カナダ留学中の滞在方法3選

公開日:2018/01/07
最終更新日:2019/11/11

言葉も伝わらない、友達もいない見知らぬ土地に行くとなる心配になるのは、滞在方法ですよね。カナダ留学中、みんなどんなところで滞在、生活しているのだろう?と思われた皆さんに、カナダ留学中の主な滞在方法をご紹介します。

滞在方法1.ホームステイ


英語力もない、カナダに知り合いもいない、文化も習慣もわからない、海外旅行にも慣れていない…という方の強い味方がホームステイです。

ホームステイとは、カナダ人のファミリーが、利用していない部屋に留学生を受入れ、一定の滞在費を支払う代わりに、衣食住を提供する滞在方法のことを指します。カナダでホームステイというと一般的に、1人部屋と食事(1日3食(朝食、昼食、夕食))が提供されます。また、洗濯をご家族が行ってくれるのか、個人で行うのかなどは、ご家族のルールにもよりますが、基本的には炊事洗濯もいずれかの形でサービスの中に含まれているため、カナダでの生活のノウハウがわからない…、日本で一人暮らししたことがない…という方にとって、安心して留学を始めることができます。

留学は旅行と異なり、どんなに短くても2週間以上の滞在期間となることが一般的です。2~3泊であれば、ホテルやコンドミニアムでの滞在でも問題ありませんが、1週間、2週間ともなるとさすがに宿泊費は高額になります。ともなると、ホテルやコンドミニアムは、語学留学やワーキングホリデーなどで半年、1年など長期滞在する方にとってはなおのこと、現実的な滞在方法ではありません。
しかし、いきなりシェア(シェアハウス・シェアルーム)やAirbnb(エアビーアンドビー)となると、すべてが英語でのコミュニケーションとなるため、不安……。そんな方にも留学開始1~2ヶ月間の滞在方法としておすすめです。

ホームステイのメリット
〇ネイティブのカナダ人との生活になるため、日常英会話力を身に付けることができる
〇カナダ人と生活を共にすることでカナダ生活のルールやマナーを学ぶことができる
〇1人部屋が与えられるため、プライバシーも充実!
〇ケガや病気、帰宅が遅くなってしまった際など心配、ケアしてくれる家族がいる
〇外食などをしなければ生活費用も比較的リーズナブル

ホームステイのデメリット
×家族との性格の不一致などは、生活してみないとわからない
×自分のことは自分で!が原則。ホテル滞在のようなイメージを持って行くと辛い。
×住宅街(郊外)にあることが多く、通学に時間と費用がかかることが多い。
×自炊ができる人にとっては、総合的な滞在費はやや高めになることも(生活方法による)

滞在方法2.シェア(シェアハウス・シェアルーム)


家をシェアする場合がシェアハウス、家のなかのさらに部屋をシェアする場合をシェアルームと呼びます。
例えば、部屋は自分の部屋がり、キッチン、お風呂、トイレ、リビングルームなどを他の居住者と共有するという生活スタイルです。シェアルームとなると、1人部屋ではなく、2人部屋だったり、3人部屋だったりになります。

近年日本でもよく耳にするようになってきた「シェア」ですが、3ヵ月以上、または学生ビザやワーキングホリデーなどで中長期滞在する留学に最も人気の滞在方法です。

多くの方が渡航してすぐの1~2ヵ月はホームステイし、生活が落ち着いてきたら自分にあったシェアを探し引っ越しするという形をとります。各シェアにはハウスルール(ゴミ捨てや掃除の当番、共同スペースの利用方法、鍵やその他貴重品の管理方法、他人の宿泊や門限など)が設けられていますが、ルールさえ守れば自分の好きな生活サイクルで暮らすことができます。

シェアのメリット
〇自分の生活リズムで生活できる
〇自炊が得意な方は生活費をおさえることも可能
〇ロケーションはダウンタウン近郊が多いため、通勤時間と費用が掛からない
〇さまざまな国の人と友達になることができる

シェアのデメリット
×シェアメイト次第では、文化や習慣の違いでぶつかったり疲れたりすることもある
×自立した生活スタイルが求められるため、料理や炊事洗濯は日本でできるようになっておく必要あり
×ぼったくりや盗難などトラブルも多いため、注意が必要

滞在方法3.その他(学生寮、Airbnb(エアビーアンドビー))


ホームステイやシェア以外にも、あまりメジャーではありませんが、いくつかの滞在方法が存在します。

学生寮
学生寮とはその名の通り、学校が保有する宿泊施設にその学校に通う生徒が共同生活をするという滞在方法です。
映画やドラマのイメージからか、留学の滞在方法=学生寮という印象を持っている方も多いのですが、全寮制の高校や田舎の大学など、一部の教育機関・学生寮を除き、カナダの語学留学、ワーキングホリデーなどの場合、学生寮という滞在方法はあまり一般的ではありません。

また、稀に語学学校で学生寮を保有していると謳っていても、ホテルの一室を宿泊施設として提供しているだけ…というものも多く、私たち日本人がイメージするハリーポッターの学生寮のような滞在方法ではないため注意が必要です。

Airbnb(エアビーアンドビー)
サイト:https://www.airbnb.jp/
はやりのAirbnb(エアビーアンドビー)。いわゆる民泊。ホームステイの食事なし版のようなイメージです。
使っていない部屋を宿泊施設として貸出するというものですが、とてもいろんなお家があります。
お部屋の写真や宿泊費用、条件、滞在可能日数などをチェックし、留学前に予約、渡航してしばらくの滞在を準備することができます。滞在先は、ユースホステル、バックパッカーから、豪邸の一室まで、内容も費用もピンからキリまであります。
行動力と英語力に自信のある方には、最初数日~数週間からの滞在におすすめです。

← カナダ留学情報に戻る

留学についてのお問い合わせ・資料請求はこちらから

0120−623−385 受付時間:11時〜21時(定休日:木)
または
無料 留学情報カタログプレゼント
  • New zealand education
  •  J-CROSS
  • JAOS
  • English Australia
  • 東京都知事登録旅行業 第3-6137号

ページトップボタン