カナダ留学のメリット

豊富な選択肢!日本人のニーズにマッチする語学学校多数!

カナダ留学のメリットの一つが、語学学校の質と量(数)にあります。
留学するうえで、最も大きな目的の一つに、「英語力向上」が挙げられます。カナダの場合、この語学力を伸ばすうえで強い味方となる語学学校のバラエティが非常に豊富です。

はじめに▼ 
日本人留学生にとってメリットの多いカナダの語学学校▼ 
カナダの語学学校が日本人のニーズにマッチするカリキュラムやコースを提供できる理由▼ 
まとめ ▼ 

はじめに


カナダの語学学校はアメリカやオーストラリア、イギリスなど、他の主要英語圏の語学学校と比較し特徴ある語学学校が多く存在します。例えば、通常5~6段階が一般的な英語のレベル分けですが、カナダの語学学校の場合、10段階以上と細かくレベル分けされていたり、スピーキングやリスニング、発音など強化したい技能に合わせた豊富な選択科目があったり、インターンやボランティアなど英語プラスアルファのプログラムやコースを持っていたりします。自分にあった語学学校を見つけることができるのはカナダ留学の大きなメリットの一つです。

日本人留学生にとってメリットの多いカナダの語学学校


高校留学、大学進学、ワーキングホリデー、インターンなどさまざまな留学がありますが、カナダの高校や大学に通う場合も、ワーホリやインターンなど、現地で働く場合も、一定の英語力が必要です。この一定の英語力を身に付けるうえで強い味方となるのが「語学学校」です。

語学学校といっても学校規模も開講されているコースの種類も、国籍比率も、ありとあらゆるものが異なります。
国によっては、学校運営に関するガイドラインがかなり厳しく定められ、学校格差の少ない国もあります。もちろん、カナダの場合もLanguages Canadaと呼ばれ、授業カリキュラム、教員資格、学生サービス、学生受入れ、マーケティング、販売促進、施設、および事務管理など、学校の品質保証を行うための制度も存在します。しかし、カナダの場合、一定のガイドラインはあるものの、そこをベースに他校との差別化を図るため、さまざまな工夫を行い切磋琢磨しています。

日本人留学生の特徴として、
・スピーキングや発音など、「英語を話す」ために必要な技能を向上させたいという気持ちを持つ方が多い
・欧州、南米諸国などアジア以外の国の学生との就学環境を好む、英語技能(読む・書く・聞く・話す)にばらつきがある
・多文化のなかでの生活に免疫がなく、留学してすぐのタイミングで相談できる存在(日本特有の文化や習慣に対し理解がありつつも、海外生活歴が長く、カナダでの留学を適切に導いてくれる存在)を求める などが挙げられます。

そう、日本人は、結構わがままなのです。
そんな、わがままな日本人のニーズに応えるべく、カナダの語学学校各校は、さまざまな工夫を行っているのです。

代表的な例を3つほど、ご紹介しましょう。

1.選べる授業時間数
2.「コミュニケーション重視」というキーワード満載のカリキュラム
3.日本人サポーター在籍

代表例 1 選べる授業時間数


近年、治安が悪く英語にも強い癖があるにも関わらず、フィリピン留学を希望する人が多くいらっしゃいます。
その理由の1つが授業時間数です。中学校でも高校でもそうですが、通常「学校」での授業時間数は長くても5~6時間程度です。しかしフィリピン留学では、多くの学校で7時間、8時間といったかなり長い時間、就学できることを謳っています。そんな謳い文句に魅了されてしまうのが、まじめで勤勉な日本人です。

短期集中というよりも、長時間勉強することで、英語力が伸びるように感じている方が多いのでしょう。

通常、英語圏にある語学学校の授業時間数は1日3時間から長くても5時間程度です。しかし、カナダの語学学校では、1日6.5時間~7時間と比較的長い時間数のコースを用意しています。

例えば、トロントにキャンパスを構えるQuest Language Studiesでは、タイムスケジュールを7つ設け、さらにコースを週20時間、28時間、32時間と希望にそった時間数で受講することができるようになっています。
長時間勉強したいと考える日本や韓国の学生に対しても、短期集中を希望する南米や欧州の学生にも、どちらにも応えるカリキュラムになっているということです。

