LINE
留学マガジン

■書籍名:
グローバル社会で生き抜ける子どもに育てる方法
■著者:松久保朱美

■書籍名:
グローバル社会で生き抜ける子どもに育てる方法
■著者:松久保朱美

University of Canberra
(キャンベラ大学)
スタディアブロードプログラム【2019年度版】

University of Canberra(キャンベラ大学 通称UC)のスタディアブロードプログラムには、アジア人を含む留学生の少ない環境、ネイティブ環境で学ぶことができるという環境面と、首都キャンベラというロケーションだからこそ学べる政治・経済、国際関係学、スポーツマネジメント、イベントマネジメントなどの学習内容面と他州・他都市にある大学とは異なる魅力があります。ここでは、キャンベラ大学でのスタディアブロードプログラムの魅力や入学規定、気になる費用のことをご説明いたします。

キャンベラ大学基礎情報 ▼ 
キャンベラ大学のスタディアブロードを選ぶ理由 ▼ 
キャンベラ大学のスタディアブロードプログラムで選択できる科目 ▼ 
プログラムの入学条件 ▼ 
条件を満たせない場合の入学方法 ▼ 
入学時期 ▼ 
プログラム費用 ▼ 
滞在方法と費用 ▼ 
まとめ ▼ 

キャンベラ大学基礎情報

オーストラリア
都市 キャンベラ
設備 ラボラトリーズ(科学、エンジニアリング、園芸、薬学、スポーツ&エクササイズ、健康、芸術、デザインなど専門課程の学習に適したラボ)、研究施設、スポーツ施設(the ACT Brumbies、UC Capitals、University of Canberra Research Institute for Sport and Exercise (UCRISE) など)、学生ラウンジ、ミーティングルーム、図書館、病院、学生寮など
ホームページURL https://www.canberra.edu.au/future-students/international-students/study-abroad

キャンベラ大学のスタディアブロードを選ぶ理由

キャンベラ大学のスタディアブロードプログラムを選ぶ理由は大きくわけて3つあります。
1つ目は、世界トップ2~5%の大学で勉強できるという点、2つ目は世界トップレベルなのに、リーズナブルな留学費用、そして3つ目は、キャンベラならではの勉強ができるという点です。

① 世界トップ2~5%の大学で勉強できる!


キャンベラ大学は1967年、Canberra College of Advanced Education (CCAE)、つまり就職に繋がる専門的な知識・技術の習得に焦点を当てた教育機関として設立され、その後、1990年に大学として認可されました。国自体が新しいオーストラリアで、創立50年以下の大学は決して珍しくありませんが、なかでもキャンベラ大学は創立28年目と非常に若く、モダンな大学で、且つ急成長を遂げている大学のひとつです。

その証拠に、2016年には600位から501位だった世界大学ランキングでの評価*は、2019年、300位から251位へと急上昇、創立50年以下の若い大学のなかでは、世界58位と非常に高い評価を受ける**大学です。近年急上昇する世界的な評価、その効果もあってか、高まる就職率や就職後の所得の高さなど、多くの魅力あふれるキャンベラ大学には、オーストラリア中、そして世界90以上の国から学生が集います。

スタディアブロードプログラムは普通の語学留学やワーキングホリデーと異なり、オーストラリアの「大学」で学び、海外生活を体験できる留学プログラムです。せっかくであればレベルの高い大学、モチベーションの高い世界中の生徒たちと肩を並べ、日本とオーストラリア、そして世界の大学や人々の違いを学んでみたいと思いませんか?
世界的に高い評価を受け、オーストラリア中、そして世界中からモチベーションの高い学生が集うキャンベラ大学では、英語力の向上や専攻した各科目の学習内容以上に、今後のグローバル社会を生き抜く力、多様性を身に付ける機会が溢れていると言えるでしょう。

参照:
*TIMES HIGHER EDUCATION WORLD UNIVERSITY RANKING 2016 – 2019
**TIMES HIGHER EDUCATION WORLD YOUNG UNIVERSITY (Under 50-years RANKING 2016 – 2018)

② 世界トップレベルなのに、リーズナブルな留学費用


キャンベラ大学のスタディアブロードプログラムの場合、通常の学生と同じように大学の学生寮を利用することができます。
キャンベラ大学の学費は1セメスター13,500ドル(日本円で約115万円)~と、他大学と比較し、大きな違いはありません。しかし、学生寮の滞在費は最低週155ドル(13,000円程度)~と、他州、他大学と比較するとかなりリーズナブルです。これは、他州、他大学の学生寮や、一般的なシェアアコモデーション費用と比較すると年間50~60万円ほど違いがでてきます。

