オーストラリアの留学情報

自分の可能性高める
オーストラリア留学に挑戦しよう。

オーストラリア留学は、柔軟なビザ制度を利用した豊富な留学プログラムが提供されています。英語を真剣に学びたい日本人留学生にとって、英語を母国語とするオーストラリア留学での学びは一生モノの財産となることでしょう。オーストラリアの都市は治安が良く、アルバイト先も多いため留学生活を快適に過ごせる環境が整っています。他の国と比較しても質が高い語学学校や公立専門学校(TAFE)、世界ランキング上位にランキングされる大学があり世界中から海外留学生が集まっています。オーストラリア留学でグローバルな視野と知識を兼ね備えた人材を目指しましょう。

オーストラリア留学の
メリット

留学生活を安心して過ごせる
安全性の高さ
詳しくはこちら

海外で長期滞在することになる留学先を選ぶうえで、留学先の国や地域の安全性は非常に重要なポイントです。オーストラリアは銃刀法が厳しく警察の警備体制も万全なため、安心して留学中の生活を送ることができます。

詳しくはこちら

バラエティに富んだ
留学制度
詳しくはこちら

観光ビザを利用した短期留学でもフルタイムで就学でき、学生ビザでも就労が許可され、ワーキングホリデーでは最長2年間滞在することができるなど世界広しといえど、オーストラリアほど豊富且つ充実した留学制度を持つ国はありません。オーストラリアなら、あなたの目標・目的にあった留学を見つけられるはずです。

詳しくはこちら

世界水準の教育環境で
学習できる
詳しくはこちら

留学先を選ぶ上で大きな選定ポイントとなるのが、その国の教育レベルです。QS世界大学ランキングによるとオーストラリアはわずか43大学のうち7校もの大学が世界大学ランキング100位内にランクイン。世界水準の教育を提供する国です。

詳しくはこちら

就労可能な留学制度と
時給の高さ
詳しくはこちら

オーストラリア留学最大のメリットの1つが、「就労可能な留学制度」です。しかも、オーストラリアの就労で得られる収入は、最低時給が税引前18.29豪ドル(2017年7月1日施行)と法律で定められており、日本のアルバイトと比較すると高い収入を得られるため、留学生活を安定させることができます

詳しくはこちら

ワーキングホリデーが
2年チャレンジできる
詳しくはこちら

オーストラリアのワーキングホリデー制度には「セカンドワーキングホリデー」と呼ばれる制度があります。セカンドワーキングホリデーとは、1年目のワーキングホリデーの間に、政府指定の地域で88日間以上、季節労働をすることにより2年目(2回目)のワーキングホリデーに挑戦できるという制度です。他のワーキングホリデー制度を持つ国にはないオーストラリア特有の制度で、他国では得られない経験やチャンスを得ることができます。

詳しくはこちら

留学生を守る
法律がある
詳しくはこちら

オーストラリアには、オーストラリアに留学する留学生の権利を保護するための法律「留学生のための教育サービス(ESOS)法」があり、安心して留学することができます。ESOS法では、各教育機関が提供する教育サービスの品質管理や、教育機関がなんらかの事情でコース提供できない場合などの転校および返金などに対応します。

詳しくはこちら

留学中も日本と
連絡しやすい時差
詳しくはこちら

オーストラリア留学、最大のメリットの一つ「時差」。オーストラリアは留学中であっても日本にいる家族や友人と連絡を取りやすい時差となっています。留学生活を心配するご家族とも連絡が取りやすいというのは安心して留学に送り出してもらえる要素の一つでしょう。

詳しくはこちら

留学で多くの文化に
触れられる
詳しくはこちら

世界のグローバル化が進むなか、英語力と同様、またはそれ以上に重要視される「異文化理解力」。世界200ヵ国の人々が共存するオーストラリアでの留学には、グローバル社会で求められる「異文化理解力」を身に付けることのできる環境があります。

詳しくはこちら

過ごしやすい気候で
留学生活を楽しめる
詳しくはこちら

留学先の気候は、留学先の国や都市を選定する上で大きな要素の一つです。オーストラリアは日本の23倍と広大な土地を有し、地域によって気候が異なります。ただ、オーストラリアの各都市は全般的に温暖な気候であり、非常に過ごしやすい環境です。過ごしやすい気候は、留学に必要な持ち物(洋服など)が少なくてすむという点や、開放的な気持ちで留学生活を楽しめるなど、さまざまなメリットがあります。

