• 海外留学 学校情報
  • 2017.09.21

University of Wollongong UOW (ウーロンゴン大学)【2018年度版】

  • オーストラリアの学校
  • 大学

オーストラリア最大の都市シドニーから約80キロ南にある自然豊かな都市ウーロンゴンにメインキャンパスを持つウーロンゴン大学は、シティライフと自然豊かな環境で充実した大学生活を過ごせる場所として日本人留学生に人気があります。オーストラリアへの海外大学進学で負担となる大学費用も抑えられ、生活費用もシドニー中心部と比べると安くなります。私立の専門学校やウーロンゴン大学付属のウーロンゴンカレッジから大学へ進学するコースも提供されています。2018年度版 Good Universities Guide にてオーストラリアの大学で最も高い学生経験を提供している大学にランク付け(五つ星)された実績があります。

ウーロンゴン大学の基本情報

ウーロンゴン大学基本情報
オーストラリア
都市 ウーロンゴン
設立 1951年
キャンパス ウーロンゴン、シドニー(ビジネススクール)
学生人数 約3万3千人(全キャンパス累計)
Times Higher Educationランキング トップ251-300位
主要学部 ビジネス、理学、医学部、看護、工学、情報工学、社会科学、法律、アーツ
大学ホームページ http://www.uow.edu.au/index.html

ウーロンゴン大学の主な特徴

オーストラリアのニューサウスウェールズ州でバランスが取れた大学といえば、ウーロンゴン大学です。世界の大学ランキング(QS World University Ranking 2018やTimes Higher Education World University Ranking)で上位300位以内(世界の全大学トップ2%以内)に格付けされるレベルの高い大学でありながら、自然豊かなキャンパスでゆったりと過ごしながら大学生活を過ごせます。都市部の喧騒から離れて学業に集中したいと考える大学生が世界中からウーロンゴン大学へ集まっています。全校生徒の内、約2割にあたる約7,500名が海外からの留学生で占められています。スチューデントサービスに力を入れており、複数の年度で五つ星のランキングをGood Universities Guideで獲得しています。質の高い教育の提供を目指すウーロンゴン大学の卒業は容易ではありませんが、ウーロンゴン大学で過ごす海外大学生活で社会に出るために必要な力を着実に身につけることができるでしょう。ウーロンゴン大学では複数の学部を同時に受け卒業するデュアルディグリー対象となるコース(卒業まで平均5.5年)やダブルメジャー(同一学部2専攻の履修)も推奨しており、高い知識レベルの習得を目指すことができます。

ウーロンゴン大学

IMG_5662
IMG_5631
IMG_5642
IMG_5666
IMG_5667
IMG_5670
IMG_5669
IMG_5673
IMG_5676
IMG_5681
IMG_5688
IMG_5696
IMG_5697
IMG_5700
IMG_5707
IMG_5709
IMG_5710
IMG_5713
IMG_5715
IMG_5717
IMG_5671
IMG_5728
IMG_5729

ウーロンゴン大学(UOW)公式動画

2.留学生に人気の高い学部の紹介

ウーロンゴン大学では、ビジネス、医療関連学部(医学部・看護学部)、教育学部の質の高さに定評があり、将来の就職につながる専門的な知識を培える学部に人気が集まります。多くの学部入学(医療系等を除く)に必要な英語力の基準は、他の大学と比較すると緩やかで英語の入学基準としては入学しやすい大学と言えます。日本で正看護師資格を持つ方が入学できる看護コース(卒業まで2年)も開講されており、オーストラリアの正看護師資格を目指す方に人気の高い大学の一つでもあります。

ウーロンゴン大学の学部に入学するためには、下記の条件を満たす必要があります。
1.学力基準
日本の高校卒業資格+オーストラリアのFoundationコースまたはDiplomaを卒業していること。
学部で指定した科目の履修(数学・生物など)
※成績が一定以上でFoundationコースの免除制度あり

ウーロンゴン大学では付属のウーロンゴンカレッジにて大学入学者向けのファウンデーションコースを提供しています。
卒業までの学費(2018年度):A$20,540(2セメスター)、A$28,440(3セメスター)

2.英語力基準(学部によって異なる)
指定学部以外 IELTSオーバーオール6.0以上(リーディング、ライティング6.0以上、リスニング、スピーキング5.0以上)

ビジネス Bachelor of Business

ウーロンゴン大学のビジネス学部では、国際ビジネスやファイナンス、国際関係やマネジメント、マーケティングといった様々なビジネスフィールドで通用する知識と経験を学習することができます。オーストラリアのローカルビジネスだけでなく、グローバルに展開されたビジネス・ケースを通してビジネススキルを培います。ビジネス学部では必修の科目と自由に選択できる科目があり、自分の興味に合ったテーマを履修することが可能です。ウーロンゴン大学カレッジなどの専門コースでDiplomaを修了させた後に、大学の本科コースへ編入する方も多くいらっしゃいます。

