気になる費用について‐現地収入

留学先の国を選ぶ上で、安全面や教育水準などと同じように気になるのが留学にかかる「費用」ですよね。特に長期留学ともなると留学費用は数百万単位でかかってくるため、少しでも抑えられたら…… と考える方も多いと思います。

オーストラリア留学なら、現地収入を得ることで留学費用を抑えることができる

留学費用を抑える方法は大きく2つあります。
1つ目は、出費を抑えるという方法。2つ目は、現地で収入を得るという方法です。

1つ目の出費を抑えられるという点で、数年前から注目が集まったのが、フィリピンやフィジーなど発展途上国への留学です。フィリピンやフィジーでは、母語は英語ではないものの、日本と比較すると英語を話せる方も多く、人件費や生活費用が安いことから、先進国への留学費用と比較すると安い費用で留学することができました。
しかし、これら格安留学には、「教育の質」と「安全面」という大きな落とし穴がありました。
残念ながらフィリピンやフィジーの教育水準は非常に低く、英語を教える先生方の質には大きなばらつきがあります。また、安く長く勉強できると、長時間学習を売りにしていることから先生方の集中力にもムラがあり、常に質の高い英語教育を受けるというのは難しい環境にあります。また、治安面においては、外務省の海外安全ホームページをご覧いただくとわかるように、渡航を取りやめるよう注意喚起が促される地域もあり、安心して留学できる環境とは言えません。

もちろん先進国への留学でも格安の語学学校や専門学校などに通い留学費用を抑えるという方もいらっしゃいます。しかし、当然のことながら教育の質は高くありません。

そこで注目すべきは2つ目の現地で収入を得るという方法です。
「できるだけ留学費用を安く抑えたい」という方でも、安いから質が悪くていいと考えている方はいらっしゃらないと思います。「できるだけやすく」というのは、「質の高い留学をできるだけ安く」という意味ですよね。
ただ、経験豊富な教員が揃い、質の高い学習設備を完備する教育機関の学費は高いものです。質の高い教育を受けたいと思えば、ある程度の出費は否めないのが実状なのです。

そんなとき嬉しいのがオーストラリアの留学制度です。
オーストラリア留学は、3ヵ月以下の観光ビザでの留学を除き、ワーキングホリデーはもちろん、就学を中心とした学生ビザでの留学でも一定の時間内であれば働くことができます。しかも、オーストラリアの最低基本時給は2018年7月現在、18.93豪ドル(週平均719.20豪ドル)※、日本円に換算すると1,600円~1700円程度と高額なため、短期間でも留学中の生活費を賄うだけの費用を稼ぐことができるのです。
※2019年5月30日 2019年7月1日より最低時給が18.93豪ドルへ値上げされることが決定しました。

例えば、オーストラリアでの生活費は月々10~12万円程度です。
最低基本時給で働いた場合でも、月々の収入AU$18.29/時間×20時間/週×4週間=AU$1463.2(日本円で約12~13万円)となるため、生活費を賄うことができます。

1年間語学留学する場合、学費…120万円、生活費…120万円、その他諸経費50万円として合計290万円となります。ここから、4ヵ月目以降アルバイトし、収入を得たと仮定すると12万円×9ヶ月間=108万円を差し引くと、プラスマイナス182万円となります。

アメリカや、イギリスなど物価の高い国と比較した場合はもちろん、学生ビザだとアルバイトなど就労することができないカナダと比較しても、留学費用をぐっと抑えることができます。

どんな仕事で、どのくらい収入を得られるの?


いまや世界でもトップクラスの賃金を誇るオーストラリアですが、具体的にどんな仕事ならどのくらいの収入を得ることができるのか、見てみましょう。

仕事 日本食レストラン(居酒屋、ラーメン屋など)でのホールスタッフ、キッチンスタッフ
時給 AU$10~20(日本円で900円~1,800円程度)
内容と特長 日本の居酒屋やラーメン屋などでの接客サービス、キッチンでの簡単な調理補助の仕事をイメージいただければわかりやすいと思います。高級和食料理店などだと、AU$20を超える時給のお店もありますが、求められるスキルや英語力共に高くなります。
求められる英語力 初級~

日本食レストランは日系のフランチャイズチェーン店が運営していたり、日本人経営者が運営していたりすることが多く、扱う商品などとの親和性から日本人スタッフを雇用することが多いです。日本人留学生の先輩が、日本語で仕事の仕方を教えてくれますし、お店によっては日本語のマニュアルが存在します。接客時も「ご注文は?」「〇〇ドルになります」「ご注文いただいた〇〇です」と簡単な定型文だけでなんとなるため、英語力初級から働くことはできます。ただ、英語力が低い状態でも働かせてもらえることから、最低基本時給を守ってもらえない、「違法」な給与形態も多いため注意しましょう。

