LINE
留学マガジン

■書籍名:
グローバル社会で生き抜ける子どもに育てる方法
■著者:松久保朱美

■書籍名:
グローバル社会で生き抜ける子どもに育てる方法
■著者:松久保朱美

  • 海外留学 学校情報
  • 2019.01.20

Navitas English【2019年度】

  • オーストラリアの学校
  • 語学学校

Navitas Englishは、オーストラリア国内に7つのキャンパスを構える、大規模な語学学校です。オーストラリアの専門学校や大学など、高等教育機関60校以上と提携があり、指定のコースを修了することで、公式の英語スコアを提出せずに提携校への進学ができる「ダイレクトエントリー制度」も充実しています。また、主要の試験機関と協力のもと、NETC(Navitas English Test Centre)と呼ばれるテストセンターを設立しており、IELTSやTOEFL、ケンブリッジ英検、医療従事者向けの試験OET(Occupation English Test)などの公式テストセンターとして認められています。留学の成果として資格を取得したい、と考える方のニーズにもばっちり合う語学学校です。
ここでは、Navitas Englishの魅力や、開講コースの詳細、また各キャンパスのロケーションなどを詳しくご紹介していきます。

目次
1.Navitas English基礎情報
2.Navitas Englishが選ばれる3つの理由
①キャンパスの選択肢が豊富!
②こだわり抜いた質の高い講師陣&授業!
③大学との提携数60校以上!進学希望者の強い味方!
3.Navitas Englishが提供するコース
4.各キャンパス ロケーション
5.まとめ

1.Navitas English基礎情報

語学学校情報
オーストラリア
都市 ブリスベン、ダーウィン、メルボルン、パース、シドニー
キャンパス ブリスベン:410 Ann St, Brisbane City QLD 4000
ダーウィン:Casuarina Campus, Ellengowan Dr, Darwin NT 0909
メルボルン:442 Auburn Rd, Hawthorn VIC 3122
パース(North Metro TAFE):Building 1/25 Aberdeen St, Perth WA 6003
パース:211 Newcastle St, Perth WA 6000
シドニー ハイドパーク:3/255 Elizabeth St, Sydney NSW 2000
シドニー マンリービーチ:5-7 Raglan St, Manly NSW 2095
クラス人数 平均13~15人
レベル 初級から上級
設備 学生用パソコン、学生ラウンジ、無料Wi-Fi、学生用キッチン(電子レンジ、冷蔵庫あり)、無料英語学習教材、TVルーム、自習室、モダンな教室など
日本人スタッフ あり(ただしキャンパスによる)
語学学校ホームページ http://www.navitasenglish.edu.au/
語学学校評判 5段階評価(
英語力の伸び
ロケーション
生徒のモチベーション
国籍比率
教師の質

2.Navitas Englishが選ばれる3つの理由

Navitas Englisは、60校を超えるオーストラリア内の大学やTAFEなど高等教育機関と提携があり、7つあるキャンパスもオーストラリア全土に広がり、非常に選択肢が豊富でクオリティの高い魅力的な語学学校です。
開講されているコースの種類も、英語を基礎から学びたいと考える生徒向けの一般英語コースからはじまり、留学の成果を形に残したいと考える生徒向けの、IELTS対策コースやケンブリッジ英検対策コース、また、進学を希望する生徒向けにアカデミックイングリッシュコースなどさまざまです。
たくさんの特徴をもつNavitas Englisですが、ここでは「Navitas Englisが選ばれる理由」を大きく3つに絞ってご紹介していきます。

Navitas Englishが選ばれる3つの理由
①キャンパスの選択肢が豊富!
②こだわり抜いた質の高い講師陣&授業!
③大学との提携数60校以上!進学希望者の強い味方!

① キャンパスの選択肢が豊富!


