資格の種類からオーストラリアの留学先を選ぶ

オーストラリアには政府が規定する教育制度The Australian Qualifications Framework(通称AQF)が導入されており、公立・私立の教育機関に関係なくAQFに従った学位認定制度が取られています。オーストラリア留学で専門学校や大学へ入学する際には考慮したいAQFと関連する留学プログラムについて解説致します。

オーストラリアのAQFとはどういう仕組か学ぼう ▼ 
ニュー・サウス・ウェールズ州TAFEのDiplomaToDegree(D2D)の仕組みはAQFに則っている ▼ 
さいごに ▼ 

オーストラリアのAQFとはどういう仕組か学ぼう

AQFは1995年にオーストラリア政府によって高等教育機関が授ける学位制度を規定したルールとなります。AQFには全部で10段階のQualification(資格)が定められており、オーストラリアの教育機関へ留学した留学生も卒業時にAQFに従った資格や学位が認定されます。AQFでは異なる教育機関に進学する場合であってもAQFで規定されている資格は有効とされ、単位認定や入学資格の免除が行われます。さらにグローバルな教育学位制度とも互換性を持たす制度が設定されています。

AQFの10段階とは?

AQF Level 1 Certificate 1
AQF Level 2 Certificate 2
AQF Level 3 Certificate 3
AQF Level 4 Certificate 4
AQF Level 5 Diploma (専門学校の単位認定)
AQF Level 6 Advanced Diploma, Associate Degree (専門学校卒業に相当)
AQF Level 7 Bachelor (大学学部卒業の学位)
AQF Level 8 Bachelor Honours Degree, Graduate Certificate,Graduate Diploma
AQF Level 9 Master Degree (大学院修士課程の学位)
AQF Level 10 Doctoral Degree (大学院博士課程の学位)
non-AQF 語学学校の英語コース 等

AQF Level 1から4まではCertificateと呼ばれ、専門教育の初歩段階を指します。Certificate 3以上になると一部の専門職として就労が可能になる資格になります。Certificateのコースは私立・公立の専門学校によって開講されており、オーストラリアの長期留学でCertificate 3または4に挑戦される方が多くいらっしゃいます。Certificate 4になると未経験で入学するのが難しくなり、Certificate3を履修しているか、または同等の職業経験があることが入学の条件となるケースが多いといえます。Leve5またはLevel6が日本の専門教育課程に該当し、より高度な学習を積みます。Diploma以上で雇用の条件が変わる会社も多く、ローカルのオーストラリア人も生涯教育としてTAFEなどの公立専門学校でDiplomaやAdvanced Diplomaを履修しています。Level7以上が日本の大学教育機関にあたり、それぞれ大学卒業学位や修士課程、博士過程に該当します。オーストラリアの大学入学には、オーストラリアの高校の進学過程(Year 11~12)を卒業した、または同等の教育(AQF Level5または6)を履修していることが条件になります。

AQFで規定されている資格は、各分野ごとにレベルアップしていく

オーストラリアの資格認定は、AQFによってレベル分けされていますが分野ごとに異なる資格であることに留意が必要です。Certificate4のスポーツトレーニングを修了して、DiplomaコースのIT分野に進学するといった分野違いのレベルアップは不可能だと思ったほうがよいでしょう。(大きな分野が共通している学問、ビジネス-会計-マーケティングなどで移動は一部可能)オーストラリアの大学入学を前提とした長期留学では、分野選びを事前にしっかりと行う必要があります。語学留学で渡航し、専門コースへの入学条件を満たすための英語学習期間でじっくりと考える方法か、日本でしっかりと勉強したい科目を決めて渡航する方法をとるか選ぶ必要があります。

ニュー・サウス・ウェールズ州TAFEのDiplomaToDegree(D2D)の仕組みはAQFに則っている

日本の高校を卒業してオーストラリアの大学へ入学する場合は、大学付属のFoundation Courseを履修するか、専門学校を経由して大学に編入する方法が一般的です。TAFE NSWで提供されているDiplomaToDegreeのコースは、オーストラリアの大学留学を志す上で費用面でも勉強面でもメリットが大きい仕組みです。TAFEでCertificate4からAdvancedDiploma(AQFレベル4~6)を修了し、大学へ入学後AQFLevel7の大学卒業学位取得を目指します。専門のコースから一つずつステップアップできるため、いきなり大学へ入学するよりも落第率が下がると共に、大学よりも専門コースの方が学費が安いため卒業学位を取得するために必要な総額費用を抑えることができます。

D2Dとは?

TAFE NSWが提供している専門コースを卒業した後に、大学へ編入し学位取得を目指すプログラム。TAFEの専門学位(Certificate 4 ・Diploma ・ Advanced Diploma)を卒業後、TAFEで履修した科目に関連する大学の学部へ編入するプログラム。各コース(科目)によって入学条件や単位認定数は異なる。また年度によって大学に認定される科目数が変更となることにも注意したい。

例えば、会計学を学ぶ場合、全くの未経験からであれば下記の流れとなります。

Certificate 4 in Accounting (半年) AQF Level 4
Diploma of Accounting (半年) AQF Level 5
Advanced Diploma of Accounting (半年) AQF Level 6
Bachelor of Business (1.5年~2年) AQF Level 7
合計3年から3.5年で卒業するコース

※TAFE以外にも各大学が認定した専門学校の専門コースを修了すると単位認定されるコースがございます。

さいごに

オーストラリア留学で専門課程を検討すると登場する”Certificate(サーティフィケート)”や”Diploma(ディプロマ)”などは、AQFという教育制度に則って定められています。正しく専門課程を履修してステップアップすることで専門性を高め将来の就職活動に役立つオーストラリア留学にしましょう。

← オーストラリア留学 失敗しない学校の選び方に戻る

  • New zealand education
  •  J-CROSS
  • JAOS
  • English Australia
  • 東京都知事登録旅行業 第3-6137号

ページトップボタン