アデレードの留学情報

おしゃれで優雅な雰囲気のアデレードで、
日本人の少ない理想的な留学生活を送ろう。

日本人に人気の留学先オーストラリアの中でも、日本人がダントツに少ないと言われている都市が南オーストラリア州の州都でもあるアデレードです。日本人が少ないからと言って生活が不便というわけではなく、英国・エコノミスト誌が毎年発表する「世界の住みやすい都市ランキング」では、2017年までに7年連続1位のメルボルンに続き、5年連続トップ5にランクインするほど、その住みやすさは世界からも認められています。また、アデレードは学生に人気の学園都市としても知られており、高い評価を受ける小中高等学校をはじめ、質の高い語学学校や専門分野をより実践的に学べる州立の専門学校 (TAFE)、また国際的に認められたオーストラリアの名門大学など、様々な教育機関が充実しています。語学留学やワーキングホリデーだけでなく、近年希望者が多くなってきている高校留学や海外大学進学など、様々なニーズに応えられるのがアデレード留学です。

基本情報

南オーストラリア 日本との時差 日本+30分 (10月~4月:+1時間30分)
サマータイム 最寄り国際空港 アデレード空港
空港からの交通手段 タクシー、路線バス、シャトルバス 年間平均気温 16.5℃

アデレードの留学情報

アデレードに留学する
メリット ベスト5


あまり知られていないアデレード留学の魅力。「オーストラリア 留学 都市」と検索すると、出てくるのはシドニーやメルボルン、ゴールドコーストなどの有名他都市ばかり。その情報の少なさから、アデレードを留学先として選ぶ方は残念ながらあまり多くはありません。ですが、アデレードには他都市と比較しても引けを取らないくらい魅力的なポイントがたくさんあります。そんな隠れた穴場アデレードへ留学するメリットを紹介します。

1. 日本人が少なく英語環境が作りやすい

日本人の少なさはアデレード留学の大きなメリットのひとつです。英語力の向上を目指すにあたり、母国語をシャットダウンすることは効果的な方法の一つとも言えます。そして、どうせ留学をするなら日本人同士で固まらず、違う国籍の友達をたくさん作りたいと考える方も多いですよね。しかし、留学先として人気の高い国には、留学制度の充実度や知名度の高さから少なからず日本人は集まります。オーストラリアも例外ではありません。そんななか、アデレードはケアンズやゴールドコースト、シドニーなどの他主要都市と比べても日本人が圧倒的に少ないため、理想的な英語環境のなかで留学生活を充実させることができるでしょう。ただ、語学学校には一定の日本人は集まりますので、「英語環境を作る!」という気持ちを強く持つことは忘れないようにしましょう。

2. 生活費を安く抑えられる

オーストラリアの物価は決して安いとは言えませんが、アデレードは他都市に比べると生活費をかなり抑えることができます。それはなぜか? スーパーなど食材の値段はさほど差はないのですが、交通費と家賃が安い!!アデレードでは、語学学校を含むフルタイムの学生は、就学期間が1週間以上あれば、バス、トラム、電車などすべての公共交通機関を半額で利用することができるとてもお得な学割があります。この学割を利用することで、ピーク時でも片道1.83ドル (約155円)、ピーク時でなければ0.98ドル (約83円)という破格の安さが実現可能になります。さらには、公共交通機関に28日間乗り放題の定期券 (28day pass)もあり、こちらは2018年4月に値下がりをしたことにより、学生はなんと49ドル (約4,100円)で利用することができます。他都市だと平均して月の交通費は1~1.5万円程度なので、その安さは一目瞭然です。
また、トラムは市内なら乗り降り無料、バスも無料バスが市内を15分に1本ペースで巡回しているため、無料交通機関をうまく利用することで更に安く抑えることができます。
参照:https://www.adelaidemetro.com.au/Announcements/News/New-fares-from-1-July-2018

また、家賃相場も他都市と比べると比較的安く、平均するとオウンルーム (1人部屋)でも週130~150ドル前後、安い所だと週80ドルというシェアハウスもあります。値段が上がるシティ中心内だとしても、週200ドル以下のシェアハウスも比較的多くあるため、シドニーやメルボルンなどと比べると、安くて良いシェアハウスに住めるチャンスは多いでしょう。