多くても3、4つのキャンパスを構える語学学校が多いなか、Navitas Englishはオーストラリア国内に7つのキャンパスを構えています。そのため、さまざまな目的や希望に合わせたキャンパス選びが可能です。例えば、オーストラリアと言えば海!ビーチが近くにあり、できるだけ日本人が少ない海外らしい環境で英語力を身につけたいと考える方は、シドニーのマンリービーチ校がおすすめです。アジア人は約10%と少なく、学校からビーチまでも歩いて1分の最高なロケーションです。学校の雰囲気もアットホームで明るいため、リラックスしながら英語勉強ができるでしょう。他には、留学の成果を形に残したいと考える方は、試験対策コースが豊富に揃っているシドニー ハイドパーク校がおすすめです。こちらのキャンパスでは、各テストの教材も豊富に揃っており、シドニーにある語学学校の中でも、規模の大きさや設備の充実ぶりは群を抜いています。モチベーションが高い生徒と一緒にしっかり勉強をしたいと考える方は、オーストラリア名門大学のメルボルン大学 ホーソンキャンパスに位置するホーソンメルボル校がおすすめです。大学施設を利用することもでき、キャンパスライフを堪能できる贅沢なロケーションです。
このように、自分の求める生活スタイルや、習得したい英語力に応じてキャンパスを選択できるのは、Navitas Englishならではのメリットになるでしょう。

② こだわり抜いた質の高い講師陣!


学校を選定するうえで重要視すべきポイントのひとつとして、講師の質が挙げられます。
Navitas Englishの講師陣は、必ず学士やTESOL(英語を母国語としない人向けの英語教授法に関する資格)の資格を保持しており、教員経験も最低で2年以上が必須となります。経験豊富で確かなスキルを持つ講師陣は、英語を母国語としない生徒の弱点や、どのように教えたら分かりやすいかという点をしっかり把握しています。分かりづらくつまらない授業は、聞いている生徒のモチベーション低下につながってしまいます。その点、Navitas Englisは、理想的な就学環境といえるでしょう。
また、先生からは、定期的に個別で自分の弱点や効率的な勉強方法を教えてもらえる機会も設けられており、自分の目標とする英語力に向かって着実にステップアップすることができます。また、学習面のみならず、生活面のサポートや進路相談も行っています。留学初期は慣れない生活にストレスを感じることも多いため、学校に相談できる人がいるのはとても心強いでしょう。英語教授のスキルだけではなく生徒へのサポートが充実している点も、Navitas Englisの大きなメリットといえます。

③ 大学との提携数60校以上!進学希望者の強い味方!


Navitas Englishは、オーストラリアの専門学校や大学との提携数の多さが特徴の一つです。では、提携数が多いことが、実際どうメリットになるのか簡単にご説明します。オーストラリアの大学や専門学校に進学する場合、入学条件としてIELTSのスコア提出が求められるのが一般的です。しかし、提携のある高等教育機関に関しては、指定のコース(アカデミックイングリッシュコース)を修了することにより、IELTSのスコア提出が免除になる「ダイレクトエントリー」制度が活用できます。より柔軟に進学ができるのは大きなメリットではありますが、多くの公立の大学や専門学校が認めるコースを開講しているという点で、Navitas Englishのクオリティの高さが伺えますよね。
Navitas Englishは、高等教育機関との提携数が60校を超えており、オーストラリア内の語学学校でも特に提携数が多い語学学校のひとつです。長年進学のサポートを行ってきたこともあり、進学サポートの充実度にも定評があります。

3.Navitas Englishが提供するコース


Navitas Englishでは以下のコースを開講しています。

General English(一般英語コース)

Navitas English の一般英語コースは、英語4技能「話す」「聞く」「読む」「書く」を総合的に身につけるためのコースです。実際に生活をするうえで使われる、よりリアルな英語を状況に合わせて学ぶことができます。
一般英語コースでは、次のようなことに焦点を当てて授業を行っています。
-流暢かつ正確に話すこと
-語彙力を増やすこと
-ネイティブと非ネイティブの英語を理解できるようになること
-学校外でも自信を持って使える英語力を身につけること

旅行で使える英語力、仕事で活かせる英語、進学に必要な英語力、など様々なニーズに応えることができるのが、Navitas Englishの一般英語コースとなります。
クラス人数は平均13~15人と少人数制で、経験とスキルを兼ね備えたクオリティの高い講師陣がレベルの高い授業を提供しています。授業の理解度を図るテストや、レベルアップのテストも定期的に行われるため、自分にどの程度の英語力を身についているのかを知ることができ、モチベーションを保ちながら英語の勉強ができるでしょう。

