オーストラリアの留学情報

オーストラリアで海外留学を
スタートしよう。

オーストラリアは世界各国から学生が集まる国際的に開かれた国です。オーストラリアは近代的な都市建築と豊かな自然を調和させた街づくりが特徴的で、気候に恵まれた沿岸地域に大都市が点在しています。他の国と陸続きで隣接していないため、他国との緊張関係が少なく、現在も移民を積極的に受け入れながら成長を続けています。豊かな天然資源と欧米・アジアを仲介するビジネスの拠点として持続的に経済成長を続けています。ヨーロッパやアメリカと比較すると、治安水準も高く経済的にも安定しているため、国民の満足度が高く、住民の幸福指数ランキングで世界トップ10に入る都市が複数あります。古くはイギリスの植民地時代があり、英語を母国語・公用語とするだけでなく議会システムや街づくりなどもイギリスの影響を色濃く残します。安全で勉学に集中できる国として日本人留学生に高い人気を誇ります。

基本情報

国土面積 約769.2万km2(世界第6位) 首都 キャンベラ
人口 24,094,300人(世界第52位)
※2016年1月時点
平均寿命 81.2才(世界第4位)
気候 東部山脈の海岸側斜面は季節風の吹く温帯湿潤気候、南東部では偏西風の吹く西岸海洋性気候、南西部の沿岸は冬に降雨のある地中海性気候、北部の沿岸はサバナ気候、内陸部は砂漠気候

治安

世界でもトップクラスの治安の良さを誇るオーストラリア。銃規制は厳しく、個人の所有は認められていません。重大事件が発生するたびに、事件を防ぐ法律が矢継ぎ早に制定・実施され、常に治安の向上を意識した政治がとられています。夜間も都市部では警官が頻繁に巡回しているため、一部歓楽街を除けば大きな治安の問題は見られません。豊かな自然を満喫するライフスタイルがオーストラリア人には一般的で、週末はアウトドアでバーベキューを楽しんだり、ビーチで緩やかに時間を過ごします。特に初めての海外経験であれば、オーストラリアは治安もよく、街も清潔に整備されているので安心しておすすめできる国です。

物価

オーストラリアは経済成長を続けており、日本と比較して物価が安いわけではありません。しかし、イギリスやアメリカと比較すると、オーストラリアの生活にかかる費用や語学学校に必要な金額を抑えることができます。オーストラリアの最低賃金水準は時給18ドル(日本円で1500円相当)となっており、オーストラリアでアルバイトすれば滞在期間中の生活費を抑えることができ、物価差で困ることはないでしょう。農業や畜産が盛んな国であるため食事にかかる費用を自炊で削減できます。

教育水準

オーストラリアには、国立大学を中心に40前後の高等教育機関があり、世界大学ランキングにも名を連ねる有名大学も複数あります。高い教育水準と英語を母語としながら、自然豊かで安全な国として世界中から学生が学びに訪れています。オーストラリアは海外学生を守るESOSやNational Codeと呼ばれる法律があり、学生ビザの許可を出せる学校は法律に従わなければいけません。さらに政府下の非営利団体が学校の品質を定期的に再評価し、オーストラリアは高い教育水準を保持しています。仮に学校が倒産された場合も留学生はTuition Protection Serviceによって守られており、他のTPS加盟学校へ無償で転校することが可能です。

文化

イギリス連邦の一カ国として、イギリスの行政、ビジネスシステムを踏襲してオーストラリア社会は基盤が作られています。しかし、ヨーロッパ各地からの移民によって、コーヒー文化や食文化がオーストラリアに根付いています。さらに、アジアと地理的に近いため、様々な習慣や食文化がオーストラリアの文化に取り込まれています。日本とオーストラリアの関係性も古く、資源の取引を中心としたビジネスのつながりや、毎年多くのオーストラリア人が日本へ観光に訪れるため、親日家が多い国と言えます。

オーストラリア留学の
ビザ制度とは?

オーストラリアへ留学するためにはビザ(査証)を取得する