カナダ留学費用

カナダで語学留学した場合にかかる費用

カナダで語学留学する場合、費用はどのくらいかかるのか?
留学計画を練るうえで気になる費用面について、具体的に何にお金がかかるかなど、ここではカナダに1年間語学留学した場合にかかる費用をご案内します。

カナダの語学留学には大きくわけて2つの種類があります。

1つ目は、短期語学留学
短期語学留学とは、学生ビザを必要としない留学のことで、24週間以下の就学が可能です。

2つ目は、長期語学留学
長期語学留学とは、学生ビザの取得が必要となる留学で、25週間以上の就学が可能です。
カナダの場合、語学学校に通うことを目的とした学生ビザでは就労は許されていません。したがって学費だけでなく生活費も併せて必要となります。

ここでは2つ目の学生ビザでの長期留学について、1年間、語学留学する場合を前提とし、具体的な留学費用をご案内いたします。

カナダの語学留学でかかる費用 ▼ 
具体的なケース ▼ 
 CASE 1 トロント 語学留学|語学学校:ILAC ▼ 
 CASE 2 バンクーバー 語学留学|語学学校:VGC ▼ 
 CASE 3 バリー 語学留学|語学学校:Georgian College ▼ 
まとめ ▼ 

カナダの語学留学でかかる費用

カナダの語学留学の場合、語学学校関係の費用(入学金や教材費、学費など)と滞在費(ホームステイやシェアハウス等)、航空券や海外留学生保険、学生ビザ申請費用などがかかります。それぞれの相場から見ていきましょう。

項目 相場
語学学校 入学金 1.5万円から2万円
教材費 1万円から3万円
学費 12万円から15万円
留学会社 国内手続きサポート費用 5万円から10万円
渡航後 現地生活サポート費用 5万円から10万円
渡航費用 航空券代金 8万円から15万円
海外留学生保険 15万円から20万円
学生ビザ申請費用 1.5万円
ESTA(アメリカ経由便を利用する場合) 1,500円
渡航後費用 滞在費 120万円から200万円
アルバイト収入 30万円から100万円
その他実費(旅行費や交際費など) 10万円〜

語学学校

語学学校にかかる費用には大きく分けて3つあります。まず1つ目が入学金、2つ目が教材費、そして3つ目が学費です。1つ目の入学金に関してはどこの学校に通ってもあまり大きな違いはなく、150ドル~200ドルが相場です。2つ目の教材費に関しては学校や受講するコースによって異なります。テキスト購入が必須な場合や、学費に含まれている場合など様々です。

3つ目の学費に関しても語学学校や受講するコース、週に何時間受講するかによって異なります。語学学校の中には週の勉強時間を選ぶことができ、勉強だけではなくより自由に使える時間を作ることができるような週に20時間から22時間のコースの場合、月の学費は約10万円ほどです。語学学校ではできるだけ勉強する時間を長く取りたいなど週に約25時間から約28時間のコース選んだ場合、月の学費は約12万から15万と勉強する時間が増える分費用も増えます。

留学会社

留学会社に各種手続きの代行を依頼したり、渡航後の現地生活サポートを依頼したりする場合、「サポート費用」と呼ばれるものがかかります。
「サポート費用」には2つの種類があります。
1.国内手続きサポート
2.現地生活サポート
です。

国内手続きサポートとは、カナダへ語学留学するにともない必要な各種手続きをお手伝いするサポートです。
例えば、カナダへ25週間以上の語学留学をする場合、学生ビザと呼ばれるビザを申請・取得する必要があります。学生ビザを申請する際には、語学学校からの入学許可や一定の生活費用を有していることへの証明(残高証明)が必要です。
もちろん、学生ビザ申請以外にも、航空券や海外留学生保険のお手続きなどが伴います。これら渡航に伴うお手続きをサポートさせていただくのが国内手続きサポートです。弊社の国内手続きサポート費用は32,400円(税込)です。

現地生活サポートとは、渡航後のサポートです。
例えば、空港到着時の送迎や現地銀行口座の開設、家探しや進路相談、各種ビザ手続き関する情報提供、緊急時の24時間緊急時電話対応サポートなどを意味します。なお、サポート費用は、ドル建てとなるため、為替により変動しますが、目安としては年10万円程度です。また、留学先のオフィスの有無によって、またお客様のご希望によって、サポートを付けることも外すことも可能です。

渡航費用

渡航費用とは、留学するに伴い必要な諸経費です。
航空券はもちろんですが、25週以上の滞在・就学の場合、学生ビザを申請する必要があります。また、アメリカ経由便を利用する場合、一時的な滞在(経由を含む)であってもESTAと呼ばれるアメリカの短期滞在用ビザを取得する必要があります。

