カナダ留学費用

1年間のカナダ留学費用の概算は250万円(語学留学 48週間)。ここに航空券費用やビザ申請費用、海外留学生保険などの諸費用が必要となります。カナダで海外留学生活をスタートさせるために必要な費用の内訳や、費用節約のコツ、カナダのお金やお勧めの銀行情報などを紹介いたします。

留学費用
サンプル

短期留学(4週間)

渡航までにかかる費用
学費1ヵ月分
約10~15万円
サポート費用
約3万円
航空券代金
約12~15万円
海外留学生保険
約1.5万円~
ビザ申請諸費用
約700円
渡航後にかかる費用
お小遣い
約2万円~
ランチ代
2万5千円~

平均 約35~50万円


長期語学留学(1年間)

渡航までにかかる費用
学費12ヵ月分
約120~180万円
サポート費用
約13万円
航空券代金
約12~15万円
海外留学生保険
約18万円~
ビザ申請諸費用
約1万5千円
渡航後にかかる費用
生活費12ヵ月分
120~140万円
旅費・交際費
10万円

平均 300~380万円


ワーキングホリデー(1年間)

渡航までにかかる費用
学費6ヵ月分
約60~80万円
サポート費用
約13万円
航空券代金
約12~15万円
海外留学生保険
約18万円~
ビザ申請諸費用
約2万5千円
渡航後にかかる費用
生活費12ヵ月分
120~140万円
旅費・交際費
10万円~
アルバイト収入
50~80万円

平均 155~230万円

カナダ渡航までに
必要な費用

語学学校にかかる費用

カナダの教育機関に入学するためには、入学金・授業料金・教材費といった費用を学校が指定する指定の期日より前に支払う必要があります。入学金の相場としては約CA$150、授業料金は各教育機関によって大きな開きがありますが、語学学校の場合で1週間当たり約CA$ 300、教材費は週CA$ 5~10が相場となっています。

サポートにかかる費用

「留学サポート」には、各教育機関への入学手続き代行やビザ申請アシスタンス、航空券や海外留学生保険の手配、渡航準備に関する情報提供が含まれる「国内留学サポート」と、現地到着後の生活や学習面のサポート、進路相談、24時間緊急時電話対応、荷物預かりサービスなどからなる「海外留学生活サポート」の2点のサポート料金が必要となります。カナダでの留学生活を安心に且つ順調にスタートするためにも留学サポートは必要な費用といえるでしょう。

国内留学手続きサポート 約3万円〜7万円(留学プログラムにより異なります)
カナダ現地生活サポート 約5~10万円(渡航期間、留学プログラムにより異なります)

渡航にかかる費用

カナダへ渡航するためには、通学する教育機関やホームステイなどの滞在先が受入れ可能な時期、時間を踏まえ、適切な航空券を購入する必要があります。到着時に空港送迎サービスを利用する場合には、送迎サービス会社が指定する到着時間までに到着する航空券を手配しなければなりません。また、カナダ留学中の怪我や病気、その他対物対人に対する損害賠償などに備え、海外留学生保険に入っておくことが必須です。

カナダへの航空券代金…片道約10万円~、往復約18万円~(時期や条件などにより異なります)
海外留学生保険費用…月 約1.5万円(保険プランによって異なります)

ビザ取得にかかる費用

カナダに入国するためのビザ取得にも費用はかかります。ビザの種類によって費用が定められています。観光ビザで約700円、ワーキングホリデービが約25,000円、学生ビザは約15,000円となります。(2018年7月時点・為替により異なる)

なお、カナダの場合、語学学校に通う学生ビザでの就労は許可されておりません。したがって、学生ビザ申請時には、一定の生活費用を有している証明をする必要があります。

学生ビザ 申請時の残高証明の目安は最初の1年分の生活費が賄える財政証明(一般的には1年間で約120万円の英文・カナダドル建ての残高証明)が必要です。

また、アメリカ経由便をご利用の場合、一時的な滞在であってもESTAと呼ばれる短期滞在用ビザを取得いただく必要がございます。申請費用:US$14

カナダ渡航後に
必要な費用

カナダの滞在費用

カナダ留学中の滞在はホームステイ、シェアハウス、学校の寮、コンドミニアムなどがありますが、ホームステイ、シェアハウスが一般的です。短期間の留学であればホテルやバックパッカーなどの利用も可能ですが、ホームステイやシェアハウスよりも高い費用が必要になります。ホームステイやシェアハウスの場合、1週間あたりの滞在費用の目安は、ホームステイ(食事込み) 約25,000円、シェアハウス(食事なし) 約15,000万円〜30,000円となります。

カナダの食費

カナダの物価は日本と比べ高めで、自炊を中心とすれば、食費を抑えることができますが、外食を重ねると食費だけでもかなりの出費になります。
例えば、ランチでもチップ代を含むと2,000円程度は覚悟しないといけませんし、自炊する上でも、お米は8キロで1,500円程度、卵は1ダースで350円から400円、食パン(20枚入り)で300円程度、お肉はかなり高い印象です。ただ、ジャガイモや小麦、パスタなどは安め。特にコストコなどで購入すればだいぶリーズナブルなものもあります。量が多めなものの方が単価が安くなるため、多めに購入してシェアメイトと割り勘にするなど、工夫して生活するとよいでしょう。

カナダでの交通費

カナダ留学で人気の都市、バンクーバー、トロント共に電車・地下鉄・バス・ストリートカー、フェリー(バンクーバー)を中心に公共交通機関が充実しており、広範囲への移動が可能です。
トロントの場合、トロント市内(近郊)であれば各公共交通機関を一定料金且つ乗り換え自由で利用できます。
乗車料金は300円程度(片道 1回)、1日乗車券は1,200円程度、1週間乗車券4,000円、1ヵ月間の定期で14,500円程度です。

バンクーバーの場合、地域によってゾーンが定められており、同ゾーン内であれば一定料金で一定時間内は乗り放題です。例えば、ゾーン1:250円程度、ゾーン2:370円程度、ゾーン3:500円程度です。定期の場合、ゾーン1:8,200円程度、ゾーン2:12,000円程度、ゾーン3:15,500円程度となります。Compass Cardと呼ばれる交通系ICカード(日本のSUICAのようなもの)を利用すると、25%前後の割引があります。

カナダでの旅費

カナダはアメリカに陸続きで隣接する国です。カナダへ留学する方の多くがカナダ留学中、近郊のアメリカの都市へ旅行される方が多くいらっしゃいます。例えば、バンクーバーからシアトル、トロントからニューヨークなどです。
移動手段はバスか飛行機かですが、長距離バスは価格的に安いものの身体への負担が大きいため、飛行機の方がお勧めです。バンクーバーからシアトルの場合、航空会社にもよりますが相場は片道20,000円~50,000円程度。トロントからニューヨークだと20,000円から40,000円程度。いずれも日本からの旅行と比較すると格安です。

カナダ留学でかかる
お金の基礎知識

  • New zealand education
  •  J-CROSS
  • JAOS
  • English Australia
  • 東京都知事登録旅行業 第3-6137号

ページトップボタン