カナダ留学‐気になる主要都市の気候

公開日:2018/01/09
最終更新日:2019/11/11

治安もよく留学制度も充実しており、移民が多いため留学生に対しても暮らしやすいと定評のあるものの、カナダ最大の都市トロントは過去最低気温−33℃というすさまじい記録をたたき出したこともあるほど、とにかく「寒い」という点が玉に瑕なカナダ。

ロシアに次いで世界で2番目に広大な国土を持つ国カナダですが、その厳しい寒さから、人口約80%が、アメリカ合衆国との国境から200km以内に住んでおり、それ以上北は人口が極端に少ないという特徴があります。
実際、カナダ留学で人気の都市、トロントとバンクーバーの気候はどのようなものなのでしょうか。

バンクーバーの気候

バンクーバーの平均気温と降水量

1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
平均最高気温 6.2 8.2 10.3 13.2 16.7 19.6 22.2 22.2 18.9 13.5 9.2 6.3
平均最低気温 1.4 1.6 3.4 5.6 8.8 11.7 13.7 13.8 10.8 7.0 3.5 0.8
降水量(降雪量) 168.4(11.1) 104.6(6.3) 113.9(2.3) 88.5(0.3) 65.0(0.0) 53.8(0.0) 35.6(0.0) 36.7(0.0) 50.9(0.0) 120.8(0.1) 188.9(3.2) 161.9(14.8)

「極寒」のカナダのなかで比較的温暖で穏やかな気候に恵まれているのがバンクーバーです。
バンクーバーの1年間の気候は、雨季と乾季の二つに分けることができます。
雨季は秋から春にかけて(11月から4月ころ)が目安で、この時期に入ると雨が多く、毎日どんよりとした曇り空が続きます。対して夏(5月から10月こと)は乾季の時期で、雨も少なく、カラッと乾燥していて、最高気温も22度前後と暑すぎず、非常に過ごしやすい気候です。
秋から春にかけて雨の多いバンクーバーですが、西岸海洋性気候と呼ばれ寒さの厳しいカナダでも暖流や偏西風気圧配置の影響により比較的温暖なため、カナダ国内の他都市と比較すると比較的過ごしやすいといえるでしょう。

バンクーバーの春(3月から5月)
留学生も多く渡航する4月前後の時期。ちょうど雨季から乾季に切り替わる時期で、不安定な気候が続きます。ただ、日本同様満開の桜を楽しむことができる季節として知られ、美しい景観を楽しむことができるでしょう。徐々に温かくなる時期なので、半年から長期で留学する方にとってスタートを切るにはよい時期でしょう。

バンクーバーの夏(6月から8月)
5月頃から乾季に入り、6月から8月頃は雨も少なく青空が広がる時期です。日本と違い湿度は低くカラッとしていて最高気温も30度を超えることはあまりないため、非常に過ごしやすく感じる時期だと思います。特に7月、8月は日本の高校や大学の長期休暇を利用して短期留学する方も多い時期。過ごしやすいカナダで英語の勉強に集中する夏はおすすめです。

バンクーバーの秋(9月から10月)
バンクーバーの秋は1~2ヵ月と非常に短く、あっという間に寒く、雨の多い雨季がやってきます。9月というと日本ではまだまだ残暑厳しい季節ですが、この頃から気候も徐々に下がり始め、マイナスにはならずとも、「寒い」と感じる季節に入ります。この時期に留学する方は、なるべく温かい洋服を持参した方がよいでしょう。

バンクーバーの冬(11月から2月)
バンクーバーは別名レインクーバーと呼ばれるほど、雨季(冬)が長い都市です。気温が氷点下になることは少ないものの、雨の続くどんよりとした天候の時期のため、年末年始の休暇や2月の春休みを利用して留学する方は、覚悟して渡航しましょう。トロントやモントリオールなど他都市と異なり積雪に悩まされることはあまりありません。

トロントの気候

トロントの平均気温と降水量

1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
平均最高気温 −1.1 −0.2 4.6 11.3 18.5 23.5 26.4 25.3 20.7 13.8 7.4 1.8
平均最低気温 −7.3 −6.3 −2.0 3.8 9.9 14.8 17.9 17.3 13.2 7.3 2.2 −3.7
降水量(降雪量) 29.1(38.2) 26.2(26.6) 42.0(22.0) 63.2(6.0) 73.3(0.0) 71.5(0.0) 67.5(0.0) 79.6(0.0) 83.4(0.0) 64.7(0.1) 67.3(8.1) 41.9(32.2)

トロントはカナダらしい厳しい冬の寒さを体感できる都市の一つです。真冬になると最高気温が-10℃、過去には最低気温で-33℃という記録をたたき出したこともあります。とはいえ、オンタリオ湖に接していることからバンクーバーまで温暖とはいかないまでも比較的穏やかな気候の都市の一つです。

トロントの春(4月から5月)
長い冬が終わり、上記の表をご覧いただくとお判りいただけるように、最高気温すら氷点下が続いていた冬の時期から4月になると最高気温10度以上と、グッと温かくなります。渡航してすぐのタイミングが極寒となると、外に出て友達を作るのも、通学することすらも億劫になりがち。カナダに留学するなら3月の終わり、4月のタイミングであれば、気候もよく、通学や日々の活動にも前向きに取り組める時期のため、おすすめです。

トロントの夏(6月から8月)
トロントの夏はとても短いものの、最高気温は30℃を超えるときもあり、「暑い」夏を体感していただけます。この時期は短い夏を楽しむため、多くの方が外に出ていきます。例えば、ビーチで海水浴、公園で森林浴を楽しんだり、バーやパティオのあるレストランなどではビールやワインを片手に開放的な姿で会話やスポーツ観戦、音楽イベントなどを楽しんだりすることができます。夏休みを利用した短期留学にはもってこいの都市です。

トロントの秋(9月から10月)
短い夏が終わり短い秋がやってきます。メープル街道などの紅葉が一つの名物でもあるカナダですが、特に9月中旬頃から10月にかけては美しい紅葉を楽しむことができます。バンクーバーと比較し雨量も少なく、気温もこのくらいの時期までは比較的温暖なため、大学生の少し遅めの夏休み短期留学にはおすすめです。

トロントの冬(11月から3月)
11月中旬から街全体は一気にクリスマスモード一緒になります。イルミネーションが溢れ、ヨーロッパ諸国が近いトロントではヨーロッパ各国のマーケットなども開かれ、北米と欧州、両方の雰囲気を楽しむことができます。ただし。この時期は積雪量が増え、人々は暖房環境の整った地下街や屋内での生活が中心となります。初めてのカナダ留学をご希望の方の場合、この時期のトロントはやや厳しいかもしれません。

← カナダ留学情報に戻る

留学についてのお問い合わせ・資料請求はこちらから

0120−623−385 受付時間:11時〜21時(定休日:木)
または
無料 留学情報カタログプレゼント
  • New zealand education
  •  J-CROSS
  • JAOS
  • English Australia
  • 東京都知事登録旅行業 第3-6137号

ページトップボタン