仕事 他国(韓国、台湾、イタリア、フランスなど)レストランでのホールスタッフ、キッチンスタッフ
時給 AU$15~20(日本円で1,350円~1,800円程度)
内容と特長 世界有数の多国籍文化を誇るオーストラリアでは食文化も多種多様です。中国、韓国、台湾などのアジア諸国からフランス、イタリアなどのヨーロッパ諸国まで幅広い食を堪能できます。ただ国は違えどレストランでの仕事に大きな違いはありません。接客・サービス、調理補助などが中心の仕事です。高級レストランの場合、AU$20を超す時給で働けることもありますが、求められるスキルや英語力は高めです。
求められる英語力 中級~

日本食レストランと異なり、オーナーも共に働くスタッフも日本人ではありませんし、提供する料理の名前もなじみのない名前が多く、日本食レストランより英語力を含むさまざまな点で苦労は多いでしょう。ただ、日本食レストランよりは最低基本時給がやや高めになることが多いようです。

仕事 カフェ/バーでの接客サービス、コーヒー作り、キッチンスタッフ
時給 AU$18~35(日本円で1,620円~3,150円程度)
内容と特長 オーストラリアは知る人ぞ知るカフェ大国です。個性豊かな空間と質の高いコーヒーを提供するカフェが数多く存在します。仕事内容自体は、レストランと変わらず接客サービスと調理補助的が中心ですが、求められるスキルは各段に高くなります。カフェやバーなどでは、英語力だけではなく、過去(バリスタやバーテンダーとして)の経験が求められることも多く、未経験の方の場合、仕事に就くのは難しいこともります。
求められる英語力 中上級~

日本食レストランやファーストフード店などと異なり、定型文での接客だけではなく、顧客とのスムーズなコミュニケーションを取ることのできる英語力が必要です。ただ、ネイティブの方が経営するお店が多く、最低基本時給はきちんと守って働ける場所が多いです。

仕事 ホテルでのベッドメイク、ハウスキーパー
時給 AU$15~18(日本円で1,350~1,620円)
内容と特長 その名の通り、ベッドのシーツカバーの取り換えや部屋の掃除を中心とした仕事です。スピードと正確さが求められ、作業自体は黙々とこなす仕事ですが、細かな指示をきちんと理解し、チームワークをもって働ける協調性が必要です。
求められる英語力 中級~

早朝の仕事になることが多く、かなりの量をこなす仕事になるため、英語力だけでなく体力と経験(スキル)が必要です。職場によってはマレーシアやフィリピンなど東南アジア諸国から出稼ぎにきている人々が一所で多く働いていることもあり、訛りの強い英語をきちんと聞き取り臆さずコミュニケーションをとる姿勢も求められます。

仕事 オフィスワークでの電話対応、データ入力など一般事務
時給 AU$18~35(日本円で1,620円~3,150円程度)
内容と特長 一般企業での事務の仕事です。高い英語力はもちろん、社会人経験やその企業が行う事業と関連した知識やスキルを持っていることが求められます。
求められる英語力 上級~

ネイティブのオーストラリア人の会話を問題なく聞き取り、受け答えする必要があると共に、基本的なパソコン操作スキルが必要です。基本的に語学留学やワーキングホリデーなどで1年前後渡航する方には難しい仕事で、オーストラリアの大学に進学している方などが対象となります。

仕事 病院や介護施設などでの看護助手
時給 AU$23~50(日本円で2,070円~4,500円程度)
内容と特長 食事介助、シャワー介助、トイレ介助、バイタル測定、記録入力など、看護助手としての生活介助中心のお仕事です。
求められる英語力 中上級~

看護助手として働くためには資格が必要なため、普通の語学留学やワーキングホリデーで、看護助手として働くことはできません。弊社で開催している海外看護有給インターン留学プログラムにご参加いただく、またはオーストラリアの大学(看護学部)2年生以上が対象となります。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
上記で紹介した以外にも、専門留学大学進学で、専門的な勉強をしている方であれば、オフィスワーク系のお仕事やオーストラリアの美容室やマッサージセラピー店などで働くことも可能です。専門的な知識や技術、そして英語力があれば、より時給の高い仕事に就くことも可能です。

このように、オーストラリアでの留学では、質の高い教育を受けつつ、現地収入を得ることで留学費用を抑え、さらに就労経験から留学費用を抑えるだけではなく、実践的な英語力と実務レベルで通用するスキルを身に付けることができます。一石二鳥とはまさにこのことですね。

  • New zealand education
  •  J-CROSS
  • JAOS
  • English Australia
  • 東京都知事登録旅行業 第3-6137号

ページトップボタン