学生ビザ取得を伴う語学留学の場合、留学期間中の就労は許されておりません。したがって、学生ビザ申請時に、留学期間中に必要な生活費用を十分に有していることを証明する必要があります。それが残高証明です。カナダの学生ビザ申請に伴い必要な残高証明は1年間で約120万円の英文・カナダドル建ての残高証明が必要とされています。支払いとして発生する費用ではありませんが、留学するご本人様名義でご用意いただく必要があるため余裕を持って準備しておくようにしましょう。

カナダ 語学留学 参加条件 & 学生ビザ規定

渡航後費用

学費の支払いやビザ申請は渡航前に済ませるため、渡航後にかかる費用は、主に生活費用です。
カナダの生活費用は、滞在する都市や個々の生活スタイルによって異なりますが、相場は10万円~15万円程度です。日本の東京や大阪など比較的大きな都市で生活する費用と変わらない、またはやや高めになります。
特に留学先として人気な都市、バンクーバーやトロントは、カナダ国内においても物価の高騰が激しい都市で、家賃に関しては、シェアでも6~8万円程度かかります。また、食費に関して、きちんと自炊すれば、日々の食費が高額になることはありませんが、外食する場合、チップを含めるとランチでも2,000円はかかることを覚悟しておきましょう。

語学留学を前提とした学生ビザの場合、オーストラリアやニュージーランドのように現地でアルバイトすることが許されていません。
したがって、月々約10万円~15万円×滞在期間分の生活費はきちんと用意し留学するようにしましょう。

カナダ留学するうえで気になる生活費-トロント&バンクーバー

具体的なケース

具体的な学校や都市を例あげて留学費用を比べてみましょう。
1年間は48週間、$=90円にて計算しています。

CASE 1 トロント 語学留学|語学学校:ILAC

下記はトロントへ1年間語学留学した場合の費用です。
トロントはオンタリオ州内最大の都市であると同時に、カナダ最大の都市でもあります。アメリカの文化や習慣、経済の影響などを色濃く受け継ぐが故にリトルニューヨークと呼ばれる都市ですが、アメリカに比べて治安も良く物価も低いことから北米圏への留学を考える人に人気の留学先です。

今回例として挙げさせていただいております語学学校 ILACはトロントとバンクーバーにキャンパスを構える語学学校です。世界各国からの評価も高く、開講コースやカスタマーサービスの質などあらゆる面で毎年多くの賞を受賞している人気校です。開講コースの種類も多く、一般英語コースだけではなくビジネス英語が学べるコースや検定コース(ケンブリッジ検定、TOEFL、IELTS対策コース)大学進学コースなど目的やレベルに合わせたコース受講が可能です。
ILACでは英語コース受講の際、週22.5時間のインテンシブコースと週28.5時間のパワーイングリッシュコースのどちらかを選択することができます。ここでは、パワーイングリッシュコースを1年間受講した際の費用をご紹介いたします。

語学学校費用

CA$ 日本円
入学金 $150 ¥13,500
教材費 $360 ¥32,400
学費 $17,280 ¥1,555,200
学費割引* ($1,728) (¥155,520)

留学会社費用

CA$ 日本円
国内手続きサポート費用 ¥75,600
渡航後 現地生活サポート費用 $1,100 ¥99,000

渡航費用

CA$ 日本円
航空券代金 ¥100,000
海外留学生保険 ¥180,000
学生ビザ申請費用 $150 ¥13,500
ESTA(アメリカ経由便を利用する場合) $14(US$) ¥1,680

渡航後費用

CA$ 日本円
滞在費 $14,400 ¥1,296,000
その他実費 (旅行費や交際費など) $1,200 ¥108,000

合計:3,319,360円

トロント留学情報

語学学校情報:ILAC

CASE 2 バンクーバー 語学留学|語学学校:VGC

バンクーバーへ1年間語学留学した場合の費用です。
バンクーバーはカナダでも比較的温暖な気候で過ごしやすい都市です。気候だけではなく、政治、経済、医療、教育、犯罪、自然、交通、住居など39項目を総合的に評価される「世界で最も住みやすい都市ランキング」(英語区経済誌 Economist発表)で過去に何度も1位を受賞するほど、治安を含む生活のしやすさに定評がある都市のため、留学先としても人気です。

