このサイトは分析と改善のためにCookieを利用します。詳細はこちら

ニュージーランド英語の特徴と各留学プログラムで求められる英語力

皆さんは留学する国を決める際、何を基準に国選びをしますか?
その国の治安や安全性でしょうか?過ごしやすい気候でしょうか?国選びにはさまざまな基準がありますよね。そんななか、その国の「英語」の特徴や訛り、そして求められる英語力の高さなどは、気になることのひとつではないでしょうか?

世界的にみて治安がよく、気候のいいニュージーランドは、留学先として非常に人気の国です。一方で、中学・高校時代と、アメリカ英語を基準に英語を学んできた日本人からすると、ニュージーランド英語の特徴や訛りなど、心配する方もいらっしゃいます。ここではニュージーランド英語の特徴と、あわせて、ニュージーランドで可能な各留学プログラムに参加するに際し求められる英語力をご紹介します。

ニュージーランドの英語 特徴

留学する際、学びたいものは人それぞれですが、最も多い学びたいものは「英語」です。
ただ、私たち日本人は映画やドラマ、音楽など文化的な影響も踏まえ、アメリカ英語を基盤に英語を学んできました。英語圏といってもその国その国によってさまざま特徴やアクセントがあります。ニュージーランドの英語はどのような特徴があるのでしょうか。

基盤はイギリス英語

ニュージーランドは、もともとイギリスの植民地であったため、ニュージーランド英語はイギリス英語の影響を強く受けています。特に、スペルはイギリス英語に合わせています。今まで学んできた英語と違うといわれると「それって、また一から単語も含め英語を勉強し直すことになるの?」と思う人もいるかもしれません。そんなことはないので安心してください。
イギリス英語もアメリカ英語も、英語は英語です。それはニュージーランド英語も同様です。
例えば、スペルの最後が「-er」が「-re」になるのか、「-or」が「-our」になるのかという細かい違いなので、イギリス英語のスペルでも理解できる単語は多いと思います。

例:イギリス英語とアメリカ英語のスペルの違い

日本語 イギリス英語 アメリカ英語
映画館/劇場 theatre theater
colour color
小切手 cheque check
タイヤ tyre tire

マオリ語の影響

ニュージーランド英語は、先住民族のマオリ族が使う「マオリ語」の影響も受けています。実は、ニュージーランドは英語だけでなく、マオリ語も公用語として定めています。そのため、英語を話していても、随所マオリ語が出てきたり、スーパーの商品名や街の看板にマオリ語が使われていることもあるので、簡単なものだけでも覚えておくと便利です。

例:ニュージーランド英語になっているマオリ語

日本語 マオリ語
こんにちは/乾杯 kia ora
マオリのダンス haka
マオリのお守り tiki
さつまいも kumara
集会場 marae

参考:筑波学院大学紀要第8集「ニュージーランド英語におけるマオリ語総集編」

ニュージーランドのスラング

ニュージーランドでよく使われるスラングや、言い回しももちろんあります。例えば、現地の人と会話をしていると「Yeah, nah」と言われることがあると思います。こちらは「No, thank you」の意味なのですが、イエスなのかノーなのか、聞いた印象でははっきりせず、ややこしいですよね。スラングについてはニュージーランドに限らず特殊なものが多いので、注意する必要があります。せっかく留学先でできた友だちとの会話に誤解などが生じないように、現地の人と話しながら少しずつ覚えていくようにしましょう。

例:ニュージーランドのスラング

日本語 ニュージーランドのスラング
遠慮しておきます Yeah, nah
いいね! Sweet as
ありがとう Chur
大丈夫だよ/了解 No worries
何とかなるでしょ She’ll be right

【留学種類別】ニュージーランドに留学するうえで必要な英語力

英語の特徴や訛りの次に気になるのは、留学をするうえで必要な英語力ですよね。

ニュージーランドの人は英語学習者に対して、比較的寛容であると考えられ、英語初心者でもオススメできる留学先として人気です。ニュージーランドは、移民の多い国で、アジア人は全人口の約10%を占めています。そのため、英語が母語ではない人も多く暮らしていて、流暢に英語で話しができない人の存在は珍しくありません。他国に比べて、英語初心者が相手でも、ゆっくり話してくれたりと、協力的な人が多い傾向にあるようです。

