イギリスの留学情報

イギリスで海外留学を
スタートしよう。

歴史と伝統を重んじる一方で、現代文化の流行の発信地として、アート・音楽・ファッションなどの分野でも世界をリードしているイギリス。英語発祥の地であるイギリスの英語教育には長い伝統と実績があります。イギリスには世界的に高く評価されている英語教育を受けるために毎年60万人を超える人々が世界中から集まってきています。英語研修を提供している語学学校は国の制度によって品質の管理が行われているため安心して就学することが可能です。

基本情報

国土面積 24.3万平方キロメートル(日本の約3分の2)
首都 ロンドン
人口 6,411万人 (2013年)
平均寿命 81.2才
気候 曇り空と雨の多いイメージのイギリス。イギリス西部、特にロンドンはこのイメージを作った代表的な都市であり、冬季、特に風速が観測できない日には霧が発生しやすく、降水量が2500mmを超えることがある。
東部においては、降水量は一年を通じて平均しており、かつ、一日当たりの降水量が少ない。首都ロンドンの年平均気温は10.0度、年平均降水量は750.6mm。1月の平均気温は4.4度、7月の平均気温は17.1度。

治安

イギリスは銃規制の厳しい国として有名で、街中に隠しカメラが仕掛けてあり犯罪件数の推移をみてもその効果は顕著で、年々犯罪は減少傾向にあるため、日本で一般的にイメージされているよりも治安のよい国です。ただし、観光地での置き引きスリなどは一般的に発生するため、観光地を訪れた際、また人混みのなかなどでは十分に注意が必要です。また、日本よりもマリファナなどのドラッグが手に入りやすい環境があるため、自己管理を怠らないようにしましょう。

物価

イギリスは都市部と地方部の物価の差が大きく、ロンドンの物価は非常に高いのに対し、郊外の街ではロンドンの3分の1以下の物価になっていることも珍しくありません。
イギリスの物価は総じて高めです。ただ、食費に関しては食料品(原材料)の物価はさほど高くありません。例えば、米は1kgあたり2ポンド、牛肉1kgあたり17ポンド程度、ちょっとした加工品のサンドイッチは2.5ポンド程度です。また、タバコやアルコールなどの嗜好品は物価が高い傾向があります。主な交通手段として地下鉄やバスが主流のイギリスですが、交通費は日本と比べやや高い傾向にあります。イギリスでの留学を安価に抑えようと思ったら、ロンドン郊外で移動の少ない小さな都市にいき、自炊を心がけることがポイントかもしれませんね。

イギリス留学の
ビザ制度とは?

イギリスには、旅行(Tourist)、訪問者ビザ(Visitors)、短期商用ビザ(Business visitor)、学生ビザ(Tier4)、ワーキングホリデービザ(Tier5/ Youth Mobility Scheme)、就労ビザ(Tier2)、アカデミックビジター(訪問者)ビザ(Tier1/Highly Skilled Worker)、永住ビザが存在します。今回は留学生が利用するビザに焦点をあてご紹介いたします。

– 旅行(Tourist)-
滞在期間が6ヵ月以下の場合、事前にビザの申請を行う必要はありません。帰国する意思(復路の航空券など)をきちんと証明できれば、入国審査時に滞在許可を得ることができます。
– 訪問者ビザ(Visitors)/短期学生ビザ(Short-Term Study Visa)-
旅行(Tourist)と異なり、旅行以外の目的でイギリスに滞在する場合に必要なビザです。日本人の場合、事前申請の必要はなく、入国の際の審査のみでビザをもらうことができます。ビザの有効期限は原則6ヵ月間ですが、目的によってそれ以上の期間が出ることもあります。
訪問者ビザには、一般(General visitor)、学生(Student visitor)、18歳未満の子供(Child visitor)、スペシャル(Special visitor:特別な目的(治療やイベントに参加するエンターテイナーなどのためのビザ)があります。
– 学生ビザ(Tier4)-
イギリスの学生ビザのTier4は18歳以上の大学や専門学校に通う学生に発行されます。学生ビザの対象となる教育期間は、イギリス政府が設ける一定の基準をクリアした語学学校や大学、カレッジに限られます。また、カレッジや大学であれば週20時間、カレッジ・大学附属コースであれば週10時間の就労が許可されています。
– ワーキングホリデービザ(Tier5/ Youth Mobility Scheme)-
18~30歳(申請時に30歳であれば31歳でも入国が可能)を対象とし、就労も就学も特に制限がなく、且つ他国と異なり滞在期間が最長2