このサイトは分析と改善のためにCookieを利用します。詳細はこちら

ニューサウスウェールズ大学 (UNSW)
スタディアブロードプログラム【2023年度版】

ニューサウスウェールズ大学(UNSW)のスタディアブロードプログラムの最大の魅力は、オーストラリアのグループオブエイト(Group of Eight)のメンバーであるUNSWでキャンパスライフが送れるという点です。日本にも「旧帝大」、「早慶上智」、「MARCH」、「関関同立」など、優れた大学群を呼ぶ名前があるように、オーストラリア国内にも「グループオブエイト」と呼ばれる8つの優れた大学が加盟する組織があります。グループオブエイトに加盟している大学は、幅広い研究やハイレベルな教育を提供することに力を入れているため、世界中から注目を集めており、オーストラリア国内だけにとどまらず、世界各国の優秀な学生や世界中の有名企業からも高い評価を得ています。UNSWに集まる学生はモチベーションも高く、将来有望な学生も多いため、そのような学生と出会えるだけでも素晴らしい人脈にも繋がります。また、学生だけではなく、優れた才能や功績を持ち併せている教師陣の授業を受講できるという点も、UNSWのスタディアブロードプログラムに参加する大きな魅力ではないでしょうか。
ここでは、UNSWのスタディアブロードプログラムに参加するメリットや選択できる科目、費用や留学中の滞在などに関して詳しくご紹介していきます。

ニューサウスウェールズ大学(UNSW)大学基礎情報 ▼ 
UNSWのスタディアブロードを選ぶ理由 ▼ 
UNSWのスタディアブロードプログラムで選択できる科目 ▼ 
入学条件 ▼ 
入学条件(英語力)を満たせない場合 ▼ 
入学時期 ▼ 
プログラム費用 ▼ 
滞在方法と費用 ▼ 
まとめ ▼ 

ニューサウスウェールズ大学 (UNSW)基礎情報

オーストラリア
都市 シドニー
住所 Sydney NSW 2052 Australia
設備 カフェ、レストラン、銀行、ATM、郵便局、スーパーマーケット、薬局、医療センター、歯医者、図書館、コンピュータ室、ジム、スポーツのコートなど
ホームページURL http://www.international.unsw.edu.au/study-abroad-at-unsw

UNSWを選ぶ理由

① オーストラリアの名門大学でキャンパスライフが送れる!

UNSWといえば、オーストラリアで最初に創設された総合大学で、オーストラリアの名門大学として知られています。世界大学ランキング(QS World University Rankings 2023)においては第45位にランクインしており、日本のトップレベルの大学である東京工業大学や大阪大学、東北大学よりも上位にランクインしています。
そして、UNSWは「グループオブエイト」のメンバーでもあります。グループオブエイトとは、世界大学ランキング上位100位に入る一流大学の一つであり、オーストラリア国内の大学で特に優れたトップ8校のことを言います。医療や科学技術などの分野の研究に力を入れており、オーストラリア国内だけでなく、世界各国の優秀な学生や世界中のトップレベルの企業からも高い人気、評価を得ています。
このようなレベルの高いUNSWで開講されるクオリティの高い授業の受講ができること自体も魅力的ですが、それだけではなく、UNSWに通うモチベーションの高い学生と出会えるという点もポイントのひとつです。日本の学生とは違った志の高い学生と生活を共にすることで、日本では得られないような価値観や刺激を受けることができるでしょう。また、他大学と比べると学生数に対するスタッフの人数も多いため、より細かなところまで手の行き届く学習環境に身を置くことができます。

② 幅広い科目選択とユニークなオプション!

