オーストラリア留学で人気の渡航先都市ランキング

公開日:2018/02/02
最終更新日:2019/11/11

オーストラリアは広大な国であるため、各州・各地域によって体験できる留学生活が異なります。留学開始初期は、特にオーストラリアの大都市圏で留学生活を開始することが、安全面や生活難易度の低さからおススメとなります。各都市の特徴を踏まえてオーストラリアの留学先を選びましょう。


1位 シドニー

  • 都会
  • 物価高
  • 求人数多

オーストラリア留学で真っ先にイメージするのがオペラハウスがあるシドニーのはず。オーストラリア最大の都市として留学生が生活しやすい公共交通機関やアルバイト先、豊富な学校の選択肢があります。日本(東京)からの直行便が就航しており、初めての海外留学でも安心の都市といえます。大都市である一方で、美しい港湾都市で海に囲まれており、留学生活中にサーフィンやビーチライフなどを楽しむことができます。仕事やインターンシップを充実させながら勉強もしっかりしたいという方に最適です。また、オーストラリアのトップ2大学がシドニー内にあり、また世界大学ランキング上位校がシドニーから通学可能な距離にあります。世界でも有数の留学に最適な都市で留学をスタートしましょう。
シドニー留学の情報


2位 ブリスベン/ゴールドコースト
 (クイーンズランド州)

  • 田舎
  • 物価中
  • 求人数中

クイーンズランド州に位置する川沿いの都市ブリスベンと、ブリスベンから電車で約1時間半の距離にあるリゾート都市ゴールドコースト。ブリスベンは、日本からの高校留学生を多数受け入れているオーストラリアの都市として有名で、多くの中学・高校留学生がブリスベンで学んでいます。一方で、ワーホリメーカーに人気のリゾート都市、ゴールドコーストはビーチ沿いに広がる都市でマリンライフを中心にゆったりと過ごしたい方にはおすすめです。ゴールドコーストは夏場はオーストラリア全土からマリンライフを楽しむ留学生が集まる場所でもあります。
ブリスベン留学の情報
ゴールドコースト留学の情報

ブリスベン/ゴールドコーストにメインキャンパスがある学校

■ 語学学校

■ 大学


3位 メルボルン(ヴィクトリア州)

  • 都会
  • 物価高
  • 求人数中

日本から直行便(2017年9月より就航)が就航した都市メルボルンはオーストラリアの留学先として再注目されてはじめている都市です。コンパクトでヨーロッパを彷彿とさせる町並みと寒冷な気候を好む留学生に人気があります。新しい語学学校や私立の専門学校が設立され活気のあるオーストラリアの留学先の一つといえます。街の歴史としては古く、高等教育に力を入れている都市でもあります。オーストラリアでトップを争う国立のメルボルン大学は日本人留学生に人気があります。
メルボルン留学の情報


4位 パース(ウェスタンオーストラリア州)

  • 田舎
  • 物価高
  • 求人数少

オーストラリアの東部に広がる自然豊かな州の州都パースは、オーストラリアらしい留学生活を送れる魅力的な都市として人気があります。インド洋を臨む美しい海岸沿いを経験をした留学生の多くが、パースに虜になっています。背の高いビルはほとんどなく、空間が広く感じられることから、リラックスした留学生活が過ごせます。パース市街に複数の私立語学学校や専門学校が開校し、観光業を中心としたコースに特徴があります。パース市も主催するStudy Perthというプロジェクトでは留学生の受け入れやプロモーションに力を入れており、パース空港から留学生のサポートを受けることができます。
パース留学の情報

パースにメインキャンパスがある学校

■ 語学学校


5位 アデレード(南オーストラリア州)

  • 田舎
  • 物価低
  • 求人数少

南オーストラリアの州都であるアデレードは、学問の街とよばれ市街に複数の大学のキャンパスが立ち並びます。アデレードではワイン学部などのユニークな学問も提供されている他、医療系の学部(医学部・看護学部)などのレベルが高いと言えます。オーストラリアの他州と比較して物価が安く、生活費用の負担が少ないため、長期間オーストラリアに滞在する大学留学や大学留学を前提とした語学留学で人気の高い留学都市です。
アデレード留学の情報


6位 ケアンズ(クイーンズランド州)

  • 田舎
  • 物価低
  • 求人数少

オーストラリアの北東部に位置し年中温暖な気候であるケアンズは、南国での生活を満喫しながら語学学習をしたい方におすすめの都市です。ワーキングホリデーで留学する学生が働く農場(ファーム)に近く、シドニーやメルボルンに留学したワーキングホリデーメーカーがセカンドワーキングホリデービザの取得条件を満たすために滞在する都市でもあります。土地柄、観光産業が盛んで、ワーキングホリデー留学で就労する先としてホテルやレストラン、カフェなどが一般的です。
ケアンズ留学の情報


7位 ホバート(タスマニア)

  • 田舎
  • 物価低
  • 求人数少

タスマニア島にあるホバートは、オーストラリアで最も南部にある寒冷な気候の都市です。自然豊かなオーストラリアの中でも随一の綺麗な自然環境は、訪れる留学生を魅了します。日本人留学生が少ないオーストラリアの都市を希望している方や、都会の喧騒から穏やかな環境で留学生活を過ごしたい方にとっては一番おすすめできる場所です。
ホバート留学の情報

← オーストラリア留学 都市情報に戻る

  • New zealand education
  •  J-CROSS
  • JAOS
  • English Australia
  • 東京都知事登録旅行業 第3-6137号

ページトップボタン