ニュージーランドの留学情報

ニュージーランドで海外留学を
スタートしよう。

ニュージーランドは大きくわけると「北島」と「南島」のふたつからなる島国。国土は日本の4分の3ほどで南半球にあるため、オーストラリア同様、季節は日本と真逆です。手付かずの豊富な自然に溢れ、ホスピタリティあふれる人々が暮らすニュージーランドの教育期間は日本を含む世界中の人々から愛される留学先のひとつです。
治安もよく都会的な誘惑も少ないことから、中高留学の渡航先として高い人気を誇ります。

基本情報

国土面積 27万534平方キロメートル(日本の約4分の3)
首都 ウェリントン(約20万人、2013年国勢調査)
人口 約424万人 (2013年国勢調査)
平均寿命 81.6才
気候 日本のように縦に長い国土のニュージーランドの都市はそのほとんどの地域が海岸近くに位置しているため全体的に温暖な気候に恵まれている。南半球に位置するため日本と季節は真逆。北島北部の夏は亜熱帯性気候の特徴が強い一方、南島内陸部の高山地帯では冬になると-10℃まで気温が下がることもある。

治安

ニュージーランドは修学旅行や教育旅行などの渡航先としても人気で、世界的にみても比較的治安のよい国とされている。銃規制も厳しく、政治的・経済的にも安定していることからテロやデモ、銃撃戦のようなことはない。しかし、スリや置き引き、車上荒しなどの軽犯罪発生率は日本よりもやや高め。したがって日常生活のなかで日本で生活しているときと全く同じ感覚で生活してしまうと、お金や携帯を盗まれた・・・などということもあり得るため注意は必要。

物価

ニュージーランドは1ドル=80円前後のため、アメリカドルで1ドル=120円前後と比較すると物価も安いのではないかと感じられている方が多い。しかし、物価に関しては比較的高めの国として位置づけられていることが多い。日常品を例に取ると玉子(12個)が$4.65(372円)、日本だと194円とやや高めとなる。(2016年6月現在)
また、アメリカの語学学校の学費が週300ドルのところ、ニュージーランドでは400ドルで計算されることも多く、学費や航空券、保険代金などの費用は大きくは変わらない。ただし、お金を消費する娯楽が少ないため、そこまで遊び代にお金を使ってしまうことはなく、全体的な留学費用は抑えられる可能性が高いといえる。

ニュージーランドで可能な
留学プログラム

中学・高校留学

1年間の高校留学(休学・認定留学)するなら、ニュージーランドの高校留学。教育水準も高く、人々もフレンドリーで、都会的な誘惑の少ないニュージーランドは、同じオセアニア圏で中高留学が人気のオーストラリアと並んで人気の国。英語力の入学規定が易しいニュージーランドでは、一定期間の英語研修を終えないと本科に進めないオーストラリアと異なり、英語初級者の学生でも、英語の勉強と本科のコースを並行して進めることができるため、一年を通じてネイティヴ環境を堪能することができる。

  • 中高生向け
  • 期間:1年〜
  • 費用:高

詳細はこちら

短期留学

高校生や大学生で長期休暇を利用して、留学体験したいと考える方におすすめの留学。最大12週間の観光ビザのなかでフルタイムで就学することができる。ホームステイでの滞在や語学学校での就学が中心のプログラムとなり、短期間の留学であってホームステイや現地の他国籍な学生との交流を通じて異文化を体験することが可能。

  • 中高大学生向け
  • 期間:2週間〜
  • 費用:低

詳細はこちら

ワーキングホリデー

人口よりも羊の数が多いと言わるニュージーランドのワーキングホリデーは、都会の喧騒を離れ、のんびりゆったりとした海外生活を過ごしたい方におすすめ。
1ヶ月あたりの生活費が他国と比較してやや安いため、全体的な費用を抑えたい方にとってはうれしい国だ。観光業やホスピタリティ産業、農業などが盛んなため、ファーム体験やリゾートでの就労に興味のある方にとっては貴重な経験ができる。

  • 大学生・社会人向け
  • 期間:1年間〜
  • 費用:中

詳細はこちら

語学留学

ニュージーランドの語学留学は、一定の条件はあるものの、語学研修と並行して就労が可能。求人の多い都市であれば、全体の留学費用を抑えることができる。
また、のんびりとしたニュージーランドでは、娯楽にお金や時間を費やす機会が少ないため勉強に集中できる環境があるため、都会の喧騒から離れ、勉強に集中したい方におすすめ。

  • 大学生・社会人向け
  • 期間:24週間〜
  • 費用:高

詳細はこちら

休学・認定留学

大学生を対象とし、長期間留学を行うことで確かな英語力と社会人になってから通用する社会人スキルを醸成することを目的とした留学。英語研修と併せて専門的な知識や技術の習得を目指したり、帰国後の就職活動において、有利になるよう公式英語テスト(TOEICやIELTSなど)のハイスコアを目指すことを目標とする。

  • 大学生向け
  • 期間:24週間〜
  • 費用:中

詳細はこちら

専門留学

ニュージーランドでではホスピタリティ、ツーリズム、エアライン関係の専門留学がおすすめ。オークランドやウェリントンでは世界の主要都市と比較するとやや小さくはあるもののクオリティの高いカフェやレストランが立ち並び、少し足を伸ばせば、手付かずの大自然が広がっている。世界中から訪れる観光客を対象とした一流のホスピタリティやツーリズムが学べる。

  • 社会人向け
  • 期間:24週間〜
  • 費用:中

詳細はこちら

大学留学

ニュージーランドには国立総合大学が8校ある。ニュージーランド政府は「大学の質を保つためこれ以上は大学数を増やさない」という方針を打ち出しており、Universities New Zealandが大学の品質保証を審査するなどのシステムを整えており、1校いっこうの教育や学習環境の質の高さには定評があるのが特徴。

  • 大学生向け
  • 期間:3年間〜
  • 費用:高

詳細はこちら

ニュージーランド留学で
人気の都市

オークランド

  • 都会
  • 物価高
  • 求人数多

ニュージーランド北島北部に位置するニュージーランド最大の都市。地域人口の40%は海外出身者が占めるグローバルな環境で都会でありながら周辺に変化に富む自然環境を持っているのが特徴的な街である。
モダンな町並みのなかで生活を楽しみつつ、都会から1時間以内の場所でセーリング、乗馬、サーフィン、マウンテンバイクなど様々なアクティビティを楽しむことができる。また、学生ビザでも条件を満たせば一定期間就労できるニュージーランドにおいて、南島最大の都市