オーストラリア留学の基本知識

オーストラリアは安定した治安や温暖な気候、便利な公共交通機関が整っている海外留学に適した国です。初めての海外留学から長期間の留学まで多くの方が留学を検討している国ではあるものの、税金制度やマナーってどうなっているの?生活する上で注意した方が良いポイントって何?女性でも安心なの?といった疑問はたくさんあるのではないでしょうか。

留学を検討するために知っておきたい基本情報や知識、注意しておきたいポイントをご紹介いたしますので、ぜひご参考にしてくださいね。

オーストラリア留学で知っておきたい3つの基本 ▼ 
オーストラリア留学を検討する時に知っておきたいこと ▼ 
オーストラリア留学に行く前の事前準備 ▼ 
オーストラリアに到着した後にやるべき事とは?▼ 
留学生活の満足度を上げるために ▼ 

オーストラリア留学で
知っておきたい
3つの基本

オーストラリア英語のなまりって大丈夫?

オーストラリアの英語はなまりがキツいって聞くけど大丈夫?という質問をよくいただきます。答えは、全然問題ない!ということなのですが、それは世界中から人々が集まる国際都市になった国で、癖が強い英語が話すということは減ったからです。もちろん独特の表現や言い回しがあるのも事実です。現地のネイティブイングリッシュスピーカーと仲良くなると意識的に独特なフレーズを使えた方がかっこよいという人も!?英語のなまりが本当に強いのかご紹介します。

オーストラリア英語の訛り

地域によって気候は違う!5つの気候区分がある!?

留学先で快適に過ごすためにも、都市選びの一つの基準となるのが気候です。オーストラリアは広大な国土を持つため、大きく5つの気候区分(熱帯雨林気候・熱帯性気候・亜熱帯性気候・砂漠性気候・温帯性気候)に分かれています。日本が温帯湿潤気候(または冷帯湿潤気候)と大きく1区分と考えると違いが分かりますよね。全体的に温暖とは言えますが、日本の北海道にあたるタスマニアでは夏でも涼しい場所になりますし、シドニーやメルボルンでは四季がはっきりとしています。長期間の滞在になる海外留学生活では気候によって満足度が大きく変わってしまいますので、事前に地域の気候は把握しておきましょう!

都市ごとの気候とは?

知らないでは恥ずかしい!オーストラリアで過ごすためのマナー

郷に入れば郷に従えと言うようにオーストラリアには独自のマナーがあり、守れないと恥ずかしい思いをしたり、相手に不快な思いをさせてしまいます。日本人だから知らなくても仕方ないとは思わず、留学中のマナー違反を避けることは国際的な常識です。幸いにも欧米、特にイギリス文化の流れをくむ国であるため、日本人が全く想像もつかないようなマナーや習慣があるわけではありません。事前にマナーを学んでおき、留学中に一歩上の評価を得られるように知ておきましょう!

知っておきたい5つのマナー

オーストラリア留学を検討する時に知っておきたいこと

実際に自分にオーストラリア留学が向いているのかをじっくりと考えて情報を集めるのは留学を成功につなげる大きな要素の一つです。どういったことができるのか?女性でも安心な場所なのか?海外に行ったことないけど大丈夫?日本人ばっかりだったら嫌だ!など、留学で不安に思うことは尽きません。旅行とは違い、海外に住むということになるため、一つ一つ不安を解消していきましょう。不安なことは海外留学カウンセラーや留学経験者に聞いてみることも一つの解決策となりますよ。

オーストラリア留学に
行く前の事前準備

留学に渡航した後に不便な思いをしないようにするためには、事前の準備がとても大切です。検疫で問題なく持ち込める荷物の確認やオーストラリアについてからの通信契約、運転するなら必ず持っていきたい国際運転免許証の発行など、「忘れてた!やっとけば良かった!」を避けるためにも事前の準備を万全にしておきましょう。

オーストラリアに到着した後にやるべき事とは?

働くために絶対に必要となるタックスファイルナンバーの取得

オーストラリアでは納税番号(タックスファイルナンバー)がないと給料の計算・受け取りができません。アルバイトを探そうにも、タックスファイルナンバーを未取得であればお断りされてしまいます。オンラインで簡単に取得できるものの、郵便の受け取りが必要となるため、オーストラリアに到着してから申請する必要があります。

タックスファイルナンバーの取得

飲食店で働くならRSAを取得すると仕事が探しやすい

お酒を取り扱っているお店で働く従業員はRSA資格を保有していることがオーストラリアでは義務付けられています。ワーキングホリデーで働く先として人気のカフェやレストラン、バーテンダーとして働くなら必須の資格と言えます。州によってRSA資格の申請方法や取得に必要な要件は異なりますので、留学先として選んだ都市のルールに従ってRSA資格を取得しておきましょう。

RSA資格の取得

留学生活の満足度を上げるために

オーストラリアで海外留学生活を楽しく過ごすためには留学の費用を節約・英語力を伸ばす・怪我や病気に備えるの3点を意識すると良いでしょう。
ここでは、アルバイト探しや英語の勉強方法、休日の過ごし方をご紹介します。また、病気になったらどのように医療機関を利用すればいいかも知っておくといざという時にも安心です。

← オーストラリア留学のページへ戻る

  • New zealand education
  •  J-CROSS
  • JAOS
  • English Australia
  • 東京都知事登録旅行業 第3-6137号

ページトップボタン