シドニーやメルボルンなど大きな都市の方が、アルバイトなど求人があるため、支出は多くとも収入がある!という方もいらっしゃると思いますが、ここまで大きな差額となるとアルバイト収入を得たとしてもキャンベラ大学でのスタディアブロードプログラムの方が、リーズナブルという可能性も大いにあり得ます。しかも、アルバイトばかりの日々にならないことから本来の本文である学業やオーストラリアでの学生生活に集中できるという点も魅力です。

③ キャンベラならではの勉強ができる


ご存知の通り、キャンベラはオーストラリアの首都です。日本でもそうですが、首都にはさまざまな公的な、且つその国にとって非常に重要な機関が集います。例えば、国会議事堂、高等裁判所、さまざまな官庁はもちろん、オーストラリア戦争記念館、オーストラリア国立大学、オーストラリア国立スポーツ研究所、オーストラリア国立美術館、オーストラリア国立博物館、オーストラリア国立図書館など、多くの社会的、文化的な施設が挙げられます。

このようにキャンベラの主要産業が、官公庁セクターと防衛産業であることから、他州、他都市とは異なる政治・経済、経営、国際関係学などを学ぶことができます。他にも、オーストラリアは、水泳やマラソン、トライアスロン、乗馬、さまざまなスポーツの分野で優秀な成績を修める国です。キャンベラにはこれらさまざまなスポーツの分野で、例えばオリンピックのような世界の舞台で活躍する選手を輩出するオーストラリア国立スポーツ研究所 (AIS)があり、スポーツに関連する分野においても他大学とは一味違う講義を受ける機会があります。

<お勧めの専攻例>

Bachelor of Justice Studies

オーストラリア首都特別地域(ACT)と連邦管轄の両方をカバーする国の首都としての独特の法的状況のなか、司法方針の策定、管理、運営において生じる実践的かつ理論的な問題を探求することのできる学部です。

Bachelor of Politics and International Relations

キャンベラ大学は、オーストラリアの唯一の政治および国際関係に関するに登録学士号のコースを持つ大学です。国家安全保障、現代テロリズムの挑戦、民主的に知らされた市民権の概念、アジア太平洋とグローバルな状況における現代の地域政治を含む政治と政策に関する現代の問題を探求します。

Bachelor of Sport and Exercise Science

スポーツとエクササイズサイエンスのすべての側面を幅広く理解し、人間の運動の複雑さを探求し、アスリートの潜在能力を最大限に発揮するための戦略を開発します。また、キャンベラ大学の革新的でユニークな運動設備やスポーツ関連の公共施設にアクセスすることで、キャンパス内外のコミュニティやプロスポーツ組織との幅広いつながりを得ることができます。

Bachelor of Sports Management

学生が適切かつ現代的なスポーツマネジメントスキルを習得できるように、学界とスポーツの専門家が共同でカリキュラムを設計したコースです。スポーツ業界のなかで成果を挙げた実用的な手法に重点をおいた学習方法WIL(work integrated learning)に焦点をあて、急速に成長しているスポーツ業界のなかで活躍するための知識やスキルを磨くことができます。

キャンベラ大学のスタディアブロードプログラムで選択できる科目


キャンベラ大学では、以下の科目のなかかいずれかを選択し受講いただくことができます。

文学・ビジネス、行政・コミュニケーション・デザイン、建築・ヘルス、コミュニティ・情報科学・法律・サイエンス・スポーツ・教育・テクノロジー、数学・観光学

キャンベラ大学で最も人気のある科目も受講することが可能です。

リーダーシップ、リノベーション・ネットワーク、メディア制作・映画製作・先住民族について、現代問題・国際学・文芸・デザイン・エコロジー、生物多様性・文化と多様性・観光と世界経済・スポーツとパフォーマンスの心理学

科目選択に関してより詳しい情報はキャンベラ大学の公式ホームページ 「Choosing Classes at UC」からご覧ください。

プログラムの入学条件

キャンベラ大学のスタディアブロードプログラムに入学する場合、下記の条件を満たす必要があります。

入学条件
・日本の大学1年次以上を修了していること
・英語力の要件を満たしていること
・大学1年次の成績がGPA(7ポイント制の場合は4.5以上、4ポイント制の場合は2.5以上)
・キャンベラ大学で1セメスター(4科目=12単位)を受講すること

