• ワールドアベニュー最新情報
  • 2017.05.28

【2017年5月18日発表】2017年7月1日からのオーストラリアワーキングホリデー申請料金アップデート

Erika
Erika

2016年から大きな制度変更があるという噂が日本でも報道され大混乱が起きたオーストラリアのワーキングホリデービザ制度。2017年5月28日時点で実際に変更されたのは、ワーキングホリデービザで働いた場合の税率変更・スーパーアニュエーションなどです。特に皆さんが大きな関心を持っていらっしゃるのは、ワーキングホリデービザ申請要件の年齢上限が30歳から35歳に引き上げられる可能性がニュースで流れたことではないでしょうか。しかし。2017年5月28日時点では移民局から追加の情報アップデートは無く、実施の時期は未だ未定のままです。ビザ申請については、報道された内容や個人の情報を当てにすると大変危険ですので、オーストラリア移民局のサイトをご自身で確認しましょう。

2017年5月18日に発表された、ワーキングホリデービザ申請要件の新しいアップデートで2017年7月1日からのオーストラリアワーキングホリデービザ申請料金について変更がありましたので本記事で紹介させていただきます。

オーストラリアのワーキングホリデービザ概要

オーストラリアのワーキングホリデービザ(サブクラス417ビザ)は、通常1年間の滞在が可能となるオーストラリアの入国・居住・就労を可能とするビザの1つです。オーストラリア移民法が指定するオーストラリア国内の遠隔地で所定の労働を行い、正当な給与を得たことを条件に2年目のワーキングホリデービザ申請が可能となります。
ビザ申請からビザが発給されるまでの期間は2週間〜4週間とされておりますが、追加の書類等が必要になった場合には大幅に審査期間が延長される可能性もあります。オーストラリアのワーキングホリデービザでは、フルタイムで就労することが可能ですが、同一の雇用主の元では最大6ヶ月しか働くことができません。(一部、例外あり) 2017年5月28日時点での申請年齢条件は、18歳以上31歳の誕生日を迎える前までとされています。35歳を前提として留学計画を立てることはリスクが高いためおすすめできません。

2017年5月18日発表のワーキングホリデービザ申請料金アップデート内容

2016年12月2日に移民局から発表されたワーキングホリデービザ改定内容の中に、2017年7月1日からのビザ申請料金を現在の$440から$390へ変更する旨の記載がございました。しかし、今回、2017年5月18日に移民局から発表されたオーストラリアワーキングホリデービザ改定では、2017年7月1日からのビザ申請料金を$390から$440へ変更する、つまり2016年度の料金$440から実質変更されないという内容が記載されています。2017年7月1日までオーストラリアのワーキングホリデービザ申請を料金の理由で見送る理由は無くなったと考えられます。しかし、今後さらに改定される可能性もありますので確実ではありませんが、留学スケージュールを組む中で1つの参考になるでしょう。

ビザ申請は正しい情報を収集することが大切


日本とは違いオーストラリアの移民法の変更頻度が多く、古い情報があてにならないことが多々あります。また、書類の記載ミスや思い違いによってビザ申請に余計な時間がかかってしまったり、最悪の場合はビザがおりないケースもあります。特にお友達の情報だけを頼りにされたり、古い情報を頼りにしてしまった場合にビザ申請のトラブルが起こりがちです。留学のスタートを幸先よくするためにも、正しい情報を収集している留学エージェントに相談・サポートを依頼することが大切です。

あわせて読みたい→オーストラリア ワーキングホリデービザ制度変更最新情報|2017年1月4日現在
※本記事は、2017年5月28日時点の移民局・オーストラリアの法律をもとに作成されたもので、移民法上のアドバイスを目的としたものではありません。必ずご自身で最新の移民局の情報をご確認いただけますようお願い致します。

  •  J-CROSS 留学サービス審査機構
  • JAOS一般社団法人海外留学協議会
  • English Australia
  • New zealand education
  • 東京都知事登録旅行業 第3-6137号

ページトップボタン