専門留学

英語ができるのは当たり前
明確な目標を持って
一歩先行く専門留学
グローバル人材を目指す!

グローバル化が急速に進むなか、一定の英語力を持っていることは、もはや当たり前になってきています。留学経験者にも以前のようにただ喋れるだけではなく、より専門性の高い知識や、ビジネスのシーンなどにおけるより実践的なコミュニケーションスキルを身につけていることが期待されています。そこで近年、社会人のキャリアアップ留学として、また大学生が帰国後の就職に生かせる留学経験として注目を集めているのが「専門留学」です。習得するスキルや資格、学位次第では海外での就職に繋がる可能性もあり、ワールドアベニューのキャリアカウンセラーもイチオシの留学プランです。

なぜ専門留学なのか?

留学後に役立つ力、トップ5を習得できる 1.語学力 2.異文化理解能力・活用力 3.コミュニケーション能力 4.チャレンジ能力 5.専門性

※※日本学生支援機構 留学経験者の追跡調査(平成23年度)過去15年いないに留学経験のある20~40代の方対象に行ったアンケート
「留学で培い、仕事にとくに役立っていると思うものをお答えください」という設問への回答結果


グラフ
他の留学では習得の難しい「専門性」を身につけられる!
もともと高い専門性(弁護士、公認会計士、システムエンジニア、医師、薬剤師、一級建築士など)を持つ方であれば、留学で英語力というコミュニケーションツールを持ち合わせることでさらなるキャリアアップが図れることは間違いありません。
しかし、社内公用語英語化や外国人採用などが積極的に行われる近年、高い専門性を持たない方の場合、英語ができるだけでは、帰国後の就職において徐々に「強み」としては物足りない印象が高くなってきています。

また留学後に役立つ力としてさまざまな力が挙げられますが、語学力や異文化理解能力などは、語学留学でも培うことが可能です。しかし、「専門性」となると、英語を学んできただけ、接客サービスのアルバイト経験をしていただけでは身に付けることができません。かといって大学進学などになると膨大な時間と留学費用を要するため、すでに大学生の方や社会人の方にとっては現実的な留学ではありません。

そこでワールドアベニューがおすすめするのが「専門留学」です。
将来の夢や目標がある方には特におすすめの留学です。

専門留学のポイント

「英語」で学ぶことにより、より実践的な英語コミュニケーション・スキルを身につけられる。

専門留学の大きな特徴として2つ。一つはネイティブ環境で就学できるという点。二つ目は、「英語を学ぶ」のではなく「英語で学ぶ」という点です。英語はあくまでコミュニケーションツールですので、実際に「使う」ことにより表現力も豊かになり、より自然で実践的な英語力を習得できます。且つ、専門留学では専門的な分野における用語や知識を身につけることもできるため、普通の語学留学よりも就職や転職後に即活用できる実践的な英語力を身につけることができます。

履歴書に書ける留学になる。

専門留学での就学環境は「出席すればいい」という環境ではなく単位取得のために授業でも積極的に発言することと、課題などもきちんと規定のレベルをクリアする必要があるため、努力は必須です。しかし普通の語学留学やワーキングホリデーと異なり、一定のコースを