LINE
留学マガジン

■書籍名:
グローバル社会で生き抜ける子どもに育てる方法
■著者:松久保朱美

■書籍名:
グローバル社会で生き抜ける子どもに育てる方法
■著者:松久保朱美

  • ワールドアベニュー最新情報
  • 2018.11.14

主要英語圏の短期留学費用とは?

Erika
Erika

短期留学とは、一般的に1~2週間から3ヵ月間程度の期間で、観光ビザで渡航できる範囲の留学のことで、留学全体の中では留学費用を抑えながら海外生活を体験可能です。
各国のビザ制度上、観光ビザでアメリカ、オーストラリア、ニュージーランドの場合は3ヵ月間、カナダ、イギリスの場合は最長6ヵ月間渡航が可能です。
観光ビザを利用する短期留学の場合、学生ビザやワーキングホリデービザのように働くことが許されていません。したがって、短期留学といっても3ヵ月間以上の留学となると生活費用が現地で賄えないため、日本で準備しなければいけない費用が増えることを覚えておきましょう。また、1週間の留学であっても1年の留学であっても、学校の入学金や往復の航空券などは同じ金額がかかります。つまり、留学は留学期間が短ければ短いほど、諸費用の割高感が出ることを理解しましょう。

短期語学留学の費用を期間別に詳しくみよう!

アメリカ短期留学の留学費用

国土の広いアメリカは留学先の都市によって留学費用に差がかなりあります。
ポートランドやフィラデルフィアなど田舎に分類される地域での留学と、ロサンゼルスやニューヨークなど世界的にみても大都市でのアメリカ短期留学では、学費や生活費に大きな開きがあります。
アメリカ短期留学の場合は、学校に通いつつ、観光やショッピング、アメリカならではの生活を楽しみたいという方が多く、都市部のロサンゼルスやニューヨークが人気があります。
今回は人気のロサンゼルスでの短期留学1ヵ月間と3ヵ月間、それぞれの費用をご紹介します。

アメリカ ロサンゼルス短期留学 1ヵ月間 合計:60万円

内訳
学校関係費用(入学金・教材費・授業料) 約20万円
滞在費(ホームステイ 1日2食込み 1人部屋) 約14万円
空港出迎え(片道) 約1.7万円
弊社サポート費用 32,400円
航空券代金(往復) 約15万円
海外留学生保険 約1.5万円
観光ビザ申請費用 1,600円
渡航中ランチ代、お小遣いなどの実費 約5万円

アメリカ ロサンゼルス短期留学 3ヵ月間 合計:142万円

内訳
学校関係費用(入学金・教材費・授業料) 約60万円
滞在費(ホームステイ 1日2食込み 1人部屋) 約42万円
空港出迎え(片道) 約1.7万円
弊社サポート費用 32,400円
航空券代金(往復) 約15万円
海外留学生保険 約5万円
観光ビザ申請費用 1,600円
渡航中ランチ代、お小遣いなどの実費 約15万円

オーストラリア短期留学の留学費用

治安がよく時差も少ないオーストラリアは、中学生・高校生、大学生といった幅広い年齢層に人気の留学先です。観光地としても人気のゴールドコーストやケアンズ、シドニーやメルボルンなど、さまざまな特色や気候から都市が選べるのもオーストラリアの魅力です。
今回は日本の主要都市から直行便もあり、オペラハウスやハーバーブリッジなどの観光名所、オーストラリアを体感できる国際的なイベントも豊富なシドニーを例に短期留学費用をご紹介します。

オーストラリア シドニー短期留学 1ヵ月間 合計:51万円

内訳
学校関係費用(入学金・教材費・授業料) 約15万円
滞在費(ホームステイ 平日2食土日3食込み 1人部屋) 約12万円
空港出迎え(片道) 約1.5万円
弊社サポート費用 32,400円
航空券代金(往復) 約15万円
海外留学生保険 約1.5万円
観光ビザ申請費用 2,000円
渡航中ランチ代、お小遣いなどの実費 約3万円

オーストラリア シドニー短期留学 3ヵ月間 合計:106万円

内訳
学校関係費用(入学金・教材費・授業料) 約40万円
滞在費(ホームステイ 平日2食土日3食込み 1人部屋) 約32万円
空港出迎え(片道) 約1.5万円
弊社サポート費用 32,400円
航空券代金(往復) 約15万円
海外留学生保険 約5万円
観光ビザ申請費用 2,000円
渡航中ランチ代、お小遣いなどの実費 約10万円

