LINE
留学マガジン

■書籍名:
グローバル社会で生き抜ける子どもに育てる方法
■著者:松久保朱美

  • ワールドアベニュー最新情報
  • 2017.02.16

South Australia Government School(南オーストラリア州立高校)-オーストラリア高校留学

Terada
Terada

総面積世界第6位、日本の23倍という広大な国土を持つオーストラリアには、クイーンズランド州、ニュー・サウス・ウェールズ州、ビクトリア州、南オーストラリア州、西オーストラリア州、タスマニア州の6つの州とノーザンテリトリーと呼ばれる準州、首都キャンベラのある、オーストラリア首都特別地域(ACT)に分かれます。

日本からの直行便も多く、時差も少なく、気候も暖か、日本語教育が盛んで人々が非常にフレンドリーなオーストラリアは、安心して留学できる国として高い人気を誇る国です。特に中学生、高校生のご年齢のお子様の留学先として、大きな注目を集めています。

オーストラリア留学で人気の州の一つである南オーストラリア州。
今回は、南オーストラリア州政府教育機関の留学生担当者からお話を伺いました。

南オーストラリア州(アデレード)はどんなところ?

南オーストラリア州(アデレード)の特徴:
• 人口120万人の、のんびりとした沿岸都市
• さまざまな場所から直行便でのアクセス可能
• 自然環境に恵まれたクリーンな都市
• 交通網の整備された都市
• 高等教育、訓練、研究機関が集中する便利な教育の拠点
• オーストラリアの空港、道路、鉄道ネットワークの中心
• 活気ある多文化コミュニティー
• リーズナブルな生活費用
• さまざまな文化や芸術に触れることのできる都市
• 豊富な観光と体験が可能

南オーストラリア州は、オーストラリア中央南部に位置する州で、本島と離れたタスマニア州を除く、すべての州と接する唯一の州です。南はインド洋に面し、気候は温帯性のため、真夏で平均最高気温30度前後、平均最低気温17度前後、真冬で平均最高気温15度前後、平均最高気温8度前後と比較的暮らしやすい気候です。

アデレードの気候
季節 気温と特徴
夏(12月-2月) 17度-30度|カラッと乾燥した暑さ
秋(3月-5月) 15度-26度|温かくやや雨が降る
冬(6月-8月) 8度-18度|涼しく多少雨が降る
春(9月-11月) 10度-20度|温かく過ごしやすい

州の総人口数は国内の約8%と少な目ですが、州内陸部が砂漠化した地域となるため、ほとんどの人口が、州都であるアデレードに集中しています。よって、小さい街ながらも、交通機関や各種サービス機関は整っているため、生活に不便を覚えることはありません。
アデレードは街の端から端まで20分間で歩けるということから、20ミニッツシティなどと呼ばれ、大人の方は「飽きてしまう……」という方もいるかもしれません。しかし、道に迷ったり、娯楽にお金を使いすぎたりすることなく生活できるため、中学生、高校生にとっては、安心して留学できる都市の一つと言えます。

↓実際にどのような生活を送ることができるのか、覗いてみましょう!

Adelaide: The city created for students

訳:
アデレードでの生活は他に類を見ません。
アデレードを始めて訪れたとき、私たちはとても歓迎されているような心地よい気持ちになりました。皆さんも、アデレードに来られたら感じるはずです。留学はとても大きな挑戦ですが、その分、あなたの人生において価値ある経験となります。
アデレードは、留学生の安全と、価値ある時間を保証します。

南オーストラリア州での中学・高校留学の魅力とは?

南オーストラリア州では、毎年1,000を超える留学生を、世界中から受け入れています。
州都であるアデレードには600を超える州認定の高校が存在し、その内100以上の高校で留学生の受け入れを積極的に行っています。留学生を受け入れるすべての高校では、留学生を受け入れるための仕組みを整えており、各校でサポートを徹底して行っています。
学校へは公共交通機関を利用して不便なく通うことができ、放課後も少し足を伸ばせば、シティで買い物やカフェタイムなどを楽しむことができます。また、週末にもスポーツや映画、各種イベントなどを楽しむことができる環境が整っているため、週末も退屈することなく過ごしていただけます。
全ての州立高校は、広いグラウンドを持っており、自然に囲まれた開放的なキャンパスとなっています。
各キャンパスには最新の設備(図書館、理科室、パソコンルームなど)が完備されており、いくつかの学校では特別な音楽や化学、数学、スポーツ、演劇、デザインなどのクラスを開講しており、それらを学ぶ上で必要なレベルの高い設備を用意しています。
南オーストラリア州は留学先として選ぶ上で、多くの魅力を有しています。
・充実したカリキュラム
・質の高い教師陣
・特殊でユニークな選択科目
・音楽コンクールなどの多種多様な教育活動参加の機会
・手厚い留学生サポートシステム
・充実した学習支援体制

