オーストラリア
スタディアブロード留学

大学生必見!
オーストラリアのスタディアブロードとは?

オーストラリアのスタディアブロードは、日本国内の大学に通う日本人大学生対象の海外留学プログラムで、オーストラリアの大学正規課程に1学期または2学期(1年間)入学し、オーストラリアの大学で単位を取得するプログラムのことです。一部の学部聴講留学とは異なり、スタディアブロードで正式に履修した単位はオーストラリアの大学から認定されます。日本の大学に進学された方で、海外の大学を卒業するのは時間的・金銭的に難しいといった方が、オーストラリアの大学で講義を受けたいという思いを実現できる人気プログラムの一つです。

スタディアブロードが
注目されている理由

オーストラリアの大学で正式に講義を履修できる

日本式の講義スタイルとは異なり、オーストラリアではチュートリアルとレクチャーを組み合わせた授業スタイルが大学に導入されています。講義にはより積極性が求められ、オーストラリア人の学生だけでなく、世界中から集まった留学生が議論をしながら大学の授業が進みます。日本と同じ分野の授業であっても授業スタイルの違いや考え方の違いなどをオーストラリアのスタディアブロードプログラムで体感することができます。日本の大学が面白く無いと感じている方は一度海外の大学へ学びに行き、改めて勉強の面白さを感じてみてはどうでしょうか。

英語を使う環境に飛び込める

語学力は極論すれば日本でもある程度伸ばすことができます。しかし、語学力は身につけて終わりではなく、実際に英語を使って新しい知識を得たり友達を作ったりすることが大切です。せっかく伸ばした英語力を使わないなんて宝の持ち腐れです。スタディアブロードで、英語を公用語とするオーストラリアの大学で現地の大学生と学生生活を通して、本当に生きた英語を学び、使う経験をしませんか?また、日本人の代表として大学の講義で意見を発するなど英語を使ったチャレンジをすることで、語学力を超えた世界で通用する力を身につけることができるでしょう。

大学の正規課程への進学だから休学しやすい

大学を休学し長期留学することは珍しいことではなくなりました。しかし、大学によっては休学制度が整っていないことがあるのも事実です。例えば、就学期間が短いワーキングホリデーの場合や私立語学学校への語学留学の場合、正当な休学理由として認められないケースがあるのです。その点、スタディアブロードプログラムは、海外大学の正規課程に就学することができるため日本の大学の休学条件に該当する可能性が高まります。また、専攻できる学部も多岐にわたるため、自分の興味・関心に合わせ、さらに、将来のキャリアを考慮し学部を専攻することが可能です。単に英語で英語を勉強するのではなく英語で専門課程の勉強を行うことで、英語力の伸長や目標意識の高さなどが、帰国後の就職活動で評価されるでしょう。

スタディアブロード
プログラム内容

スタディアブロードの流れ

オーストラリアのスタディアブロードは、オーストラリアの大学規定の英語力を身につける大学附属語学と大学の正規課程の講義を受講するプログラムです。日本国内の大学に進学した方で大学2年−4年生の方が大学を休学し約1年間の期間でオーストラリアの大学に通うプログラムとなります。

スタディアブロードの参加条件

スタディアブロードに参加するためには、大学が規定する各種参加条件を満たさなければいけません。オーストラリアの大学はアメリカの大学と比較すると、大学学部聴講をするために必要な条件や書類は少ない傾向にあります。日本の大学で開催されている交換留学プログラムの基準よりもオーストラリアのスタディアブロードの参加条件が簡単なこともあります。

スタディアブロードの参加費用

スタディアブロードの費用は、オーストラリアの各大学が設定する大学の学部受講料金と大学入学レベルの英語力を身につけるための語学研修費用、渡航に必要な諸費用(航空券・海外留学生保険・ビザ申請費用等)、渡航後の滞在及び生活費用が必要となります。

スタディアブロードで利用可能な奨学金制度

約1年間のスタディアブロードで貸与される可能性のある奨学金制度があります。費用面で諦めがちな海外大学への挑戦も奨学金制度を上手に利用して、挑戦できるチャンスを無駄にしないようにしましょう。

ワーホリとスタディアブロードの違いは?

大学生の休学留学でワーキングホリデーとスタディアブロードのどちらに挑戦するか迷う方が多いはず。費用面ではワーキングホリデーが圧倒的に安くすみますが、スタディアブロードは高いだけなのでしょうか。ワーホリとスタディアブロードの違いを確認しましょう。

参加時の英語力が足りない場合は?

スタディアブロードではオーストラリアの大学入学に必要な英語力が参加に必要となりますが、最初から英語力の基準を満たしている人だけが参加可能というわけではありません。英語力が低くても参加する方法を見てみましょう。

スタディアブロードプログラム参加中にアルバイトってできるの?

渡航中にアルバイトが可能であれば、スタディアブロードで滞在中の生活費用をまかなうことができます。オーストラリアのスタディアブロードプログラムでのアルバイトで稼げる金額や探し方の注意点を確認しましょう。

英文成績証明書はどうやって取得する?

スタディアブロードに参加するために必要な提出書類の一つが英文の成績証明書です。在学中の方、社会人の方が書類をそろえる際の取得方法や取得の際の注意点について確認しましょう。

帰国後に単位認定してもらう方法は?

オーストラリアの大学で履修した単位は、日本で所属している大学で単位として認められる可能性があります。今回は、スタディアブロードで取得した単位を認定するための手続きや注意点をご紹介します。

スタディアブロードで取得した単位を生かしてオーストラリアの大学卒業資格は目指せる?

スタディアブロードプログラムで取得した単位を活かして、オーストラリアの大学の卒業資格を目指すことが可能です。単位認定例や単位認定制度を利用するときの注意点をご紹介いたします。

交換留学との違いは?

スタディアブロードも交換留学も、「海外大学の科目を履修する」という共通点があるため、細かい制度の違いに関しては曖昧な方も多いのではないでしょうか。改めて各プログラムの違いをみてみましょう。

スタディアブロードの準備開始時期は?

参加条件が設けられているスタディアブロードは、出発の約1年前から準備を開始することをおすすめします。いつどのような準備が必要になるのか、具体的に見ていきましょう。

大学何年生で行くべき?

休学が必要になるスタディアブロードは、帰国後の大学生活や就職活動を踏まえると大学2~3年生で渡航するのがベストです。なぜその時期の渡航がベストなのか、詳しくご説明します。

スタディアブロード対象の
オーストラリア大学

  • New zealand education
  •  J-CROSS
  • JAOS
  • English Australia
  • 東京都知事登録旅行業 第3-6137号

ページトップボタン