オーストラリア
スタディアブロード留学の

スケジュールと流れ

オーストラリアのスタディアブロード留学の具体的な流れとは?

オーストラリアのスタディアブロード留学プログラムは、日本の所属大学を休学し、オーストラリアの大学正規課程へ学部入学し、オーストラリアの大学生と同じ授業を受けるプログラムです。オーストラリアの大学の講義を履修するため、スタディアブロードでは留学スタートの時期をオーストラリアの大学スケジュールに合わせる必要があります。また、英語力が不足している場合は、大学附属の語学学校で不足分の語学を履修する必要があるため、追加で留学期間を延長するまたは、大学の1学期分をオーストラリアの大学附属での語学学習にあて、後半の1学期で正規課程へ入学することも可能です。オーストラリアの大多数の大学では2学期制がとられていますので、スタディアブロードの渡航タイミングは年2回といえます。※一部の大学・学部・専攻では3学期制

スタディアブロード留学の渡航タイミングとサンプルスケジュール

オーストラリアの大学スケジュール

オーストラリアの大学は大きく2月下旬開始のスケジュールまたは、7月下旬開始のスケジュールになります。スタディアブロードで事前の語学研修なしにオーストラリアへ渡航する場合(英語の基準を満たす場合)には、2月または7月に渡航するスケジュールを組むのが理想といえます。オーストラリア学生ビザは就学期間終了から一定の期間の滞在猶予があるため、スタディアブロードが終了した後、オーストラリアにしばらく滞在しながら旅行なども楽しむことが可能です。

2月開始のスケジュール

2月下旬開始日程を選ぶ場合は、日本の大学を前期から休学する日程となるほか、学期末試験が終了したタイミングでオーストラリアへ渡航し、スタディアブロードに参加する流れとなります。
年末までにオーストラリアの大学が終了しますので、最短だと12月には日本へ帰国する予定とすることが可能です。

2月中旬までにオーストラリアへ渡航
2月下旬〜6月中旬 1学期履修
6月下旬〜7月中旬 学期目休み
7月下旬〜11月下旬 2学期履修
12月〜ビザ期限までに日本へ帰国

7月開始のスケジュール

7月下旬から開始されるオーストラリアのスタディアブロード留学では、日本の前期期末試験終了と同時に渡航し、オーストラリアの大学のコース開始に備える流れとなります。日本の所属大学は後期から開始の休学となり、翌年9月からの復学というスケジュールとなりますが、オーストラリアから日本へは7月中には帰国可能です。

7月中旬までにオーストラリアへ渡航
7月下旬〜11月中旬 2学期履修
12月上旬〜2月中旬 学期目休み
2月下旬〜6月中旬 1学期履修
7月〜ビザ期限までに日本へ帰国

スタディアブロード留学のタイプ別プログラムの流れ

スタディアブロード留学では、渡航前の英語力によって大きく3つのタイプがあります。学生の方のほとんどが直接大学へ入学できる英語力の基準を満たしていいないため、オーストラリアの大学に附属する語学コースを履修することが多いと言えます。1年間の休学期間で渡航を検討している場合は、約半年間の語学コースをオーストラリアで履修し、残りの半年でオーストラリアの大学の正規課程のコースを履修する流れとなります。1年間の休学期間をさらに延長し1.5年とした場合は、半年の語学期間と1年間の正規課程履修期間(2学期分)となります。また、オーストラリアの大学が定める英語力の基準をスタディアブロード参加前に満たしている場合は、大学の付属語学コースの必要がないため、1年間の正規課程を履修して帰国する流れとなります。

タイプ1

約1年間

  1. 大学附属の語学コース履修 半年間
  2. 大学の学部コース履修 半年間

タイプ2

約1年間

  1. 大学の学部コース履修 1年間

タイプ3

約1.5年間

  1. 大学附属の語学コース履修 半年間
  2. 大学の学部コース履修 1年間

語学研修期間が目安となりますが、大学付属の語学研修コースごとに大学入学可能レベルと認定される英語のコースが開講されています。スタディアブロード留学参加を申し込むタイミングで、大学指定の英語テストまたはIELTSなど一般向けの英語力判定試験を利用し、大学の学部コース入学までに必要な期間を査定する流れとなります。

  • New zealand education
  •  J-CROSS
  • JAOS
  • English Australia
  • 東京都知事登録旅行業 第3-6137号

ページトップボタン