特に、経験豊富なサポーターによる個々の学生サポート体制は非常に魅力的なポイントです。南オーストラリア州立校では、精神面、学習面、将来の目標に向けた進路相談など、24時間緊急時の対応も含め、柔軟に対応しています。充実したサポート体制にあるからこそ、安心した生活を送ることができる、結果有意義な留学経験を得ることができます。
南オーストラリア州では、価値ある留学を提供します。

1、1日の生活


↑学校の風景がわかる動画

動画をご覧いただき、いかがでしたでしょうか。
明るく開放的で自然豊かな校舎で、生徒たちがのびのびと、且つ積極的に学習に取り組んでいる姿をご覧いただけたかと思います。

南オーストラリア州では、留学生が共に暮らす親戚または家族の友人などを指名しない限り、原則としてホームステイの手配を行います。(13歳以上が対象)

ホームステイ手配に関しては、日々の生活や学習に対して、協力的なホームステイファミリーと生活を共にすることで勉強にも有利となり、オーストラリアでの留学体験がより豊かになるよう、南オーストラリア州教育省より、厳しい審査を受け、一定の水準に基づき、認可を受けた家庭です。留学生の希望や趣味、性格などを踏まえ南オーストラリア州政府教育機関が慎重に選定を行います。

南オーストラリア州立高校留学_ホストファミリー

ホームステイには下記の内容が含まれています。
・家具付きの寝室
・1日3食(朝食、昼食、夕食)付
・洗濯
・テレビ、インターネット、およびアイロンなどの家の共有設備の使用
・オーストラリア到着時の送迎
・学校初日の送迎
・銀行口座開設のサポート

1日のサンプルスケジュール
時間 内容
06:00am~07:00am 起床・朝食/通学
08:30am~09:25am 1時限目
09:25am~10:15am 2時限目
10:15am~10:45am モーニングティー(中間休み)
10:45am~11:35am 3時限目
11:35am~12:20pm 4時限目
12:20pm~01:20pm 昼食
01:20pm~02:10pm 5時限目
02:10pm~03:00pm 6時限目
03:00pm ~ 宿題センター、課外活動、学習活動
05:00pm ~ 帰宅・ホームステイへ
~ 10:00pm 夕食・宿題・ホストとの談話・就寝

2、カリキュラムと専門科目

カリキュラム
Seaview High School
※Seaview High School

該当する年齢で身に付けるべき以下のスキルと能力を養成するため、課題を生徒に提供しています。

• 識字能力
• 計算能力
• 情報および通信技術
• 論理的および創造的思考
• 倫理的理解
• 個人的および社会的能力
• 異文化間の理解

学生が上記のスキルや能力を培うことができるよう、学校では以下を中心にさまざまな科目を提供しています。

中心となる科目:
英語(国語)、数学、科学、人文科学と社会科学、芸術、語学、保健体育、技術、仕事研究

なお、高校課程修了後、高等教育機関への進学を目指す場合、Year11(日本の高校2年生)とYear12(日本の高校3年生)は、SACE(South Australian Certificate of Education)と呼ばれる南オーストラリア州教育修了資格を取得するため、学習内容をより深く理解し、知識および高度なスキルの獲得を目指す必要があります。

専門科目
Port Lincoln High School
※Port Lincoln High School

南オーストリア州政府教育機関では、上記のカリキュラムの中でさまざまな専門科目を提供しています。
特定の科目分野で才能がある、または特定の科目分野に強い興味関心のある留学生は、学校選択を行う際に下記の専門科目を考慮する必要があります。

専門科目の例
• 科学と数学:ロボット工学、法学、ナノテクノロジー、天文学、ブドウ栽培など
• 保健体育:心理学、ホスピタリティー、サーフィン、ゴルフ、サイクリング、野外教育など
• 芸術:音楽、バレエ、コンテンポラリーダンス、繊維、ファッションなど
• 技術:コンピューター支援設計、放送、グラフィックデザイン、写真、アニメーションなど

特別専攻コース
Seaview High School
※Seaview High School

一部の学校では、特定の科目分野で才能がある、または特定の科目分野に強い興味・関心を持つ生徒を対象に、特別専攻コースも実施しています。具体的な例としては、語学、音楽、パフォーミングアーツ、スポーツなどが挙げられます。これらのコースは通常、該当コースを持つ学校にとって、非常に力を入れている領域であり、履修している学生のレベルも非常に高いことが多く、コースを履修するためには、生徒の適性の証明、オーディションまたはテストを事前に求められることがあります。また、追加料金がかかる場合があります。