英語力の要件

英語試験 レベル
IELTS Academic 平均6.0(各技能6.0以上)
TOEFL iBT 平均6.0(R: 16、L: 16、S: 18、W: 22)
Pearson Test of Academic English 50(各技能50以上)
Cambridge English Scale 169(サブスコア169以上)

入学規定は予告なく変更となる可能性がございます。最新の情報は、UC English Policy(Section B)をご覧ください。

条件を満たせない場合の入学方法

日本の大学で1年以上就学していること、またその際の成績などは、いずれも日本にて条件を満たしていただくほかありません。しかし、英語力だけは異なります。英語力がスタディアブロードプログラム入学条件を満たせていない、しかしIELTS5.0 相当以上の英語力をお持ちの方の場合、キャンベラ大学付属語学学校にて最短約3ヵ月から6ヵ月程度、英語を学んでいただくことによって、スタディアブロードプログラムにご参加いただくことが可能です。
UC College English Language Centreは1969年に設立され、オーストラリアで最も古い英語センターのひとつです。キャンベラ大学英語センターの学生満足度は国内平均を上回る優秀なセンターです。

UC College English Language Centre 各コース入学規定

General English Course IELTS 4.0相当
Pre-Access English IELTS 5.5相当
English for Academic Purposes Plus (EAP+) IELTS 6.0相当

EAPとEAP+は10週間毎、他のコースは5週間毎が1つのサイクルとなっているため、EAPとEAP+は10週に1度、他のコースは5週に1度の入学日となります。英語コースの入学日に関してはキャンベラ大学 公式ホームページ Course Datesをご参照ください。

スタディアブロードプログラムの場合、日本の大学を1年間休学して留学する方が多いため、スタディアブロードプログラムに参加するためには、最長でも約半年間の語学研修期間でスタディアブロードプログラムの入学規定であるIELTS6.0 相当の英語力を証明する必要があります。

IELTS 0.5向上には語学研修期間10週間の査定が一般的です。したがって、出願時にIELTS5.0相当の英語力を証明する必要があります。スタディアブロードプログラムでの留学を検討中の方は、計画性をもってしっかりと英語を勉強しておきましょう。

入学時期

キャンベラ大学のスタディアブロードプログラムの場合、セメスター1(前期)が2月上旬、セメスター2(後期)が7月下旬からとなります。

すでにスタディアブロードプログラム入学規定であるIELTS6.0相当以上の英語力をお持ちの方の場合は、各セメスターの開始時期から直接本科へ入学が可能です。

英語力がスタディアブロードプログラム参加条件に達していない方の場合、下記のサンプルスケジュールのように、セメスター参加前に付属語学学校にて英語を学び、入学規定を満たし、セメスターに入学するという流れになります。

▼サンプルスケジュール(英語力がIELTS5.0相当の方の場合)

  1. 英語コース 20週間
    2020年3月9日 – 2020年7月24日
  2. セメスター2*(大学本科)
    2020年7月27日 – 2020年11月14日
IELTS 5.0
IELTS 6.0

プログラムの費用

2018年のスタディアブロードプログラム費用(1セメスター:4科目分)はAU$9,100です。受講いただくコースによっての変動はありません。留学全体でかかる費用は、滞在方法によって大きく異なります。オンキャンパス、オフキャンパスの寮、またはホームステイをした場合のそれぞれの費用(目安)を見てみましょう。

学費関係

項目 費用
語学学校 入学金 AU$210
語学学校 学費(週) AU$450
1セメスター 学費 AU$9,100

別途施設使用料がかかる場合があります。

パターン1.IELTS5.0相当の英語力の場合
語学研修 20週間+1セメスター=AU$18,310(日本円で約165万円)/約1年間
パターン2.IELTS5.5相当の英語力の場合
語学研修 10週間+1セメスター=AU$13,810(日本円で約125万円)/約9ヵ月間
パターン3.IELTS6.0 以上の英語力の場合
1セメスター=AU$9,100(日本円で約92万円)/約半年間
2セメスター=AU$18,200(日本円で約164万円)/約1年間

