カナダ留学のメリット

初留学の方でも安心!世界トップクラスの治安のよさとは。

公開日:2018/06/20
最終更新日:2019/11/11

留学先として人気の高いカナダには、訛りの少ないキレイな英語、豊かな自然、温かい国民性、そして治安のよさなどさまざまな魅力があります。特に治安の良さを優先事項として留学先の国を考えた方なら一度はカナダが候補に入ってくる方も多いでしょう。
ここでは留学を検討する方にぜひ知ってほしいカナダの治安についてご紹介します。

治安のいい国、カナダでの留学をおすすめする理由 ▼ 
カナダの治安が良いと言われている3つの理由 ▼ 
カナダ都市別の特徴 ▼ 
まとめ ▼ 

治安のいい国、カナダでの留学をおすすめする理由

カナダ留学をおすすめする大きな理由の1つは、やはり治安が良い、つまり安心して留学生活を送ることができるという点です。特に海外旅行経験が少ない方や英語力初級という方であれば留学する際、留学先で安心して生活をおくることができるかどうか?は大きな不安要素だと思います。
カナダに隣接するアメリカでの銃乱射事件や、ヨーロッパ諸国で相次ぐテロなどを日々ニュースで見ていると、「海外生活」そのものに、不安を抱く方も少なくないと思います。しかし、カナダは銃規制も厳しく、大きなテロなどのニュースもなく、日中であれば女性であっても一人街中を歩いていても危険を感じることはまずありません。治安面を気にすることなく、行きたいところへ自由に行くことができます。
留学を通じて得られる貴重な海外生活の機会を学校と家との往復だけで過ごすのは非常にもったいないことです。その点、治安のよいカナダであれば、勉強以外の時間に、街を散策したり、おしゃれなカフェやレストランなどに入ったり色々な人と触れ合う機会を多く持つことができるため、より充実した留学生活を送ることができるでしょう。また、現地の人と触れ合うことで英語力の成長も感じることができるようになるでしょう。

例えば
「初めて一人でコーヒーショップにてオーダーができた時」
「初めて行き先を質問できた時」
「初めてレストランの予約ができた時」
「初めて英語で旅行の手配ができた時」など……

最初は苦労するカナダでの生活一つひとつが少しずつ当たり前にこなせるようになってくる喜びは、皆さんにとって、かけがえのない思い出と自信に繋がることでしょう。

このように、治安がよく安心して生活できるカナダだからこそ、学校以外の場所で実践的に英語を使うことができ、結果、実践的な英語力を身に付けることができます。これらはカナダへ留学する大きなメリットです。

また、多民族国家のカナダは外国人留学生にとても優しい国です。たとえ上手な発音でなくても、文法が少し間違っていても、多くのカナダ人は親切に最後まで話を聞いて理解してくれようとします。
治安がよく、親切な国民性のカナダは海外旅行経験の少ない方にとっても、英語力初級という方にとっても、安心して留学することのできる国といえるでしょう。

カナダの治安が良いと言われている3つの理由

なぜカナダは治安が良いと言われていのでしょうか?
次にカナダは治安が良いと言われる3つの理由をご説明します。

理由 1 カナダは「世界で最も住みやすい都市ランキング」の常連!

カナダの治安が良いと評価しているのは日本だけではありません。英経済誌『エコノミスト』が世界140の都市対象にして安定度、保健医療、文化・環境、教育、インフラの5項目を基準に評価する「世界で最も住みやすい都市ランキング」。この「世界で最も住みやすい都市ランキング2017」にて、バンクーバーが第3位、トロントが4位、カルガリーが5位と上位5都市のうちなんと3都市を占めています。これらの結果から、カナダは治安面のよさを含め、世界的な水準から見ても素晴らしい生活環境が整っているということをご理解いただけると思います。

また、余談ですが、治安だけではなく、医療水準が高いことも留学先を選ぶ際、重要なポイントでしょう。

理由 2 先進国の中でも特に厳しい銃規制があるカナダ

カナダの治安がいい理由2つ目は、銃規制の厳しさにあります。
銃規制とは、日本と同様、個人的な銃の所持・携帯・使用などが禁止されているということです。皆さんもご存知の通り、同じ北米でもアメリカは個人での銃所持が認められています。日本人の感覚からすると護身用という理由であっても個人が銃を持ち歩いているという状況は決して好ましい環境とは言えないと思います。
対してカナダでは、先述している通り原則個人が銃を所持・携帯することは禁止されています。実際にカナダでの銃発砲事件や凶悪な事件が起きたというニュースを日本で聞くことはあまりありませんよね。これもまたカナダの治安がいいと言われる所以です。

理由 3 カナダ人の国民性

カナダの治安が良いというイメージを持たれる3つ目の理由は、やはりカナダ人の国民性が強く影響しています。世界を代表する多民族国家であるカナダ人には、優しく穏やかな人が多いです。
移民を多く受け入れ、各々の文化や歴史、宗教などを尊重し合う多文化主義を導入するカナダは、その歴史背景からも「みんな違ってみんないい」を地で行く国民性を持ちます。
実際に、普段カナダで生活していると、他人に優しく温厚な国民性を垣間見ることができます。例えば、カナダの人々には、乗り物を待っている時に割り込みするような人は決して多くありませんし、年配の方や、小さい子供、妊婦さんなどを見るとみんなさっと席を譲ります。バスを降りるときには運転手さんに向かって‘Thank you!’と言っている姿を頻繁に見かけます。
このような互いを尊重する気持ちを忘れず、当たり前の感謝の気持ちきちんと伝えるカナダの人々の行動は、一時的な滞在者である留学生にとっても同様です。気温は低いカナダですが、雰囲気は暖かいカナダで安心して留学生活をおくることができそうですよね。