UNSWのスタディアブロードプログラムは、選択できる科目数も多く、また、少しユニークなコースやオプションも提供されています。例えば、「Sustainable Tourism in Regional Australia」というコースは、科学の分野で選べる科目のひとつで、今話題のサステナブルについて学ぶコースとなり、グレートバリアリーフにあるレディエリオット島へ数日間の課外授業(18時間)が含まれたコースになります。オーストラリアならではの環境に配慮したエコリゾートのレディエリオット島で、現地の観察や調査を通し、チームワークスキルなどを磨いていきます。(現地での滞在費や食費、航空券代金などは別途かかります。)事前学習として、1学期の最初の週で20時間の授業を受講してからの課外授業となります。また、こちらは夏期限定のコースになるため、詳しくは直接お問合せください。
Sustainable Tourism in Regional Australia

その他にも、オーストラリアならではの選択科目がいくつも提供されています。例えば、オーストラリアの先住民アボリジニに関しての科目や、世界的視点におけるオーストラリアの政治、オーストラリアのスポーツ・法律・社会、海洋環境についてなど、日本では学べないようなものばかりです。
更には、メディアとビジネスを学ぶ学生に関しては、1週間に2日、インターンシップに参加できるチャンスもあります。
※渡航前にインターンシップ参加の可否を確定することはできず、現地で選考が必要となります
このように、UNSWでは、学生が興味を持ちながら学習に取り組めるような様々な選択肢が用意されており、スタディアブロードプログラムに参加する学生も同様に選択が可能です。

③ 最高なロケーション!

UNSWのキャンパスは、シドニーの中心からバスで約20分離れたところにあります。
シドニー中心からは少し離れているため、とても落ち着いた環境で勉強に集中することができます。また、オーストラリアでも人気のあるクージービーチや、緑に溢れた広大なセンテニアルパークなどへのアクセスも良く、勉強以外のプライベートタイムも有意義に過ごすことができるでしょう。
また、UNSWのキャンパス内には多くの施設が揃っています。40カ所以上のカフェやレストラン、銀行、ATM、歯医者、図書館、フィットネスジム、スポーツのコートなどがあるため、シティーの方に行かずとも生活に困ることもないでしょう。
都会過ぎず田舎すぎず、ゆったりと生活のしやすい環境に身をおけるのは、UNSWならではの魅力です。

UNSWで選択できる科目

UNSWのスタディアブロードプログラムでは、日本の大学で専攻している学部に関係のある科目のみ受講が可能となります。
詳しく科目を紹介していきます。

アート・デザイン

アニメーション、美術管理、美術史と理論、セラミックス、デザイン教育、設計プロセス、デザインコンピューティング、デジタルイメージング、グラフィックデザイン、インタラクティブメディア、ジュエリー、美術館の研究、オブジェクトデザイン、ペインティング、写真、版画、プログラマブルデザイン、彫刻のインストールとパフォーマンス、空間デザイン、スタジオ照明、3Dモデリング、3Dコンピュータ支援設計

アーツ・社会科学

広告、人類学、美術史と理論、アジア研究、オーストラリアの研究、中国語の研究、コミュニケーション、文芸、文化研究、犯罪学と刑事司法、ダンススタディ、開発研究、経済、英語文学研究、環境人文科学、ヨーロッパの研究、フィルム研究、フランス語の研究、グローバル化の研究、ドイツの研究、歴史、科学の歴史と哲学、先住民族研究、インドネシア語の研究、国際関係、国際的な研究、イタリア語の研究、日本の研究、ジャーナリズム、韓国の研究、ラテンアメリカの研究、法的研究、言語学、文献、メディアと文化研究、現代ギリシャ語の研究、音楽、哲学、政治、心理学、広報、スクリーンとサウンドプロダクション、社会科学と政策、社会事業、社会学、スペイン語学習、劇場とパフォーマンスの研究、女性とジェンダーの研究

建築

建築計算、建築学研究、建設プロジェクト管理、工業デザイン、インテリアアーキテクチャ、造園、プロパティと開発、持続可能な発展、都市開発とデザイン

ビジネス

会計、数理研究、バンキング、事業法、ビジネス戦略、経済、ファイナンス、人事管理、情報システム、国際ビジネス管理、組織と管理、マーケティング、リスクマネジメント、社会的影響、戦略と起業家精神、課税

