就活に役立つ海外インターンシップ留学|ワールドアベニューのインターンシップ留学プログラム

就活に役立つ!履歴書に書ける!ワーキングホリデープログラム

海外インターンシップには幅広い意味があります。海外ホテルでのベッドメイキングなども海外インターンシップという名称が使われていることがありますが、どちらかというとバイトという意味合いの方が強いものとなります。ワールドアベニューが提案する海外インターンシップ・プログラムは、海外の現地企業でオフィスワークを経験することにより将来の就職活動にとって意味ある海外留学経験を目的にしています。また、実際にホスト企業との面接を経ることによって英語での面接経験も積むことができ、外資系企業などでの面接対策にもなります。


プログラム参加者、帰国後の内定実績!

三菱東京UFJモルガン・スタンレー證券、キヤノンマーケティングジャパン、スタッフサービス、プレサンスコーポレーション、アクセンチュア、旭化成、楽天、中部国際空港、NTT、防衛省防衛研究所、環境省、外務省、在日オーストラリア大使館、学習院女子大学、野村総合研究所、㈱神戸製鋼所、ホテルニューオータニ、南都銀行、QATAR、P&G、astellas、NIDS、NISSAN、DAIKIN、Kawasaki、Ponycanyon Enterprise inc. 、ANA、UDトラックスなど

求められるグローバル人材!ビジネスインターンシップのポイントと注目を集める理由

グローバル化が急速に進むなか、国、企業や教育機関は、グローバル人材の育成・採用に積極的な姿勢を見せています。
特に企業ではユニクロや楽天などの社内公用語英語化の導入や武田薬品やソフトバンクの社内昇給・昇進規定への導入、パナソニックなどの外国人労働者の積極的採用などグローバル化を急いでいます。これらに伴い採用市場や企業の動向も以前と異なってきています。
近年求められるのは、英語力だけではなく、世界で通用する積極性や実行力、発信力やストレスコントロール力です。
その他にも海外留学では、日本国内での英語研修と異なり、異文化受容能力を身につけることができます。なかでも、ビジネスインターンシップは、社会人基礎力と合わせてグローバル力を身につけることができるため、就活を意識する大学生や留学経験を帰国後のキャリアに繋げたいと考える社会人に人気です。

海外インターンシップのポイント

「人」と違う「自分だけ」の経験ができる。

留学経験者も増加するなか、「英語を勉強してきた」「海外で生活してみた」人は、すでに珍しくなく、留学経験も海外生活体験もしたことあるのが当たり前になりつつあります。
海外インターンシップでは、英語の勉強や海外生活体験にプラスして、海外の企業での就労経験を得ることができます。英語での本格的な就労経験は学生時代には得ることの難しい経験であり、大変さもありますが、帰国後の就職活動、また就職後のキャリアにつながる「自分だけの」経験となります。

「遊学」だなんて言わせない!履歴書に書ける本格的な就労経験。

アルバイトやボランティア、短期間のインターンシップなどと異なり、フルタイムで且つ長期的に働く経験ができる海外インターンシップでは、本格的な就労経験とその証明としてインターン先企業から推薦状を取得することも可能です。帰国後の就活において「ビジネスレベルで活用できる英語力の証明」を行うことができます。また、特に大学生の方の場合、周囲よりも一歩早く社会人経験を積むことができるため、就職後、周囲から群を抜いた存在になることができます。

プレ就職活動を体験できる。

就職活動開始まで「自分が何をしたいのか」、ゆっくりと自己分析を行うこともでき、その後の就労経験から「自分はどのような仕事に向いているのか」「企業で働くとはどういうことか」などを体感することができます。プログラム途中の面接対策や履歴書作成が帰国後の就職活動に役立つのはもちろん、本番のホストカンパニーとの面接では、日本での就職活動同様の緊張感をもって実施され、すべての経験が日本での就活に有益な経験になります。

グローバル社会で働くとはなんぞや?を体感できる。

オーストラリアは国民約2,300万人のうち、約3割にあたる640万人が他国出身であり元の国籍もイギリス系だけではなく、イタリアや東欧系などさまざまな国籍から成り立っています。また中国やインドを始めとしたアジア圏からの移民も増えており、アジアとヨーロッパをつなぐビジネス拠点となっています。留学生へのインターンシップにも協力的な国際都市シドニーでビジネスインターンシップすることにより、多文化・他言語の環境で生き抜く力を身に付けることができます。

実践的なビジネス英語力の習得とTOEICスコアのUP。

TOEICは日常やビジネスシーンにおいて使われる英語力を判定する英語能力判断テストとして有名でNTTコミュニケーションズやソフトバンク、武田薬品が730点以上を採用基準にするなど就職・昇格・海外赴任などの機会においてTOEICのスコアを基準として設ける企業も増えています。海外インターンシップでは、現地の企業で働くことによって日常的にビジネスシーンで利用する英語を学ぶことができるため、ビジネス英語力の向上と同時に、TOEICスコアの向上が期待できます。

就活で強い!

グローバル化が進むなかでの就職・転職活動の動向

採用市場 景気が上向きになり、企業の採用意欲が高まってきてはいるものの、内情は一部の優秀な大学生や外国人労働者のためのグローバル人材専用の枠を増やしたのみで国内経験しかない人材には依然厳しい現状が続いている。
求められる能力 社内にすでに十分な数がいる内向き志向の人材ではなく、若い内から海外生活を経験し、異文化への適応が高く、グローバル社会で通用するスキルや知識を学んだ外向き志向の人材が求められている。
企業の動向 社内公用語英語化や社内昇進規定へのTOEICスコア設定はもはや当たり前。大手企業やベンチャー企業共に事業の展開がグローバルを前提にしているため、グローバルに活躍できる人材への採用意欲が高い。