看護師対象留学プログラム

年間200名以上の看護師が海外へ!看護師の経験が活かせる留学で楽しく挑戦できる人生に!

ワールドアベニューは「看護留学」において日本で優れた実績と信頼のおけるサポート体制を整えております。看護留学はその制度変更の激しさ、また、複雑な手続きを要する留学の為、国内だけの斡旋サポートにとどまらず、渡航後の継続的なフォローアップと情報提供、また、煩雑で様々な状況下のお客様に最適なサポート・アドバイスを行う事ができる経験が必要です。海外正看護師取得プログラムだけでなく、海外のネットワークを活かしたオーストラリアでお給料がもらえる看護師向け留学プログラムをワールドアベニューが独自に開発して提供させて頂いております。本プログラムは日本でのお申込が必要で、お申込できるのはワールドアベニューだけとなります。

看護師が海外留学に
挑戦する意義


現在、日本の医療業界は、劇的な変化の渦中にあります。看護師不足が現場で叫ばれる一方、待遇改善や労働条件に対する改善がなかなか進まず、離職率の高い仕事でもあります。同時に、日本のグローバル化に伴い、医療機関でも英語での対応が求められる時代に移り変わりつつあります。語学力を向上させるプログラムは多数ありますが、海外の看護観に触れることができる留学プログラムに挑戦することによって、一般的な英語力に加えて医療英語の知識も身につけることが可能です。

 

ワールドアベニューが看護師向けの留学を
手がけている理由


ワールドアベニューはアメリカ、オーストラリア、ニュージーランドで初めて正看護師資格取得プログラム(=看護留学)を企画し、出発前から就職までのサポートをすべてパッケージ化させることに成功し、日本で初めて看護留学のサポートを開始致しました。既に多くの看護師の方が世界の舞台で正看護師として就業しています。ワーキングホリデーや通常の語学留学へのサポートに加え、法律や各関係機関との強固な協力体制、最新の情報を即座に入手できる卒業生からのネットワークなどより高度なサポートテクニックと実績が求められる看護留学。この留学を支える為に、ネイティブ以上の語学力/交渉力を要し、世界の看護業界に詳しく様々な情報網を持っている、「看護留学サポートチーム」が情報収集とプログラムのアップデートを行っています。年々厳しさを増す海外正看護師取得プログラムですが、ワールドアベニューのサポートチームが皆様の挑戦を応援しています。

 

こんなに違う!?
日本と海外の看護事情


現在、海外正看護師取得プログラムの方はオーストラリアでの資格申請を行っています。オーストラリアの正看護師は、日本と異なる就労システムがとられており、残業は基本的にありません。また有給休暇をしっかりと取得するシステムなのでゆったりと海外旅行や自分の時間を確保することができます。給与水準も高く、新卒正看護師の年収平均は約600万円。また、昇進の基準も明確で自分の働き方にあわせたキャリアを選ぶことができます。

KAYOKO SHIGE

輝く先輩からの - MESSAGE -

渡航期間 2011年9月より
渡航先:シドニー オーストラリア

今の目標はオーストラリアの正看護師資格取得
英語を話す環境で医療に携わりたかったのと、ボランティア団体設立の夢のたたき台として、まずは英語を話す環境で看護師になることが目標となりました。看護師になれば海外に住みやすくもなるし、看護師として永住権を取れればボランティア団体の設立の足掛けになると思ったからというのもあります。
しかし、正看護師になるためにもお金も英語も必要なので、アシスタントナースで正看護師になるための資金を稼ぎながら英語の勉強(正看護師取得に必要となる試験対策の勉強)をひたすらしています。とても充実していますよ(笑)

今ではアシスタントナースとして働く看護師の一人として、日本とオーストラリアの間をつなぐ国際セミナーにもゲストとして参加させていただいています。国際セミナー参加時にはワールドアベニューから輩出されたオーストラリアで働く正看護師さんとお話させていただく機会があり、海外医療の現状を毎回話してくださるのでとてもいい刺激になっています。
これからも目標に向かって仕事と勉強と両立させ、ただひたすら夢に向かって走り続けようと思います!
(2016年4月 正看護師資格取得されました。参照: