このサイトは分析と改善のためにCookieを利用します。詳細はこちら

TAFE留学

TAFE留学をサポートするワールドアベニューです。TAFE(テイフ)とは、Technical and Further Educationの略で、オーストラリア州政府が直接運営する高等専門教育機関です。TAFE留学とは、この州立の教育機関でビジネスやIT、ホスピタリティや幼児教育など様々な分野の専門知識と資格を取得し、帰国後のキャリアアップや、オーストラリアでの大学進学、その他、就職や永住を目指す留学です。

ここでは、TAFE留学の完全ガイドと題して、その魅力や入学条件、実際にTAFE留学した方の事例や費用、各州のTAFEの特徴、留学実現までのステップなどをご紹介します。TAFE留学についてはオンライン説明会や留学カウンセリングでも具体的なお話を聞いていただけますので、記事を読むより先に、話を聞きたい!という方は、そちらもお気軽にご利用ください。

TAFE留学について相談しよう > 無料留学相談

TAFEとは

TAFEの位置付け

原則的には日本の高校卒業以上で進学いただけます。

TAFE(テイフ)とは、Technical and Further Educationの略で、オーストラリア各州政府が直接運営する学校です。日本でいうところの専門学校・短期大学・大学のような学校だと思っていただくとイメージしやすいかと思います。歴史は100年以上にもなり、オーストラリア国内におけるTAFEの認知度と信頼度の高さには目を見張るものがあります。

TAFEではビジネスやホスピタリティなど汎用性の高いものから、ビューティーセラピー、映像制作、幼児教育など専門性の高いものまで何百というコースが開講されて、最短半年間から興味関心のある分野の専門知識や技術を学ぶことができます。(開講コースについては「学べること」をご覧ください)卒業後には各分野において即戦力になる人材育成を目的とているため、授業は非常に実践的です。

日本の高校を卒業後、海外の学位をリーズナブルに取得したいという方や、将来、給与水準の高いオーストラリアで永住・移住を目指したいという方から、進学先として注目を集めています。

TAFE留学の魅力5選

1. 専門分野の英語を学べる

外国人の友達との会話や旅行先での会話であれば、日常英会話で問題ありません。しかし、仕事となると、そうはいきません。例えば、ビジネスシーンにおいて見積書や請求書の依頼をする、新商品の提案する、会議で異議を唱える、いずれも、日常生活のなか友人との会話に登場するものではありません。これが医療や看護、幼児教育や高齢者介護、ITやゲーム開発、映像制作やデザインなど、専門分野になればなおのことです。TOEICやIELTSなど英語試験で高得点をとっていても、その業界で必要な知識、単語やフレーズを知らなければ即戦力にはなり得ません。

その点、TAFE留学では、各分野における専門知識・技術をネイティブ環境のなか英語で学ぶことで、それらの分野に精通する英語力を身につけることができます。英語を学ぶだけの語学留学や、飲食店などでのアルバイトが中心になりがちなワーキングホリデーと比べ、大きな魅力と言えるでしょう。

2. 履歴書に書ける留学

TAFE留学の魅力2つ目は、履歴書に書ける留学であることです。留学経験を帰国後のキャリアに活かしたいと考えている方は少なくありません。しかし大学を休学していく学生であればまだしも、社会人ともなると留学は「ブランク」です。
帰国後の就活で、留学を活かすのであれば、「留学で何を得てきたのか?」を明確にする必要があります。その点、TAFE留学では、各コースを修了することで、オーストラリア政府が規定する修了証(Certificate)や専門士(Diploma)、準学士(Advanced Diploma)や学士(Bachelor)など資格を取得することができます。これらは日本でも他の国でも有効です。
例えば、Certificate 3は一般的に約半年間でコースを修了することができます。日本の大学を休学して留学する方や、ブランクをあまり長く作りたくないと考える社会人の方にとって、半年間で履歴書に書ける資格や学歴を得られるのは、TAFE留学の大きな魅力です。

オーストラリアの教育制度AQFとは?

Level1-2 Certificate1-2 修了証
Level3-4 Certificate3-4 修了証
Level5 Diploma 専門士
Level6 Advanced Diploma
Associate Degree
高度専門士
短期大学士
Level7 Bachelor 学士
Level8 Bachelor Honours Degree
Graduate Certificate / Graduate Diploma
名誉学士
Level9 Master Degree 大学院博士
Level10 Doctoral Degree 大学院博士

↑緑色がTAFEで取得可能な資格・学位
参照:資格の種類からオーストラリアの留学先を選ぶ

オーストラリアにはAustralian Qualification Framework(AQF)という、政府が規定した教育制度が導入されています。TAFEでは一般的にこのAQFのレベル3から6まで、州によってはレベル9(大学・大学院卒に該当)まで取得することができます。

レベル7(学位)以上を取得できるおすすめTAFE

TAFE NSWでは、ビジネス、ホスピタリティ、ITなど汎用性の高いコースに加え、ファッションデザイン、インテリアデザイン、3Dアート&アニメーションなど専門性の高いコースまで幅広く学位取得コースを開講しています。

William Angliss Instituteは調理・ホスピタリティ・ツーリズム・イベント領域に特化したビクトリア州立のTAFEです。各分野における学位コースに加え、ホスピタリティの分野ではMaster(修士課程)のコースも提供しています。

3. 海外就職のきっかけに!?

TAFEで各コースに入学する上で、最低限の学歴(高校卒業以上)と英語力(IELTS5.5相当以上)の規定はあるものの、それ以上の学歴や職歴は特別求められません。
例えば、あなたが今、事務職の仕事に就ていて、留学後にシステムエンジニアに転職したいと考えていたとします。この場合、TAFEでシステムエンジニアリングを学び、転職に繋げることができます。

また、オーストラリアには、卒業ビザという制度があります。
オーストラリアで卒業ビザを取得するためには

  • ディプロマレベル(AQF レベル5)以上のコースを修了すること
  • 該当コースが2年以上の就学期間であること
  • 申請時、卒業後6ヶ月以内であること がポイントとして挙げられます。

参照:オーストラリアの卒業ビザ制度

この制度を利用すると、システムエンジニアのディプロマ(2年間以上)を修了することで、オーストラリアでも就労経験を積める可能性が出てくるわけです。これは語学留学では決して利用できない制度のため、留学後、オーストラリアでの就職や、その後の永住などを念頭に置いている方には魅力的と言えます。

4. コースの選択肢の豊富さ

TAFEは各州それぞれの地域で求められる職業、全てに通ずるコースがあるといわれ、その数は100以上にもなります。

大学と異なり専門性を身につけることに重点を置いているため、哲学や心理学、ジェンダー学などの開講はありませんが、ビジネス、ホスピタリティ、看護・医療、環境・自然・科学、美容・健康・スポーツ、IT・エンジニアリング、アート・デザイン、建築・土木、動物・水産・農業、映像・メディアなど、多岐に渡ります。

例えば、「介護士になりたい!」「保育士になりたい!」「デザイナーになりたい!」「機械整備士になりたい!」など、このように将来、就きたい職業がある方はもちろん、「動物が好き!」「スポーツが好き!」「動画編集が好き!」など。こういった、自身の興味関心が明確な方にとって、TAFEの多種多様なコースの存在は大きな魅力です。

開講コースについては「学べること」をご覧ください。

5. リーズナブルに学位取得が可能

TAFE NSW 項目 ACU
16,160豪ドル 学費(年間) 29,664豪ドル
3年間 期間 3年間

参考:
ACU Bachelor of Business Administration
TAFE NSW International BACHELOR OF BUSINESS

TAFEを利用して学位を取得する方法は
1. TAFEでバチェラー(学士)まで取得する
2. TAFE経由で大学編入する
の大きく分けて二つあります。

1. TAFEでバチェラー(学士)まで取得する

一部の州のTAFEではAQF レベル7以上(大学卒業以上)の資格取得が可能なコースも提供しています。
例えば、シドニーのあるTAFE NSWでは、音楽&映像制作、3Dアート&アニメーション、ファッションデザイン、インテリアデザイン、幼児教育、IT(データエンジニアリング)、ビジネス(商業、ホスピタリティマネジメント)、不動産鑑定などにおける学士を取得することができます。

TAFEは大学と比較し、入学規定が易しく学費もリーズナブルです。BACHELOR OF BUSINESSで比較してみましょう。ここではオーストラリアの大学のなかでも比較的学費がリーズナブルなACU(オーストラリアン・カソリック大学)と比較していきたいと思います。
表をご覧いただいてわかるように、年間約13,500豪ドル、3年間にして約40,500豪ドル、1ドル100円計算で、400万円以上の差が生じます。最終的な学歴は同じ学士であること、また先述した卒業ビザ取得条件を大学卒と同じように満たせることなど、こちらも大きな魅力と言えるでしょう。

2. TAFE経由で大学編入する

TAFE経由で大学編入する方法は「単位認定」と「パッケージ」があります。
「単位認定」とは、TAFEで取得した単位を大学の単位として認定してもらう方法です。例えば、TAFEのDiploma in Businessを、某大学の1年次の単位として認定してもらえれば、大学の2年次に編入できるという流れです。
「パッケージ」とは、TAFEと大学とが互いに単位の互換性を認めており、TAFEのDiplomaで取得した単位を、その大学の1年次の単位として認め、2年次に編入できることを、一定の成績を取得することを条件に確約している制度です。

いずれも、大学1年分の単位をTAFEで取得することによって、大学1年次の学費を大幅に抑えることができ、これらはTAFE留学の大きな魅力と言えるかと思います。

各州TAFEの紹介

TAFEで学べること


ここからはTAFEでどのようなことが学べるのかをみていきましょう。今回は、留学をへて、その後世界を股にかけて活躍できる人材を目指したい!という目標と、オーストラリアでの就職や永住を目指したい!という目標、それぞれに分けてコースをご紹介します。

世界をまたにかけて活躍できる人材を目指す!

TAFE留学を考えている方のなかには、将来、英語を使って仕事をしたいと考えている方も少なくありません。給与水準の高い、他国で働けるようになりたいと考えている方も多いでしょう。しかし、英語を使う業界、例えば、航空業界やグローバル展開するホテルなどホスピタリティ・ツーリズム業界はもちろんのこと、商社やメーカー、物流・貿易・海運関係、外資系企業をクライアントに多くもつコンサルティングファームなどのビジネスなどは、英語ができることは前提とした業界です。また、海外で働くともなれば、最低でもネイティブと肩を並べられる言語力やその分野における専門性、経験が求められます。
語学留学やワーキングホリデーで得た一般的な英語力や海外経験だけでは、帰国後の就職、転職に物足りない.. という可能性も大いにあります。その点、TAFE留学であれば、各分野における専門的な知識と技術、実践経験、さらには世界で通用する資格を取得することができます。

世界を飛び交うキャビンアテンダントになりたい!グローバル企業の海外支社で働けるようになりたい!物流で日本と海外とをつなぐ仕事をしたい!日本をベースにしつつも、海外企業のプロジェクトにも参画できるようなエンジニアを目指したい!そんな方は次のようなコースがおすすめです。

コース おすすめTAFE
ビジネス
会計/経理、ビジネス、マネジメント、コマース、起業家精神、人事管理、リーダーシップ&管理職、マーケティング&コミュニケーション、不動産業
TAFE Queensland
TAFE NSW
TIWA
トラベル・ツーリズム
航空管理/地上職、客室乗務員、イベントマネジメント、ツアーガイド、トラベル&ツーリズム
TAFE Queensland
TAFE NSW
William Angliss Institute
TIWA
Tas TAFE
美容・健康
ビューティーセラピー、臨床アロマセラピー、美容師、メイクアーティスト、リメディアルマッサージ、スポーツ&フィットネス、ヨガ講師
TAFE Queensland
TAFE NSW
TIWA
アート・デザイン
ファッションデザイン、グラフィックデザイン、イラストレーション、インテリアデザイン、ジュエリーデザイン、コスチュームデザイン、写真/デジタル画像制作、舞台/演劇、ビジュアルアート
TAFE Queensland
CIT
TAFE NSW
TIWA
映像・メディア
ゲーム開発、ステージ演出/制作、音楽ビジネス、作曲/音楽パフォーマンス、音響制作、映像/メディア制作、映画/TV制作、VFX/視覚効果
TAFE Queensland
TAFE NSW
TAFE SA
TIWA
海洋・水産
養殖業、海洋漁業、船舶エンジニア、航海士
TAFE NSW
TIWA

オーストラリアでの就職・永住を狙いたい!

オーストラリアでは国内で不足している職業を補うため、移民を求めています。その条件は年々厳しくなっているものの、アメリカやイギリスなど他の主要英語圏と比べると比較的取得しやすい傾向があります。

オーストラリアの永住権に繋がるビザは複数ありますが、なかでも最も一般的な手段は技術独立ビザ(Skilled Independent Visa)を利用して永住権を申請する方法です。この方法は、他者(企業など)のスポンサーを必要とせず、自身のスキルや経歴に基づいて、自己申請が可能なためです。技術独立ビザ申請にはいくつか条件がありますが、そのなかの一つに「対象職種リスト「The Medium and Long-term Strategic Skills List(通称:MLTSSL)」 に記載されている職業であること」というものがあります。不足している職業につくことで、オーストラリアに永住できるチャンスを与えましょうというものです。不足している職業に繋がるコースとしては次のようなものが挙げられます。(ただし、移民法や対象職種リストは頻繁に変更されるため、コース選定の際には、最新情報を確認するようにしましょうね!)
真剣にオーストラリアへの移住・永住をお考えの方は、「オーストラリア移住・永住を狙える留学とは?– ビザの種類や不足している職業まとめ」も合わせてご覧くださいね。

コース おすすめTAFE
食・ホスピタリティ
栄養と食生活、食品科学、ベーカー(パン&焼き菓子)、パティシエ、クッカリー/調理師、ホスピタリティ、ホテルマネジメント
TAFE Queensland
William Angliss Institute
TAFE SA
TIWA
Tas TAFE
教育・福祉
コミュニティサービス、障がい者支援、幼児教育&保育、高齢者支援、メンタルヘルスサポート、青少年育成支援
TAFE Queensland
TAFE SA
TIWA
Tas TAFE
医療・看護
麻酔技術、歯科助手、歯科技工士、医療事務、看護助手、准看護師、歯科衛生士
TAFE Queensland
William Angliss Institute
TAFE SA
TIWA
Tas TAFE
建築・エンジニアリング
自動車整備士、ブロック工建築、デザイン、建築/建設、家具作り、大工職人、土木建築/設計電子/通信エンジニア、エンジニアリング技術、メカトロニクス技術、化学プロセスプラント技術、測量
TAFE Queensland
CIT
TAFE SA
TIWA
Tas TAFE
コンピュータ・IT
サイバーセキュリティ、IT・情報、ゲーム開発、ネットワーク管理者、プログラミング、システム管理者、ウェブ開発
TAFE Queensland
CIT
TAFE NSW
TAFE SA
TIWA

事例&費用紹介

高校卒業後TAFEでDiploma取得

留学期間 2年間
コース Diploma
費用 約250〜300万円
入学から卒業までの流れ
英語研修 1年間
Diploma 1年間

高校卒業後、将来は旅行業関連で働きたいとDiploma of Travel and Tourism Managementを受講。コース修了後は日本に帰国し、旅行業関連の資格取得と就職活動に挑まれました。

体験談を読む

TAFE経由で大学(経済学部)卒業

留学期間 4.5年間
コース Diploma > 大学編入
費用 約1,000万円
入学から卒業までの流れ
英語研修 10ヶ月間
Diploma 1年間
Bachelor 2.5年間

卒業後もオーストラリアに滞在、今後、日本に帰国するかオーストラリアで暮らすか、はたまた他国に行くかなど模索されています。

体験談を読む

大学休学!専門知識・技術を習得

留学期間 6ヶ月間
コース Certificate 4
費用 約150〜200万円
入学から卒業までの流れ
Certificate 6ヶ月間

日本の大学3年を休学、元々趣味だった映像制作などの仕事をより本格的に学ぶべくCertificate IV in Screen and Mediaを受講。映像制作技術やディレクションスキルを学ばれました。帰国後は大学に復学、その後はフリーランスとして活動したいと考えています。

体験談を読む

大卒後TAFEへ!将来の足がかりに

留学期間 6ヶ月間
コース Certificate 4
費用 約150〜200万円
入学から卒業までの流れ
Certificate 1年間

将来は国際支援に携わりたいと日本の大学卒業後、Certificate IV in Community Servicesのコースに進学。コース修了後は帰国して就職を.. と考えていたものの、オーストラリアに魅了され、現在は、オーストラリアにて教育学部への進学、永住・移住を視野に入れています。

体験談を読む

入学条件

TAFEへの入学条件は大きく分けて英語力と学歴、そして学業成績の3つがあります。

学歴 日本の高校3年生卒業と同等以上
学業成績 高校3年時の成績が5段階評価中2.5-3程度以上
英語力 IELTS 5.5相当以上
補足:
英語力についてはコースにより、より高い英語力を求められる場合もあります。
その他の入学条件について、アートやデザイン、建築などのコース入学時にはポートフォリオ(作品集)の提出が求められる場合があります。また、専門性の高いコースについては、過去関連するコースを修了していることや、実務経験が問われる場合もあります。

進学・卒業までの流れ

ケース1.高校卒業後TAFE留学

時 期:高校3年生の夏(8月)
英語力:英検2級程度でIELTSのスコアはなし
状 況:高校卒業後、できるだけ早く留学したい。
目 的:TAFEでの学位取得
8〜9月 留学プログラム申込手続き
10
〜1月頃
コース決定
英語レベルチェックテスト
出願必要書類収集・作成
出願手続き
TAFE側の審査
2〜3月 高校卒業証明・成績証明発行
TAFEへ提出し入学許可が下りる
4月 ビザ申請、航空券、保険など渡航手続き
5〜7月 TAFEにて英語研修
7〜12月 TAFEにてDiploamを受講
2〜12月 TAFEにてBachelorを受講(2年間)
12月 卒業

ケース2.大学休学しTAFE留学

時 期:大学3年生になる春(2-3月)
英語力:IELTS5.5あり
状 況:大学3年後期を休学し1年弱の留学を検討中。
目 的:就活につながる英語力や資格の取得
2〜3月 留学プログラム申込手続き
3〜4月 コース決定
出願必要書類収集・作成
出願手続き
TAFE側の審査
4〜6月 ビザ申請、航空券、保険など渡航手続き
7〜12月 TAFEにてDiploamを受講
12月 卒業
1〜2月 オーストラリア旅行
3〜4月 帰国・日本の大学に復学

ケース3.退職しTAFE留学

時 期:社会人3年目の秋(9-10月)
英語力:IELTS5.0あり
状 況:キャリアチェンジを検討中
目 的:日本国内外で働ける知識と技術の習得
9〜10月 留学プログラム申込手続き
11〜12月 コース決定
出願必要書類収集・作成
出願手続き
TAFE側の審査
1〜2月 ビザ申請、航空券、保険など渡航手続き
4〜7月 TAFEにて英語研修
7月
〜翌6月
TAFEにてDiploamを受講(2年間)
7月〜 卒業ビザにてオーストラリアに滞在

※2年以上のコースを修了することで卒業ビザ取得の可能性あり。卒業ビザに関する詳細はこちらをご参照ください。

関連情報

← オーストラリア専門留学情報に戻る

  • JAOS
  • J-Cross
  • ICEF AGENCY STATUS
  • IALC Approved Agency
  • 東京都知事登録旅行業 第3-6137号

ページトップボタン