カナダ留学するうえで気になる生活費-トロント&バンクーバー

留学する際に気になるのはなんといっても「費用」ですよね。
語学学校に通う語学留学でも、語学学校に通いながらアルバイトしつつ生活をするワーキングホリデーなど、さまざまな留学スタイルがありますが、留学費用の内訳のなかでも大きな割合を占めるのが「生活費」です。

ここでは、カナダの留学先都市として人気のトロントとバンクーバー、それぞれでどのくらいの生活費がかかるのか?をご紹介します。

以前は、トロントとバンクーバーとで比較した際、バンクーバーの方がトロントよりも少しリーズナブル…という感じでした。家賃などを含む全体的な物価が、やはりカナダ最大の都市トロントと比較するとバンクーバーの方が安かったというのが理由です。

しかし近年、暮らしやすさを理由に国内外から増え続けている人口数に部屋が追いつかないという圧倒的な売手市場から、バンクーバーの家賃が高騰を続けており、トロントとバンクーバーの生活費に大きな差は見られません。

トロント&バンクーバー かかる生活費


今回は月々の生活費で見ていきたいと思います。
もちろん、生活の仕方によって、特に家賃や食事、その他交際費にかける費用次第ではもっと高くなりますので、あくまで目安としてお考えください。

まず、トロント、バンクーバー共に、全体でかかる月の生活費は1,000ドルから1,500ドル程度です。

例えば、ホームステイ(1人部屋、3食付き)の場合、滞在費は月900~950ドルが相場です。ここに交通費と交際費が乗る形になるので、リーズナブルな方で1,000ドル。交際費がかさみがちな方の場合は、1,500ドル程度になります。

1ドル=90円とし、日本円に換算すると、約90,000円から135,000円です。

家賃、食費、光熱費などすべて込みでと考えると、東京で一人暮らしするのとそんなに変わらない、もしくは少し安いように思います。

1,000ドルから1,500ドルの内訳

1.家賃:500~800ドル
シェアハウス 1人部屋した場合の相場です。この500から800ドルのなかには、光熱費、Wi-Fi費用が原則含まれています。家賃500ドルの場合、ダウンタウン近郊だと本来倉庫として利用されるような小さな部屋。(かなり)郊外であれば1人部屋で、キッチン、バスルームなどはシェアという通常のシェアハウスを借りることができます。800ドル出せば、ロケーションやセキュリティ、衛生面などある程度こだわった環境でも部屋を見つけることができるでしょう。

2.食費:300~400ドル
野菜などは季節や年によって料金が変動するので、あまり目安にはならないかもしれませんが、玉ねぎ6個…3ドル、じゃがいも10個…4ドルです。ソーセージ5本…5ドル、鶏肉100グラム…0.9ドル、豚肉100グラム…0.7ドル、牛肉100グラム…3.6ドル。お肉、シーフードはやや高めです。
食費を安く抑える鍵ともいえる主食パスタ100グラム…0.27ドル、パスタソース1瓶…4~5ドル。
牛乳1リットル…2~3ドル、卵12個…3~4ドル この辺は日本とあまり変わりませんね。

3.携帯代:50ドル
条件:通話はかけ放題、データ通信5Gまで(回線速度は3G)

4.交通費:90~150ドル
条件:90ドル…ゾーン1(ダウンタウン近郊)は乗り放題
トロントの場合、すべての乗り物乗り放題で月150ドルの定期があります。

5.交際費:200~300ドル
留学中、何を求めるのか?によって大きく異なります。
勉強集中タイプはそんなにかかりませんが、旅行を楽しみたい!という方やお酒大好き!という方、特にお酒は高額なため、余裕をもって準備しておいた方がよいと思います。

▼参考になるな!と感じた動画をご紹介。

留学についてのお問い合わせ・資料請求はこちらから

0120−623−385 受付時間:11時〜21時(定休日:木)
または
無料 留学情報カタログプレゼント
  • New zealand education
  •  J-CROSS
  • JAOS
  • English Australia
  • 東京都知事登録旅行業 第3-6137号

ページトップボタン