ニュージーランド短期留学の留学費用

自然豊かで治安がよく、人々がフレンドリーなことで知られるニュージーランド。都会の喧騒から離れのんびりとした時間を過ごしたいという方におすすめの留学先です。ニュージーランドの短期留学費用は主要英語圏の中ではリーズナブルな国と言えます。近年は、中学生、高校生が高校留学で通う現地校の視察を兼ねて、夏休みや春休み期間を利用してニュージーランド短期留学するというケースも増えてきています。今回は日本から直行便があり、高校留学でも人気の高いオークランドでの短期留学費用をご紹介します。

ニュージーランド オークランド短期留学 1ヵ月間 合計:54万円

内訳
学校関係費用(入学金・教材費・授業料) 約15万円
滞在費(ホームステイ 平日2食土日3食込み 1人部屋) 約10万円
空港出迎え(片道) 約1.5万円
弊社サポート費用 32,400円
航空券代金(往復) 約20万円
海外留学生保険 約1.5万円
渡航中ランチ代、お小遣いなどの実費 約3万円

ニュージーランド オークランド短期留学 3ヵ月間 合計:106万円

内訳
学校関係費用(入学金・教材費・授業料) 約40万円
滞在費(ホームステイ 平日2食土日3食込み 1人部屋) 約30万円
空港出迎え(片道) 約1.5万円
弊社サポート費用 32,400円
航空券代金(往復) 約20万円
海外留学生保険 約1.5万円
渡航中ランチ代、お小遣いなどの実費 約10万円

カナダ短期留学の留学費用

豊かな自然とほどよい都会感が大学生に大人気の留学先カナダ。特に夏休みを利用した短期留学は、人気が高く毎年多くの学生がカナダ短期留学にチャレンジしています。カナダで人気の語学学校では、毎年5、6月頃から定員制限をかける学校もあるほどです。また、航空券も夏の時期は高騰しやすいため、ギリギリのカナダ渡航決定になると留学諸費用が高額になる可能性があることを覚えておきましょう。

カナダ バンクーバー短期留学 1ヵ月間 合計:48万円

内訳
学校関係費用(入学金・教材費・授業料) 約12万円
滞在費(ホームステイ 平日2食土日3食込み 1人部屋) 約10万円
空港出迎え(片道) 約1.5万円
弊社サポート費用 32,400円
航空券代金(往復) 約15万円
海外留学生保険 約1.5万円
渡航中ランチ代、お小遣いなどの実費 約3万円

カナダ バンクーバー短期留学 3ヵ月間 合計:100万円

内訳
学校関係費用(入学金・教材費・授業料) 約35万円
滞在費(ホームステイ 平日2食土日3食込み 1人部屋) 約30万円
空港出迎え(片道) 約1.5万円
弊社サポート費用 32,400円
航空券代金(往復) 約15万円
海外留学生保険 約5万円
渡航中ランチ代、お小遣いなどの実費 約10万円

イギリス短期留学の留学費用

海外映画や海外ドラマの舞台となり、人気の高いイギリス。ロケ地やイギリスの主要都市に滞在するのに短期留学が最適で、夏休みを利用したイギリス短期留学渡航者が多いといえます。
アメリカ同様、イギリスの短期留学費用は他国と比較するとやや高めですが、ロンドンやオックスフォード、ケンブリッジなどの有名都市は物価や交通費などの現地生活費用にゆとりを持って渡航すべきでしょう。今回は、イギリス短期留学で最も人気の都市ロンドンでの短期留学費用をご紹介いたします。

イギリス ロンドン短期留学 1ヵ月間 合計:65万円

内訳
学校関係費用(入学金・教材費・授業料) 約20万円
滞在費(ホームステイ 1日2食込み 1人部屋) 約13万円
空港出迎え(片道) 約1.5万円
弊社サポート費用 32,400円
航空券代金(往復) 約20万円
海外留学生保険 約1.5万円
観光ビザ申請費用 約1.4万円
渡航中ランチ代、お小遣いなどの実費 約5万円

イギリス ロンドン短期留学 3ヵ月間 合計:140万円

内訳
学校関係費用(入学金・教材費・授業料) 約50万円
滞在費(ホームステイ 1日2食込み 1人部屋) 約40万円
空港出迎え(片道) 約1.5万円
弊社サポート費用 32,400円
航空券代金(往復) 約20万円
海外留学生保険 約5万円
観光ビザ申請費用 約1.4万円
渡航中ランチ代、お小遣いなどの実費 約15万円
  • New zealand education
  •  J-CROSS 留学サービス審査機構
  • JAOS一般社団法人海外留学協議会
  • English Australia
  • 東京都知事登録旅行業 第3-6137号

ページトップボタン