• 海外留学 学校情報
  • 2017.09.18

Australian Catholic University (ACU オーストラリアンカソリック大学−シドニー)【2018年度版】

  • オーストラリアの学校
  • 大学

ニューサウスウェールズ州・ヴィクトリア州・南オーストラリア州・クイーンズランド州とキャンベラに6つのキャンパスを持つオーストラリアンカソリック大学。オーストラリアンカソリック大学のノースシドニーキャンパス、ストラスフィールドキャンパスは、シティ(シドニー中心部)からのアクセスもよく、TAFEなどの公立専門学校から進学・編入する制度も整っており、日本人留学生の人気が高いオーストラリアの公立大学の一つです。

オーストラリアンカソリック大学基本情報

ノースシドニーキャンパス情報
オーストラリア
都市 ノースシドニー、ストラスフィールド
設立 1991年
キャンパス North Sydney
学生人数 約3万3千人(全キャンパス累計)
Times Higher Educationランキング トップ501-600位
主要学部 アーツ、Allied Health、ビジネス・商学、教育、スポーツ、公衆衛生、IT、法律、看護・助産、Paramedicine、哲学、作業療法、理学、社会福祉、Theology、心理学
大学ホームページ http://www.acu.edu.au/

オーストラリアンカソリック大学の主な特徴

新しい設備やキャンパスを増やし、急成長している公立大学です。通学や生活に便利なキャンパスを各州に設けていながら、グループ8に属する大学よりも安価な学費で通学することが可能です。前身が教育者と看護師を輩出する高等教育機関であったため、教育学と看護学に定評のある大学です。現在では、世界190以上の大学と連携をとり、カトリック系の大学ネットワークの一つとして機能しています。カトリック系ではあるものの、全ての人種・宗教に対して開かれた大学となっています。

オーストラリアンカソリック大学シドニーキャンパス

IMG_5602
IMG_5605
IMG_5610
IMG_5587
IMG_5577
IMG_5582
IMG_5592
IMG_5591
IMG_5611
IMG_5623
IMG_5586

ノースシドニーキャンパスバーチャルツアー
http://www.acu.edu.au/international/virtual_tour/north_sydney

オーストラリアンカソリック大学(ACU)公式動画

2.留学生に人気の高い学部の紹介

オーストラリアンカソリック大学は、大きく区分すると4つの学部郡(Education and Arts,HEALTH SCIENCES, LAW and Business,THEOLOGY AND PHILOSOPHY)から成り立ちます。留学生に人気の高いコースとしては、看護学部が属するHELTH SCIENCES、ビジネス、そして教育学部です。オーストラリアンカソリック大学では、学部入学に必要な英語力の基準が学部によって大幅に異なり、医療系学部や法律では高い英語力が入学時点から必要です。

オーストラリアンカソリック大学の学部に入学するためには、下記の条件を満たす必要があります。

1.学力基準
日本の高校卒業資格(最終学年のGPA3.0以上)

Kotogakko Sotsugyo Shosho (Upper Secondary School Certificate of Graduation) with
minimum GPA 3.0 in final year results. Overall average score for graded subjects on a 5-
point scale (5 = maximum, 2 = pass, and 1= fail)

上記を満たさない場合は、Foundation CourseまたはDiplomaコース修了が必要となります。

2.英語力基準
指定学部以外 IELTSオーバーオール6.0以上(全科目5.5以上) 
法律・看護・作業療法・教育学部 IELTSオーバーオール7.0以上(7.5・8.0以上の学部あり)
英語力基準の一覧

看護 Bachelor of Nursing

学費が抑えられながら、シドニー中心部から通える看護学部があるオーストラリアンカソリック大学のノースシドニーキャンパスは多くのオーストラリア正看護師を目指す日本人留学生に人気です。入学時に求められる英語力の基準は高いものの、正看護師資格認定にはIELTS7.0(全科目)が必要となることを考えれば事前に頑張っておくに越したことはありません。アシスタントナース海外有給インターンシップ・プログラムに参加後に正看護師資格を目指すために編入学を検討される看護師の方が多い学部の1つです。ノースシドニーキャンパスの看護学部は人気が高く2018年1月時点で2019年2月入学は満員、2018年7月時点でメルボルン、ブリスベンキャンパスも満員となっています。

2018年7月時点でのノースシドニー、メルボルン、ブリスベンキャンパスの入学申し込み可能時期
2020年2月 , 2021年2月 , 2021年7月

看護学部の情報
コース期間 3年または2年
キャンパス ノースシドニー
コース費用(2018年度) $27,136/年
英語力基準 IELTSオーバーオール7.0以上(全科目6.5以上) 

