• 海外留学 学校情報
  • 2017.08.21

Aotea College(アオテア カレッジ)【2018年度版】

  • ニュージーランドの学校
  • 中学・高校

ニュージーランドは中学・高校留学の渡航先として人気の高い国です。
特にニュージーランド最大の都市であるオークランドには、世界中から留学生が集います。オークランド豊富な留学生受入れ経験を持ち、安心して通うことのできる学校が多い一方で、中国、日本を中心とした留学生が溢れ、ネイティブ環境での留学生活を送ることが難しくなってきています。そんななか注目を集めるのが首都ウェリントンの教育機関です。

今回は、ニュージーランドの首都ウェリントン郊外にあるAotea College(アオテア カレッジ)をご紹介いたします。

Aotea College(アオテア カレッジ) 基本情報

Aotea College(アオテア カレッジ) 基本情報
ニュージーランド
都市 ウェリントン
住所 Porirua City 5240 New Zealand
学生人数 約1,000人 内留学生 約20人
タイプ 公立・共学
日本人スタッフ 不在
日本語対応可能なスタッフは在籍
受入可能な学年 Year9~13(中学校1年生から高校3年生)
最短受入期間 1ターム(約10週間)
高校ホームページ http://aotea.school.nz/

Aotea College(アオテア カレッジ)特徴

アオテア カレッジはニュージーランドの首都ウェリントン郊外にある全校生徒1,000名の公立共学高校です。
アオテア カレッジの特長はさまざまですが、特に魅力的な5つの特徴をご紹介します。

1. 留学生の割合はわずか0.2%!!

アオテアカレッジの留学生は、全校生徒1,000名に対し、わずか20名前後です。
20名の留学生もドイツ、フランス、イタリア、ベトナム、タイなどさまざまな国から訪れ、一つの国籍に偏ることがありません。2017年現在、日本人留学生は0名で、2018年も1人から5名程度を予定しています。
オークランドにある高校で中国人、日本人を中心に留学生が溢れかえるなか、アオテアカレッジでは、ネイティブ環境での留学を堪能いただけます。日本人同士で固まってしまう心配もありません。
また、アオテアカレッジの現地生徒はヨーロッパ系を中心にマオリ系、アジア系とさまざまなバックグラウンドを持ち、多国籍な多様な人々が集うニュージーランドならではの生活を体験いただけます。

2. バディ制度の導入 – 初日から友達ができるかも!

アオテアカレッジでは、バディ制度を採用しています。
バディ制度とは現地生徒が留学生の日々の学習や生活の手助けを行う制度で、留学生が1日でも早く学校生活に溶け込むためのサポートです。見知らぬ土地で友達のいない環境に飛び込むのには勇気が必要ですが、アオテアカレッジであれば、学校初日からバディがついて留学生活を手助けしてくれるので、安心して留学できます。

3. ニュージーランドの首都ウェリントンからわずか20分!

ウェリントンは美しい港や緑豊かな丘陵地帯に囲まれた街で、博物館や美術館、シアターなどが点在し、さまざまなエンターテイメントや芸術を楽しむことができます。

ウェリントンはニュージーランドの政治の中心地で治安がよくおしゃれで落ち着いた街です。また、図書館や美術館、博物館など生活に必要なものがコンパクトにまとまった生活のしやすい街でもあります。
街中にはニュージーランド原産の木材を使って建てられたゴシック調の見事な大聖堂オールド・セント・ポール聖堂や国会議事堂、アートギャラリーなど点在しているため、ニュージーランドの歴史や文化を感じていただけます。

アオテアカレッジはウェリントンのベッドタウン的な地域にあります。日常的な生活は都会的誘惑が少なく、中学生・高校生でも安全に生活できるウェリントン郊外で集中して勉学に励み、週末には少し足を伸ばしてウェリントンを訪れ、ニュージーランドの文化や歴史、おしゃれな街並み、国際的なイベントなどを楽しむことができるでしょう。

4. 豊富な選択科目

アオテアカレッジには、最短1ターム(10週間前後)から留学可能です。1ターム以上であれば、2タームだけ、3タームだけの留学もできます。他にも1年間の留学、卒業を目標とした長期留学の受け入れも行っています。

いずれの期間の留学でも留学生向けの英語研修に加え、一般科目(数学や理科など)を現地学生と共に履修することができます。アオテアカレッジではニュージーランド特有のスポーツ(ラグビー、サーフィン、ボートなど)やフランス語やデザイン、演劇など、日本にはないさまざまな科目を履修できます。

5. 万全の留学生サポート体制

アオテアカレッジでは留学生サポートチームがあり、国際部部長:Hamish Davidson氏を中心に、留学生1人ひとりにきめ細やかなサポートを提供しています。また日本人スタッフは在籍していませんが、10年以上日本語を学び、日本にも留学経験のあるスタッフが在籍しています。いざというときも日本語で相談ができ安心です。

アオテアカレッジ国際部スタッフ
国際部主任:Connie Palmer
国際部部長:Hamish Davidson
国際部ホームステイマネージャー:Amanda Dickens

その他、留学生サポートスタッフ
学年主任
学習支援(アドバイザー)
英語学習支援
カウンセラー
医師および理学療法士

2017年6月 ワールドアベニューの留学カウンセラーがAotea College(アオテア カレッジ)を視察!