ビジネス学部の情報
コース期間 3年
キャンパス ウーロンゴン
コース費用(2018年度) $26,448/年

看護 Bachelor of Nursing

シドニーで生活しながら通える大学としてレベルが高い看護学部を持つウーロンゴン大学には、正看護師資格取得を目指す学生に加えて、既にオーストラリア以外の国で正看護師資格を持ち、オーストラリアでの正看護師資格取得を目指すナースが集まっています。卒業年次には就職のためのワークショップを開催し、就職力のフォローにも力を入れています。ウーロンゴン大学のキャンパスには現代的な臨床学習施設が整備されており、看護スキルと知識の習得ができる環境が整っています。コース履修中には、約21週間の校外実習を病院、クリニック、介護施設、その他医療施設で実施し、患者の治療プロセスに関わる力をつけていきます。
2019年入学の看護学部は2年コースの募集は行われず、看護師経験の有無にかかわらず3年コースへの入学が必要となります。2020年以降のカリキュラムについては発表待ちとなります。

看護学部の情報
コース期間 3年
キャンパス ウーロンゴン
コース費用(2018年度) $27,552/年
英語力基準 IELTS6.5以上(全科目)


ニュージーランドの高校留学を通して、オーストラリアのウーロンゴン大学看護学部へ進学した安藤さん。2015年に同大学を卒業され、日本で専門知識と高い英語力を活かした医療通訳として活躍されています。

情報科学 Bachelor of Computer Science

ウーロンゴン大学の情報科学学部では、コンピューターアプリケーションの開発と理論を学び、産業界で不足している高度な専門知識を兼ね備えたエンジニアを輩出する教育を提供しています。ITや情報システム学部とも共通するコアコースが修了する2年時に、専攻するエリアを決定することができます。最終学年ではチームプロジェクトを通して、システム開発の経験を積みます。工学部や数学科、理学部やビジネス学部とデュアルディグリープログラムも選択可能で、他の分野と情報科学のスキルを併せ持つ高度な人材を目指します。

情報科学の情報
コース期間 3年
キャンパス ウーロンゴン
コース費用(2018年度) $29,664/年
英語力基準 IELTS6.0以上(全科目)

3.ウーロンゴン大学へのパスウェイを持つ教育機関

英語コースの免除対象となっているのが、English Language Company と MACQUARIE EDUCATION GROUP AUSTRALIA です。

MACQUARIE EDUCATION GROUP AUSTRALIAの専門コースを卒業することで、Foundationの履修が免除される他、学部コースの半年分の単位が認定される制度がありトータルの就学期間と費用を抑えることが可能です。
対象となっているコースは、Diploma of Business (ビジネスディプロマ)、Diploma of Accounting(会計ディプロマ)、Diploma of Marketing and Communication(マーケティング&コミュニケーションディプロマ)となり、ウーロンゴン大学のBachelor of CommerceとBachelor of Business へ編入することができます。

ウーロンゴン・カレッジ(ウーロンゴン大学付属学校)

ウーロンゴン・カレッジでは、ウーロンゴン大学キャンパス内にあり、カレッジの学生はウーロンゴン大学の施設を利用することができます。ファウンデーションコースと呼ばれる、大学準備プログラムを提供しており、直接入学の学力や資格が足りない場合に履修することによって、大学への入学を可能にします。英語コースは6週間おきの入学といるため、入学時期は慎重に調整する必要があります。ウーロンゴン・カレッジの英語コースを修了することによって、IELTSやTOEFLなどの英語試験の提出が免除されます。

4.ワールドアベニュースタッフのおすすめポイント

ウーロンゴン大学は、これまで数多くの日本人留学生を受け入れてきました。自然豊かでゆったりとしたキャンパスは、下見に訪れた学生の満足度が高い傾向にあります。ウーロンゴンというエリアは、日本人に聞きなれない場所ではありますが、シドニー近郊の都市としては落ち着いたエリアとなり都市部が苦手な留学生におすすめしたい地域です。シドニー中心街までも電車を利用して迎えるため、週末などはシティで友人と過ごすことも可能です。

ウーロンゴン大学の奨学金プログラム

ウーロンゴン大学が留学生に提供するUndergraduate Excellence Scholarships(UES)は、卒業までの学費のうち15%を免除する奨学金制度です。(最大4年間まで)奨学金支給の総人数が決まっておらず、誰でも挑戦することができます。奨学金適用の基準としては、高校卒業の成績、ファウンデーションプログラムの成績、専門コースの成績または他大学の成績で優秀な成績を残していることが条件となります。残念ながら看護学部には本奨学金は提供されていません。卒業までの平均学費が約8万4千豪ドルとなるため、3年間で合計1万2千600ドル程度(約100万円)の学費が免除されることとなります。


日本の大学を中退し海外大学への進学を決めた青野さん。語学学校で英語学習を徹底的に頑張り、なんと願書提出後にウーロンゴン大学で奨学金を獲得されました。今はウーロンゴン大学での大学生活を楽しみながら大学卒業に向けて学習を進めていらっしゃいます。 体験談本文はこちらから。

留学についてのお問い合わせ・資料請求はこちらから

0120−623−385 受付時間:11時〜21時(定休日:木)
または
無料 留学情報カタログプレゼント
  •  J-CROSS 留学サービス審査機構
  • JAOS一般社団法人海外留学協議会
  • English Australia
  • New zealand education
  • 東京都知事登録旅行業 第3-6137号

ページトップボタン