3. アルバイトの最低賃金が高い

オーストラリアは世界一最低賃金の高い国です。2018年7月1日に最低賃金がさらに上がり、今では18,93ドル (約1600円)となっています。東京の最低賃金 (2018年7月現在)は958円なので、オーストラリアの最低賃金の高さには驚きです。オーストラリアは、ワーキングホリデービザはもちろん、学生ビザでも2週間で40時間までアルバイトができます。留学先でも一定の収入を得ることができれば、生活費の1/2から2/3は工面できるため、長期留学など大きなお金がかかる留学ではとても大きな助けとなります。そして、アデレードはケアンズやシドニーのような観光都市ではないため、ローカルジョブ (現地の人たちと同じ労働条件で働く仕事)が多く、最低賃金をしっかり守るところも少なくありません。時給が高い分、短時間でしっかり稼ぐことができるでしょう。

4. クオリティの高い教育機関やモチベーションの高い学生が多い

留学をするうえで環境は非常に重要です。例えば、高校や大学の授業を想像してください。授業中は私語が飛び交い、先生の話を誰も聞かず、グループワークなども積極的に参加する生徒が少ないような環境で、自分だけがまじめに取り組もうとしてもなかなか難しいですよね。最初のうちは、どうにかしようともがくかもしれませんがやはり長続きはしません。皆が「しっかり学びたい」とモチベーションが高ければ高いほど、授業にも活気が出ます。これは、留学にも同じことが言えます。「英語をしっかり身に付けたい」「オーストラリアの専門学校や大学に進学を考えている」「将来オーストラリアに永住して、母国の家族に仕送りをする」など明確な目的や目標があり、モチベーションが高い生徒が多い環境に身を置けば、自分自身も感化され、結果的に有意義な留学生活が送ることができます。アデレードは、知名度もあまり高くなく、正直娯楽が多いような都市ではないため、「とりあえず海外に行きたい」という層の人は集まりません。情報が少ないなか、わざわざアデレードを選ぶということは、アデレードでないと叶えられない目的や目標があると考えるモチベーションが高い人が多い傾向にあります。

また、アデレードには質の高い教育機関が充実しています。まず、アデレードには、アデレード大学、フリンダース大学、南オーストラリア大学の3つの大学しかありませんが、アデレード大学はオーストラリア全土で3番目に古く、今まで5人のノーベル賞受賞者を輩出しており、その長い歴史と数々の優秀な研究実績から、オーストラリア国内の大学でも特に優れたトップ8校を総称した「Group of Eight」に加盟をしています。また、フリンダース大学の看護学部は、オーストラリアの看護協会が認定している看護学部 (看護学位)の中でも、有数のカリキュラムを提供しており、「看護学と言えばフリンダース大学」と認識されているほど定評があります。世界大学ランキング (QSランキング2016年)で世界トップ100に入っているほか、フリンダースメディカルセンターとの連携が特徴的です。最短期間でオーストラリアの看護学位 (看護師資格認定対応)を取得したい人には人気のコースになります。費用も他州の大学に比べると全体的にリーズナブルなのも人気の理由の一つです。大学以外にも、国際的に評価も高く万全のサポート体制が整った小・中高等学校、州立の職業訓練校TAFE、州内で最も歴史のある語学学校SACEなどがあり、SACEは先ほど紹介したフリンダース大学に認定されている数少ない私立学校のため、大学進学を目指すようなモチベーションが高い生徒も数多く集まります。このような数々の優秀な教育機関が整っていることから、アデレードは学園都市としても有名です。高校留学や語学留学のあと、そのままTAFEや大学に進学するという選択肢も取れるため、留学後の選択肢の豊富さもメリットのひとつですね。

5. 自然や観光スポット、イベントも豊富で朝から夜まで楽しめる!!