ただし、いくら初心者にも優しいとはいっても、全く英語を知らない状態で留学をすると、日常生活に支障が出る場合があります。そのため、中学卒業レベルの簡単な英語は身につけておいた方が良いでしょう。もちろん、英語力が0でも留学ができないわけではないですが、貴重な留学期間をより良いものにするためにも、基礎的な英語力は必要と考えられます。特に、大学留学など「英語を学ぶ留学」ではなく「英語で何かを学ぶ留学」となると、求められる英語力はグッと高まります。以下では留学の種類毎に求められる英語力をご紹介します。

【英語力 初心者向け】語学留学・ワーキングホリデー

英語初心者の人には、語学学校やワーキングホリデーで留学をすることをオススメします。
語学留学やワーキングホリデーで通う語学学校は入学時に英語のレベルを問いません。各校きちんとレベル分けを行い、初心者の方から上級者の方まで自分の適したレベルで英語を学ぶことができます。もちろん、少しでも話すことができれば、より高いレベルのクラスで勉強を始めることができますし、世界中から学校を訪れる生徒たちと友だちになることも早い段階でできるでしょう。

ニュージーランドでのワーキングホリデーについて

【英語力 中級者向け】ポリテクニック留学

英語中級者(IELTSスコア5.5以上)の人には、ポリテクニック留学(専門留学)がオススメです。ポリテクニック、通称「ポリテク」とは、日本でいう専門学校と大学とが一緒になったようなニュージーランド特有の教育機関です。ビジネスや会計学などはもちろんのこと、フライト・アテンダント、調理師、ホスピタリティ、エンジニアなどさまざまなカリキュラムがあり、英語力の習得だけにとどまらず、ニュージーランドの資格(学位)や就職に役立つ専門知識も学ぶことができます。ただし、英語で専門性の高い何かを学ぶとなると、当然、一定の英語力が求められます。
そのレベルがIELTS5.5レベルです。

ニュージーランドでの専門留学について

【英語力 上級者向け】大学留学

すでにIELTSスコア6.0以上をお持ちの英語上級者には、大学留学をオススメします。ニュージーランドには、国公立大学が8校しかありませんが、その分、どの大学に行っても質の高いの授業を受けることができます。また、他の英語圏に比べて学費が安く、3年で卒業できるコースもあるため、費用を抑えることができます。また、正規の大学進学以外にも、半年から1年程度、大学に通うことのできる「スタディアブロード」と呼ばれるプログラムをもつ大学もあります。大学ではネイティブの学生たちとディスカッションしたり、プレゼンしたりと高い英語力が求められるため、すでに一定以上の英語力があり、さらに実用的な英語を身に着けたいという方におすすめです。
もちろん、初めから上級レベルの英語力を持っていなくても、語学学校などでしっかり英語を勉強してから、大学に入ることも可能です。長期的にしっかり英語を学びたいという人は、ぜひ大学留学も検討してみてください。

【英語力 初級でもOK】高校留学

最後に、現地の高校生と同じ授業を受けることができる「高校留学」に必要な英語力についてです。
高校留学というと専門留学や大学留学のように高い英語力を求められそうな印象があるかと思います。実は、ニュージーランドの場合、英語の規定は特に定められていないことがほとんどです。つまり、英検やTOEFL、IELTSなどの公式のスコアをもっていなくても、高校の本科に入れるということです。
ニュージーランドの高校では、数学や歴史はもちろん、接客サービス、観光、演劇など日本の高校ではなかなか受けられないような科目も勉強することができます。さらに、「ESOL」という英語が母語ではない移民や留学生に向けた英語のクラスも、通常の授業と並行して行われるため、そこで集中的に英語を学ぶこともできます。

ニュージーランドの高校留学について

まとめ

いかがでしたでしょうか。ニュージーランドの英語は、イギリス英語である点やマオリ語の影響を受けている点など特徴があり、日本では習わなかった英語にも出くわす可能性があります。しかし、ニュージーランドでは、留学生など英語が流暢に話せない人にも非常に寛容な人が多く、初心者でも留学しやすい国と言えます。
ニュージーランドで留学をお考えの方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

← ニュージーランド留学情報ページへ戻る

  • New zealand education
  •  J-CROSS
  • JAOS
  • English Australia
  • 東京都知事登録旅行業 第3-6137号

ページトップボタン