エンジニアリング

航空宇宙工学、バイオインフォマティクス、バイオメディカルエンジニアリング、セラミック工学、化学工学、土木工学、コンピュータサイエンス、電気工学、環境工学、地熱工学、インダストリアル・エンジニアリング、製造エンジニアリング、機械工学、メカトロニクス・エンジニアリング、鉱業工学、石油工学、フォトニックエンジニアリング、太陽光発電、製造技術、製造工程、再生可能エネルギー工学、ソフトウェア工学、太陽エネルギー工学、測量、空間情報システム、電気通信

法律

オーストラリアの法的制度、刑法、人権法、宗教、スポーツと法律

科学

解剖学、考古学、航空管理、生化学、バイオインフォマティクス、生物学、バイオメカニクス、バイオテクノロジー、セラミックス、化学、気候システム科学、保全、データサイエンス、地球科学、エコロジー、環境マネジメント、環境科学、進化生物学、食品科学技術、遺伝学、地球化学、地理、人間の地理、免疫学、海洋科学、海洋地質学、材料科学と工学、数学、薬用化学、冶金、微生物学、分子生物学および細胞生物学、分子遺伝学、ナノデバイス、ナノ物質、ナノテクノロジー、神経生物学、神経科学、栄養、海洋学、病理学、薬理学、物理、生理、心理学、定量的リスク、量子力学、リモートセンシング、安全科学、ソリッドステート物理学、空間情報システム、統計、サステナビリティ、毒物学、動物学

医学

解剖学、エクササイズ生理学、健康と運動科学、神経科学、病理学、薬理学、生理学公衆衛生
※臨床医学コースは受講不可

入学条件

UNSWのスタディアブロードプログラムに参加するためには、大きく分けて3つの条件をクリアする必要があります。

1.日本の大学または大学院に在籍していること
2.大学での成績:GPA規定2.7以上(4段階中)
3.英語力:以下の通り 

IELTS (アカデミック) TOEFL iBT TOEFL PBT UNSW Institute of Languages University English Entry Course (UEEC)
6.5 overall 90 overall 577 overall グレードC以上

※最新の情報はEnglish language requirementsをご覧ください。

上記の参加条件のうち、英語力に関しては現時点でクリアできていなかったとしてもスタディアブロードプログラムに参加することができます。詳しくは次項で説明します。

入学条件(英語力)を満たせない場合

スタディアブロードプログラムに申込みをする時点で、既定の英語力を満たせていない方に関しては、UNSW附属の教育機関UNSW Globalで事前に語学研修を受け、その後規定の英語力をクリアすることでスタディアブロード への申込みが可能となります。
UNSW Globalでの語学研修のコースについて詳しくご紹介します。
UNSW Globalではいくつか英語コースを開講していますが、スタディアブロード参加前の語学研修に関しては、大学進学準備コース(The University English Entry Course/UEEC)を受講します。こちらのコースを介してスタディアブロードに進む場合は、IELTSやTOEFLなどの公式スコアの提出は不要です。
このコースでは、UNSWへ進学する際に必要な英語力を満たしていない方対象に開講されているコースとなり、ディスカッションやプレゼンテーションの方法、またケーススタディを円滑に行うためのスキルなどを身に着けます。同時に、実際に大学で使用されている教材を使い、リーディング力やライティング力も向上させていきます。
就学期間は、10週間、15週間、20週間となり、現在の英語力によってどの期間を選択するかは異なります。UNSW Globalが提供する英語力判定テストを事前に日本で受験し、必要な語学研修週数を査定してもらうことができます。指定された就学期間勉強をすること、一定の成績を修めることが、その後スタディアブロードに申し込む際の条件となります。

大学進学準備コースを受講している学生の約90%がそのまま大学1年次に進学しているため、語学研修時からモチベーションの高い学生と共に勉強することができるでしょう。また、UNSW GlobalはUNSWの学内で開講されているため、語学研修期間も大学の設備を利用することができます。大学進学準備コースの受講にも一定の英語力が必要となるため、詳しくは下記ご確認ください。