開講キャンパス:
①午前コース ブリスベン、ダーウィン、マンリービーチ、シドニー ハイドパーク、パース、メルボルン
②午後コース ブリスベン、マンリービーチ、パース、シドニー ハイドパーク
開始日:毎週月曜日
タイムスケジュール:①8:20~14:30 ②16:40~21:00
授業時間:週20時間+myStudy5時間
期間:1~20週間
年齢:16歳以上

Academic English(アカデミック英語コース)

オーストラリアの大学やTAFEなどの高等教育機関へ進学を考えている方向けのコースが、このアカデミックイングリッシュコースです。
アカデミックイングリッシュコースの授業は、英語の基礎を学ぶ一般英語コースとは違い、大学やTAFEに進学してから必要となるスキルを身につけるための授業が行われます。例えば、レポートやエッセイの計画・作成・編集や、講義中のメモの取り方、プレゼンテーションやセミナーを行うときに有効的な発音や発声方法、チュートリアル(少人数で行われる授業)でのコミュニケーションの取り方などを学びます。
アカデミックイングリッシュコースは、AE1/AE2/AE3の3つにレベル分けがされており、各レベルで必要な英語力が異なります。コース期間は1レベル10週間と決まっているため、入学日にも限りがあります。事前に入学条件や入学日は確認しましょう。

≪必要英語力≫
AE1:IELTS4.5以上(ライティング4.5以上、その他4.0以上)/TOEFL475以上(TWE3.5以上)
AE2:IELTS 5.0以上(ライティング5.0以上、その他4.5以上)/TOEFL 500以上(TWE4.0以上)
AE3:IELTS 5.5以上(ライティング5.5以上、その他5.0以上)/TOEFL 525以上(TWE5.0以上)

アカデミックイングリッシュコースを無事に修了することで、提携校へIELTSやTOEFLのスコア提出をせずにダイレクトエントリーができます。Navitas Englishは、オーストラリア高等教育機関60校以上と提携があるため、幅広いパスウェイから自分の希望に合わせた進路を決めることができるのは、大きなメリットと言えるでしょう。コースのクオリティには定評があり、また講師陣からの充実したサポートも整っているため、当コースを受講する生徒の約95%が無事に合格しているという実績があります。

開講キャンパス:ブリスベン、ダーウィン、TAFEパース、シドニー ハイドパーク
開始日:開始日は、レベルやキャンパスによって異なります。詳細は下記URLをご確認ください。
http://www.navitasenglish.edu.au/courses/course-calendar/
タイムスケジュール:①8:20~14:30 ②16:40~21:00
授業時間:週20時間+myStudy5時間
期間:10週間/レベル

Test preparation Course(試験対策コース)

IELTS preparation(IELTS対策コース)
IELTSは英語4技能「聞く」「話す」「書く」「読む」の能力を図るテストです。オーストラリアの専門学校や大学などに進学する方や、永住権申請を目指す方は、このIELTSのスコアが必要となります。IELTSで高いスコアを目指すには、各分野を集中的に学ぶことはもちろん、IELTSのテストの構造を理解したり、問題を解く上での時間配分を管理したりすることも重要となります。そして、日常英語とは違った、IELTSで必要とされるスキルやコツなどを身につけることが更なるスコアアップにも繋がります。Navitas EnglishのIELTS対策コースでは、このIELTS特有のスキルやコツを身につけるために、定期的にテストやロールプレイを行い、本番さながらの練習を重ねていきます。
IELTS対策コースは、進学希望者や永住権取得希望者のみならず、シンプルに英語力を向上させたい人にもおすすめのコースです。一般英語コースに比べると、学ぶ生徒のレベルがあがり、専門的な知識や単語も学ぶことができるので、日常会話よりも少しレベルの高い英語力を身につけたい、と考える方にもおすすめのコースです。

開講キャンパス:ブリスベン、マンリービーチ(午後クラスのみ)、パース、シドニー ハイドパーク
開始日:開始日は、レベルやキャンパスによって異なります。Navitas Englishの公式ホームページにてご確認ください。
タイムスケジュール:①10:25~16:35 ②16:40~21:00
授業時間:(午前)週20時間+myStudy5時間 (午後)20時間
期間:1~25週間
条件:中級~上級の英語力

