ヌーサ留学情報

美しいビーチと豊かな自然ビーチリゾート地ヌーサに留学しよう

美しいビーチと手つかずの大自然が残る高級ビーチリゾート地・ヌーサ。落ち着いた雰囲気のなか、ゆったりとした時間が流れるヌーサは、オーストラリアらしい留学生活をしたいという方に最高の都市です。世界中から注目を集めるヌーサは、ネイティブがこぞって訪れる観光地でありながら、日本ではまだ知られていない都市のため、日本人が少ない環境に留学したいという方にはぴったりの都市です。

ヌーサ留学情報

ヌーサって
どんな都市?

ヌーサは美しいビーチと手つかずの自然が残るリゾート地です。ゆったりと落ち着いた雰囲気があることから、日常から離れてオーストラリアらしい生活を過ごしたいという方にぴったりの都市です。
日本ではまだ知名度がありませんが、ネイティブもこぞって訪れる「穴場」のため、日本人が少ない環境で生活したいという方にはぴったりです。今回は世界的にも有名な高級ビーチリゾート地ヌーサでの留学について紹介いたします。

ヌーサでの留学生活

ヌーサ1
ヌーサ2
ヌーサ3
ヌーサ4
ヌーサ6
ヌーサ5
ヌーサ7
ヌーサ8
Loading image... Loading image... Loading image... Loading image... Loading image... Loading image... Loading image... Loading image...

基本情報

クイーンズランド州(QLD) 日本との時差 +1時間
サマータイム なし 最寄り空港 サンシャインコースト空港
空港からの交通手段 バス・タクシー 年間平均気温 20℃
マイグレーション上の規定 その他の都市
(Regional centres and other regional areas)
地域特典 ・優先的に永住権申請権利を得られる地域
・該当地域の大学を卒業した場合、通常のPSWV(Post Study Work Visa)にプラス2年間滞在の権利を得られる など

ロケーション

ヌーサはオーストラリアの第三の都市・ブリスベンから90分ほどの距離にあるサンシャインコーストの北側に位置しています。
オーストラリアでも有数の高級ビーチリゾート地として有名なヌーサは、手つかずのビーチや国立公園があり、ゆったりとした時間が流れていることから、ネイティブもバカンスを楽しむために訪れています。
ビーチリゾート地らしい、穏やかでのんびりとした雰囲気が魅力の都市です。

▼ヌーサ

お役立ち情報
ワーホリ中ヌーサを訪れた方や短期間の留学でヌーサを最大限楽しみたい方に便利!
ビジターインフォメーションセンター

アクセス方法

ヌーサへのアクセスは飛行機、車もしくは電車を利用します。
飛行機を利用する場合、サンシャインコースト空港を利用します。サンシャインコースト空港を発着するフライトを利用する場合、車やタクシー、バスなどを利用して1時間30分ほどでヌーサに到着します。このサンシャインコースト空港へはシドニーから約1時間30分、メルボルンから約2時間20分、アデレードから2時間40分です。
また、車を利用する場合、ヌーサに一番近い主要都市であるブリスベンから約1時間30分でヌーサを訪れることができます。そして、ブリスベンから約2時間毎に運行している電車を利用し、ヌーサに向かうことも可能です。

街並み

ヌーサには木より高い建築物を建ててはいけないという条例があり、豊かな自然が保たれています。
ヌーサメインビーチ横にあるヘイスティングスストリートには、オープンカフェやレストランなどおしゃれな飲食店が立ち並びます。このヌーサメインビーチは波があまり高くないので、子供から大人まで楽しむことができることが特徴です。ビーチ再度には海水浴や日光浴も楽しんでいる方も多くいらっしゃいます。
ヌーサヘッズにあるヌーサ国立公園は、クイーンズランド州でも随一の人気を誇る公園です。野生のコアラや希少な鳥も生息しているためブッシュウォークを楽しめます。ウォーキングコースも多数整備されているため、時間や体力に合わせてコースを選ぶことが可能です。
国立公園だけでなく、川で釣りをしたり、サーフィンを楽しんだりするなど、アクティブに過ごすことが可能です。

交通事情

ヌーサでの主な交通機関はバスです。バス会社が発行するGoカードを購入し利用しましょう。バスを利用する際の注意点は時間にゆとりを持つ必要がある点です。ヌーサのバスはかなり時間にルーズで、時間通りに来ないことも多々あります。授業やアルバイトなどに向かう場合は、早めの行動を心掛けましょう。
時間通りに移動したい場合は、自転車を購入することも検討しても良いかもしれません。

気候

1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
平均最高気温 29 28 28 26 24 22 21 22 24 26 27 28
平均最低気温 22 22 21 18 15 13 11 12 14 17 19 21