アデレードのある南オーストラリア州はフェスティバルステートと呼ばれるほど、数多くのイベントが開催されます。2月~3月には、「アデレードフェスティバル」「WOMADelaide」「アデレード・フリンジ」など、州最大級のアートや音楽のフェスティバルが開催され、ワールドクラスのエンターテイメントがアデレードの各地に集結します。アデレード・フェスティバルには、国際的に有名な演劇、音楽、ダンス、ビジュアルアートが一堂に会し、50年以上に渡り観客に感動を届け続けています。WOMADelaideは、アデレード・フェスティバルの一環として、東京ドーム約7個分の広さを持つアデレード植物園で、4日間に渡って開催されるワールドミュージックフェスティバルです。様々なミュージシャンやパフォーマーがエンターテイメントを披露するだけではなく、フェスティバルには100以上の飲食屋や子供向けのアクティビティエリア、ヨガやダンスなどのワークショップも用意され、大人から子供まで年齢を問わず思う存分楽しむことができます。

そして、イベントだけではなく、様々な自然や数多くの観光スポットが楽しめるのもアデレード留学の魅力です。アデレードの街自体は、The 20minute cityと呼ばれ、徒歩20分で街を散策できるほど小さな街ですが、その周辺には広大な自然や観光スポットが点在しています。オーストラリアと言えばビーチ!アデレードの中心部からトラムで約25分で行ける白砂の広がるグレネルグビーチでは、ダイビングやシュノーケル、船をチャーターして釣りを楽しんだり、なんと野生のイルカと一緒に泳いだりもできます。グレネルグの街には、お洒落な路上カフェやレストラン、格式のあるホテルや夏限定のエンターテイメントハウスなどが並んでいるため、ビーチアクティビティのみならず様々な楽しみ方ができます。その他には、街の中心部からバスで約10分の場所にあるアデレード動物園で、カンガルーやコアラはもちろん、その他在来種をはじめ約1,800頭もの動物に出会うことができます。また、アデレードの街では日中の間無料で借りられる貸自転車があるため、それを利用してサイクリングを楽しむこともできます。リニアパークからヘンリービーチにかけてのサイクリングコースは片道約40分、オーストラリアならではの大自然と美しい景色を優雅に堪能することができます。
そして、アデレードの夜は裏路地のバー巡りがおすすめです。オーストラリア最古のワイン産地でもあるアデレード。街の裏路地にある倉庫や店舗が夜はバーに変身し、数々の有名なワインや美味しいカクテルだけでなく、有名シェフが作るタパスやセルビア料理なども楽しむことができます。ピールストリート (Peel Street)とリーストリート (Leigh Street)界隈には、この裏路地バーが集まっており人気エリアとなっています。アデレードは田舎で何もないのでは?と思っていた方は、アデレードのイメージがだいぶ変わったのではないでしょうか。

アデレードに留学する
デメリット ワースト3

留学をするにあたり、プラスな面・マイナスな面どちらもしっかり理解することはとても大切です。現地に着いてから「こんなはずじゃなかった…」とならないためにも、マイナスな面も踏まえた上で留学先は選びましょう。日本人が少なく、学習をするにもアクティビティを楽しむにも適しているアデレード留学。そんなアデレードに留学するデメリットワースト3をご紹介しましょう。

1. アルバイト先を見つけるのが難しい

アデレードに留学をするメリットで紹介しましたが、アデレードは比較的ローカルジョブの求人が多いです。そのため、アデレードでアルバイトをするには高い英語力が必要となります。弊社のお客様で、シドニーでローカルジョブを見付けるために、100枚以上もの履歴書を配ったという強者がいらっしゃいました。そのくらい、ローカルジョブに就くのは本当に大変です。シドニーやケアンズなどの観光地ならば、アルバイト先の数が多い分、ローカルジョブに就けなかったとしても、日本食レストランやキッチンでのお皿洗いなど、英語力をそこまで必要としない仕事を繋ぎとして見つけることはできるでしょう。しかし、アデレードではそうはいきません。専門・大学進学でアデレードを選ぶ場合は、ある程度の英語力が見込めるのでそこまで心配は要りませんが、生活費を現地で稼ぎながら生活することを主としているワーキングホリデーの場合は、下手したら死活問題です。もし、英語力に自信がない方でワーキングホリデーを考えている場合は、できるだけアルバイト先が多い都市からスタートし、英語力が中級レベルになってからアデレードに移り住むほうが安心でしょう。