滞在方法と費用


キャンベラ大学にはオンキャンパスの学生寮があり、世界各国から2,400人以上の学生が滞在できます。
学生寮は、University of Canberra Villageと呼ばれ、ウィードンロッジ、クーパーロッジ、UCロッジから選ぶことができ、これら学生寮はスタディアブロードプログラムに参加する留学生も滞在が可能です。ただし、とても人気なため、早めの予約をお勧めします。

学生寮はいずれも、セキュリティスタッフが24時間管理しているため安心して生活することができ、学生同士の交流を深めるため、さまざまなイベントが企画・開催されています。

学生寮に関する詳しい情報は、キャンベラ大学のAccommodationをご覧ください。

キャンベラ大学では、オンキャンパスの学生寮以外に、シェアハウスやアパートを含む宿泊施設に関する情報も掲載しています。シェアハウスでの滞在費は一般的に週170~200ドルあたりです。

オフキャンバスの宿泊施設に関する詳しい情報は、キャンベラ大学の公式ホームページをご覧ください。

以下は一般的な滞在費、その他生活に必要な諸経費を含めた滞在費、6ヵ月間、9ヵ月間、1年間、それぞれのまとめです。

▼6ヵ月間の生活費

項目 オンキャンパス(寮) ホームステイ オフキャンパス(シェア)
家賃 AU$200 AU$235 AU$200
食費 AU$80 AU$50 AU$80
交際費 AU$25 AU$25 AU$25
携帯代金 AU$15 AU$15 AU$15
文具、コピー代など AU$30 AU$30 AU$30
交通費 AU$5 AU$10 AU$10
1週間の生活費 合計 AU$355 AU$365 AU$360
6ヵ月(24週間分) 合計 AU$8,520 AU$8,760 AU$8,640
日本円(AU$=90円) 約77万円 約79万円 約78万円

該当するのはパターン3.IELTS6.0 以上の英語力をお持ちの方で、1セメスターのみの就学期間だった場合となります。
合計金額は、約170万円~175万円となります。

▼9ヵ月間の生活費

項目 オンキャンパス(寮) ホームステイ オフキャンパス(シェア)
家賃 AU$200 AU$235 AU$200
食費 AU$80 AU$50 AU$80
交際費 AU$25 AU$25 AU$25
携帯代金 AU$15 AU$15 AU$15
文具、コピー代など AU$30 AU$30 AU$30
交通費 AU$5 AU$10 AU$10
1週間の生活費 合計 AU$355 AU$365 AU$360
9ヵ月(35週間分) 合計 AU$12,425 AU$12,775 AU$12,600
日本円(AU$=90円) 約112万円 約115万円 約113万円

該当するのは、パターン2.IELTS5.5相当の英語力をお持ちの方で、語学研修 10週間+1セメスター、約9ヵ月間就学した場合となります。
合計金額は、約237万円~240万円となります。

▼1年間の生活費

項目 オンキャンパス(寮) ホームステイ オフキャンパス(シェア)
家賃 AU$200 AU$235 AU$200
食費 AU$80 AU$50 AU$80
交際費 AU$25 AU$25 AU$25
携帯代金 AU$15 AU$15 AU$15
文具、コピー代など AU$30 AU$30 AU$30
交通費 AU$5 AU$10 AU$10
1週間の生活費 合計 AU$355 AU$365 AU$360
1年間(45週間分) 合計 AU$15,975 AU$16,425 AU$16,200
日本円(AU$=90円) 約143万円 約148万円 約146万円

パターン1.IELTS5.0相当の英語力をお持ちの方で、語学研修 20週間+1セメスター、合計1年間の留学の場合、合計金額は、約308万円~310万円となります。

または、パターン3. すでにIELTS6.0相当の英語力をお持ちの方で、2セメスター、約1年間留学した場合、合計金額は、約307万円~310万円となります。

まとめ

いかがでしたでしょうか。キャンベラ大学のスタディアブロードプログラム、最大の魅力は特殊なロケーションとそれに付随するさまざまなメリットです。例えば特殊な科目や、シドニーやメルボルンなどのメジャーな都市へのアクセスの良さ、そして日本人留学生の少なさなどが挙げられます。より詳しい情報についてはお気軽にお問合せください。

  • New zealand education
  •  J-CROSS 留学サービス審査機構
  • JAOS一般社団法人海外留学協議会
  • English Australia
  • 東京都知事登録旅行業 第3-6137号

ページトップボタン