商学専攻 Bachelor of Commerce

TAFE NSWからのパスウェイプログラム(Diploma to Diploma)でBachelor of CommerceのAccountingに3.5年(TAFE1年・大学2.5年)で卒業できるプログラムが日本人留学生(特に高校卒業後の海外大学進学者)に人気があります。他の専攻と比較しても英語の基準が高すぎず、コース費用も年間30万ほど安価なのも人気の秘訣です。入学後のメイン履修カリキュラムとしてAccountingだけでなくEvent Management、ファイナンス、人財管理、経営管理、マーケティングが選択可能です。また、マイナーカリキュラムとして11のユニットから履修する科目を選ぶことができます。将来に国内外でビジネスパーソンとして働くためのスキルを幅広く学べるカリキュラムが準備されています。

商学専攻の情報
コース期間 3年
キャンパス ノースシドニー、ストラスフィールド
コース費用(2018年度) $24,512/年
英語力基準 IELTSオーバーオール6.0以上(全科目5.5以上)

3.オーストラリアンカソリック大学へのパスウェイを持つ教育機関

オーストラリアンカソリック大学のパスウェイは、TAFE NSWとオーストラリアンカソリック大学付属校の大きく2つに分かれます。入学時点で高い英語力を求められる医療系・教育学部においては、オーストラリアンカソリック大学付属校の英語コースを履修し、IELTSやTOEFLなどのテストスコア提出を免除される制度を利用される方が多いといえます。一方で、ビジネスなどの科目については、TAFE NSWのDiplomaコースを修了することによって、大学のコースの一部を単位認定し、トータルの修学期間と費用を抑える方法で海外大学入学をされる学生が多くいらっしゃいます。

4.オーストラリアンカソリック大学付属語学学校

オーストラリアンカソリック大学のノースシドニー、ブリスベン、メルボルンキャンパスでは留学生のための英語コースを開講しています。
ACUの付属語学学校は、1クラスサイズ平均12名と少人数制で、日本人留学生比率も少なく、大学進学を目指すモチベーションの高い学生と学ぶことができるため総合的な英語力を伸ばす上で非常に魅力的な環境です。
さらに、ACUに通う留学生はACU本科に通う学生同様、大学の各設備を利用することができ、且つ、大学生対象の文化祭、サークルやクラブ、各種イベントなど、ACUの本科に通う学生同様参加、利用することができるため、ネイティブの学生と交流できる機会にも溢れています。

ACU付属語学学校情報
コース期間 3年
キャンパス ノースシドニー、ブリスベン、メルボルン
コース費用 $380/週
コース General English
English for the Workplace
English for Academic Purposes: Direct Entry
Tertiary Preparation Program (TPP)
IELTS Test Preparation
OET Preparation

英語コースに関する最新情報はACUの公式ホームページをご確認ください。

ACU付属語学学校がお勧めの理由

1.キャンパス移動が可能

ACU付属語学学校は、ノースシドニー、ブリスベン、メルボルンキャンパスにて開講しています。
いずれのキャンパスでも同水準の英語コースを開講しているため、英語レベルや学習内容を変えることなく、転校も可能です。

2.本科に通う学生同様のサービスを受けることができる

ACU付属英語コースの学生は、ACU本科に通う学生と同様に、大学の設備利用や留学生用のサービスを受けることが可能です。
キャンパス内で利用できる無料Wi-Fiへのアクセスなどはもちろんのこと、例えば、大学の図書館やスポーツジム、オンライン学習支援システムなど、利用することができます。

利用できるサービス例:
・無料Wi-Fiとインターネット
・ライブラリ
・学生サービス
・社会的、スポーツ的施設
・オンライン学習システム など

3.少人数制のクラス

「大学」というと、大人数での授業スタイルをイメージする方も多いと思います。
しかし、ACUの付属英語コースの平均クラスサイズは12人ととても少人数です。1人ひとりの生徒に対し、教員がより注意を払える体制のなか、効率の良い学習を提供しています。

4.確かな品質

語学学校と一言にいってもそのクオリティはさまざまですが、ACU付属英語コースは、オーストラリアのなかでもトップクラスの品質を維持しています。
それは、ACU付属語学学校の場合、オーストラリア政府の高等教育品質基準局(TEQSA)から認定を受け、NEAS*によって質保証されている、且つ、最高のプロフェッショナル団体、English Australia**、University English Centers Australia(UECA)のメンバーという点からもお判りいただけるかと思います。