詳しくはこちら

世界中で通用する英語力を
身に付けることができる
詳しくはこちら

世界200ヵ国以上の人々が集うオーストラリアでは、世界中の人々が使う個性あふれるさまざまな英語に触れることができるため、グローバル社会で求められる英語力を身に付けることができます。これは多民族国家のオーストラリアでの留学だからこそ得られるメリットの一つです。

詳しくはこちら

オーストラリア留学でかかる
費用

1年間のオーストラリア留学費用の概算は250万円(語学留学48週)。さらに航空券費用や現地滞在費用、保険代などの諸費用が必要となります。オーストラリアで海外留学生活をスタートさせるために必要な費用の内訳や、費用節約のコツ、オーストラリアの銀行への海外送金方法を紹介致します。

オーストラリア留学の
正しい留学先の選び方

満足度の高いオーストラリア留学の計画に欠かせないのが、英語を学ぶ留学先選びです。短期留学、長期語学留学、ワーキングホリデーといった留学の種類にかかわらず、英語のレベルを上げることはオーストラリア留学の目的の一つです。自分に合った質の高い語学学校で学びオーストラリアの留学生活を充実させましょう。オーストラリアの語学学校はASQAやNEASといった政府機関に認定を受けている教育機関であれば、一定水準以上のクオリティが担保されています。しかし、語学学校によって学校の方針やカリキュラムに違いがあるだけでなく、学校の授業料金や施設の充実度も違いが大きいため、皆さんの希望に沿った学校を選ぶことが大切です。

オーストラリア留学の
ビザ制度とは?

オーストラリアへ留学するためには、渡航前に有効なビザ(査証)を取得しなければなりません。海外留学の目的や期間によって申請・取得すべきオーストラリアのビザがあります。日本人がオーストラリアに留学で入国する主要なビザは、観光ビザ・ワーキングホリデービザ・学生ビザ(ステューデントビザ)の3種類あります。また、学生ビザでオーストラリアの大学へ進学した場合は、卒業ビザを取得できる可能性があります。

オーストラリアのビザ制度は頻繁に更新されるため、必ずご自身で最新のオーストラリアビザ情報をご確認ください。
参照:オーストラリア大使館ホームページ

オーストラリアで可能な
留学プログラム

中学・高校留学

豊富なカリキュラムとインターナショナルな学校生活が過ごせるオーストラリアの中学・高校留学。短期間の体験留学から、高校卒業まで対応が可能です。オーストラリアの高校レベルは高いだけでなく、個々人の個性に合わせた履修選択科目があり、のびのびと学力を伸ばせます。オーストラリアで中学・高校時代を過ごすことによりインターナショナルな友人作りと感性豊かな人材になれるでしょう。オーストラリアの各州公立高校や私立高校に留学できます。

  • 中高生向け
  • 期間:半年〜
  • 費用:高

詳細はこちら

短期留学

仕事や勉学の合間に挑戦可能なオーストラリアの短期留学。ホームステイでホストファミリーと生活し、現地の文化や暮らし方、生活の中で利用する英語力を経験できます。オーストラリアの語学学校にフルタイムで入学することもできるので、英語力を短期間で伸ばしたい方にもおすすめできる留学プログラムです。

  • 中高大学生向け
  • 期間:2週間〜
  • 費用:低

詳細はこちら

ワーキングホリデー

オーストラリアのワーキングホリデーは可能性に満ちた自由度の高い留学計画を立てられます。最初の4ヶ月は語学学校で高い英語力習得を目指し、残りのワーホリ期間でアルバイトや旅行、海外インターンシップに挑戦できます。オーストラリアのワーキングホリデー最大の魅力はフルタイム(無制限)で仕事可能であり、高いオーストラリアの時給でお金を稼ぎながら留学生活を暮らせることでしょう。有意義で新しい発見に満ちたオーストラリア留学生活を過ごすための夢のパスポートがワーキングホリデーです。

  • 大学生・社会人向け
  • 期間:1年間〜
  • 費用:中

詳細はこちら

語学留学

治安と教育の質が高いオーストラリアの語学学校は、長期間の語学留学で英語に自信をつけたい日本人にうってつけです。フィリピン留学とは異なり、語学学校には国籍豊かな学生が集まるため、英語を学生同士で使用しながら英語のスキルを伸ばしていけます。一般英語コースだけでなく、IELTSやケンブリッジ英検、OETなどの各種英語試験対策コースが充実しており、豊富な語学学校から自分に適した学校を選ぶことが可能です。

