カナダの留学情報

カナダで海外留学を
スタートしよう。

世界第二位の国土を持つカナダは、アメリカと隣接している国でありながら、治安が比較的よく、ニューヨークやロサンゼルスなどと比較すると物価もやや低めなこと、また留学制度も充実していることから渡航先として人気の国の一つです。
カナダ最大の都市トロントは「モザイク都市」、「リトルニューヨーク」などと呼ばれ、世界中の人々と交流を持つことのできる環境が整っています。北米圏へリーズナブルに安心して留学したいという方におすすめの国です。

基本情報

国土面積 約998.5万平方キロメートル(世界第2位、日本の約27倍)
首都 オタワ
人口 約3,599万人 (2015年10月加統計庁推計)
平均寿命 82.2才
気候 国土が広大なためいくつかの気候地域をもつ。渡航先として一番人気の都市トロントは、オンタリオ湖の影響から穏やかでロッキー山脈以東では最も温暖で降雪の少ない地域のひとつであり、年間を通して季節の変化がはっきりしている。ただし年によって気候の変化が激しく、特に冬は顕著。年によっては最低気温マイナス30~40度にまで下がることもある。2番目に人気を誇るBC州は州の南西部のバンクーバーは、カナダのなかでは比較的温暖で暮らしやすい気候。ただ、沿岸地帯が黒潮の影響で温帯に分類され秋から春にかけて降雨量が大きい。

治安

同じ国でも都市やエリア、昼夜で異なり、治安の比較基準も曖昧な部分がありますが、トロント、モントリオール、カルガリー、バンクーバー、オタワといったカナダの主要都市は、さまざまな調査機関において、世界で治安の良いとされる国のランキングで常連都市です。
過去、銃規制もゆるく同時爆破事件の起こった経験のあるアメリカは、治安面での不安要素もありますが、カナダではそのような話はありません。当然拳銃の所持も違法です。留学生本人はもちろん、ご両親も安心できる治安の良い国です。

物価

乳製品、鶏肉、紙製品などに関しては、カナダの方が全般的に高めですが、果物や野菜に関しては日本よりも安く、商品によっての差異はあるものの、カナダの物価は日本とほぼ同水準といえます。
ただし、カナダでは、各州によって税率が異なり、州税と物品サービス税が、外税方式でかかってきたり、アルコールや煙草などには別に高い税率が課されているため、嗜好品は日本よりもやや高めです。レストランでの食事、ショップでの値札などは、会計時に別途税金がかかってくるので注意が必要です。

カナダ留学の
ビザ制度とは?

カナダへ留学するためにはビザ(査証)を取得する必要があります。留学目的によって取得する必要のあるビザが異なりますので、まずは目的にあったビザを選びましょう。
カナダ留学のビザ制度には大きく3つの種類があります。

– 電子渡航証(eTA) –
eTAは、カナダ政府が新たに導入した入国要件で、2016年3月15日より日本人を含むカナダ入国ビザ免除国の国籍を持つ入国者に取得が義務付けられました。eTAでは就学許可証が免除されている6ヵ月以内の就学(目的)を目的とした方も取得が必要です。
– ワーキングホリデー –
18歳から30歳まで(ビザ取得していれば、渡航時に31歳になっていても問題はありません)を対象としたビザで、最長6ヵ月間の就学と滞在期間中の就労が許可されている、仕事も遊びも勉強もなんでもできる留学制度です。2018年4月現在、カナダのワーキングホリデービザ申請は抽選式となっており、ビザ取得に困難が生じているため、カナダのワーキングホリデー希望者は、ビザ取得に伴い、早めはやめの行動が必要です。
– 学生ビザ –
カナダで6ヵ月以上就学(留学)する場合、または6ヵ月以下のコースを受講する場合でも、コース修了後就学を延長する可能性がある場合には就学許可証(Study Permit)が必要です。

参照:カナダ大使館ホームページ

カナダで可能な