オーストラリア留学は女性におすすめ!?

留学する上での不安や悩みは、語学学校選びや都市選びだけではありません。特に女性の場合、治安やその国での食事、購入できる化粧品など、気になること、心配なことがてんこ盛りです。
そんな女性の不安や心配毎を一気に解消してくれる留学先がオーストラリアです!今回は「オーストラリア×留学×女性」というテーマに絞って、「なぜ、女性の留学先にオーストラリアをお勧めするのか?」、その理由を大きく4つにまとめ、ご紹介していきたいと思います。

英語圏の中では比較的治安が良い ▼ 
仕事とプライベートのバランスがとても良い ▼ 
日本で話題のオーガニック食品・化粧品が気軽に手に入る ▼ 
アクティブな女性にとって嬉しい!豊富なアクティビティー▼ 
女性に嬉しいオーストラリアで充実した人生を!▼ 

1.英語圏の中では比較的治安が良い


オーストラリアは他の英語圏の国に比べて、比較的安全に過ごせる国と言われています。
フレンドリーな国民性はもちろんのこと、銃規制が設けられていること、また、私たち日本人が考えている以上に公共の場での飲酒・喫煙などに対して厳しいルールがあることなど、安心して生活するための環境が整っています。

例えば、日本では24時間営業や夜中まで営業しているお店が沢山あります。ポジティブに考えれば、夜遅くまで営業しているお店があることで仕事帰りに買い物や食事ができ「便利」と言えます。しかし、女性の皆さんは夜仕事帰りに繁華街を歩いていて酔っ払いに絡まれたり、キャッチに絡まれたりして嫌な思いをした経験がありませんか?

オーストラリアでは基本的に夜遅くまで営業をしているお店はほとんどありません。ショッピングセンターなどは18時、19時頃に営業終了、パブなどは11時以降入店禁止です。しかも、パブに入店する場合には身分証明書の提示が必須だったり、酔っぱらった人や素行の悪い人は入店できなかったりします。更に終電や終バスの時間も日本と比較するとやや早いため、夜道に酔っ払いやキャッチの人達で溢れている町を嫌な気持ちで歩くことは滅多にありません。

ただし、自分の身は自分で守るもの。
せっかくの留学生活を街中でのトラブルやおかしな事件に巻き込まれ台無しにしてしまっては後悔してもしきれません。
比較的安全だからと言って日本と同じ感覚で生活していると、トラブルに合うこともあります。夜中は一人で歩かない、夜に公園に一人で入らない、街で声を掛けられても嫌なときはきちんと‘No’と伝えるなど、自分の身は自分で守るようにしましょう。

オーストラリアの治安や安全性に関しては「留学生活を安心して過ごせる安全性の高さ」をご参照ください。

2.仕事とプライベートのバランスがとても良い


基本的にオーストラリアは「プライベートを充実させるために仕事をする」と考える国民性です。基本的に「残業はしない」「土日はちゃんと休んで家族との時間を大切にする」といった、メリハリをつけた働きかたをします。

12週間以上の留学の場合、オーストラリアでは学生ビザ、またはワーキングホリデービザを取得します。いずれのビザでも現地での就労が可能なため、働きながら留学生活を送ることができます。語学を学ぶ留学生やワーキングホリデーメーカーのアルバイト先は一般的に飲食店などの接客サービス業がほとんどです。

日本での飲食店など接客サービス系の仕事の場合、サービス残業が当たり前になってしまっていたり、ものすごい長時間労働だったりといわゆるブラックなイメージありませんか?

現地で働いて生活費用を抑えることができるのは魅力ですが、仕事ばかりに追われて本来の勉強や国際交流などに対する時間が作れないなんて、もったいないですよね。

先述したように、ワークライフバランスをとても大切にするオーストラリアでは、日本のような仕事上で本来の就労規定に沿わないような無理を強いられることはありません。さらに最低基本時給は1,700円前後と高いため、短期間でも効率よく収入を得ることもできます。

仕事が終わったら空いた時間を自分の趣味に使ったり、英語の勉強をしたり、大切な人とゆっくり過ごす時間にしたりと仕事もプライベートも充実した人生を送りたい女性にとってはとても充実した留学生活を送ることができます。

オーストラリア留学中の就労に関しては「就労可能な留学制度と時給の高さ」をご覧ください。

3.日本で話題のオーガニック食品・化粧品が気軽に手に入る


日本の女性は「オーガニック」「ヘルシーフード」などといったワードにとても弱いと思います。日本でオーガニック食品や化粧品などを手に入れるとなると高かったり、入手できる場所が限られていたりとなかなか気軽に手に入れることができないのが現実です。

しかし、オーストラリアでは比較的簡単にオーガニック食品や化粧品を手に入れることができます!たとえば化粧品でいうと、「Trilogy(トリロジー)」や「Akin(エイキン)」、「Sukin(スキン)」などのオーガニック化粧品が有名で、これらの化粧品は大手ドラッグストアーやスーパーでいつでも手に入れることが可能です。商品によっては日本で入手困難なものもありますし、値段も日本より安く手に入れることができます。

食べものに関しては一時期ブームを起こした「チアシード」や「キヌア」、「ココナッツオイル」、他にもベジタリアン向けのお菓子や食品、プルーン100%ジュースなど、スーパーは健康志向の女性にとっては楽園です。留学中は食文化の違いや水が合わなかったりすることで、肌が荒れてしまうという経験をする留学生も多いですが、オーガニック化粧品を使って、オーガニックフードを食べて、外面も内面も健康になるチャンスがあります。

4.アクティブな女性にとって嬉しい!豊富なアクティビティー


オーストラリアは一年を通じて比較的温かい国として知られています。そのため、女性が新たにチャレンジできるチャンスが多くあります。代表的なのがサーフィンやヨガ、ダイビング、ネイルスクールやバリスタ取得コース、乗馬、ゴルフ、アロマセラピー、マッサージなどです。

もともとは看護留学としてオーストラリアに渡り、正看護師を目指しながらネイリストの勉強をする人、アシスタントナースとして経験を積んだ後、さらに自身のスキルアップのために学生ビザで滞在の延長をしてマッサージやアロマセラピーの学校へ通う人、アシスタントナースとして働きながら空いている時間にヨガを楽しむ人、休暇を使ってダイビングの資格を取りに行く人、早朝サーフィンをしてから語学学校に通っている人など、アクティブな女性にとってはさまざまなことにチャレンジできる環境が整っています。

留学中は語学学校や職場での自分の英語力に伸び悩む時期も出てくると思います。そんなときに、上記のような学校以外で英語力を磨ける機会があるので、自分の新しい趣味を通じて更に英語力を伸ばして帰国されるかたも多いです。

女性に嬉しいオーストラリアで充実した人生を!

いかがでしたでしょうか?オーストラリアは‘女性がより女性らしく’過ごすことができる素敵な国です。最初は不安を抱えて渡豪しても、「留学先がオーストラリアでよかった!」「また観光でオーストラリアに戻って来たい!」といって帰国される女性がほとんどです。私たち女性がより女性らしく輝けるオーストラリアへ留学をしてみてはいかがでしょうか?

← オーストラリア留学の基本知識へ戻る

  • New zealand education
  •  J-CROSS
  • JAOS
  • English Australia
  • 東京都知事登録旅行業 第3-6137号

ページトップボタン