2. 直行便がない

旅行慣れしている方や、英語が多少できる方からしたら飛行機の乗り継ぎは大した問題ではないかもしれません。しかし、初めて海外に行く方や中高生の方からしたら、飛行機の、しかも海外での乗り継ぎとなると、かなりのビックイベントですよね。ちゃんと次の飛行機に乗れるか、預けた荷物はどうしたらいいのか、数時間の乗り継ぎ時間の過ごし方は・・・などなど、心配は尽きません。ただでさえ出発後すぐは、これから始まる留学のことで頭がいっぱいになってしまうので、少しでも心配を減らしたいとなると、乗れば目的地まで連れて行ってくれる直行便で行ける留学先のほうが安心です。また、乗り継ぎ時に預けた荷物が紛失するというトラブルもありますので、直行便がないというのはデメリットになり得るでしょう。

3. 情報や・学校の選択が少ない

他主要都市と比べるとまだ知名度が低く、また、日本人も少ないということから、インターネット上で日本語で得られる情報が少ないというのは留学をするうえでは少し心配が残ります。また、アデレードには質の高い教育機関が揃ってはいますが、学校数はシドニーなどと比較するとかなり少なくなりますので、自分に合う学校を選択肢の少ないなかで見つけなければいけないというのもマイナスな面かもしれません。アデレードの語学学校は、どちらかというとアカデミック思考な学校が多いため、観光半分、勉強半分とお考えの方には少々堅苦しく感じてしまう可能性があります。

アデレードでの
おすすめ留学
2選

落ち着いた環境の中でしっかり勉強に集中することのできるアデレードだからこそ、おすすめしたい留学があります。アデレードに留学する際におすすめの、かつ人気の留学を紹介いたします。

おすすめ留学プラン 1 大学進学

↑ハリウッドなど、世界で活躍する日本人俳優山村憲之介さん (フリンダース大学卒業)

少子高齢化、外国人労働者の採用、日本企業の海外進出、海外企業の日本企業買収など、さまざまな状況のなか、グローバル人材へのニーズが年々高まっています。グローバル人材とは、語学力のみを有した人材ではなく、異文化を理解する力や自己管理能力、またストレス耐性や分析力と判断力を身につけた人のことを指します。残念ながら、1年間の語学留学やワーキングホリデーなどでは、そこまでの力を身につけることは非常に難しいです。海外大学進学は、このグローバル人材育成において、絶好のチャンスと環境を与えてくれる留学であり、今人気を集めている留学です。

アデレードには、語学学校、TAFE、大学、すべての教育機関が集結していることから、アデレード内で語学留学~大学卒業まで完結することが可能です。語学学校に通いながら、TAFEや大学のキャンパス見学などもできますし、現地の大学生と事前に知り合い、直接大学生活について情報を得るチャンスもあります。そして、アデレードにある3つの大学はどれも世界レベルの大学のため、質の高い授業を受けることが可能です。

また、将来オーストラリアで永住権の取得を考えている人には、アデレードでの大学進学は大きなメリットがあります。オーストラリアの永住権はポイント制となっています。例えば、年齢が25~32歳なら30ポイント、英語力がIELTS7.0相当なら10ポイント、オーストラリアの大学で学士を取得したら15ポイントなど、いくつかある項目の中でポイントを加算していき、必要なポイントを稼いでいくという流れです。そのポイントの項目の中で「指定地域に2年以上住み学校に通学する:5ポイント」があり、アデレードはその指定地域に含まれます。つまり、指定地域外の大学では得られない5ポイントが、アデレードの大学を卒業することで取得することができ、永住権を考える人にとっては、この5ポイントは非常に貴重なものとなります。弊社で人気の正看護師資格取得プログラムを希望する看護師さんも、資格取得のみならず永住権の取得を視野に入れている方が多くいらっしゃいます。アデレードにあるフリンダース大学は看護学部が有名で、尚且つ上記のポイントも取得できるため、人気の進学先のひとつでもあります。