  • 大学生・社会人向け
  • 期間:24週間〜
  • 費用:中

詳細はこちら

休学・認定留学

オーストラリアは休学・認定留学に最適です。世界的にレベルの高い大学の聴講や附属英語学校での学習経験は夢のキャンパスライフと海外上位レベルの学習経験を積めます。また、私費の休学留学として人気が高いオーストラリアの海外インターンシップが開催されており、就職活動で自信をつけたい多数の学生が毎年参加しています。フレキシブルなビザ制度と安全で挑戦するチャンスに恵まれたオーストラリアでしかできない休学・認定留学があります。

  • 大学生向け
  • 期間:24週間〜
  • 費用:中

詳細はこちら

専門留学

オーストラリア各州政府運営の専門学校TAFE(テイフ)は、日本でも人気で有名な留学先です。豊富な専門カリキュラムで、ローカルのオーストラリア人も生涯教育として学びにくるTAFEで新しい自分の専門分野を切り開きましょう。TAFEの専門卒業資格はオーストラリアの各大学へ編入時に単位認定され、大学卒業までに必要な期間を短くすることも可能にします。オーストラリア各州によって特徴あるコースとキャンパス環境が提供されています。

  • 大学生・社会人向け
  • 期間:24週間〜
  • 費用:中

詳細はこちら

大学留学

世界有数の国立大学があるオーストラリア。アメリカやイギリスと比べて安価な学費と生活費で同等水準の学習レベルであるため、アメリカやイギリスから多くの留学生をオーストラリアの大学は受け入れています。日本の大学入試のような学科試験が課せられず、レベルの高い大学に入学しやすいことから、大学入学後の学習に集中することができます。海外で活躍したい学生にとってインターナショナルなオーストラリアの大学留学経験は、日本の大学経験とは比較にならないほど有意義なものとなるでしょう。

  • 大学生・社会人向け
  • 期間:3年間〜
  • 費用:高

詳細はこちら

海外インターンシップ

金融や観光、ITの分野で多くの企業が発展しているオーストラリアは、海外インターンシップを挑戦する場所として相応しい留学先の一つです。オーストラリアのローカル企業で経験するインターンシップは、外国人と英語環境でコミュニケーションを取る絶好の機会に恵まれるだけでなく、会社の一員として共通の目標を持ちゴールを目指すチームワーク力を磨くことができます。海外で働いた経験を持つ学生は、日本の企業が喉から手が出る程欲しい人材です。他とは違う価値のある留学経験なら、オーストラリアで海外インターンシップに挑戦しましょう。

  • 大学生・社会人向け
  • 期間:1年間〜
  • 費用:中

詳細はこちら

看護留学

オーストラリアの正看護師資格免許取得を目指すのが看護留学です。オーストラリアは看護師不足であるため、日本で正看護師経験を持つナースがオーストラリアの正看護師免許を切り替えられる道筋が残っているだけでなく、就労のチャンスも残っています。また、2017年7月改正の永住権対象リストにも正看護師は掲載されており、オーストラリアに長期滞在・就労するビザが取得できる可能性にも恵まれています。

  • 正看護師向け
  • 期間:1年間〜
  • 費用:高

詳細はこちら

看護インターンシップ

日本で正看護師資格を持つナース限定のオーストラリアの医療施設でお給料をもらいながら働くプログラムがアシスタントナース有給看護インターンシップ(看護インターンシップ)です。オーストラリアのワーキングホリデービザ制度を利用し、語学学校で英語を磨いた後、オーストラリアの正式なアシスタントナース資格を取得する専門コースに入学する充実のプログラムです。アシスタントナース資格を取得し一定の条件を満たせば、オーストラリアの医療施設のお仕事紹介まで無償で提供される留学プランです。

  • 正看護師限定
  • 期間:1年間〜
  • 費用:中

詳細はこちら

オーストラリアの留学情報

オーストラリア留学の体験談

  •  J-CROSS 留学サービス審査機構
  • JAOS一般社団法人海外留学協議会
  • English Australia
  • New zealand education
  • 東京都知事登録旅行業 第3-6137号

ページトップボタン