知っておくと便利なオーストラリアの通信会社

公開日:2017/12/04
最終更新日:2019/11/11

オーストラリア留学生活の必需品は携帯電話です。新しくできた海外の友達と連絡したり、日本のご家族や友人と連絡を取るためにオーストラリアでも携帯電話契約(SIM契約)を行いましょう。オーストラリアは3大通信会社、ボーダフォン(イギリス系)、テルストラ(国営)、オプタスがあり、どの会社でも4G(LTE)通信が可能なSIMを契約することができます。オーストラリア国内の通話料金は無制限であるプランが多く、データ通信量や国際通話の無料時間などでサービスが異なります。ワールドアベニューはボーダフォン・オーストラリアの正規代理店ですので、全て日本語・日本人の対応で、オーストラリア人と同じ条件・プランの通信契約が可能です。

日系の日本人向けサービスは割高となるケースが多い


オーストラリア国内で携帯契約をする際に、日本語が通じる日系の携帯会社サービスを利用される方がいらっしゃいますが、多くのサービスにおいて割高や多額の請求が来る契約携帯になっているケースがありトラブルとなっています。一般的にはオーストラリアの通信会社から回線をレンタルして、費用を上乗せする形で携帯サービスを提供しており、割高になるほか、解約手数料やデータ超過料金が高額であるケースがあります。オーストラリアの通信会社に直接契約をした方が、オーストラリア人と同じ条件で安く・品質の高い携帯サービスが使うことができます。

気をつけた方がい無料スマホ付きプラン

格安スマホが付属しているが、新品だが古い機種だることもあり動作が遅く使い物にならない事が多い。スマホ本体が無料であるために、契約期間が10ヶ月など長期に渡ります。また、契約期間中に解約する場合は残存期間分の費用を請求させるケースが多く、損をしてしまうことがあります。

オーストラリアの携帯契約の方法は?

オーストラリアの携帯契約の種類は大きく分けて2つあります。プリペイ(プリペイドシムカード)とポストペイ(月間・年間契約)であり、一般的にポストペイの方がプラン(データ量や海外無料通話)などが優遇されています。プリペイド契約の場合は、有効期限内に延長(支払)するか、そのまま終了するか決める必要があります。いきなり携帯が繋がらなくなった!というトラブルで多いのがプリペイド携帯のケースで延長手続きをしないことで発生しています。
プリペイドの延長はオンラインでクレジットカードなどで支払える他、携帯ショップやスーパーマーケットでバウチャー(チャージするためのコード)を購入することもできます。ポストペイでは予め設定した銀行口座やクレジットカードから自動引落されることが一般的です。ポストペイの場合は自動的に解約されないため自身で解約する手続きが必要となります。
3ヶ月以内の短期留学ではプリペイ、ワーキングホリデーや長期間のオーストラリア留学ではポストペイが一般的です。

SIMロック解除し忘れが致命傷!?


オーストラリアで通信契約を結ぶとSIMカードが発行され、日本から持ち込んだSIMフリー携帯に差し込むことによって使用することが可能になります。日本も2019年現在、ほとんどの携帯会社で購入した携帯はSIMフリーに対応しているか、最初からSIMフリーの端末が用意されています。しかし、SIMフリー対応の携帯は必ず日本でSIMのフリー化してからオーストラリアへ渡航しましょう。現地に到着してからのトラブルの多くが、SIMフリーし忘れです。海外からSIMフリー化するのが難しい携帯会社もありますので十分に注意しておきましょう。

← オーストラリア留学の基本知識へ戻る

  • New zealand education
  •  J-CROSS
  • JAOS
  • English Australia
  • 東京都知事登録旅行業 第3-6137号

ページトップボタン