海外大学進学についてより詳しい情報は「海外大学進学情報」をご参照ください。
なお、本記事は、移民法上のアドバイスを目的に作成されたものではありません。ビザの情報は必ずオーストラリア移民局のホームページより最新の情報をご確認ください。また、ビザ制度のみのご質問について弊社では承れませんのでご了承下さいませ。

おすすめ留学プラン 2 中学・高校留学

アデレードのある南オーストラリア州では、毎年1,000を超える留学生を世界中から受け入れています。アデレードだけでも600以上の州認定の高校があり、そのうち100以上の高校で留学生の受け入れを積極的に行っています。そして、経験豊富なサポーターによる個々の学生サポート体制もしっかり整っているため安心です。学習面はもちろんのこと、精神面や将来の目標に向けた進路相談など、24時間緊急時の対応も含め柔軟に対応してくれます。留学する本人はもちろんのこと、まだ幼い我が子を遠く離れた異国の地へ送り出す保護者の方々にとっても、安心できるのではないでしょうか。

また、他主要都市と比べても、娯楽などは少ないためお金を使いすぎることもなく勉強に集中ができます。すべての州立高校は広いグラウンドを持っており、自然に囲まれた開放的なキャンパスで穏やかに学校生活を送ることができます。

10代のうちから親元を離れ独り立ちをすることで、精神的にも大幅に成長できる高校留学プログラムは、近年徐々に人気を高めており、なかでも、高校留学は費用や治安を考えると田舎のほうがおすすめですので、その点でもアデレードに留学するメリットは多いのではないでしょうか。

南オーストラリア州での中学高校留学について詳しくは「SOUTH AUSTRALIA GOVERNMENT SCHOOL (南オーストラリア州立高校) – オーストラリア高校留学」をご参照ください。

アデレード留学中の生活
(持って行く荷物、滞在方法、
交通機関)

アデレードへの留学なら、持って行った方がよいもの

留学するうえで必需品であるパスポートや海外留学生保険 (保険証書)、クレジットカードなど以外にアデレードへの留学だからこそ持っていった方がよいものやアデレードでの留学生活中における交通機関情報などをご案内いたします。

ルーズリーフやボールペンなどの文房具
実は、アデレードには100円均一のダイソーがあります。ただし、アデレードのダイソーは$2.80の商品が多く、またそれ以上の値段のする商品もたくさんあります。日本製品をそこで揃えることもできますが、節約のためには日本から持参したほうが良いでしょう。ちなみに、オーストラリアの文房具はお世辞にも質が良いとは言えないため、あまりお勧めはできません。大学や専門学校での授業は比較的パソコンを使っての課題提出などが多いですが、留学生は避けて通れない英語勉強時にはノートやペンが大活躍します。また、消せるボールペンは特にお勧めです。実用的な点もそうですが、海外ではなかなか珍しい品のため、友達同士の会話のネタにもなります。

厚手 & 薄手の防寒着
夏のイメージが強いオーストラリアですが、オーストラリアにも四季はあります。アデレードの冬 (6~8月)は平均気温が8~16℃まで下がり、一部の地域では霜がおりることもあるため、厚手のコートやセーター、マフラー、手袋などは持参したほうがいいでしょう。おすすめは、ユニクロのウルトラライトダウンやヒートテック。かさばらず、しっかり防寒できるのでいくつかあると重宝するでしょう。シドニーにはユニクロはあるのですが、残念ながらアデレードにはまだありません。日本で調達しておきましょう。
アデレードは湿度も低いため、春や初夏 (9~11月)でも日陰や朝晩は肌寒く感じることもあります。冬用の厚手のコートとは別に、簡単に羽織れるカーディガンなどがあると便利です。また、夏でもショッピングセンターやレストランは冷房がかなり強めにかかっていることも多いので、そんな時にも薄手の防寒着は役に立つでしょう。