ヌーサは亜熱帯気候のため年間を通して温暖です。気温と降水量のバランスが良いこと、そして晴天率が高いことがリゾート地として人気である理由の1つといえるでしょう。
ヌーサは雨季と乾期という大きく2つの気候があります。夏は高温多湿で、特に1月は雨が比較的多くなります。雨は夜間に降ることが多いため留学生活や観光にあまり大きな影響を与えませんが、念のため折りたたみ傘やカッパなどの雨具を持参することをおすすめします。
ヌーサの最高平均気温は夏が30度程度、冬が20度ほどで、夏と冬でもそれほど大きな気温の差はありません。
その分年間を通して日差しが強いため、サングラスや帽子、日焼け止めなどを持参し、紫外線対策を徹底しましょう。

物価・生活費

ヌーサの物価は他の都市と比べ大きく変わりません。観光産業が盛んな都市のため、販売されているレストランで外食をするとかなり費用がかかります。しかし、シドニーやメルボルン、ブリスベンなど主要都市と比べると、野菜やお肉などの食材費はあまり変わらず、また、ホームステイやルームシェアなどの滞在費は押さえられる傾向にあります。頻繁に外食せず、自炊メインの生活を送ることで、全体の留学費用を抑えることができるでしょう。
少しでも費用を抑えたいという方にとって、ヌーサはおすすめの都市といえます。

アルバイト事情(収入)

ヌーサは高級ビーチリゾート地のため、ビーチ沿いにはレストランやカフェなどの飲食店、そして雑貨屋などおしゃれな店が立ち並んでいます。特に夏の時期は観光客が増えるため、求人が増加する傾向にあります。人手不足の時期を狙ってアルバイトを始めるのも良いかもしれません。
ヌーサはネイティブが多いうえに日本人が少ないことから、どっぷり英語環境のアルバイト先で働くことができるでしょう。しかし、英語力が低い場合、仕事(特に接客の仕事)が決まらないというリスクもあります。
仕事が見つからない…という状況にならないよう、事前の語学研修をしっかり行いましょう。

ヌーサ留学の
メリット


穏やかの雰囲気が漂うヌーサでの留学はどのようなメリットがあるのでしょうか。ここでは、ヌーサ留学のメリットを大きく3つに分けて紹介いたします。

1. 「世界的に有名なビーチリゾート地」リラックスした環境で生活できる

ゆったりと時間が流れるヌーサは、集中して英語の勉強することのできる最高の環境が整っています。
ビーチサイドにはおしゃれなレストランやオープンカフェ、雑貨屋などが軒を連ねており、フレンドリーなスタッフが迎えてくれます。朝からサーフィンやスイミングを楽しんだり、おしゃれなカフェでゆっくりご飯を食べたり、放課後友達と一緒にビーチでおしゃべりしたりするなど、時間を忘れのんびり生活することができるでしょう。
ヌーサは大都市と比べ観光する場所やイベントが少なくなるため、遊びに流されず勉強に集中することができます。留学中は英語に集中できる特別な環境です。平日はしっかり勉強し、土日はビーチでのんびり過ごすなど、メリハリをつけた生活ができるでしょう。
年間を通して温暖なヌーサは、「日本の生活と全く違う生活スタイルを満喫したい」と考える全ての方におすすめです。

2. ネイティブ環境で生活ができる

ヌーサは世界的に有名な高級ビーチリゾートですが、日本ではまだ知られていないというのが現状です。日本人を含めたアジア人は利便性を求め大都市に留学する傾向があるため、リゾート地であるヌーサは留学先としてあまり選ばれません。観光客や留学生が少ないことから、日本語を話せるネイティブが少なくなります。そのため、ヌーサでの生活は食事をするときも買い物するときも必然的に英語を使うことになります。「しゃべらざるを得ない」という環境に身をおきたいという方に、ヌーサはピッタリです。
また、語学学校の国籍比率が良いこともヌーサの特徴です。先述のとおり、都市部にアジア人が集まる一方で、ヨーロッパからの留学生はリゾート地を好みます。そのため、語学学校の生徒も南米やヨーロッパからの留学生の割合が多くなるのです。「リゾート地で生活したいけど、日本人が少ない方が良い…」という方にとって、そもそも日本人が少ないサンシャインコーストでの生活は最適といえるでしょう。
語学学校でも普段の生活でも英語を使うことで、英語力を飛躍的に向上させることができるはずです。

3. 美しい大自然を満喫できる

木より高い建物がないヌーサは、「日本とは異なる大自然を満喫したい」という方におすすめです。ヌーサ国立公園は、ヘイスティングスストリートから丘をひとつ隔てた場所に位置しています。ウォーキングコースがいくつか整備されているため、木々を眺めたり野生のコアラを見つけたりしながら歩くことができるでしょう。
また、ヌーサ川では川下りも楽しめます。ヌーサではクイーンズランド州のベネチアとうたわれるゴンドラでの川下りが人気です。他にも1時間半ほどかけてゆっくりとかけて下る方法や、高速ボードで360度回転しながら急流を下る方法も選ぶことが可能です。
またヌーサ北岸にあるフレーザー島も人気です。フレーザー島は世界最大の砂の島で、世界遺産もされている場所です。美しい海や白い砂浜、世界一の透明度を誇るマッケンジー湖、そして緑豊かな自然を楽しむことが可能です。また、野生のディンゴやクジラと出会うこともできるでしょう。