Cambridge Preparation(ケンブリッジ英検対策コース)
ケンブリッジ英検は、IELTS同様英語4技能を図るテストですが、IELTSと比較すると、より日常的に使われる英語を中心にテストが行われます。そのため、進学や永住権取得など目的が明確な方はIELTS、英語力を総合的に伸ばしたい、帰国後の仕事に活かしたいなどと考える方はケンブリッジ英検を受験する方が多いです。

コース最終日には公式のテストを受験するため、テスト合格に向けて効率的に勉強に取り組むことができます。毎日1時間テストの練習を行い、各セクションの理解度を深め、先生からの個別でのフィードバックで自分の苦手分野を把握することができます。苦手分野を把握することで、どのような勉強が自分に必要かが明確になり、無駄なく英語力の向上を目指せます。
先述した通り、ケンブリッジ英検は日常に寄り添った内容となっているため、資格取得を希望する方のみならず、一般英語よりもワンランク上の英語力を身につけたいと考える方にもおすすめのコースです。
また、ケンブリッジ英検の資格は有効期限がないため、一生物の資格として活用できるという点も大きな特徴です。

ケンブリッジ英検対策コースは、FCE・CAE・CPE3レベルに分かれており、各レベルによって求められる英語力や入学日が異なります。事前の確認を忘れずに行いましょう。

開講キャンパス:ブリスベン、マンリービーチ、シドニー ハイドパーク、パース
開始日:入学日はレベルやキャンパスによって異なります。Navitas Englishの公式ホームページをご覧ください。

デジタルパンフレット

4.各キャンパス ロケーション


↑シドニーハイドパークキャンパスを当社の留学カウンセラーが訪問!

Navitas Englishの各キャンパスを紹介していきます。

ブリスベン校

クイーンズランドの州都でもあるブリスベンは、人口約60万人以上を有するオーストラリア第3の都市として有名です。
Navitas Englishブリスベン校は、ブリスベンの町の中心に位置しています。学校の周辺にはレストランやカフェ、人気の観光地やお洒落なショップなどが建ち並びとても活気に溢れています。また、バスや電車の駅などがあるため通学もしやすいロケーションです。

【ブリスベン校 基礎情報】
全体の生徒数:250名
国籍比率:アジア30%、ヨーロッパ15%、ラテンアメリカ50%、中東5%
クラス数:15
クラス平均人数:15名
開講コース:一般英語、ケンブリッジ英検(FCE、CAE)、IELTS、アカデミックイングリッシュ
ダイレクトエントリー: Bond University、James Cook University、TAFE Queensland、University of Southern Queensland

<マップ>

ダーウィン校

オーストラリアの北部にあるノーザンテリトリー準州の州都でもあるダーウィンは、オーストラリア内でも最も多彩な文化と人種が住む街として知られており、オーストラリア先住民のアボリジニをはじめ、約50を超える多数の民族が暮らしています。
Navitas Englishダーウィン校は、ダーウィンの中心部から12キロほど離れた、チャールズダーウィン大学のキャンパス内にあります。そのため、Navitas Englishダーウィン校に通う生徒は、チャールズダーウィン大学の図書館やコンピューターラボ、スポーツジムやフードコートなどの施設を利用することができます。大学に通う地元の生徒や留学生とも関われるチャンスもあるため、私立の語学学校に通いながら、憧れの海外大学のキャンパスライフも体験することができます。市内へはバスで数分、主要のショッピングセンターも徒歩圏内にあるため、不自由なく生活することができます。

【ダーウィン校 基礎情報】
全体の生徒数:180名
国籍比率:アジア80%、ヨーロッパ13%、ラテンアメリカ2%、中東4%、オセアニア1%
クラス数:5
クラス平均人数:14名
開講コース:一般英語、アカデミックイングリッシュ
ダイレクトエントリー: Charles Darwin University