その他、留学に必要な持ち物に関する情報は下記からご覧ください。

留学に必要な持ち物 まとめ

アデレード留学中の滞在方法

ホームステイ
中高生や、海外生活が初めての人向けの滞在方法はホームステイです。
ホームステイの大きなメリットは、ネイティブの人たちとの生活になるため、よりリアルな日常英会話を身につけることができ、また、オーストラリアの文化や生活習慣を実際に肌で感じて学ぶことができることでしょう。
デメリットは、性格の不一致が起きてしまう可能性があったり、ホームステイ先は郊外にあることが多いため、通学・通勤に時間と費用が掛かってしまったりすることでしょう。
しかし、オーストラリア生活のノウハウがわからない人や、英語力に自信のない人、日本で一人暮らしをしたことがない人にとっては、食事も付いているため安心して留学を始めることができます。
中高留学の場合、アデレードのある南オーストラリア州では、留学生が共に暮らす親戚または家族の友人などを指名しない限り、原則としてホームステイの手配を行います。(13歳以上が対象)南オーストラリア州教育省より、厳しい審査を受け、一定の水準に基づき認可を受けている家庭を手配してくれます。留学生の趣味や希望、性格などを踏まえ南オーストラリア州政府教育機関が慎重に選定を行います。

シェア (シェアハウス・シェアルーム)
留学生にとって最もポピュラーな滞在方法がシェアハウスです。一軒家やマンションなどに数人で住み、キッチン・お風呂・トイレ・リビングは共同、部屋は1人部屋 (オウンルーム)もしくは2人~4人部屋 (ルームシェア)など、その種類は各家で異なります。
シドニーやメルボルンなどは、オウンルームだと費用がかなり高くなるためルームシェアにする場合が多いですが、アデレードは家賃が比較的安いため、オウンルームに住んでいる人も多いです。アデレードの物件の相場はオウンルームで週130~150ドル前後、安い所だと週80ドル~という物件もあります。シェアハウスを探す時には、日本語サイトで探すと日本人との共同生活、英語サイトで探すと多国籍の人たちとの共同生活が楽しめるため、自分の身を置きたい環境に応じて物件探しをしましょう。
ホームステイに比べ自由度が高い滞在方法なので、海外生活に慣れている・慣れてきた方や、自由に自分の時間を使いたい方にはおすすめの滞在方法です。また、自炊になるため生活費を抑えることもできます。

学生寮
学生寮は、その名の通り学校側が学生のため為に用意した宿泊施設のことです。シェアハウスと同様、基本的に自炊となります。学生寮は、だいたいは学校の近くに位置しているため、通学するには便利なロケーションであることが多いです。私立の語学学校が保有する学生寮は、ビジネスホテルの様なところを間借りして生徒に貸していることが多く、学校の近く=都心となるため、費用は高めに設定されています。それに比べ、大学や専門学校、大学附属の語学学校の場合は、ホテルなどではなく、学生専用にわざわざ宿泊施設を作っているケースが多いため、語学学校の学生寮に比べると規模も大きく、費用もリーズナブルな傾向にあります。そのため、私立の語学学校に通う場合はホームステイかシェアハウス、専門学校や大学、大学附属の語学学校に通う場合は、学生寮もお勧めです。

アデレードの交通機関

アデレードでは、バス・トラム・電車などの交通機関の運行・運営を行っています。

バス
アデレードの周辺を移動するには最も便利で利用頻度が高いのがバスです。また、アデレードのシティ内は無料バスも走っており、98A・98C・99A・99Cが無料バスのバス番号です。午前7時~午後8時まで、30分間隔で走っているため、ちょっとした市内観光や買い物をするときにはとても便利です。バス番号の98系はノースアデレード方面まで行き、99系は市内を1周しています。その他のバスも、バスの正面にバス番号と行き先が書いてあるため、見分けがつきやすいです。気を付けないといけないのが、「車内アナウンスが流れない」ということ。アデレードのバス停にはすべて番号が振られているため、自分の降りたいバス停の番号は事前に調べておく必要があります。降りるバス停の1つ前のバス停を出発したら停車ボタンを押し、降りる準備をしましょう。慣れるまでは、運転手さんにどこのバス停で降りるかを告げ、バス停が近くなったら声を掛けてもらうようにしましょう。オーストラリアは移民の方や留学生が多いため、バスの運転手さんはこのような対応に慣れていますので、怖がらずに話しかければ大丈夫です。乗り過ごしてしまったり、誤ったバス停で降りてしまうと、夕方以降はバスの本数も減るため、何十分も待たされることになるので気をつけましょう。