*NEASとはNational ELICOS Accreditation Schemeの略
NEASは、留学生を受入れる語学学校として高いクオリティを保持しているかどうかを審査する団体で、語学学校の定員数、教師の資格、開講している英語コースのカリキュラム、教授法、使用教材、また、留学生の宿泊施設手配やその他サポート(就学期間中のアドバイスなど)など、厳しく、細かく審査しています。語学学校の場合、NEASからの認定を受けない限り、CRICOSに登録はできません。

**English Australia
オーストラリアの教育機関を審査し英語教育の品質を高い水準に保つために設立された業界団体です。

5.豊かな国籍比率

ACUには、ラテンアメリカ、北東アジア、中南欧諸国を含む世界30ヵ国以上から留学生が集います。
世界のグローバル化が進むなかで、留学において身に付けるべき能力は、英語力だけに留まりません。ACUの付属語学学校での学習は、大学進学を可能にする高い英語力習得の実現だけではなく、さまざまな国から訪れる人々との国際交流を経て、そして異文化理解能力の習得を可能にします。

6.優秀で経験豊富な教師陣

ACUの多くの教師はTESOL(英語教授法)で修士号を取得しており、IELTS試験の経験者も多数います。
教師経験も豊富なため、世界中からオーストラリアに集うさまざまな国の留学生がもつ、特徴を踏まえ、効率の良い英語学習指導を行っています。

ACU付属語学学校で開講する英語コース

大学付属英語コースというと、その先の進学に特化した英語コースしか開講されていないと考えている方もいらっしゃいます。
しかし、ACUの場合、進学を目指す生徒向けの英語コースはもちろん、日常英会話力向上や就労を意識した英語コースなども開講しています。

General English

一般英語コースでは、高等教育機関での学習の場で、職場で、日々の生活のなかで、円滑にコミュニケーションをとることのできる英語力向上を支援するようデザインされています。
一般英語コースでは、スピーキング、ライティング、リスニング、リーディングの総合的な英語力を向上させることが期待できます。 また、教室内外での楽しい社会活動を通じ、オーストラリアの文化に対する理解を深める機会が与えられます。

English for the Workplace

大学付属英語コースで提供されるのは珍しい、就労に関連する英語コースです。
ビジネスシーンにおいて英語で円滑なコミュニケーションを取ろうと思うと日常生活のなかでは使うことのない表現やボキャブラリーが必要です。
ACUのEnglish for the Workplaceでは、求職活動、履歴書作成、インタビュースキルなど、仕事を探す際に必要な英語力を学ぶことができ、さらに仕事に就いた後に求められるメールの作成、電話応答、顧客とのコミュニケーション、ミーティングでの発言、指示の授与と返答などを中心に学びます。学生の方はもちろん、社会人の方であれば、日常会話の幅を広げ、総合的な英語力に対する自信を身に付けることができるでしょう。

English for Academic Purposes: Direct Entry

English for Academic Purposes、通称EAPは進学準備英語、つまり大学でビジネスや看護、ITなど専門的な知識や技術を学ぶに伴い必要な英語力を習得することを目的とした英語コースです。
大学の学部は、それぞれ留学生に対する入学規定を設けています。日本のような入学試験のないオーストラリアでは、高校3年生での成績と英語力、この2つが大学入学に伴い提示を求められます。
高校での成績は高校卒業までに、規程の成績を満たしていただくほか、手段がありませんが、英語力は違います。日本の高校卒業時に大学が(各学部が)定める英語力の規定をクリアできていなかったとしても、大学入学前、現地で英語を学び、規定を満たすことで、本科に進学することが可能です。

例えば、ACUのBachelor of Commerce(商学部)に進学したいと考えた場合、先述しているように、IELTSオーバーオール6.0以上(全科目5.5以上)の証明が必要です。
ただ、ACU付属英語コースに通うことで、IELTS公式スコアを取得しなくとも、IELTS6.0と同等の英語力と証明できるレベルを修了することで、Bachelor of Commerceに進学することができます。
これをダイレクトエントリーといい、ACUの本科に進学する場合、ACU付属英語コースを介すれば、ほとんどの学部に公式英語スコアを取得せず、入学することが可能です(法学部以外)。

当然、大学での勉強にはレポート作成やプレゼンテーション、ディスカッションなどのスキルも必要になります。
したがって、EAPでは総合的な英語力を伸ばしつつ、大学での学習に伴い必要なアカデミックスキルを身に付けることができるようデザインされています。