課外活動、クラブ、大会
Henley High School
※Henley High School

学校では、音楽バンド、エンジニアリングの大会(ロボットコンテストのような大会)、スピーチコンテスト、演劇制作、スポーツチーム、アドベンチャー活動など、学校主催のあらゆる活動に個人またはチームのメンバーとして参加する機会も提供しています。

さまざまな州の大会、全国大会、または国際大会へ出場することは、学生にとって、さらなる挑戦となり、学問、スポーツ、エンタープライズ、およびリーダーシップを含む多数の分野で、生徒の能力、スキルおよび知識を向上させる機会を持つことができます。

3、プログラム

Seaview High School
※Seaview High School

南オーストラリア州では留学生に対し、大きくわけて3つの留学プログラムを提供しています。

1、High School Study Abroad Program(高校短期留学プログラム)
目的:アデレード都市部での文化体験
年齢:13~18歳
希望の渡航期間:1から4ターム(10週間から1年間)

日本の高校の1学期間弱を休学し、南オーストラリア州立校に1ターム(学期)間、留学するプログラムです。
南オーストラリア州では、学期は4ターム(学期)制となっており、原則最短1ターム(学期)=約10週間からの留学が可能です。近年では留学を目的とした場合、公休扱いしてくれる日本の高校も増えてきているため、日本の夏休み前後で10週間の留学プランを計画してみるのもよいかもしれません。

2、Regional Study Abroad Program(地域短期留学プログラム)
目的:南オーストラリア州地方での文化体験
年齢:13~18歳
希望の渡航期間:1から4ターム(10週間から1年間)

日本の高校を1年間、休学しての留学です。
オーストラリアの高校は下記のようなスケジュールとなっています。卒業を目指す留学の場合、現在の英語力や成績によって入学できる学年やタームが制限されることがありますが、1年以下のStudy Abroad Programの場合はいずれのタームからの入学も可能で、且つ、極端に英語力が低かったり成績が悪かったりしない限り、1タームだけ英語の授業で、その後はネイティブの学生と共に肩を並べて数学や理科など本科のカリキュラムを受講できます。しかも通年で成績も出してもらうことができるため、「認定留学」で、日本の高校に単位を認めてもらい、学年を落とさず高校を卒業したいと考えている方に、おすすめです。
※受験のことを考えると、決してメリットとは言い切れませんが、近年、海外の高校で勉強し取得した単位を日本の高校の単位として包括的に認め、認定留学という扱いにしてくれる高校も増えてきています。

オーストラリアの高校 スケジュール
ターム(学期) 期間
1ターム 1月から4月
2ターム 4月から7月
3ターム 7月から10月
4ターム 10月から12月

3、High School Graduate Program(高校卒業プログラム)
目的:南オーストラリア州で高校を卒業する教育プログラム
年齢:13~18歳
希望の渡航期間:1年間から7年間

文字通り「卒業」を目指す留学プログラムです。
留学は早ければ早い方が、当然ですが入学に伴う英語力の規定も、就学内容も易しいため、学年を遅らせる必要性も低くなりますし、渡航後勉強についていけないということも少なくなります。
若い年齢であればあるほど、送り出すご両親様、飛び立つご本人様にも不安は大きいかと思いますが、「卒業」を見越してのご留学、ましてや、海外の大学進学などを念頭においているのであれば、できるだけ早い時期からのご留学がお勧めです。
お問合せをいただいた段階で渡航時期として希望が多いのは日本の中学校3年を卒業した年の4月(2ターム目)ですが、オーストラリアの新学期が1月(または2月の頭)のため、中学3年を卒業する少し前のタイミングでの出発を視野にいれていただけるとよいと思います。

▼南オーストラリア州立校 パンフレット(ダウンロード可能)

州政府教育省 留学生サポート担当者からメッセージ

International-Coordinator
Mr. Andre Petrillo(写真左)|Ms. Jill Simmons(写真右)
International Business Coordinator
International Education Services
Department for Education and Child Development

South Australian Government Schools
South Australia enjoys a high quality lifestyle with opportunities for all. South Australia’s capital city, Adelaide, is a friendly welcoming and sophisticated city and repeatedly ranked among the world’s top 10. Being smaller than some other Australian cities, our public transport network is well-planned and efficient, our city is clean with blue skies and attractive heritage and natural environments and living, studying and entertainment expenses are most affordable. Adelaide is accessible via direct international flights from a number of countries.

South Australian Government Schools has been providing study abroad experiences since 1989 which means we have extensive experience in caring for students from all cultures. Studying with us is easy because we personally manage every aspect of a student’s study program and homestay accommodation so you don’t have to worry about who is looking after your child. This makes South Australian Government Schools unique in Australia.

Our schools have large open spaces and natural environments and offer a range of unique and special focus subjects, program and co-curricular activities. This means students have a clean, quiet and beautiful area to expand their academic learning by accessing new and exciting subjects not available to them in their home countries.

