中学・高校留学

本物の国際人を目指すなら
中学・高校留学
多感な10代を海外で!
自立心と本物の英語力を手に入れよう。

グローバル化が急速に進むなか注目を集める10代からの中学・高校留学。
親元を離れてたった1人での海外生活には、大人になってからの留学とは違う不安がつきまといますが、その分、日本で生活していたら絶対に身につかない自立心や積極性、そして何よりも多感な時期をネイティブ環境で過ごすことによって、本物の英語力を身につけることができます。
ワールドアベニューでは、治安もよく時差も少なく、比較的安心してご渡航いただけるオセアニアを中心に中学・高校留学をサポートさせていただいております。親御さんがいらっしゃらない海外での学習や生活をサポートする学校選定やホームステイのアレンジなど、渡航前から渡航後まで一貫してサポートさせていただきます。

なぜ、中学・高校からの
留学なのか?

“中高時代からの留学だからこその価値がある”

代表取締役 松久保朱美

・オーストラリアボンド大学大学院経営学修士(MBA)
 (Master of Business Administration / Bond University)
・All About「オーストラリア」ガイドとして執筆中
著書:グローバル社会で生き抜ける子どもに育てる方法

現代の子どもたちが大人になるころ、世界20億人が話す共通言語とも言える英語は必須のコミュニケーションツールとなります。加えてグローバル社会で生き抜くための精神的な自立や主体性、コミュニケーション力、異文化理解能力などの力を持っていなければ社会人になって仕事を得ることも難しくなるでしょう。

「自己判断がしっかりとできる大学生になってからでもいいのではないか?」
そんな思いを抱える保護者様も多いかと思います。しかし、まだまだ親離れ、子離れが難しい時期に、留学を通じてぶつかる壁、一つひとつを自分で考え判断する主体性や判断力を養い、成長していく過程は、日本で過ごす高校生活では得られない感動や経験、その先にある成長とグローバルな進路につながるでしょう。

世界は広く、多様性に満ちています。大切なお子様が、できるだけ若いうちに世界を見て、グローバルな環境に身をおき、異文化を受容する力、主体性を持ってコミュニケーションできる力を身につけ、世界で通用する人材に成長するための最初の一歩を踏み出せることを心から願います。

中学・高校留学を
すすめる理由

最も人格が形成される時期に多様な体験ができる

10代の最も多感な時期に該当する中学・高校時代は、人生の中でも好奇心や知識欲にあふれ、学んだことを何でも吸収できる時期です。先入観や既成概念に囚われず、文化や習慣、宗教観や価値観などが異なる社会のなかで生活することで、豊かな人格形成に繋がります。

人生の目標を早くに見つけることができる

オーストラリア、ニュージーランドの中学・高校では、日本と異なり5教科だけに留まらず、演劇や環境科学、デザインや経済学などさまざまな選択科目が用意されています。10代で職業に繋がるさまざまな科目を基礎科目と並行して学ぶことで、将来就きたい仕事のイメージや夢を模索することができ、「なりたい自分」を早い時期に見つけることができます。

「自ら考える力」が養われるため、自主性と主体性が身につく

オーストラリアやニュージーランドの中学・高校では、個々の自立心を育てるという考え方が基盤にあり、さまざ