希望する授業時間数で勉強ができ、且つ国籍比率の偏りにも配慮されている点は日本人にとってはとても魅力的な環境と言えます。

Quest Language Studies

代表例 2 「コミュニケーション重視」というキーワード満載のカリキュラム


先述している日本人留学生の特徴にも挙げているように、日本人は、スピーキングや発音など、「英語を話す」ために必要な技能を向上させたいという気持ちを持つ方が多いです。そんな日本人の希望に応えるかのように、カナダでは「コミュニケーション重視」というキーワードが盛り込まれたカリキュラムを持つ語学学校が多く存在します。

例えば、カナダでも1、2を争うILSCでは、教育理念そのものに、コミュニケーション力向上を意識するキーワードが多く盛り込まれています。また、豊富な選択科目を用意するILSCでは「ディスカッションサークル」「英語コミュニケーション」「スピーキングダイナミックス」「スピーキングエクセレンス」「30歳以上英語コミュニケーション」、他にも、「カンバセーション」「発音」「パブリックスピーキング」など、コミュニケーション力を意識したレッスンを数多くそろえています。

あらゆる角度からコミュニケーション向上を支えてくれるカリキュラムがあるという点は、「英語を話す」ことにコンプレックスを持っている日本人にとって非常に大きなメリットといえるでしょう。

ILSC

代表例 3 日本人サポーター在籍


カナダの語学学校には、そのほとんどに日本人マーケターまたはサポートスタッフが在籍しています。
明確な理由はわかりませんが、日本人留学生に人気の他国、例えばオーストラリアやニュージーランドと比較しても、日本人スタッフが在籍している数は圧倒的に多めです。

到着してすぐは、カナダでの公共交通機関の使い方やお金の使い方、銀行口座の開設方法、滞在先の探し方など生活面で困ることも多く、また友達作りや英語の勉強に関しても、経験豊富な誰かに相談に乗ってもらいたくなるものです。ただ、だからといって日本人留学同士で固まってしまうのは留学の目的や目標から考えても、本意ではありませんよね。

その点、語学学校の日本人スタッフは、「英語力を伸ばす」という目的をきちんと理解しているため、本当に必要なときは日本語で対応してくれますが、原則英語で対応してくれます。いざという時の安心感は残しつつ、英語力をきちんと伸ばすことのできる環境が整っているという点は嬉しいポイントですよね。

カナダの語学学校が日本人のニーズにマッチするカリキュラムやコースを提供できる理由


カナダの語学学校が日本人のニーズにマッチするカリキュラムやコースを提供できる理由は大きくわけて2つあります。
1つ目は先述している通り、日本人スタッフ、日本人マーケターが在籍していることが多く、日本人留学生に刺さるカリキュラムやコースなどを常日頃考えているという理由。2つ目は、日本人留学生が非常に多く、日本人のニーズに応えるカリキュラムを作成することで、語学学校側も「稼げる」という理由があります。

先述しているように、スピーキング力や発音に対し強いコンプレックスを持つ日本人にとって、スピーキング力やカンバセーション、発音を強化できる選択科目が豊富である点は非常に魅力的です。日本人留学生が非常に多いカナダの語学学校では、まじめで長期間通ってくれる日本人はとても大切なマーケットです。

したがって、多くの語学学校が、日本人のニーズにマッチするカリキュラムやコースを提供しているわけです。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
留学で重要なことは、勉強だけではなく、その国、その都市で実際に生活することで得られる経験や出会いなども重要なエッセンスです。しかし、コミュニケーションツールとなる英語力なくして、出会いも経験も得ることはできません。
レベル分けの充実度や、選択科目の豊富さ、授業時間数の長さ、教師の質など、魅力ある語学学校は学費も決して安くはありません。しかし、せっかく時間とお金をかけて留学するのであれば、かけるべきところにしっかりと投資し、よりよい留学にしていただきたく思います。

カナダには、さまざまな種類の語学学校が存在します。
日本人留学生が抱える悩みに答えてくれるカリキュラムやサポート体制を持つ学校も多く存在しますので、ぜひ自分にあった語学学校、そして留学を見つけましょう。

  • New zealand education
  •  J-CROSS
  • JAOS
  • English Australia
  • 東京都知事登録旅行業 第3-6137号

ページトップボタン