<マップ>

マンリービーチ校

オーストラリアの最大都市シドニーには、Navitas Englishのキャンパスが2つあり、そのうちのひとつがマンリービーチ校です。シドニーからフェリーで約20分の距離にあるマンリーは、美しいビーチが広がっており、地元民にとても人気のあるビーチエリアです。
マンリービーチ校は、マンリーの中心部にあり、なんとビーチまで徒歩1分。放課後は、ビーチでサーフィンやシュノーケリング、バーベキューやビーチバレーが楽しめ、まさにオーストラリアらしい自然あふれる穏やかな生活が送れるでしょう。他のキャンパスに比べると規模は小さくキャンパスもコンパクトですが、その分フレンドリーな雰囲気で、様々な国からの留学生が集まっています。アジア人の生徒が比較的少ないのも、マンリービーチ校の特徴の一つです。
学校周辺には、カフェ・レストラン・バー・スーパー・薬局などの施設も整っているため、生活をするにも便利なロケーションです。シドニーへもフェリーですぐ行けるため、シドニー観光を気軽に楽しむこともできます。

【マンリービーチ校 基礎情報】
全体の生徒数:315名
国籍比率:アジア7%、ヨーロッパ28%、ラテンアメリカ64%、オセアニア1%
クラス数:8
クラス平均人数:13名
開講コース:一般英語、IELTS(夕方)、ケンブリッジ英検(FCE、CAE)、アカデミックイングリッシュ
ダイレクトエントリー: College of Sports and Fitness、Endeavour College of Natural Health、TAFE NSW、William Angliss Instituteなど

<マップ>

シドニー ハイドパーク校

マンリービーチ校の他にシドニーにあるもう一つのキャンパスが、このシドニー ハイドパーク校です。ハイドパーク校は、2016年の9月に、シドニーの中心部に広がる大きな公園ハイドパークの向かいに移転しました。目の前にはハイドパークが広がり、キャンパス内からも眺めることができ、とてもリラックスした環境で勉強を楽しむことができます。また、シドニーの中心に位置しているため、主要ショッピングセンターやカフェ、レストラン、服屋、雑貨屋、薬局、バーなど、全てのお店が徒歩圏内に整っています。バスや電車の駅もすぐ近くにあるため、生活にも通学にもとても便利なロケーションです。ハイドパーク校は規模も大きく生徒も大勢いるため、クラスレベルが非常に細かく分けられているのが特徴です。進学希望者も多く通学しているため、モチベーションが高い生徒の中でしっかり勉強に取り組むことができるでしょう。

Navitas English シドニーハイドパークキャンパス見学

IMG_1354
IMG_1379
InkedIMG_1349_LI
IMG_1350
IMG_1380
IMG_1413
IMG_1386
IMG_1398
IMG_1392
IMG_1411
IMG_1417
IMG_1382
IMG_1389
IMG_1400
IMG_1422
Loading image... Loading image... Loading image... Loading image... Loading image... Loading image... Loading image... Loading image... Loading image... Loading image... Loading image... Loading image... Loading image... Loading image... Loading image...

【シドニー ハイドパーク校 基礎情報】
全体の生徒数:600名
国籍比率:アジア55%、ヨーロッパ6%、ラテンアメリカ33%、中東6%、オセアニア1%、アフリカ1%
クラス数:16
クラス平均人数:15名
開講コース:一般英語、IELTS(午前、夕方、パートタイム)、ケンブリッジ英検(FCE、CAE、CPE)、アカデミックイングリッシュ
ダイレクトエントリー:Macquarie University、TAFE NSW、University of Wollongong、William Angliss Institute、Western Sydney University、La Trobe University Sydney Campusなど

<マップ>

ホーソンメルボルン校

メルボルンはオーストラリア内で2番目に大きい都市で、ビクトリア州の州都です。歴史ある建物が多く、どこかヨーロッパの雰囲気を感じることができるメルボルンは、イギリス・エコノミスト誌の調査部門「エコノミスト・インテリジェンス・ユニット(EIU)」が発表した、世界でもっとも住みやすい都市ランキングで7年連続1位に輝いています。
Navitas Englishのメルボルン校は、オーストラリアの名門大学であるメルボルン大学のホーソン(Hawthorn)キャンパス内に位置しています。メルボルンの中心からは8キロほど離れていますが、電車やバス、トラムなどの公共交通機関が整っているため、学校から街までは簡単に出ることができます。また、メルボルン校に通う生徒は、大学の図書館やレクチャールーム、映画館やジムなどの施設を利用することができ、さらに大学が提供している留学生サポートなども受けることができるため、留学生活をより安心して送ることができるでしょう。
ホーソンメルボルン校に通う生徒は、現地の専門学校や大学へ進学を目指す生徒も多く、しっかり勉強をしたいと考える方にとっては理想的な環境といえるでしょう。進学希望者が多いため、比較的アジア系の生徒が集まることも特徴の一つです。
また、ホーソンメルボルン校は他キャンパスと異なるタイムスケジュールやコースの開講があるため、詳しくは直接お問い合わせください。

