番外編:オークランドで
高校を選ぶ際のポイント

ポイント1: 気にすべきは中国人留学生の数

語学学校選定ポイントでも記載しましたが、今、オークランドの中学・高校には非常に多くの中国人留学生が訪れています。中学留学、高校留学の場合、留学生に中国人が多いといっても8~9割はネイティブの学生のため、語学学校ほど気にする必要はないと感じるかもしれません。しかし、留学生のための英語コースなどに一つの国籍ばかりが偏ってしまうのは問題です。アジア系の留学生割合が高いこと自体はオークランドのどの高校にいっても同様なので、しかたありませんが、一つの国籍に偏りがないかどうかだけはきちんと確認するようにしましょう。

ポイント2: Decile(ディサイル)の段階は?

ニュージーランド国内において「住む場所を決める」ための基準の一つが、このDecile(ディサイル)です。 Decile(ディサイル)とは、ニュージーランド全国の小学校を10段階で評価するシステムです。

例えば、
・世帯の収入(所得が下位20%の家族が学校に何%いるか)
・職業(ブルーカラーの職業の家族が何%いるか)
・家の混み具合 (1寝室あたり何人の人が寝ているか)
・学歴(大学卒業以上の家族がどのくらいいるか)
・金銭的補助(国から金銭的な補助を受けているか) などを基準に、これらの指標ですべてよいスコアをだした全国上位10%がDecile(ディサイル)10、逆に下位10%が1となります。

つまり、高所得者層の住む地域はDecile(ディサイル)が高く、貧困層が多い地域のDecile(ディサイル)は低いということになります。田舎の地方に行くとあまり気にする必要はありませんが、所得格差のあるオークランドでは高校を選定するうえで一つの目安とするとよいでしょう。

ポイント3: 留学生サポートスタッフの質

オークランドは高校留学先としても人気の都市のため、各高校に多くの留学生が訪れています。したがって、各高校には留学生サポーターが配置され、ホームステイ、就学、現地生活、日々の学習活動などさまざまな点において留学生専用のサポートが提供されています。

しかし、高校にとって留学生の受入れは一つのビジネスであり、高校によっては「教育者」としてではなく「ビジネス」的観点で留学生のサポートを行っている高校もあると言います。子供たちにとって本当に大切なことをきちんと考え、サポートしてくれるスタッフが在籍する高校を選びましょう。
弊社では、各高校の留学生サポーターと直接お話をし、その上で学校紹介を行っております。お気軽にご相談ください。

オークランド留学中の生活
(持って行く荷物、滞在方法、
交通機関)

オークランドへの留学なら、持って行った方がよいもの

留学するうえで必需品であるパスポートや海外留学生保険(保険証書)、クレジットカードなど以外に、オークランドへの留学だからこそ、持っていった方がよいものをご紹介します。

リュック‐アウトドアを楽しむためのグッズ
週末はオークランド市から一歩外にでて豊かな自然をアウトドアで楽しむのがニュージーランド式。街中や人込みでは避けた方がよいリュックサックですが、1つあるとちょっとしたハイキングやピクニックの際など、両手があくので便利です。

運動靴、ヒールのひくい靴
オークランド市内は坂道(しかも結構急坂)、且つ石畳の道が多いため、高いヒールで歩くのは結構大変です。女性であればもちろんおしゃれをしたいときもあるかと思うので、おしゃれめなヒールの低いパンプスと、スポーツ用の靴、レジャー用にサンダルなどもあると便利に快適に過ごせます。

オークランドでの滞在方法

オークランドは、物価、特に家賃が高め…とご紹介いたしましたが、具体的にはどのような滞在方法があってどのくらいの費用がかかるのかご紹介します。

ホームステイ
中学生・高校生の留学の場合、私立の高校(全寮制の高校)でない限り、ホームステイでの滞在が原則です。18歳以上の大学生や社会人の方の場合は、留学期間中、ずっと…ではなく、留学してすぐの1~3ヵ月間程度ホームステイ(その後、シェアへ引っ越す)という方が多いです。

ホームステイは、ホストファミリー(受け入れてくる家族)の家族の一員として生活し、英語でのコミュニケーションはもちろん、ニュージーランドならではの食事や文化、歴史などを体感することのできる滞在方法です。
高校生の場合は、1日3食、18歳以上の方の場合、平日2食、土日3食含まれ、1人部屋が与えられます。ニュージーランドの食文化は基本的にイギリスの食文化を引き継いでいます。しかし、200以上の人種が共存するオークランドでは、多くの食文化に触れることができ、ホストファミリーのバックグラウンド次第で、さまざまな食事が食卓にあがります。
各家庭でルールがあるため、自分も家族の一員としてルールを守り互いを尊重し合いながら生活しましょう。
費用面は月9~10万円程度(食事込み)です。