お役立ち情報
クイーンズランド観光局サイト>見どころ ヌーサからクーラムまで

ヌーサ留学の
デメリット


落ち着いた環境で生活できることが魅力のヌーサですがデメリットもあります。注意しなければならないことも十分把握したうえで留学するようにしましょう。

1. アルバイトを見つけづらい

ヌーサは有名なリゾート地のため、世界中から観光客が集まります。
しかし都市が小さいことから、飲食店の数は大都市に比べ圧倒的に少なくなります。求人数がすくないこともあり、例え日本食レストランでも高い英語力が求められるということも多いです。ネイティブや英語力のあるヨーロッパからの留学生と肩を並べて働くためには、相当の英語力が必要です。時間をかけてじっくり探す覚悟をもつだけでなく、金銭的にもゆとりを持って渡航しましょう。また、語学学校終了後はブリスベンやシドニーなど大都市に移動するということも視野に入れておくと良いかもしれません。

2. 町が小さいため、できることが少ない

ヌーサは広大な国立公園を擁していますが、シティ自体はあまり大きくありません。また、観光地もビーチや公園、マーケットなど自然を楽しむものばかりで、イベントが頻繁に開催されている訳ではありません。ゆったりとした時間を過ごすには最適の場所ですが、アクティブに活動したい方には物足りないと感じてしまうこともあるでしょう。あえて都会的誘惑が少ない場所で勉強したいという方にはおすすめですが、刺激的な環境を求める方には物足りなく感じるかもしれません。

お役立ち情報
都会的ではないものの、オーストラリアならではのアクティビティを楽しめる!
ヌーサ・フード&ワイン・フェスティバル‐オーストラリア政府観光局ウェブサイト

3. いざという時に頼れる日本語を話せる人がいない

他の都市と比べ、ヌーサには日本人も、日本語を話せるネイティブも少なくなります。そのため、銀行口座の解説やアルバイトやルームシェアの探し方、履歴書の書き方などは全て英語での説明になります。オーストラリア人はフレンドリーな方が多いため、つたない英語でも一生懸命聞き取ろうとしてくれます。しかし、どれだけ親切に対応してくれても、全て英語になると聞き逃してしまうことや理解できないことなどが出てくる可能性があります。
大都市の場合、日本人サポートスタッフがいる現地オフィスがあったり、日本語が話せるサポートがいる語学学校があったりと、いざという時は日本語に頼ることができます。しかし、ヌーサには学校にも町中にも日本語を話せる方はほぼいません。困ったこと、うまくいかないことがあってもすべて英語で乗り越える必要があるのです。英語力を伸ばすチャンスと思い前向きにとらえ、困難を乗り越えましょう。また、長期留学する場合、現地での生活をするための様々な手続きが必要です。渡航前から情報収集をしっかり準備をしたうえで渡航するようにしましょう。

ヌーサで
おすすめの留学と学校

ヌーサ留学には、短期留学とワーキングホリデーがおすすめです。ヌーサにあるLEXIS ENGLISHという語学学校はヨーロッパからの留学生が多いことが特徴の学校です。一般英語からケンブリッジ英語検定・IELTS・OETなどの各種英語試験対策、そして医療英語や高校進学準備英語コースなど多彩な英語コースを選択することができるため、しっかり英語力を伸ばすことが可能です。

ヌーサ留学におすすめの学校LEXIS ENGLISHの学校情報

おすすめ留学プラン 1 短期語学留学

短期留学を考える大学生、そして社会人の方にはヌーサはおすすめです。季節が真逆のオーストラリアはちょうど冬の時期にあたるため、夏休みを使っての短期留学を考えている方は「オーストラリアらしい生活ができないのでは…」と敬遠している方いらっしゃるのではないでしょうか。その点、ヌーサは冬の時期も温暖だからこそ、ビーチやアクティビティなどを楽しむことが可能です。
年間を通して温暖で天気も良いヌーサはいつの時期に渡航してもリラックスした雰囲気を楽しむことが可能です。有給を利用して数週間留学したいという社会人の方にもピッタリです。
日本人を含むアジア人が少ない環境のため、短期間の留学でも英語を使う機会を増やせるでしょう。

オーストラリアの短期留学の概要はこちら


おすすめ留学プラン 2 ワーキングホリデー

ヌーサはワーキングホリデーを希望する方にもおすすめです。渡航直後から英語を使わざるを得ない環境だからこそ、必死に英語力を伸ばすからです。語学学校に日本人が多くいると、つい日本語で話してしまったり、放課後集まったりしてしまいがちです。その点ヌーサは町自体にも語学学校にも日本人が少ないため、日本語を使う機会がぐっと下がります。あえて日本語が使えない場所を選ぶことで、短期間で英語力を伸ばすことができるでしょう。

オーストラリア ワーキングホリデー留学の概要はこちら

← オーストラリア留学 都市情報に戻る

  • New zealand education
  •  J-CROSS
  • JAOS
  • English Australia
  • 東京都知事登録旅行業 第3-6137号

ページトップボタン