Supporting students in their studies is important to us. Before you arrive we send you a pre-departure pack full of helpful tips. On arrival in Australia you will be greeted at the airport and introduced to your homestay family, who will welcome you as a member of their family. At your new school, you will be met by your international student program manager who will help you settle into school life. Throughout your stay you will have access to our 24 hour emergency phone service.

Our affordable program tuition fees mean you can undertake an overseas study experience as well as enjoying a complete cultural experience.

Ask about our High School Graduate Program and take the first step towards expanding your academic and cultural opportunities.

訳:
南オーストラリア州立学校
南オーストラリアでは上質なライフスタイルを楽しむことができます。南オーストラリアの州都であるアデレードは、他の地域から訪れた多くの人々と迎え入れる、フレンドリーで洗練された都市のひとつです。また、世界ランキングトップ10に毎年ランクインするほど住みやすい都市でもあります。
アデレードは、オーストラリアの他都市に比べ、小さい都市にはなりますが、公共交通機関も発展しており、生活しやすい環境となっています。青い空、魅力的な文化遺産、手つかずの美しい自然もあり、生活・勉強・遊びにかかる費用も、他都市と比較して手ごろです。且つ、アデレードは、様々な国から国際線が飛んでおり、アクセスも良く、他国からも渡航しやすい場所です。

南オーストラリア州立学校は、1989年より様々な方に留学を経験いただけるよう留学プログラムを提供しています。留学プログラムを提供することで、多くの国から訪れる留学生のサポート経験を長年にわたって積んで参りました。
州立学校で提供する留学プログラムは、州の教育省である私たちが管理しています。
例えば、留学生の生活の場となるホームステイの手配も州の教育相自身が行っています。よって、誰が留学するお子様に対し責任を持っているのか、が、明確になっており、お子様を送り出す保護者様も安心です。この制度は、中学生、高校生の留学を考える中で、他の国や都市と比較し、南オーストラリア州のユニークな点とも言えるでしょう。

南オーストラリア州の教育省の教育機関には、広大なグラウンドや自然環境と隣接した環境にあり、生徒や社会のニーズに応える多種多様な独自のプログラムや他ではあまりない教科、プログラム、またアクティビティを提供しています。留学生たちは静かで美しい環境の中、自国ではなかなか受講することができない新しくユニークな教科に出会うことができます。

南オーストラリア州教育省として、留学生のサポートを行うことは、とても重要なことだと考えています。
出発に向け、さまざまな準備を円滑に行っていただけるよう、留学生が自国を出発する前に、Pre-departure packと呼ばれる出発前オリエンテーションパックをお渡します。また、オーストラリア到着時には、空港で出迎えを行い、滞在期間中の家族となるホストファミリーを紹介します。新しい学校では、留学生担当スタッフと面談し学校生活のいろはを学んでいただきます。滞在期間中、24時間の対応可能な電話による緊急サポートもついているため、何かあった際にはすぐに連絡が可能です。

このように、南オーストラリア州ではリーズナブルな費用で、多くの方々に海外での学生生活を経験し且つ多文化の環境を楽しんでいただけるよう尽力しています。

是非、高校留学プログラムに関し聞いて頂き、多文化の中で経験する学生生活をスタートする第一歩を踏み出してくださいね。

さぁ、あなたもアデレードで素敵な留学生活を送ろう!!

さいごに。

南オーストラリア州立高校_国際交流
オーストラリアは、小学校、中学校、高校の約7割を国公立(州立校)が占め、カリキュラム決定や学生のサポートは各州の教育相が責任をもって担当しています。これはオーストラリアの小学校、中学校・高校へ留学する留学生へのサポ―トも同様です。

ワールドアベニューは、オーストラリアすべての州の政府と、オーストラリア首都特別地域運営の専門学校から正規の留学エージェント認可を受けています。州政府が運営する公立の小中高、また専門学校の入学手続きが可能な数少ない日本の留学エージェントです。
※オーストラリア各州の教育機関へ出願手続きを留学エージェントが代理で行う場合、その州から正式な窓口として認められた留学エージェントでなければ、出願は受付られません。
正式な留学エージェントとして認められるためには、オーストラリアの教育機関からの厚い信頼や長年の実績を証明する必要があり、どこの留学エージェントでも、なれるというものではありません。

南オーストラリア州含む、オーストラリアでの中学・高校留学について、詳しく知りたい!という方はワールドアベニューの無料カウンセリングをご利用ください。

留学カウンセリング

その他、中学・高校留学の概要は「オーストラリア 中学・高校留学」から

  •  J-CROSS 留学サービス審査機構
  • JAOS一般社団法人海外留学協議会
  • English Australia
  • New zealand education
  • 東京都知事登録旅行業 第3-6137号

ページトップボタン