シェアハウス
寝室が2つある家、3つある家、5つ、またはそれ以上ある一戸建てやアパートの一室に、キッチン、リビング、トイレ・バスなどは共有でさまざまな国の方たちと共に生活する滞在方法です。オークランドの場合、家賃・光熱費・WiFi代などを含め5~8万円程度が相場の滞在費用です。

一件自由度の高い印象のあるシェアハウスですが、共有スペースに対する決まり事や掃除当番、その他共同生活するうえでさまざまなルールがあるため、それらをきちんと守り、互いに気持ちよく生活できるように心がけることは非常に重要です。

オークランドの交通機関

 
オークランドで日常的に利用されている移動手段は、電車、バス、自動車、タクシー / Uber、自転車です。
留学生にとって便利な交通機関は、電車、バスが中心です。日本の公共交通機関の正確さは世界トップクラスのため、日本と比較してしまうとややストレスはあるものの、基本的には時間通りに運行している電車であれば、朝の交通渋滞を横目にオンタイムで移動が可能です。ただ、駅が遠いことが多い…というのがやや懸念点です。
対してバスはオークランドでの主要交通機関です。オークランド市内をさまざまな路線が走っているため、上手に利用できれば、移動距離を最小限におさえ、移動することができます。

東京と同じで交通機関の多いオークランドでは、バス専用レーンがあり、国道にバス専用の道が開かれているため、ラッシュ時間でも比較的スムーズに運行されています。ただし、電車と異なり、なかなか時間通りの運行はされていません。15分間隔で走っているはずのバスが、一気に2台到着したり、かと思うと30分来なかったり……ということも頻繁にあります。

オークランドには日本のPASMO(パスモ)やSuica(スイカ)のような交通機関で利用できるプリペイドカード「AT HOP CARD」があり、毎回切符を購入する必要などもないため便利です。また「AT HOP CARD」をご利用いただくことで、通常の運賃よりも20%以上費用を抑えることができ、さらに学生割引も適応できるため、お得です。

オークランド留学中の
サポート

オークランド留学中、下記のようなサポートを提供しています。
オークランドオフィスでは、長年留学生をサポートしてきた経験を持つベテランの現地スタッフがオークランド到着時の空港出迎えから24時間緊急時のサポートまで、皆さん一人ひとりの留学をサポートいたします。

サポート 詳細 ワーホリ 長期 短期
空港お出迎え 到着時の日本人現地スタッフによる空港出迎えサービス。
出迎、車窓にてオフィス・通学予定の学校・市内最寄りのバス停などの案内後、各滞在先へお送りいたします。
現地到着時オリエンテーション 現地の生活情報や、市内の学校、バス停、銀行など主要な施設をスタッフが案内します。両替や、国際電話のかけ方などのご案内もいたします。
オフィス利用 日本語官許のパソコンの使用可能(インターネット利用は一部有料)
留学や関連譲歩の図書貸し出しも行っています。
生活相談 現地到着時から、帰国まで、生活面のご相談に対応させて頂きます。
例:ホームステイ先での生活相談、シェア・フラットの探し・アルバイトの探し・インターネット接続へのヘルプ、海外送金のアドバイス、学校手続き・延長無料、ツアー・旅行のご相談と手配、領事館へ在留届け提出のお手伝いなど、各種生活面の相談に対応いたします。
銀行口座開設アドバイス ニュージーランドで利用可能な銀行口座開設をサポートいたします。
お仕事探し準備サポート 働くために必要なIRD(Inland Revenue Department)番号の取得手続き、履歴書作成、求人情報探しなどのアドバイスを行います。
荷物預かり 出発前に郵送した荷物を最大3ヶ月間までオフィスで預かります。
ホームステイ手配 現地スタッフが面談、調査した質の高いホストをご紹介しております。
24時間緊急応対サポート オフィス営業時間外において、緊急時に電話応対をさせて頂いております。緊急時における、病院同行・通訳が必要な場合などは、別途費用が必要となります。
  •  J-CROSS 留学サービス審査機構
  • JAOS一般社団法人海外留学協議会
  • English Australia
  • New zealand education
  • 東京都知事登録旅行業 第3-6137号

ページトップボタン