カナダ都市別の特徴

上記の説明を踏まえ、カナダの治安が良いことはご理解いただけたと思います。
さらに、都市毎の特徴や環境についてご紹介します。

バンクーバー(Vancouver)

バンクーバーは、先ほどご紹介した通り『世界で最も住みやすい都市ランキング2017』で第3位に選ばれた都市です。バンクーバーは過去に何度も連続して1位をとったこともあり、世界でも、カナダ国内でもトップクラスの治安のよさも含む暮らしやすさを維持する国と言えます。

バンクーバーはトロント、モントリオールにつぐ第3の都市です。
日本との時差は日本時間マイナス16時間です。

雪国・極寒の地というイメージの強いカナダですが、バンクーバーは真冬でも気温が氷点下になることは少なく、雪が積もることもほとんどありません。

バンクーバーの空港とダウンタウンは、スカイトレインという電車で結ばれているためアクセスがとても便利。ダウンタウンには、ショッピングを楽しむことのできるお店、世界中の食を楽しめるレストラン、近代的なオフィスと生活に不便はありません。一方でダウンタウンから少し離れるとウインタースポーツが盛んな山々や静かな湖や海を堪能することもできます。都会的な生活と豊かな自然の両方を一挙に楽しむことができる点もバンクーバーの魅力です。

自動車社会の北米ですが、街中の公共交通機関も充実しているため、自動車がなくても日々楽しい生活を送ることができます。ダウンタウンには夜遅くまで開いているレストランも多く人通りも多いため、安心してナイトライフも楽しむことができます。

バンクーバーは、カナダ国内でも最も語学学校が多く、また世界トップクラスの大学ブリティッシュコロンビア大学もあることから、留学生もネイティブの学生も多く生活する街です。治安も便利な街バンクーバーは、留学生にとって住みやすい街ともいえるでしょう。

バンクーバー留学情報はこちら

トロント(Toronto)

トロントは、カナダ最大の都市であり、先ほどご紹介した通り『世界で最も住みやすい都市ランキング2018』で第4位に選ばれた都市です。郊外を合わせると600万以上の人々が住み、北米ではニューヨーク、ロサンゼルス、シカゴに次ぐ大都市です。
空港とダウンタウンの間も、電車、バス等いくつかのアクセス方法があり、地下鉄、ストリートカー、バスの公共機関がトロント市全域をカバーしているため、バンクーバー同様、生活するにはとても便利です。
街中は、綺麗で住みやすく、多くの金融機関がオフィスを構える金融都市ということもあり国民の生活水準は比較的高く治安も安定しています。トロントは、市内市街含め60以上の「エスニックタウン」が存在しており多民族国家の象徴ともいえる都市です。また、トロントに住んでいる方の約半数以上が移民と言われています。

トロントには、プロスポーツ観戦、ミュージカル、コンサートを鑑賞したりできることも
トロントへ留学する魅力です。バンクーバーと比較すると、都会がゆえか、やや人が冷たいなどという方もいますが、互いを尊重し合うスタイルは変わらず、暮らしやすさはやはり世界トップクラスです。
ただし、気候面では夏は暑く30度を超え、真冬はマイナス30度に達することもあるという厳しい環境のため、長期留学する方は、ある程度覚悟していきましょう。

トロント留学情報はこちら

オタワ(Ottawa)

オタワは、カナダの首都でカナダの中で4番目の大きさの都市です。
イギリスとフランス、双方の領土だった歴史的背景から英語圏とフランス語圏が存在する独特な都市です。
また、このような2つの国の領土だったという背景から街並みがとても美しいこともオタワの魅力です。
オタワの空港とダウンタウンは原則タクシーでの移動となります。
ダウンタウンは、徒歩でもアクセスに困らない程度の大きさで交通機関はバスのみとなります。
オタワ周辺は自然保護地域に囲まれているため自然豊かでアクティビティも盛んです。先ほど書いた通り、オタワは地方行政区であることから、政治・行政機関が集まっています。そのため警備体制が整っています。治安が良いカナダの中でも特にオタワは治安が良い都市となります。
特にオタワのおすすめポイントは、比較的少ない日本人比率と他にはない英語圏とフランス語圏両方を体感できる特異な環境にあります。
ただし、オタワの気候はトロントと同様、夏は30度を超え、冬はマイナス20度以下になることもあり、降雪も多い地域となるため、防寒などには十分に注意と覚悟が必要です。

まとめ

カナダ留学のメリットとして治安の良さと、それに伴う各都市の特徴をご紹介いたしました。カナダの治安が良いのはカナダ人の温厚な国民性の影響は大きいと思います。もし周りでカナダに留学経験のある方いればカナダについて聞いてみるといいでしょう。ほとんどの人がカナダは治安がよく、人が親切だったと答える方が多いと思います。カナダに留学したことがある人なら1度はカナダ人に助けられた、親切にしてもらったという記憶がある方が多いと思います。
これを機に、ぜひカナダ留学に興味を持っていただけたら嬉しいです。

← カナダ留学情報に戻る

  • New zealand education
  •  J-CROSS
  • JAOS
  • English Australia
  • 東京都知事登録旅行業 第3-6137号

ページトップボタン