就学期間 必要英語力 費用
10週間 IELTS 6.0 (ライティングが6.0、スピーキングが5.0、その他の分野が5.5以上であること) 5,700ドル
15週間 IELTS 6.0 (ライティングが5.5、その他の分野が5.0以上であること) 8,550ドル
20週間 IELTS 5.5 (ライティングが5.5、その他の分野が5.0以上であること) 11,400ドル
タイムテーブル
【午前】9時〜11時 11時30分〜13時30分
【午後】13時30分〜15時30分 16時〜18時

公式ホームページ:University English Entry Course (UEEC) 

入学時期

UNSWは、2019年から新しいアカデミックカレンダー「UNSW3+」が導入されました。それにより、スタディアブロードプログラムの入学時期は年4回(1月、2月、5月、9月)となりますが、各入学時期で選択できる科目数が異なります。自分が希望する期間や科目数に応じて入学時期を選びましょう。

1年間のコース

・Term 1 + Term 2 + Term 3
・Term 2 + Term 3 + Term 1
・Tailored Term 3 + Tailored Term 1
・Term 3 + Term 1 + Term 2

詳しくはUNSWのStudy Abroad Studentsよりご確認ください。

プログラムの費用

UNSWのスタディアブロードプログラムは、大学や大学院の科目を選択することができます。各プログラムの費用(2023年度)は下記の通りです。

プログラム 費用/ターム 費用/テーラードターム
大学学部受講 A$9,990 A$13,320
大学院受講 A$10,560 A$14,080

滞在方法と費用

スタディアブロードプログラム参加中の滞在方法に関しては、大きく分けてホームステイ、学生寮、シェアハウスの3パターンあります。UNSWの学生寮は、シドニー内で最大の宿泊施設となり、オンキャンパス、オフキャンパス、6つのカレッジタイプの寮と4つのアパートタイプの寮に分かれます。UNSWに通う留学生や現地の学生も多く滞在しているため、学生同士のコミュニティが作りやすい環境となります。部屋は自分の希望に併せて選択することができますが、とても人気のため、早いタイミングで空き状況を確認する必要があります。どの学生寮も、UNSWのキャンパスからは歩いて通える距離に位置しておりますので、通学にもとても便利です。
学生寮の設備に関しては、各寮によって多少異なりますが、基本的に生活に必要な家具(ベッドや机、棚など)やキッチン用品は揃っているため、入居後すぐに生活がスタートできます。詳細は、各寮のホームページをご確認ください。
Accommodation

カレッジタイプ

カレッジタイプの学生寮のなかでも部屋タイプは様々です。1人部屋、共同部屋、シャワールーム付きの部屋、食事付き、自炊、男性専用、女性専用など、自分の希望や予算によって選ぶことができます。
費用目安:週$315~$494(2.7万円~4.2万円)
Accommodation

アパートタイプ

アパートタイプは、カレッジタイプに比べるとより独立した空間での生活が送れます。カレッジタイプと同様、1人部屋、共同部屋、シャワールーム付きの部屋、食事付き、自炊など、自分の希望や予算によって選ぶことができます。
費用目安:週$320~$470(2.7万円~4万円)
Accommodation

デジタルパンフレット

まとめ

いかがでしたでしょうか。短期間で、世界的にも有名な大学でキャンパスライフを送れるチャンスはなかなかありません。せっかくスタディアブロードプログラムに参加するならば、トップレベルの大学で勉強がしたい、田舎すぎず都会過ぎず、勉強もプライベートも充実させられる環境で生活がしたい、と考える方にはUNSWはおすすめです。
UNSWでのスタディアブロードプログラムにご興味がある方は、お気軽にワールドアベニューまでお問い合わせください。

←スタディアブロードのページに戻る

  • JAOS
  • J-Cross
  • ICEF AGENCY STATUS
  • IALC Approved Agency
  • 東京都知事登録旅行業 第3-6137号

ページトップボタン