• 海外留学体験談
  • 2012.01.30

毎日がスペシャルだった留学生活

LINEで送る

日本を離れたらたくさんの友達、色々な国から来た人と知り合ってくださいね。
私はオーストラリアに行くと決めてから日本を離れるまで、何ひとつ語 学に関しては準備していませんでした!おかげで語学学校は一番下のビギナークラス。クラスメイトにはABCもわからない子がいたり・・・。けれど、一年が 終わろうとしている今私には各国たくさんの友達がいて、たくさん忘れられない思い出が出来て、何度も悔しい思い、悲しい思いもあったけど、今ではここで生 活してきた自分自身を誇りに思っています。
特に、セカンドWHビザ取得のためにバンダバーグのファームで過ごした3ヵ月半は、オーストラリアで一番、もしかしたら今まで生きてきた中で一番多くのことを学んだかもしれません。
バ ンダバーグはのどかな田舎町。街に出ればすれ違う半数以上の人が「こんにちは!元気?」、「調子どう?」って声をかけてくれて(あまりの頻度に時として返 事をするのが面倒くさくなるくらい・・)、バックパッカーに帰れば 「今日はどうだった?」、「仕事はどうだった?」、「今夜も飲もうよ!」って皆がフレ ンドリーでホリデーを楽しんでいて、うれしい時も、腹が立つ時も 皆でシェア。毎日がスペシャルでした。でも私のバンダバーク暮らしは最初からこんなに素 敵なものではなく、人見知りで自分の意見をはっきり言えない、しっかりと相手の目を見て話す事が出来なかった私は、最初の1ヶ月は半仕事が終わって部屋に 帰ってからはキッチンと往復するだけの軽い引きこもりでした。けれども私は人に対して親切でいることを大切にし、英語が話せないならちょっとした動きで目 を見て話す努力をして、日本人の“優しさ”を大切にし、気付けば周りにはたくさんの友達がいました。日本人の親切心、心づかいって世界一だと思います!

ファームでの仕事は本当にしんどかったけど、それ以上に得る物がたくさんありました。
色々な国の人との出会いがあるオーストラリアの旅、最高ですよ!

お名前:長 香理様

渡航期間:2007年7月~2008年6月

  • New zealand education
  •  J-CROSS
  • JAOS
  • English Australia
  • 東京都知事登録旅行業 第3-6137号

ページトップボタン