【ホーソンメルボルン校 基礎情報】
全体の生徒数:1200名
国籍比率:アジア72%、東南アジア5%、ラテンアメリカ8%、中東8%、ヨーロッパ3%、その他4%
クラス数:35
クラス平均人数:15名
開講コース:一般英語、IELTS、アカデミックイングリッシュ、ビジネス英語
ダイレクトエントリー: University of Melbourne、Edith Cowan University (Melbourne)、William Angliss Institute、RMIT Universityなど

<マップ>

パース校

パースはオーストラリアの西側にある、西オーストラリア州でもっとも大きな都市です。コンパクトな街ではあるものの、国際的なホテルや商業施設の開発などが進み、2004年から2014年の10年間で人口が約50万人も増え、近年急成長を遂げている都市としても注目を集めています。しかし日本人にはまだ馴染みがないため、日本人留学生の数は比較的少ないでしょう。
Navitas Englishはパースに2つのキャンパスを構えており、ひとつがこのパース校です。パース校は街の中心部に位置しており、街中を走る無料バスや電車の駅が徒歩圏内にあるため、通学にはとても便利です。学校周辺には、レストラン・カフェ・スーパー・薬局・バー・公園・植物園などが揃っているため、放課後に友達と勉強やショッピング、観光をするにも最適なロケーションです。

【パース校 基礎情報】
全体の生徒数:442名
国籍比率:アジア33%、ラテンアメリカ48%、中東4%、ヨーロッパ14%、オセアニア1%
クラス数:13
クラス平均人数:14名
開講コース:一般英語、IELTS(午前、午後、パートタイム)、ケンブリッジ(FCE、CAE)
ダイレクトエントリー: Curtin University of Technology (Perth)、Edith Cowan University、TAFE Education & Training Internationalなど

<マップ>

ノースメトロポリタンTAFEパース校

パース校の他にパースにあるもう一つのキャンパスが、このノースメトロポリタンTAFEパース校です。このキャンパスは、ノースメトロポリタンTAFEの敷地内に位置しており、もうひとつのキャンパスとは徒歩5分ほどしか離れていません。図書館やフィットネスセンター、コンピューターラボ、研究所などTAFEの施設はNavitas Englishの生徒でも利用することができ、更には希望者には留学生向けの無料のカウンセリングなどのサポートも受けることもできます。こちらのキャンパスでは、進学を希望する方向けのコース開講がメインとなるため、基礎的な英語力を習得したい場合はパース校、進学を希望する場合はノースメトロポリタンTAFEパース校を選ぶと良いでしょう。

【ノースメトロポリタンTAFEパース校 基礎情報】
全体の生徒数:324名
国籍比率:アジア75%、ラテンアメリカ7%、中東5%、ヨーロッパ6%、アフリカ7%
クラス数:9
クラス平均人数:13名
開講コース:アカデミックイングリッシュ
ダイレクトエントリー:Curtin University of Technology (Perth)、Edith Cowan University、TAFE International Western Australiaなど

<マップ>

5.さいごに

いかがでしたでしょうか。数あるオーストラリアの語学学校のなかでも、しっかり勉強をしたいと考える方におすすめなのがNavitas Englisです。キャンパスやコースの選択に迷われたら、ぜひお気軽にワールドアベニューへお問合せください。お客様一人ひとりの目的や希望にあわせて、あなただけの留学プランをプランニングさせていただきます。

留学についてのお問い合わせ・資料請求はこちらから

0120−623−385 受付時間:11時〜21時(定休日:木)
または
無料 留学情報カタログプレゼント

当記事は2019年1月現在の情報を基に編集いたしております。各キャンパスの国籍比率は、都度変動いたします。

  • New zealand education
  •  J-CROSS 留学サービス審査機構
  • JAOS一般社団法人海外留学協議会
  • English Australia
  • 東京都知事登録旅行業 第3-6137号

ページトップボタン