海外インターンシップ

就活に役立つ!
履歴書に書ける!
ワーキングホリデープログラム
海外インターンシップで
現場で使うビジネス英語と
経験
を培おう

海外インターンシップには幅広い意味があります。海外ホテルでのベッドメイキングなども海外インターンシップという名称が使われていることがありますが、どちらかというとバイトという意味合いの方が強いものとなります。ワールドアベニューが提案する海外インターンシップ・プログラムは、海外の現地企業でオフィスワークを経験することにより将来の就職活動にとって意味ある海外経験を目的にしています。また、実際にホスト企業との面接を経ることによって英語での面接経験も積むことができ、外資系企業などでの面接対策にもなります。


プログラム参加者、帰国後の内定実績!

三菱東京UFJモルガン・スタンレー證券、キヤノンマーケティングジャパン、スタッフサービス、プレサンスコーポレーション、アクセンチュア、旭化成、楽天、中部国際空港、NTT、防衛省防衛研究所、環境省、外務省、在日オーストラリア大使館、学習院女子大学、野村総合研究所、㈱神戸製鋼所、ホテルニューオータニ、南都銀行、QATAR、P&G、astellas、NIDS、NISSAN、DAIKIN、Kawasaki、Ponycanyon Enterprise inc. 、ANA、UDトラックスなど

求められるグローバル人材!
ビジネスインターンシップの
ポイントと注目を集める理由

グローバル化が急速に進むなか、国、企業や教育機関は、グローバル人材の育成・採用に積極的な姿勢を見せています。ユニクロや楽天などの大手企業では社内公用語を英語と定めたり、武田薬品やソフトバンクでは社内昇給・昇進規定にTOEICスコアを導入しています。また、パナソニックや大手製造業の多くが外国人労働者の積極的採用し、社内全体のグローバル化を急いでいます。少子化やテクノロジーの発達により日本国内だけでは成長の余地が限られていくため、ほぼ全ての企業で海外との取引を拡大させていく時代の流れになっています。
時代の影響を受け、近年企業から若手ビジネスマンに求められるのは、英語力だけではなく、世界で通用する積極性や実行力、発信力やストレスコントロール力です。優秀な人材に求められている海外競争力を身につけるためには、長期に渡って海外で生活し、英語と人間力、異文化への理解力を学ばなければなりません。ワールドアベニューが提案する海外インターンシップは、オーストラリアで1年間にわたり、英語力とビジネスで成功するために必要な経験と知識を積み重ねていくプログラムになります。海外インターンの経験を積むことによって、就職活動で条件の良い会社に就職できる力をつけるだけでなく、就職後に海外を視野にいれた活躍をすることが期待できます。

海外インターンシップ
のポイント

「人」と違う「自分だけ」の経験ができる。

海外経験者は、ワーキングホリデーや語学留学が一般化するにつれ増加しています。「英語を勉強してきた」「海外で生活してみた」人材は、人事担当者の目に留まるのは厳しい時代になることが予想されます。求められるのは、「海外で働ける力」・「英語を使える力」になったと考えるべきでしょう。TOEICの高いスコアだけではなく、世界共通語である英語を使ってコミニュケーションを円滑にとれる人材になるためには、長期間海外で英語を学習することが必要不可欠です