オーストラリア留学で必須のクレジットカード

公開日:2018/07/04
最終更新日:2019/11/11

オーストラリアに留学するにあたり、どのクレジットカードを持って行くべきなのか、キャッシュレス社会のオーストラリアはどのくらいクレジットカードが必要とされるのか悩むことがあると思います。キャッシュレス社会のオーストラリアで生活していくにあたり、どんな場面でクレジットカードが必要なのか、気をつけるべきことは何なのかをまとめてみました。

オーストラリア留学にはクレジットカード必須▼ 
クレジットカードを利用するときに気をつける事▼ 
おすすめのクレジットカード会社▼ 
キャッシュレスの国オーストラリアへ▼ 

オーストラリア留学にはクレジットカード必須


オーストラリアはキャッシュレス社会です。日本でもクレジットカードは主流になってきていると思いますが、オーストラリアで生活してみると、「まだまだ日本は現金主義社会だな。」と感じることがあります。では、オーストラリアではどんなときにクレジットカードを使用するのか、5つの例を挙げてみたいと思います。

1. 身分証明

クレジットカードを身分証明として提出させる施設やサービスが多くあります。例えば、ホテルのチェックイン時にはクレジットカードの提示が必須とされています。これは宿泊に含まれないサービス代金や何かあったときのデポジット(何もなければチェックアウト時に返金されます)を請求されるためです。他にもレンタカーを借りる際にクレジットカードの提示が求められます。

2. キャッシング機能を使ってATMからオーストラリアドルを引き出せる

キャッシング機能とは、海外のATMでクレジットカードと暗証番号があれば現地通貨を引き出すことができるとても便利なサービスです(※)。VISAカードであれば「VISA」または「PLUS」、MasterとJCBは「Master」、「JCB」または「Cirrus」のマークが付いているATMであればオーストラリアドルを引き出すことが可能です。現地で急に現金が必要になったときにとても助かる機能です。
※金利手数料が発生しますのでご注意下さい。また、キャッシングについては事前の申請・設定が必要です。これらの設定には2~3週間要することがあるため、留学前、余裕をもって手続きしておきましょう。

3. クレジットカード付帯の海外旅行保険が使える

海外旅行保険付きのクレジットカードを持っていれば最大90日間(クレジットカード会社によって前後します)が補償の対象となり、病気やケガをしたときに補償を受けられます。クレジットカードを持って海外へ行けば自動的に海外保険が有効になる自動付帯クレジットカード、クレジットカードで留学先までの航空券などの交通費を決済すると付帯される利用付帯の2種類がありますのでよく確認をする必要があります。
(海外旅行と海外留学とでは保証内容が若干ことなるため、クレジットカード付帯の海外旅行保険に加え、海外留学生保険へのご加入がおすすめです。)

4. お店で気軽に支払いができる

日本ではクレジットカードを使おうとするとサインをしたり機械を準備したりと少しだけ面倒くさいイメージがあります。しかし、オーストラリアでは食事代や買い物をカードで済ませる人がほとんどなので、クレジットカードでの支払い時に店員さんが戸惑うこともなく比較的スムーズに決算することができます。例えば、日常生活で現金$100を持っていることは珍しく、$100を出したら「もっと小さい現金ないの?」「カードで払えない?」と嫌な顔をされたり、「$100なんて久しぶりに見たよ!」なんて驚かれたりもします。

5. 留学中のインターネット上での支払いにはクレジットカードが必須

日本でもネットショッピングではクレジットカード決済が主流ですが、決済方法としてクレジットカード支払い以外にも、コンビニ決済や携帯キャリア決済、代金引換など選択肢がいくつかあります。しかし、オーストラリアでインターネット上の支払いをする際にはクレジットカード支払い一択のところがほとんどです。例えば、オーストラリアのビザ申請はインターネット上で行いますが、そのビザ費用の支払いにはクレジットカードが必須になります。他にも、オーストラリア留学中には音楽フェスやフードイベント、カラーフェスなどのオーストラリア各地で開催される様々なイベントチケットをネット上で買う留学生が多いです。その際にも支払いに必要なのはクレジットカードです。

クレジットカードを利用するときに気をつける事

紛失には気をつける!

何よりもまず、クレジットカードの紛失には気をつけましょう。日本のように、「落としたお財布がちゃんと交番に届けられていた」などという幸せな結果には残念ながらならないことがほとんどです。「落とす=使われる」という危機感を常に持って、ご自身のクレジットカードを管理するようにしましょう。万が一、紛失した場合はすぐにクレジットカード会社に問い合わせして止めるようにして下さい。

PINナンバーは忘れない

クレジットカードを使うときやATMで海外キャッシングサービスを使うときにはPINナンバーが必須です。出発前に自分のクレジットカードのPINナンバーをしっかり確認してから出発しましょう。また、クレジットカードの裏面にも自分のサインをちゃんとしておきましょう。サインはパスポートのサインと同じサインをすることをお勧めします。

使い過ぎに注意する

キャッシュレス社会のオーストラリアで過ごしていると、自然と自分も現金を持たなくなり、知らないうちにお金を遣いすぎてしまうと思います。そうなってしまってはお財布事情が気になってせっかくの充実した留学生活が台無しになってしまいます。充実した留学生活を台無しにしないために、クレジットカードの使い過ぎには注意をして下さい。オンライン上でカードの利用明細を確認できるようにしておくと便利です。

使えないお店もある

キャッシュレス社会のオーストラリアであっても、お店によっては現金支払いのみのところもあります。例えば多いのが日本食レストランや屋台などです。支払いが現金のみの場合、大体レジ前に「Cash Only」と書かれていることがほとんどですが、万が一のときのために$20から$50くらいは現金で持っておくと良いかもしれません。

クレジットカード利用手数料が発生する

日本ではクレジットカード利用手数料をお店側が負担するところがほとんどですが、オーストラリアではその手数料を私たち客が支払う必要があります。お店やカード会社によって利率は変わりますが、大体支払額の0.5%から多くて2%程度の手数料がかかってきます。

おすすめのクレジットカード会社


オーストラリアへ留学するにあたってVISA、Master Card、JCB、American Express、Dinersなど、たくさんあるクレジットカードブランドの中で、一体どのブランドを何枚、持っていけば良いのか迷うと思います。枚数は違うブランドのものを最低2枚は持って行くことをおすすめします。カードブランドはVISAかMaster Cardを持っていればほとんどのお店で使えます。日本人が多く持っているJCBも昔よりは利用できる店舗が増えてきましたが、店舗数としては少なく、American Expressなどは利用手数料が比較的高かったりもします。

キャッシュレスの国オーストラリアへ

キャッシュレス社会のオーストラリアで生活をすると、お財布の中で現金を見ることはほとんど無くなると思います。そして自然とお財布も大きいものから小さいものに買い替えるかもしれません。その生活に慣れて日本に帰国すると少し不便に感じることもあるかもしれませんが…… 便利なクレジットカードを留学のお供に、素敵な留学生活を送ってください!

← オーストラリア留学費用のページへ戻る

  • New zealand education
  •  J-CROSS
  • JAOS
  • English Australia
  • 東京都知事登録旅行業 第3-6137号

ページトップボタン