• 海外留学体験談
  • 2012.01.31

まずは行動を起こすことが大事。

LINEで送る

1.看護留学に参加されたきっかけや理由
きっかけは海外の看護を一度見てみたいと思い留学しました。キャリアアップのために、英語力の習得をまずは目標に、そして大学進学を、最終目標としてオーストラリアで看護師として働きたいと思い留学しました。

2.出発前の英語力と現在の英語力について

▼ 出発前
スピーキングはほとんど初心者でした。ほとんど聞き取りもできず、ライティング、リーディングに関しては何もわからず 一から勉強するレベルでした。

▼ 現在
コミュニケーションは問題なく、スピーキング、リスニング力はかなり上がりました。大学で勉強しているため、リーディングとライティングもかなり伸びました。

3.看護実習では、どのような仕事を担当していますか?(またはしましたか?)
•Day procedure counterで、日帰り入院の患者さんの入院をとっています。
•Recovery roomでは、術後の患者さんの管理を行っています。(e.g. Vital Signs, Neurovascular Obs)

4.日本とオーストラリアの看護でどういった点が大きく違うと感じましたか?
まず、入院期間が短いということ。白内障のoperationや 整形外科のoperationはその日に帰ることができます。患者さんに行っているケアはほぼ一緒だと思います。

5.看護実習で働いた中で印象に残っていることを3つ程度あげてください。
•様々な国の看護師が働いていること
•患者も様々な国の人がいること。患者によってはインタープリター(通訳)が必要なこと。
•自分ができれば、実習中に何でもやらせてもらえること。(e.g. ECGをとったり、入院をとったり)

6.看護実習でどの程度のお給料をもらっていますか?(週何時間働いて、いくらなど)
実習なのでもらっていません。

7.これからの自分の目標などについて
大学を卒業して、オーストラリアで看護師になることです。

8.これから出発される方、または現在検討されている方にアドバイスをお願いします。
まずは。目標を明確にすること。何よりもコミュニケーション能力が必要なので、可能であれば出発前に身につけておくのがベスト。とにかく、まずは行動を起こすことが大事。その後しっかり計画することも忘れずに。

お名前:藤戸 信子さん
留学期間:2008年6月~2012年2月
参加プログラム:AUS看護師資格取得プログラム

  • New zealand education
  •  J-CROSS
  • JAOS
  • English Australia
  • 東京都知事登録旅行業 第3-6137号

ページトップボタン