語学学校 VGC はバンクーバーにキャンパスを構える語学学校です。通常語学学校で行なわれるリスニングの授業ではアメリカ英語やイギリス英語などネイティブ英語を中心としていますが、VGCの場合、アジア訛りの英語やヨーロッパ訛りの英語などよりグローバルな英語に慣れるためにカリキュラムが組まれています。その名の通り「グローバル」と呼ばれる教材を利用し、英語の文法スキルだけではなく、文化や宗教、世界情勢に関して学ぶことができます。VGCの場合も週の受講数を21時間のコアクラスと週27時間のプラスクラスより選択することが可能です。ここでは週27時間のプラスクラスを1年間受講した際の費用をご紹介いたします。

語学学校費用

CA$ 日本円
入学金 $150 ¥13,500
教材費 $480 ¥43,200
学費 $16,320 ¥1,468,800
学費割引* ($1,632) (¥146,880)

留学会社費用

CA$ 日本円
国内手続きサポート費用 ¥32,400
渡航後 現地生活サポート費用 $1,100 ¥99,000

渡航費用

CA$ 日本円
航空券代金 ¥100,000
海外留学生保険 ¥180,000
学生ビザ申請費用 $150 ¥13,500
ESTA(アメリカ経由便を利用する場合) $14(US$) ¥1,680

渡航後費用

CA$ 日本円
滞在費 $14,400 ¥1,296,000
その他実費 (旅行費や交際費など) $1,200 ¥108,000

合計:3,209,200円

バンクーバー留学情報

語学学校情報:VGC

CASE 3 バリー 語学留学|語学学校:Georgian College

バリー市にあるカレッジ(日本でいう短大のような教育機関)、ジョージアンカレッジの付属英語コースへ約1年間語学留学した場合の費用です。トロントから車で1時間ほどのバリー市には20を超えるスキーリゾートがあり、ウィンタースポーツが盛んです。田舎ですが、バリー市はトロントやバンクーバーと比較すると生活費がややリーズナブルという魅力があります。
バリー市に暮らす人々はそのほとんどがカナダィアンのため、人種のるつぼといわれるバンクーバーやトロントの雰囲気とは大きく異なります。
ジョージアンカレッジは2年制のディプロマを中心にアドバンスドディプロマや大学や大学院相当であるグラジュエイトサーティフィケイトを含め125種類以上の専門コースを提供しており、付属英語コースには、ジョージアンカレッジへの進学を志すモチベーションの高い学生が通っています。
ジョージアンカレッジに通う生徒の国籍比率はネイティブの学生が90%以上、日本人学生はわずか1%以下のためよりネイティブ環境での就学が可能です。英語力初級の方は英語の基礎から学ぶこともでき、レベルが上がっていくと英語の4技能だけではなく発音やビジネス英語、IELTS対策などプラス選択科目を受講することが可能です。
カレッジ附属の英語コースは、カレッジで開講されるディプロマなどその他のコースの開講に合わせて開講されるため、48週間という区切りがなく、7週間ごとの区切りとなります。ここではジョージアンカレッジ付属英語コースに42週間通った際の費用をご紹介いたします。

語学学校費用

CA$ 日本円
入学金 $100 ¥9,000
教材費 $350 ¥31,500
学費 $18,000 ¥1,620,000

留学会社費用

CA$ 日本円
国内手続きサポート費用 ¥32,400

渡航費用

CA$ 日本円
航空券代金 ¥100,000
海外留学生保険 ¥180,000
学生ビザ申請費用 $150 ¥13,500
ESTA(アメリカ経由便を利用する場合) $14(US$) ¥1,680

渡航後費用

CA$ 日本円
滞在費 $12,000 ¥1,080,000
その他実費 (旅行費や交際費など) $1,200 ¥108,000

合計:3,176,080円

語学学校情報:Georgian College

まとめ

いかがでしたでしょうか。
通う学校や留学先の都市などによって合計留学費用は異なるものの、カナダでの語学留学はオーストラリアやニュージーランドのように、アルバイト収入を見込めないため、生活費に余裕を持って準備する必要があります。相場は320~330万円程度ですが、北米や南米、地域によってはヨーロッパ諸国も近いカナダでは、留学の機会に旅行に行かれる方も多く、交際費や遊び代なども踏まえ、350万円程度の予算は組んでおいた方がよいでしょう。

他都市の具体的な費用や割引を実施する語学学校など、お気軽にご相談ください。

*上記の内容は2018年9月現在の情報を基に編集いたしております。

  • New zealand education
  •  J-CROSS
  • JAOS
  • English Australia
  • 東京都知事登録旅行業 第3-6137号

ページトップボタン