2017年6月、ウェリントンの教育省の方にご紹介いただき、アオテアカレッジを視察!
↑アオテアカレッジのホームページでもご紹介いただきました。

留学カウンセラーの寺田
学生時代よりカウンセラー業務に興味を持ち、大学にて日本の国家資格である社会福祉士と精神保健福祉士の資格を取得。大学卒業後、渡英。イギリスのコベントリー大学にて身体障害を持つ学生向けの支援を行うインターンシップに参加。帰国後は、留学カウンセラーとして、中高生から社会人向けの留学まで幅広い留学プログラムのカウンセリングを担当。

社会福祉士/ 精神保健福祉士
高等学校教諭一種免許状(福祉)
厚生労働省指定 キャリアコンサルタント(GCDF6644-JP)

年々増加する中学・高校留学のご希望に応えるべく、より質の高い教育機関との提携を求めニュージーランドの各教育機関を視察しました。その際、各都市の教育省に出した希望は…
・優秀な公立校
・共学
・日本人留学生が少なく、留学生の国籍比率に偏りがない
・留学生サポート体制が整っている など、なんともわがままなものでした。
これらの条件をクリアした中高一貫校がアオテアカレッジです。

Aotea College(アオテア カレッジ)ギャラリー【2017年6月現在】

Aotea College_ソフトボール
Aotea College_アウトドアエデュケーション
Aotea College_文化祭
Aotea College_文化祭2
Aotea College1
Aotea College2
Aotea College3
Aotea College4
Aotea College5
Aotea College6
Aotea College7
Aotea College8
Aotea College9
Aotea College10
Aotea College11
Aotea College12
Aotea College_美術
Aotea College14
Aotea College15
Aotea College16
Aotea College17
Aotea College18
Aotea College19
Aotea College_イベント
Aotea College_音楽
Aotea College22
Aotea College23
Aotea College_ラグビー
Aotea College25
Aotea College20
Aotea College21
Aotea College27
Aotea College26
Aotea College13
Aotea College24

アオテアカレッジのキャンパスは小高い丘の上に広がっています。近代的でおしゃれなデザインの正門からは、美しい空と青い山々に囲まれるポリルアハーバーを一望できます。東京ドーム3個分の広大な敷地には、ラグビーやサッカー、テニス、バレーボールコートなど、さまざまな競技を楽しむことのできる環境が整っています。

アオテアカレッジ視察の際は、アオテアカレッジの生徒会長 デンザー君と、すでに1年間アオテアカレッジに通っているベトナム人の留学生 シンシィさんが案内をしてくれました。留学生サポーターのHamish先生は、「僕がいて遠慮してしまってはよくない。本当のアオテアカレッジの姿を見てほしいし実際の学生の声を聞いてほしい」と、キャンパス案内の際には席を外されました。アオテアカレッジに対し、本当に自信をもっていらっしゃるんだな……と感じました。

アオテアカレッジでは、日本でいうところの5教科(外国語(英語)、国語(日本語)、数学、理科、社会)と実技4技能(音楽、技術、美術、体育)以外に、経営学、会計学、観光学、IT、デザイン、写真、演劇、ジャーナリズム、メディア学、ホスピタリティなど、さまざまな科目を履修することができます。

視察では音楽やグラフィックデザインのクラスなどを中心に見学させていただきました。

▼音楽のクラス

ニュージーランドでの「音楽」の授業はクラスメイト全員で決められた楽曲や合唱曲を一緒に学ぶ日本のスタイルとは異なり、自分たちで好きな楽曲を選び、演奏し発表するスタイルです。自分たちで自由に曲を作ることもあります。
私が視察した際には、教室の外の廊下で木漏れ日のもと、美しい自然を眺めながら、ギターとタンバリンを片手に創作活動に取り組む生徒たちの姿を目にしました。

▼美術のクラス

色鮮やかな作品が所狭しと飾られる教室で生徒たちが思い思いに創作に打ち込んでいました。
音楽の授業と同じく「何を作るのか」は生徒たちが自由に考え、創意工夫を持って作品一つひとつを作っていきます。

▼グラフィックデザインのクラス

学校案内をしてくれたデンザー君とシンシィさんも受講しているクラスということで、具体的にどのような作品を創っているのか伺いました。彼らが取り組んでいるのは森のなかに構える自然とコラボしたカフェで、グラフィックデザインを駆使して、カフェの構造や室内のデザインなどを作成していました。
高校生とは思えないほど、明確なコンセプトを持ち、具体的な顧客を想定したうえでデザインされているカフェはとても魅力的でした。

▼技術のクラス

小さな工場のようにさまざまな器具や設備が整う技工室で生徒たちがさまざまな作品の製作に取り組んでいました。
音楽や美術同様、自分たちで何をどのように作るのかを考え、一つひとつの作品の創作にあたるそうです。なかには大きな家具を作るために共通の目的を持つ者同士グループを組み創作活動にあたっている生徒もいました。

アオテアカレッジでは2019年完成に向けて現在校舎の増設を行っています。
▼完成イメージ

整備されたキャンパスは「工事中」であることは感じさせない佇まいでしたので2018年度のご留学でも大きな支障はないと思います。

・在校生からのメッセージ【動画】

まとめ

いかがでしたでしょうか。アオテアカレッジはオークランドの高校と比較すると学費や滞在費もリーズナブルです。日本語対応可能なスタッフも在籍しているため、日本人留学生は少ないものの安心して留学できる環境が整っています。

ニュージーランドならではの体験ができるアオテアカレッジへの留学をご希望の方はぜひワールドアベニューまでお問合せください。

  •  J-CROSS 留学サービス審査機構
  • JAOS一般社団法人海外留学協議会
  • English Australia
  • New zealand education
  • 東京都知事登録旅行業 第3-6137号

ページトップボタン