このサイトは分析と改善のためにCookieを利用します。詳細はこちら

【主要5都市まとめ】マルタ留学するならどの都市が人気?

更新日: 2022年6月6日

比較的リーズナブルな留学費用や日本人留学生の少なさなどが魅力のマルタは留学先の一つとして注目を集めています。東京23区の約半分程度というコンパクトな島国ですが、街全体が世界遺産の首都バレッタ、活気のある繫華街 セントジュリアンズ、美しい夜景を楽しめるスリーマ、緑豊かな田園が残るゴゾ島など、魅力的な都市が満載です。ここではマルタの主要都市の特徴を紹介いたします。マルタ留学する際にどの都市を基盤として留学生活を送るのかを決める上で、ぜひ参考にしてくださいね。

主要な島、マルタ島、ゴゾ島、コミノ島の様子を動画でチェック!

首都「バレッタ」▼ 
人気留学先「セントジュリアンズ」▼ 
おしゃれな街「スリーマ」▼ 
美しいリゾート地「セントポールズベイ」▼ 
観光で訪れたい「ゴゾ島」▼ 
まとめ▼ 

首都「バレッタ」


マルタ共和国の首都・バレッタは、マルタ島東部に位置しており、街全体が世界遺産に登録されています。壁に囲まれた旧市街地には、マイルストーンと呼ばれる淡いベージュ色の石灰岩で建てられた建物が当時のまま残されているため、まるでタイムスリップしたような感覚を味わうことができるでしょう。歴史あふれる中世の街並みのなかで、英語を勉強したいという方にとってバレッタはおすすめです。

バレッタには聖ヨハネ騎士団が建てたとされる聖ヨハネ大聖堂、マルタの歴史を学べる国立考古学博物館や国立戦争博物館、グランドハーバーを一望できる公園アッパーバラッカガーデンなど見所満載です。夕日に照らされてオレンジに染まった建物を眺めていると、ロマンティックな気持ちになること間違いなしです。ただしマルタの他の地域と比べると、夜は人通りが減り閑散としているうえに街灯も少ないため、夜に出歩くのは控えるのが無難です。

マルタ空港からバレッタへの移動
方法:路線バス、タクシー、語学学校の送迎サービスなど
移動時間:30〜40分程度
補足:マルタはバスの路線が充実しているため、普段の生活はバスを利用すると便利です。バス料金は乗車時に現金で運転手に支払います。お釣りを持ち合わせていないケースもあるので、コインを複数枚用意しておくとスムーズでしょう。

Googel mapでバレッタの場所をチェックしよう。

人気留学先「セントジュリアンズ」


マルタ最大のリゾート地・セントジュリアンズ。元々は漁村でしたが、近年開発が進みマルタ随一のリゾート地として生まれ変わりました。マルタの留学先として一番人気があるセントジュリアンズには、多くの語学学校がキャンパスを構えています。
レストランやカフェなどの飲食店はもちろん、映画館やボーリング場、ショッピングセンターなども多く、活気がある点がセントジュリアンズの特徴です。
また、バーやクラブ、カジノは夜遅くまで営業しているので、ナイトライフも存分に楽しむことができるでしょう。昼夜共に大勢の人でにぎわっている街です。ただし、繫華街のためスリなど軽犯罪には注意が必要です。

マルタ空港からセントジュリアンズへの移動
方法:路線バス、タクシー、語学学校の送迎サービスなど
移動時間:50分~1時間程度

セントジュリアンズにある語学学校
ih Malta(インターナショナルハウス マルタ)
Sprachcaffe Malta(シュプラッハカフェ マルタ)
EC Malta(イー・シー マルタ)

Googel mapでセントジュリアンズの場所をチェックしよう。

おしゃれな街「スリーマ」


セントジュリアンズに続いて語学学校が数多くあるスリーマ。セントジュリアンズよりも落ち着いているため、便利さもありながら落ち着いた環境で勉強したいという方におすすめです。

バレッタの北東海岸沿いにあり、マルタ最大級のショッピングモールやスーパーマーケット、お土産屋さんがある繁華街です。5つ星ホテルなどの一流ホテルやレストランが数多くある点もスリーマの特徴です。スリーマの海沿いからは、世界遺産の街・バレッタを眺めることができます。授業後、海沿いのレストランやカフェから、美しい夜景を眺めながらクラスメイトと食事を楽しむことができるでしょう。海沿いの遊歩道が整備されているため、潮風を感じながら散歩を楽しむことも可能です。隣接するセントジュリアンズにもそのまま歩いていけます。

マルタ空港からスリーマへの移動
方法:路線バス、タクシー
移動時間:1時間程度
補足:スリーマにはバレッタやゴゾ島、コミノ島行きのフェリー乗り場があるので、週末はフェリーを使った小旅行をすることもできます。

Googel mapでスリーマの場所をチェックしよう。

美しいリゾート地「セントポールズベイ」


セントポールズベイはマルタの北部に位置しています。北部最大の街で、マルタで人口が一番多いという点が特徴です。元々は漁村で静かな住宅地でしたが開発が進み、現在ではたくさんのビーチが広がるリゾート地として人気です。スリーマからはバスで約30分、バレッタからは約40分という便利な場所なため、放課後や休日に遊びに行くことも十分可能です。

リゾート地として夏は活気がありますが、観光の中心地ではないことからその他の時期は落ち着いています。都会の喧騒から離れて、ゆっくりと過ごしたいという方にはピッタリの場所です。住宅街ということもあり、生活に困ることは全くありません。
セントジュリアンズやスリーマよりも小規模な語学学校が多いため、講師やスタッフとの距離が近いアットホームな雰囲気で勉強したいという方にピッタリです。

Googel mapでセントポールズベイの場所をチェックしよう。

マルタ空港からセントポールズべイへの移動
方法:バス
移動時間:1時間程度

観光で訪れたい「ゴゾ島」


マルタ島の北西に位置しているゴゾ島は、マルタ共和国で2番目の面積を誇っています。マルタ空港からはフェリー乗り場までバス、その後フェリーで移動できます。フェリーは早朝から深夜まで頻繁に運行されているので、日帰りでゴゾ島観光をすることも可能です。
マルタ本島に比べのどかで自然豊かな島のため、週末にリラックスした時間を過ごすには最高の場所です。ゴゾ島はバレッタよりも中世の街並みが残っている点が特徴です。ゴゾ島のビクトリアには、巨石神殿がたくさん残っています。例えば、ジュガンティーヤ神殿は人類最古の石造建築物として、毎年多くの観光客で賑わっています。またダイビングも楽しむこともできます。
ゴゾ島は留学先として選ぶのではなく、マルタ留学中に観光地として訪れるのがベターでしょう。

マルタ空港からゴゾ島への移動
方法:バス+フェリー
移動時間:バスで90分程度+フェリーで20-30分程度

Googel mapでゴゾ島の場所をチェックしよう。

まとめ

いかがでしょうか。マルタはビーチリゾートであるだけでなく、中世の雰囲気が残る街並みや豊かな自然も楽しむことができます。それぞれの街で特徴が異なるので、ご自身の留学の目的、性格、行きたい学校などを軸に留学先の都市を選びましょう。ワールドアベニューでは留学先の都市選びについてもお気軽にご相談いただけます。迷った方、もう少し詳しく各都市について知りたい方はお気軽にご相談ください。

← 「マルタ留学の魅力」のページへ戻る

  • New zealand education
  • JAOS
  • English Australia
  • J-Cross
  • 東京都知事登録旅行業 第3-6137号

ページトップボタン