トラム
アデレードのトラムは、アデレードのシティから、グレネルグビーチまで続いており、約10~20分間隔で運行しています。シティ内とグレネルグビーチ付近は無料で乗ることができるので、無料バス同様、ちょっとした観光や移動にはとても便利です。

電車
アデレードの電車は、アデレードシティ内の駅Adelaide Railway Stationから南北へと走っています。路線は少なく、アデレードシティ内には駅が1つしかないため、特に迷うことはないでしょう。

メトロチケットとメトロカード

上記の、アデレードすべての公共交通機関には、メトロチケット (切符)またはメトロカード (電子マネーカード)を使って乗ることができます。
チケットでもカードでも、2時間以内であれば、すべての公共交通機関に追加料金なしで乗車することができます。
メトロカードは、日本のSuicaやICOCAと同様に、事前に自分のカードに入金しておき、乗車時に専用の機会にタッチすることで自動的に料金が引き落としされる電子マネーカードのことです。降車時のタッチは不要、また、無料区域でもタッチの必要はありません。
メトロカードは、Regular (通常、青)、Concession (フルタイム学生、緑)、Student (小中学生、オレンジ)、Senior (シニア、白)の4種類に分かれてあり、語学学校を含むフルタイムの学生は、就学期間が1週間以上あればConcessionカードの適用が可能です。
Concessionカードを使う場合は、学生として滞在していることを証明する学生証などを一緒に持ち歩くことをお勧めします。なぜならば、トラム、電車、バス内では、抜き打ちのチェックが入り、メトロカードをちゃんとタッチしているか、学生ではない人がConcessionカードを利用してないかを見られるからです。それらを証明できなかった場合、罰金を取られる可能性があるので十分に気を付けましょう。

証明書 参照:https://www.adelaidemetro.com.au/Tickets-fares/Concession-Cards 

片道 (Single trip) 片道 (Day trip ※3)
ピーク時※1 ピーク時※2
大人 (Adult)
メトロカード $3.70 $2.03
メトロチケット $5.50 $3.60 $10.40
2 Section
メトロカード $2.00 $1.50
メトロチケット $3.50 $2.60
フルタイム学生 (Concession and tertiary student)
メトロカード $1.83 $0.98
メトロチケット $2.80 $1.40 $5.20
シニア・子供 (Primary and secondary student)
メトロカード $1.24 $0.98
メトロチケット $2.70 $1.40 $5.20
Metrocard 28日間定期券
大人 $99.00
フルタイム学生 $49.00
シニア・子供 $25.00
Metrocard 14日間定期券
大人 $60.00
フルタイム学生 $29.50
シニア・子供 $15.10

※1 平日の~9:01、15:00~、土曜日終日 ※2 平日の9:01~15:00、日曜・祝日終日 ※3 使用開始日から翌日の4:30a.m.まで

■ メトロカード購入方法
メトロカードは、アデレード市内にあるアデレードメトロインフォメーションセンターやコンビニ、チケットの販売機などで購入ができます。
また、メトロチケットはバスの運転手さんからも直接購入することも可能です。おつりが出ない場合もあるため、小銭があるといいでしょう。メトロカードは運転手さんからの購入はできません。
詳細:https://www.adelaidemetro.com.au/Tickets-fares/Where-to-buy 

■ アデレードメトロ サイト
アデレードのすべての公共交通機関情報はウェブページで確認できます。すべて英語になりますので、英語の勉強のためにもぜひ利用しましょう。
サイト:https://www.adelaidemetro.com.au/ 
乗換案内もチェックできます!https://www.adelaidemetro.com.au/planner/ 

  •  J-CROSS 留学サービス審査機構
  • JAOS一般社団法人海外留学協議会
  • English Australia
  • New zealand education
  • 東京都知事登録旅行業 第3-6137号

ページトップボタン