進学準備英語コースのレベル分け
A++ IELTS 7.0 in Reading and Writing and a minimum of 8.0 in Listening and Speaking
A+ IELTS 7.0 in Reading and Writing and a minimum of 7.5 in Listening and Speaking
A IELTS 7.0
B IELTS 6.5
C IELTS 6.0

最新の情報は、ACU公式ホームページをご確認ください。

Tertiary Preparation Program (Health Sciences)

Tertiary Preparation Program 、通称TPPは、健康科学関連の学部に進学するに伴うファウンデーションコースです。
Tertiary Preparation Program (Health Sciences)を修了すると、Bachelor of Nursing、Bachelor of Exercise & Health Science、Bachelor of Exercise & Sports Scienceに進学した際に役立つ英語習得、且つ各学部への入学要件を満たすことのできる優れたパスウェイオプションです。TPPはACU付属英語コースと健康科学関連の学部からの専門的なインプットをもとにコースデザインされており、各学部で求められる基礎的な知識や専門的な単語を学ぶことができます。
大人気の看護学部を中心を中心に、健康科学関連学部の英語入学規定は非常に高く、公式スコアを取得しようと思うと膨大な時間とお金を投資する必要があります。TPPは、IELTS6.0で入学することができ、且つ、1年間のコース修了後は、公式スコアを取得することなくダイレクトに各学部に進学することができます。
最新の情報は、ACU公式ホームページをご確認ください。

IELTS Test Preparation

IELTS(International English Language Testing System)は、高等教育への進学に際する入学規定として用いられることはもちろん、永住権や就労ビザ取得の際にも頻繁に利用される世界的に有名な英語能力判断テストの一つです。
2014年には200万人以上の候補者がIELTSを受け、進学や就職の選択肢を広げています。
ACU付属英語コースを介した場合、法学部を除く各学部にIELTS公式スコアなしでダイレクトエントリーが可能です。
ただ、他の大学進学を目指す方や、帰国後の就職活動を有利に進めたい方、大学卒業後、永住権や就労ビザ取得に伴い、高得点取得を目指す方などにおすすめです。

OET Preparation

OETはOccupational English Testの略で、医療従事者向けの英語能力判断試験です。
看護師や医師、理学療法士や作業療法士など医療福祉関連の職業に就く場合、英語力の証明として求められることのある試験です。
臨床現場で迅速かつ正確にコミュニケーションを取ったり、職種別の文書を作成したり、複雑な記事を読んで理解したり、さまざまな専門的な状況で話したり聞いたりする能力についての指導やフィードバックを受けるなど、医療従事者専用に作られたOETは、医療従事者に人気の高いテストでもあります。看護学部を中心に医療福祉関係に人気のあるACUでは、OET対策コースを提供しています。

ブリスベンキャンパス:2週間 (フルタイム)
メルボルンキャンパス: 5週または6週間(パートタイム)
シドニー:4週または6週間(パートタイム)
当コースは、IELTS6.5以上の英語力を有し、最低でも2年以上の健康科学関連学部を卒業している方が対象となります。またキャンパスによって開講日やコース期間が異なるため、注意しましょう。
最新の情報は、ACU公式ホームページをご確認ください。

5.ワールドアベニュースタッフのおすすめポイント

ACUの強みは通学に便利なシティ近郊のキャンパスでありながら、同条件の他大学とくらべてオトクな学費で通学可能であるほか、TAFE NSWとの組み合わせによりトータルの学費を抑えることが可能であることでしょう。そして、開学50年以下の大学では成長している大学であり、留学生の教育や受入にも力を入れている大学であることです。

例)シドニー近郊にキャンパスを持つビジネス専攻の年間学費比較(2018年度入学)
ACU $24,512
シドニー工科大学 $33,130
シドニー大学 $40,500
ニューサウスウェールズ大学 $41,930

ワールドアベニューはオーストラリアンカソリック大学の正規留学エージェントですので、入学願書の受付から進学方法のご案内までトータルでご説明することが可能です。 海外大学進学にご興味がある方向けの情報はこちら

留学についてのお問い合わせ・資料請求はこちらから

0120−623−385 受付時間:11時〜21時(定休日:木)
または
無料 留学情報カタログプレゼント
  •  J-CROSS 留学サービス審査機構
  • JAOS一般社団法人海外留学協議会
  • English Australia
  • New zealand education
  • 東京都知事登録旅行業 第3-6137号

ページトップボタン