叶えられる留学の目的は?

公開日:2017/11/28
最終更新日:2019/11/11

1. 英語の勉強だけではなく、「働く」経験もしてみたい!


オーストラリア留学で体験できるのは英語の勉強ばかりではありません。働くことに対して柔軟で寛容なビザ制度があるオーストラリアでは、海外で外国人と一緒に働く経験を積むチャンスに恵まれています。一生懸命勉強した英語をネイティブスピーカーと仕事で会話しながら使う経験は日本ではできない要素の一つでしょう。働きながら実践で学んでいく英語は、仕事で使うビジネス英語を鍛えられるだけでなく、英語での電話や接客などグローバルな社会で当たり前に求めれていく力を身につけられます。日本で英語を学ぶだけでは身につかない、”英語を使う経験値”がオーストラリアで得られます。また、オーストラリアの働き方は、日本で一般的なお客様第一主義の考え方とは違う点が多く、顧客との接し方もよりフレンドリーで対等な位置づけにあります。オーストラリア留学で日本とオーストラリアでの【働くとは?】の違いに接することは、海外から訪日するいろんな国籍・文化の外国人により良いサービスを提供するためにどうしたら良いか学ぶことができます。

2. 国際色豊かな世界で異文化理解能力を含むグローバル力を身に付けたい!


オーストラリアは今後のグローバル社会をいち早く確立している国の一つであり、世界中から住みやすい場所や仕事を求めて様々な文化圏の出身者が集まります。オーストラリア留学で得られるのは、オーストラリアや欧米圏の人のつながり、文化だけではありません。これから世界人口の大部分を占める新興国からオーストラリアへ学び・働いている優秀な人材の活躍と姿を学ぶことができます。日本人よりも高い英語力をみにつけ、オーストラリア社会で活躍しているアジア圏の人材から日本人が学ぶことは多いでしょう。オーストラリアの留学で出会う同じ留学生との交流を通して、多様なバックグラウンドを持つ世界の人々を理解し、協調してグローバルで働いていける人材に成長しましょう。

3. 留学でたくさんの目標を達成していきたい!


オーストラリア留学では、【英語を学ぶ】・【海外で生活をする】という留学全般に共通する目的を超えた、たくさんの目標を達成できる海外留学プログラムに挑戦できます。
オーストラリア留学では柔軟なビザ制度を利用し、複数の教育機関やインターンシップなどの課外活動を組み合わせた詰め込み型の留学プログラムへ参加することができます。語学留学で英語力を培った後に、専門過程を専門学校で習得し、英語と専門技術や知識を習得する専門留学。オーストラリアの大学で開講されている講義を科目履修するスタディーアブロードプログラム。ワーキングホリデービザを最大限に利用し、フィリピン留学よりも集中的に勉強した後に挑戦する海外インターンシップ・プログラム。日本の正看護師限定でオーストラリアの医療施設で働けるアシスタントナース有給海外インターンシップ・プログラムなど、他の国では実現できない豊富なプログラムで、オーストラリア留学で得られる経験を最大限にふくらませます。

4. しっかりと勉強もしたいけど、できれば費用を抑えたい


日本で貯めたお金で留学費用全てを賄うのであれば、フィリピン留学などの方が費用負担が少ないのは事実です。しかし、オーストラリアでは高い時給で働くことができますので、留学生活の費用一部を補うことができます。ワーキングホリデーで働くことに集中している方であれば、費用に余裕が出る人も少なくありません。オーストラリア留学初期にしっかりと英語を学び、働きながら学んだ英語を活かして収入を得ていくスタイルがオーストラリアでは可能となります。単に英語だけを学ぶスタイルよりも、費用負担が少なくなるだけでなく、英語を実践で使う経験値を積める一石二鳥な留学先といえます。

5. 安心できる治安の良い国で留学したい


日本を飛び出す時に不安になるのは当然です。日本は世界でも有数の治安のいい国であるだけでなく、私達日本人の母国ですので安全な場所や身を守る術を知っています。オーストラリアは他の大陸とつながっておらず、違法薬物や銃が持ち込みにくく紛争などもありません。必ずしも安全な場所は世界を見渡してもない不安定な時代ではありますが、オーストラリアは治安の良い一カ国と呼べるでしょう。銃犯罪が多いアメリカやアメリカに隣接するカナダに不安を感じる初めての海外留学経験を積まれる方は、オーストラリア留学からスタートしても良いでしょう。

← オーストラリア留学の基本知識へ戻る

  • New zealand education
  •  J-CROSS
  • JAOS
  • English Australia
  • 東京都知事登録旅行業 第3-6137号

ページトップボタン