このサイトは分析と改善のためにCookieを利用します。詳細はこちら

  • 海外留学体験談
  • 2014.01.18

価値観や人生観がかわった、看護留学 | 体験談:内山 沙紀さん

LINEで送る

★今回、ご留学を決断されたきっかけは何ですか?                                                       

元々留学に興味があり、ホームページで看護留学を見つけたので資料をしたところ、すぐに電話をもらってカウンセリングを受け、その場で1年後の留学を決定しました。

 

★ご留学中の1番楽しかった思い出を教えて下さい。

セカンドVISA取得のために行った3ヶ月のWWOOF生活が楽しかったです。

私はアデレードのバロッサという地域のワイナリーへWWOOFへ行きました。日本人が多かったのですが、20代から30代の近い世代が集まり日々協力しながら慣れないブドウ畑の手入れをし、共に生活していくことはお互いに良い刺激となり、日本では体験できない貴重な経験になりました。                                                      

今でもそのとき共に過ごした仲間とは交流を持っています。本当に本当に楽しかったです!!

 

ご留学中、1番辛かったことは何ですか?また、どのように乗り切りましたか?

AINのサティフィケート取得のための学校に通っていた時は大変でした。

週3の学校に加え実習、多量の英語の課題、本当に大変でした。しかし、学校の先生に協力もらったり、一緒に受講していた友人達と協力し、励ましあいながら何とか乗り切ることが出来ました。

 

学校へ通われた方は、学校の雰囲気や参加した授業の感想を教えて下さい。

最初は授業のやり方についていけず戸惑いましたが、慣れてきたら英語の発音の難しさにやられました。

先生達は容赦なく突っ込んでくるので緊張感はありますが、雰囲気は和やかで、明るい先生達が多く楽しかったです。 

 

★留学を通してご自身が1番変わったと思う点は何ですか?

年齢を考えて自分の限界を決めなくなりました。「もう○○歳だし」というのはただの言い訳でしかなく、本気でやろうと思えば何であれ何歳であれ始めることができるということをオーストラリアで学びました。

 

最後に・・・これからご留学をされる方へメッセージをお願いします。

海外で生活をするというのは、文化や価値観や母国語が違い大変なことも多かったです。でもそれを当たり前だと実感できてからは様々な違いを感じることが楽しくなりました。

海外での生活に不安なことは多いと思いますが、色々なことが良い勉強だと思って飛び込んでみると意外と目からウロコなことが多いです。是非楽しんでください。  

 

お名前:内山 沙紀様

留学期間:2013年4月~

留学プラン:アシスタントナース有給インターンシッププログラム(オーストラリア ワーキングホリデー)

  • New zealand education
  •  J-CROSS
  • JAOS
  • English Australia
  • 東京都知事登録旅行業 第3-6137号

ページトップボタン