カナダの留学情報

カナダで海外留学を
スタートしよう。

世界第二位の国土を持つカナダは、アメリカと隣接している国でありながら、治安が比較的よく、ニューヨークやロサンゼルスなどと比較すると物価もやや低めなこと、また留学制度も充実していることから渡航先として人気の国の一つです。
カナダ最大の都市トロントは「モザイク都市」、「リトルニューヨーク」などと呼ばれ、世界中の人々と交流を持つことのできる環境が整っています。北米圏へリーズナブルに安心して留学したいという方におすすめの国です。

基本情報

国土面積 約998.5万平方キロメートル(世界第2位、日本の約27倍)
首都 オタワ
人口 約3,599万人 (2015年10月加統計庁推計)
平均寿命 82.2才
気候 国土が広大なためいくつかの気候地域をもつ。渡航先として一番人気の都市トロントは、オンタリオ湖の影響から穏やかでロッキー山脈以東では最も温暖で降雪の少ない地域のひとつであり、年間を通して季節の変化がはっきりしている。ただし年によって気候の変化が激しく、特に冬は顕著。年によっては最低気温マイナス30~40度にまで下がることもある。2番目に人気を誇るBC州は州の南西部のバンクーバーは、カナダのなかでは比較的温暖で暮らしやすい気候。ただ、沿岸地帯が黒潮の影響で温帯に分類され秋から春にかけて降雨量が大きい。

治安

同じ国でも都市やエリア、昼夜で異なり、治安の比較基準も曖昧な部分がありますが、トロント、モントリオール、カルガリー、バンクーバー、オタワといったカナダの主要都市は、さまざまな調査機関において、世界で治安の良いとされる国のランキングで常連都市です。
過去、銃規制もゆるく同時爆破事件の起こった経験のあるアメリカは、治安面での不安要素もありますが、カナダではそのような話はありません。当然拳銃の所持も違法です。留学生本人はもちろん、ご両親も安心できる治安の良い国です。

物価

乳製品、鶏肉、紙製品などに関しては、カナダの方が全般的に高めですが、果物や野菜に関しては日本よりも安く、商品によっての差異はあるものの、カナダの物価は日本とほぼ同水準といえます。
ただし、カナダでは、各州によって税率が異なり、州税と物品サービス税が、外税方式でかかってきたり、アルコールや煙草などには別に高い税率が課されているため、嗜好品は日本よりもやや高めです。レストランでの食事、ショップでの値札などは、会計時に別途税金がかかってくるので注意が必要です。

カナダで可能な
留学プログラム

短期留学

大学生や社会人を対象として最短2週間から最大24週間まで渡航可能な留学。
ワーキングホリデーや学生ビザなど複雑なビザ申請手続きは必要のない観光ビザで渡航できる短期留学だが、他の多くの国が観光ビザの期間を最大12週間とするなか、カナダは24週間までの渡航が可能な点が魅力の一つ。

  • 大学生・社会人向け
  • 期間:2週間〜
  • 費用:低

詳細はこちら

語学留学

海外の友達を作りたい!という方から大学進学を検討される方まで、目的に合わせて選ぶことが可能。入学に一定の英語力の規定はなく、初級から上級の方まで、レベルに合わせて適切な環境で就学できる。トロントならニューヨーク、バンクーバーならシアトルなどへ日帰りで旅行も可能なカナダで、カナダの自然もアメリカの都会も堪能しながら語学力を伸ばすことができる。

  • 大学生・社会人向け
  • 期間:24週間〜
  • 費用:高

詳細はこちら

ワーキングホリデー

物価が高く、学生ビザでの就学が難しい北米圏において、留学費用を抑えながら滞在できる唯一の留学制度がカナダのワーキングホリデー制度。就学・就労ともに規定も柔軟で、学生にも社会人にも人気の留学。ただし、ワーキングホリデービザ発給数には制限があり、ビザ申請要項も毎年変更となるため、ビザ取得にはプロの留学会社からのサポートをうけることがおすすめ。

  • 大学生・社会人向け
  • 期間:1年間〜
  • 費用:中

詳細はこちら

休学・認定留学

大学生を対象とし、長期間留学を行うことで確かな英語力と就職活動を有利にすすめるための武器を取得することを目的とした留学。英語研修期間中に、一般英語だけではなく、ビジネスシーンにおける英語を学んだり、就職活動の際、履歴書にかける公式英語スコア(TOEFLやケンブリッジ英語検定など)のハイスコア取得などにチャレンジすることができる。

  • 大学生向け
  • 期間:24週間〜
  • 費用:中

詳細はこちら

カナダ留学で
人気の都市